« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

ポロッと本音

中国製のラジオが調子が悪くなったので、「やっぱりラジオはソニーだな。」と某電機量販店にラジオを買いに行った。

ラジオの展示コーナーで、携帯ラジオの情報を携帯電話からネットで調べる。

欲しい候補を2台に絞ると突然に万引き防止用タグのブザーが鳴り出した。

店員さんが駆けつけ、「よく間違いで鳴り出すんですよ。」とブザーを解除した。

せっかく来てくれたので、店員さんに質問してみる。

「この中で一生もんのラジオってある?」

すると店員さんは、

「今のラジオにはありませんね。
タイマーがあるみたいにメーカー補償期間から1~2年で壊れます。
たまにそれ以上もつラジオもありますが…」との回答でした。

これを聞いてから安くシンプルなラジオに決めました。

ソニーSRF‐S86ってモデルです。

アナログチューナーですが、昭和生まれの俺には丁度良いですね。

気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い彗星復活!

昨年に波改でモトクロスコースを走ってお気に入りのシャア・ヘルメットのシールドを傷つけてしまった。

傷ついたシールドは前が見えづらく危ないのでしばらくシャアヘルメットを被るのは止めていました。

今年に入りシールドを交換して復活です。

2012_03300004

帽体の塗装にはコンパウンドで軽く磨いてからワックスを掛けました。

ミラーシールドになって雰囲気が変わり、よりザクっぽくなった感じです。

以前よりも愛着が湧いてきました。

今年もこれを被ってバカ走りするぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

業界裏話

今日は天候不順でお客さんが少なく、体を休ませる事ができます。

また適当に書きたい事を書きます。

大人になると仕事抜きで色々な業界裏話が聞けます。

スーパーカブのホイールがなぜ錆び易くなったか?

メッキ工場で良いメッキを施す為の薬品が物凄く有毒であったので環境に気を使った結果、薬品の毒性が少ないものに変えたそうだ。

そしたら、とっても錆び易いメッキになったんだと。

東芝のエアコンは業者も箱を開ける際に確認写真を撮るほど最初から壊れている事が多い。

テレビの販売数で韓国のサムスン電機が世界一になった理由はシャープが悪いらしい。

ダイハツは販売店のベテラン社員に何役も仕事をさせて、うまく仕事をこなせば会社の儲け、嫌になって退職したら賃金の安い社員を入れてやっぱり会社の儲けにしてるとか。

などなど‥

メッキの話は良しとして話を全部聞いてると、人間は偉くなって頭が下がる偉人よりも、逆にふんずりかえって他人を見下す人の方が何百倍も多いって分かるね。

せめて俺だけでも前者の仲間入りをしたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

長生きさん

昨日、仕事を頑張り過ぎたせいか血便が出た。

失血はきれいな赤い血だったから癌とかではないだろうし、お尻の痛みも全くないので痔とかでもないと思う。

まぁね、がむしゃらに働けるのは体が動いている内だけだから、もうちょっと頑張ろうっと‥

よく、偉いお医者さんが長生きのコツみたいな事を語るけど、言っている事は皆一緒。

「人間は20億回心臓が心拍すると終わりだから、スポーツはやらない方が良い。」

確かに一流のスポーツ選手に長生きした人は少ない気がする。

だけどさ、心拍数だけで決まるからといってスポーツの爽快感を捨てるのはもったいないし、恋愛でドキドキしたり、激しいエッチで心臓が止まりそうになるまでアグレッシブに動くのは絶対止められないと思うのだがね。

一つ疑問なんだが、スポーツやキツい労働、夜更かしや飲酒を全てやめて本当に長生きしたとしよう。

お医者さんならそうした事で患者さんの手本となり、病気やケガの人を沢山救える。

これは素晴らしい。

しかし、俺みたいな一般人がそんな暮らしをしても損な気がしてならないのだ。

俺はお医者さんじゃないし、医学的知識もない。

でもバイクの事はよく知っている。

動かさないバイクが一番トラブる。

適度に飛ばして適度にゆっくり走るバイクがいつも快調みたいだよ。

ゆっくりダラダラ走るのも、あんまり良いとは言えないなぁ。

最後に言いたいのは、人間の場合はどんなに本人が気を付けていても病気になる時はなるって事さ。

人生そこそこ楽しまなきゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

忙し過ぎて‥

仕事が忙しいせいで顔だけ痩せてます。

キツい肉体労働なので食事だけはガンガン食べていますが、体脂肪は落ちてまたもやガチマッチョ状態です。

昨年にダイエットで10キロ体重を落としましたが筋肉がついて元に戻りそう。

よし、仕事が落ち着いたら食事制限だ。

油断してまばたきするとそのまま眠りそうだよ。

うーん、我慢我慢。

あーっ、眠い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

進撃の巨人軍

桜華さん、筆おやじさん、コメントありがとうございます。

頑張っている猫ひろしさんを応援するのが自然ですよね。

頑張っている人を批判するのは、島国日本の特徴なのかも‥

俗に言う、『島国根性』なんでしょうね。

オーナーの暴言で何かと騒がれる読売巨人軍。

はっきり俺が言ってやる!(なぜか強気。)

どんなにえらそうにしてたって、他の球団の何倍もお金を使って日本一やましてやリーグ優勝にもなれないんじゃ弱小球団だよね。

バイクに例えたら200馬力のマシンで100馬力以下のマシンにぶっちぎられたと同じ。

または、何億円もするワークスマシンで、市販レーサーにかなわないヘボライダー?

いずれにせよ監督の原さんが、「今年は優勝します!」と宣言した以上、出来ない時は宗教的ファン以外は見捨てられるね。

もう戦後じゃないから、今更ベースボールだよと平成生まれの人は思ってるよ。

そう言う意味では、昭和を象徴するスポーツ、野球しかも栄光を極めた巨人軍には頑張ってもらわないといけない。

昭和生まれの野球を好きでも嫌いでもない一人のおっさんは思うのであった…


ファイト!巨人軍。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

猫まっしぐら

お笑い芸人の猫ひろしさんがカンボジアからマラソンのオリンピック代表に選ばれた。

色々と批判が飛び交っている様だが、「そんな夢のない事言うなよ。」と俺は言いたい。

学生時代から強化選手でも何でもない人間が、たまたま参加したマラソンで自分の可能性を見つけたら誰だって夢中になるわな。

しかも、タイム的には一般のマラソンランナーから見れば驚異的な進歩を見せている。

成人になって肉体的にピークを迎えた人が、さらに鍛えて成長するなんて並大抵の話ではない。

人は自分に他の人とはちょっと違う才能を見つけたら、人に見せたくなるもんさ 。

必死に努力して、だんだんタイムが伸びてきて、しかも一般の人よりはずっと速く、「もっと頑張ればオリンピック代表になれるかも‥」

物凄く夢のある話ではないか。

騒いでいるのは国をまたいで代表になったから?

それなら日本に帰化した外国人選手は日本代表になれないか?

サッカーとか、フィギュアスケートとかの世界なら昔からよくある話だろ。

猫ひろしだけがなぜ批判される。

「カンボジアならカンボジア人が代表になるべきだ。」と言うのなら、日本の国技である相撲のチャンピオンが外国人になっているのに今更批判できる立場かよ。

時代は流れているのにね。

努力する人をよく知りもしないで批判するのは、2ちょんねるの一部馬鹿野郎と同じだ。

世の中、賛成派と反対派、そして傍観を決め込む中立派で成り立っている。

何に対しても批判するならまず自分をよく見てから批判してくれ。

猫ひろしさんを本当に批判できる立派な人間がどれだけいるというのか。

レースや勝負の世界では、選手を批判できるのは同じスタートラインに立つ人間だけです。(あと運営者とね。)

観客は観客席で黙って見ているば良いのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

緊張しました。

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

映画冒頭で殺された女王がまだ王女だった頃に王冠を返すシーンで、ルパンは緑色のジャケットを着ています。

このジャケットの色についてですが、テレビシリーズの初期に緑色だったものがスポンサーの関係でピンクや赤になりました。

それをカリオストロの城で緑色に戻したのは宮崎駿さんです。

劇場版ルパン三世で緑色のジャケットは、偽ルパンとの対決を描いた『ルパン三世 RED VS GREEN』に偽か本物かの区別に使われただけでした。

したがって、緑色のジャケットを着たルパン、ルパンに好意を寄せる王女、豊かな自然の中での微笑ましい別れとくれば、誰でもクラリスを連想させられますよ。

今回の作品で制作側は、ファンに対してどこかで見た様なシーンを見せてファンサービスをしたつもりかも知れませんが、はっきり言ってやり過ぎでした。

残念です。

早朝から田んぼに客土用の砂を配達。

田んぼまでお客さんが案内してくれる。

問題はこのお客さんが俺に初めてモトクロスを教えてくれた人だって事。

元国際B級だった人で、地元の速いモトクロスライダーはほとんどこの人の後輩達。(俺が若い頃の話。)

4トン・ダンプカーの助手席に乗ってもらった瞬間から緊張しました。

だってモトクロスライダーってさ、助手席に乗ってるだけでドライバーのレベルが判るんだよね。

ダンプカーも乗用車もバイクも上手に走らせるには共通したテクニックが必要だからだ。

つまり皆一緒。

それは、

継ぎ目を作らない事。

簡単に説明すると、一連の走りがスムーズで流れる様につながってる。

おまけに田んぼへの道には、ご丁寧に砕石の小山を乗り越えるセクション有りで、俺の日頃のテクニックがすぐにバレる。

結果は、自己採点ですがかなり高得点だったと思います。

配達終了後、ホッと一息。

日頃から考えて走る努力が報われた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

名探偵コナンVSルパン三世 あれは禁じ手だろう!

桜華さん、コメントありがとうございます。

お互いに体が資本の悲しき肉体労働者ですので、図太く生き抜いていきましょうね。

昨日、『名探偵コナンVSルパン三世』のテレビ録画を見た。

確かに面白かったが、ありゃ反則だろう。

見た方々は思い出してくれ。

あの作品はあきらかに『ルパン三世 カリオストロの城』をオマージュして作られている。

登場人物の名前や設定こそ違うが、最初に殺された女王はクラリスが成長した姿のイメージであった。

その証拠にルパンが若い頃に桜の木の下で、まだ王女だった女王に盗んだ王冠を返すシーンがある。

その時のルパンの服装はもろ『ルパン三世 カリオストロの城』の格好だった。

はっきり言って、ルパン三世シリーズの最高傑作といわれる作品にケチがついた形だよ。

しかも名探偵コナンとのコラボ作品でこれをやられちゃたまらない。

確かに面白かった、しかも良い作品だった。

しかし、やり方は禁じ手だった。

ストーリーを俺から聞いた嫁さんは、「良かった見なくて…」と胸を撫で下ろしてたよ。(彼女はカリオストロの城が大好き。)

思い出深い作品を制作側は触れるべきではなかった。

ファンの夢を壊さないで欲しかった。

これが俺の感想です。

何度言うが、あれは面白かった、しかし作るべきではなかった。

複雑な気持ちです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

嫁さんの教育指導

この前、嫁さんに久しぶりに怒られました。

事の発端はお客さんとの電話のやり取り。

「では、1台目の配達が夕方5時になります。2台目はそれから35分後の到着です。」と俺が言うと‥

「えぇー、35分で1往復しちゃうんですか、そりゃ速すぎだ。もっと安全運転で来て下さい。」

てなやり取りがあって、その事を嫁さんに話したら激怒。

嫁さん曰わく、「あのねぇ、アナタはそれが普通だと思ってるかも知れないけど、世の中の人には普通じゃないの。
人間を疑われるからもっと10分でも20分でも多めに喋りなさい。まったくもうー!」

久々にマジキレです。

初めてダンプカーに乗って配達して依頼、速くて上手な配達がしたくて努力したのに、最近になってやっと納得がいく配達が出来る様になったら嫁さんに怒られました。

ちんたら走ってたら俺んとこみたいな弱小会社はちっとも仕事になりません。

難しいところだ。

ちなみに仕事で事故を起こしたり、建物の中に配達してぶつけた事は一度もありません。

会社を儲けさせるのが仕事ですから。

俺、損するのがこの世で一番嫌いです。

ただのケチかも知れませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

逆ドリフト(完全グリップ走行)

ここ数年、バイクもドリフト走行が当たり前になってきた。(バイクスタントの話。)

俺も4年前までバイクスタントをかじってたんで、ドリフトももちろん練習したよ。

モタード式のリアタイヤがロックしないブレーキングドリフトってやつだ。

けっこう自分でも上手だったと思う。

ただ、パワードリフトでコーナーを立ち上がるのがどうしても生理的に受け付けなかった。

「どうせ気持ち良くドリフトができないならやめてしまえ!」

そう考えた俺は絶対にリアタイヤがスリップしない完全グリップ走行を目指した。

逆ドリフトと名付けて‥

それからは林道や雪道でも一切リアタイヤが滑らない走りをする為に研究する毎日です。

ロードタイヤで林道やダートを走り、スパイクタイヤでカチカチのアイスバーンを走り、常にトラクション(駆動力)を意識します。

そして昨日、ふと気が付いた。

「ドリフトってさ、あれ自体がブレーキングでコーナーでスピードが落ちたらパワードリフトに切り替えだったから、俺の波改はアクセル戻すだけで通常の倍はエンジンブレーキが利く仕様になっている。
つまり、ドリフトみたいにコーナーもブレーキングに使えるかも知れない。」

コーナー進入に全く前後のブレーキを使わない訳にはいかないが、そう考えればかなり速いコーナーリングを安全に出来る可能性がある。

最近のスポーツバイクは速すぎて、峠でのコーナーリングはほとんど惰性で走り抜けるスタイル。

俺の波改はスポーツバイクみたいにパワーはないがスリップし易い路面を同じ様に惰性で走り抜けます。

コーナーリングでエンジンブレーキを有効に使えたら、安全で速い逆ドリフトができる。

と、良いなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

忙しいんだけど刺激的!

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

悪名高き中国製カブエンジンは、高圧縮比なのかキックギアがよく壊れました。

カブ110系エンジンは中国製とは違いギアの焼き入れがちゃんとしていますので心配ないと思いますが安心はできないです。

ちなみに中国製エンジンは圧縮比を落とした方がよく回って最高速が出ましたよ。

もしかすると、カブ110系エンジンも排気量が上がれば圧縮比の上がり過ぎに注意が必要かも知れませんね。

仕事が忙しい。

朝早くから工場で仕事なんだけど、重機や発電機の暖機運転の合間にブログ更新です。

忙しい反面、頭では全然別の事を考える余裕があります。

作業を体が半自動化してこなせるからでしょうね。

通称『人間ロボット』です。

よく生産工場でやたら作業の速い人に与えられる称号(冷やかし半分)です。

そう呼ばれる様になると意外に嬉しいもんですよ。

さぁ、暖機運転も終わりそうなので、人間ロボットにチェンジ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

低圧縮エンジンのメリット

カブのエンジンチューンナップでは定番ともいえるハイコンプピストン。

タケガワが販売してるスーパーカブ110用ボアアップピストンなんて13.2:1の高圧縮比ピストンだ。

これは4輪レーシングカーと同等の数値で、ノーマルエンジンの圧縮比が9:1だからその凄さが分かる。

俺の波改には、エンデュランスの125ccボアアップキットを組んでいて、圧縮比は10:1くらい。

圧縮比を上げるのはご存知の通り、ガソリン混合気の爆発力を強くしてパワーアップする為。

だけども高圧縮比はデメリットも多く、特に吸気や点火系のセッティングがシビアになったりするが、PGM‐FI搭載エンジンはそこら辺をカバーしてくれる。

しかし、爆発力と引き換えにエンジンに負担をかけている事に変わりはない。

幸い、エンデュランスのボアアップキットは比較的に低圧縮比だから、これからハイカムを入れたりしても耐久性に若干の余裕があるだろうし、乗り味もハイコンプピストンよりもずっとマイルドになると思う。

但し、別々の会社から発売されたパーツを組み合わせるのだから、ピストンとバルブのクリアランスとかをチェックして組みたいです。

低圧縮比ピストンで混合気が入りやすい状態を作っておいて、ハイカムで混合気を呼び込む。

これなら扱いやすくて面白いエンジンになると思います。

逆に扱いやすいだけのつまらないエンジンになる可能性もありますけどね。

まぁ、仕事が一段落したらハイカムとオーバーホール用のピストンリングを組みますよ。

さて、どうなりますか…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

全て一理ある。

被災地の瓦礫処理が進まないと新聞などのマスコミで、「このままじゃいかん!」と評論家なんかが盛んに叫んでいる。

そんな事は皆知っている!

ただ物が物だけに慎重になってるだけだ当然だろと言いたいね。

放射能の事を俺達はどれだけ知ってるんだと、あえて問いたいよ。

東京都知事が一番に瓦礫を受け入れた。

あれはあの人が頭の良い人で、一番に受け入れれば政治家としてのリーダーシップを見せれるし、瓦礫だって最も無害なところを選び放題。

良い意味でも悪い意味でも東京都知事は大人なんだ。

復興を急ぎたいのは山々だが、放射能はなくならない。

薄まっていくだけで全体量は何も変わらない。

埋め立て処分場ってさ、有毒物質が外部に出ない様に一見なってるが、雨水でいっぱいにならない様に一旦は調整池と呼ばれる溜池に集めて処理するシステムになってる。

但し、単に放射能はもちろん有毒物質が薄まって外部に流れる仕組みだ。

仮に浄化設備があったとしても、それは放射能除去用の設備ではない。

だから困る。

埋め立て処分場は、大体は田舎の隅に立ってて、周りには田畑がある。

そこで収穫された作物は誰が食う?

怖い怖い。

賛成があれば反対がある。

全ての意見に一理がある。

どちらかが正しいじゅなく、どちらが有益かで世の中決まる事が多々あるから恐ろしい。

世界中のどの国も、国を挙げて戦争をしようとしてる時に、「戦争反対!」っていったら下手したら殺される。(マジで‥)

それと同じにならない為に「もっと慎重になってくれ!」と逆に言いたい。

命の源は食料だ。

食い物に困らないのは今だけです。

よく考えようぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

3月の憂鬱

桜華さん、酔ってコメントをくれた方、コメントありがとうございます。

桜華さん、今回の裁判は有罪が当たり前のケース(一般人の心情は別として)でした。

これが今後どう影響する見ものですね。

酔ってコメントをくれた方、ウィリーもろくにできない者がウィリーについて語り、人ができない様な事をしようとしてる人を妬む、そんな輩が2ちゃんねるに集まります。

全員とは言いませんがおそらくどこの世界とも一緒で一部の人間だと思います。

その一部の人間が癌なんですね。(もう末期かも知れないが‥)

どうしょうもないです。


真冬にブッ飛ばした空冷エンジンは春にスカスカになります。

エンジンが温まった本来の状態ではない時にガンガン回されるのですから当然です。

寒い時にキツキツだったシリンダーが、春になって温まるとガバガバになるのです。

とりあえず、波改はピストンリング交換して様子を見ますよ。

水冷エンジンのカブが欲しくなります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

画期的判決(ほぼ奇跡)

先日、ある裁判で奇跡的な判決が下った。

目の前の酔っ払いにクラクションを鳴らしたドライバーが、怒った酔っ払いに襲われ命の危険を感じたドライバーはその酔っ払いをクルマでひき殺した。

判決はなんと無罪。

この判決にネットの反応はというと、「当たり前だね。」といった感じ。

全然分かっちゃいねぇなぁ。

正当防衛ってさ、警察官の業務をスムーズに進める為だけにあって、一般人が同じ様な事したら過剰防衛で罰金刑か刑務所行き。

ましてや自衛隊の様に先取防衛なんてしたら、ただの殺人罪だ。

まぁ、一部例外があって、裁判官の自宅に強盗が入ったら、そこの息子達が強盗を殺した時はすんなり正当防衛が認められて起訴さえされなかったけどね。

法律は国を動かす人には都合よく出来てる訳です。

さて、今回の判決で歴史が変わる。

何故なら裁判は前例で罪が決まる仕組みだからだ。

前例にあった判決は、その後の裁判に多大な影響力を持っている。

これで日本もアメリカみたいに民間人が正当防衛を盾に(または悪用して)殺し合う時代に突入したのかも‥

俺の考え過ぎならばよいのだが、おそらく間違いないだろうね。

すげー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

待ってました!2ちゃんねるの攻撃。

「狼だー、狼が出たよ~。」

イエー!久しぶりの2ちゃんねるからの攻撃だよ~。

俺の大事な人の名をかたるたぁふてぇ野郎だ。(くっくっく‥)

危うく騙されるところだったぜ!

久々に楽しめたよ。

次はどんな手で来るか楽しみだ。

待ってるよ~。

いやあウケたウケた。

やっぱり退屈しのぎには2ちゃんねるをからかうに限るね皆さん。

でもさぁ、アクセス数でみたら2ちゃんねるなんて人気ブログの10分の1くらいなんだね。

動画再生数の上がる勢いが全然違う。

勉強になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月18日覚え書き

波改のギア比
雪道ギア→雪道山岳ギア→街乗りギア&最高速ギア→山岳ギア、の順番でロングになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のチューンナップ予定

コメントをくださった皆さんありがとうございます。

特に私だ!さん、日頃からの生活指導感謝しております。
これからもよろしくお願いします。


今年のチューンナップ予定は、ハイカム組んでピストンリング交換して、前後ホイールのリムをアルミリムにして終わる。

サイクロン式エアクリーナーは用意してあるのだが、今年は林道も少し走りたいのと、最近ではモトGPマシンでもエアフィルター装着が常識になったので保留します。(ミーハーだな俺。)

木製フレーム製作の方もトラクション重視のフレーム製作にスペアフレームを使用するので保留します。

雪道でどんな走りをしてもトラクションを失わないマシンを製作がしたいからです。

毎年だんだん雪質が悪くなっている気がしてならないから、色々試して来シーズンの走りに繋げたい訳です。

バイクどあほうのピーキーはもっと上質な走りがしたい!

あっ、来シーズンはスパイクタイヤもちょっと変わりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

怪物女優

今日は朝から一人でびっしり仕事。

俺って体はマシンみたいに確実に作業を進めるのに、頭は全然別の事を考えている。

今、やっと朝食を取りがてら仕事中に思いついた事を書いてます。

NHKの朝の連続テレビドラマ『カーネーション』で、ヒロイン糸子役を演じた尾野真千子さんが昼のテレビ番組にゲストで出演した時の事。

その番組はNHKの番組なので、年齢によるヒロイン役交代で撮影を終えた尾野真千子さんへの労いの番組になるハズだった。

ドラマを撮り終えた尾野さんの印象を撮影スタッフに聞いたフリップが画面上に現れた瞬間、尾野さんと司会者の顔色が変わった。

「尾野真千子さんはどんな人?」の問いにスタッフが出した答えは、

『狂犬』

『将来のゴッド姉ちゃん』など、とてもNHK朝の連続テレビドラマのヒロイン役にあるまじき事が書かれていた。(もっとも、糸子そのままとか褒め言葉もあったが‥)

朝の連続テレビドラマのヒロインは大物女優になれる切符を手にしたも同然なのに、その女優に向かって『狂犬』だぜ!

とにかく、ただ者ではないのだろう。

原爆を開発した科学者達が、「とんでもないものを作っていまったかも知れない。」と初期の原爆実験で語っていたそうだが、案外NHKのドラマ撮影スタッフも似た様な心境だったりしてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

呪い下手・呪い上手

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

筆おやじさんの会社の方がシャレの分かる人?で良かったです。

ご迷惑になる量なのは想像できましたが、筆おやじさんなら大丈夫と思いお送りしました。

やっぱり筆おやじさん最高です。


呪い。

別にオカルト的な話を書くつもりはない。

今の社会って呪いが多い気がしてならないのだ。

悪口ってある意味呪いの初歩だよね。

対象相手の批判を他人に話す。

相手の評判を貶める代わりに自分の評判を悪くしているのに気が付かない。

いわゆる『人を呪えば穴二つ。』ってやつだ。

ネット社会となった現代は悪口はもちろん批判やあらゆる悪意に溢れている。

なんて呪い下手の多いことよ。

ネットの匿名性に安心してても、そんな事ばっかりしてると普段の行動にも自然に現れる様になる。

やはり呪いは自分に帰ってくるのだ。

俺は言う。

「もっとやれ!」

人を呪う事で幸せを感じるならそれも人生だ。

もっとやりなさい。


本当に怖い本物の呪いは、呪う相手から愛されている(好意をもたれて)にも関わらず相手の気が付かない内にダメージを与えるものだ。

これが一番恐ろしい。

こんな呪い上手が意外にいるんだよなぁ。

優しい目の人が良さそうな顔しながら‥

おお怖!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

これからはずっとマッハ!

俺の雪道走行動画が急に再生数が増えたので、おかしいと思って「もしかして‥」と調べたらやっぱり2ちゃんねるのバイク動画スレに貼られた。

2ちゃんねるの連中は俺が自作自演で貼ったと思ってるが、もし俺ならもっとうまく貼るよ。

見た感じでは、俺の雪道走行動画に感動した人が貼ったみたいだから許すけどね。


さて、ここからが本題。

俺は性格的にとてもしつこい。

粘着質な性格は一つの事にこだわると徹底的にこだわる。

しかし反面、「こりゃダメだ。絶対無理!」と判るとあっさり手を引く。

俺の良いところでもあるし、最も嫌われる理由でもある。

そんな俺がこだわるものにCDがある。

CDってさ、人生の栞というか、昔よく聴いたCDのジャケットを見た瞬間に当時の事が蘇ってくるよね。

いわゆるフォトアルバム的な物ともいえる。

だから思い出しくない事にはCDを捨てる時だってある。

「これ喧嘩しにいく前に必ず聴いたCDだ、恥ずかしい。」みたいにね。(さらばライダース…)

ここ20年ばかりよく聴いた曲が筋肉少女帯の『バトル野郎 100万人の兄貴』で、その前の5年は映画『ターミネーター』のテーマ曲だった。

そろそろ新しいCDが欲しくなって、さんざん悩んだ挙げ句候補に上がったのが、2NE1の『IAM THE BEST』とRAINBOW の『マッハ』の2曲。

結局、近所のCD販売店にあった『マッハ』に決まりました。

これからしばらくはずっと『マッハ』です。

K‐POPのCD売上ってさ、比率でいったら日本9で韓国1なんだとか。

日本人は大切に思うものは手元におきたい民族なのかもな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

シャアだけに3倍嬉しい。

MoToDAMMさん、コメントありがとうございます。

いや~、俺の考えを理解できる人がこんなに早く見つかるとは思いませんでした。

最近、自分でも動画撮影していますがやり過ぎだけはしない様に気を付けます。


去年まで頻繁に被っていたシャア専用ザクのレプリカ・ヘルメット『シャア2』だけど、シールドを傷つけてから全然被っていない。

今年になってまた被りたくなって、コンパウンドで磨いてから固形ワックスをかけた。

傷つけたシールドはブルーのミラーシールドに交換予定。

シャアヘルってベースはOGKのテレオスⅢがベースでバンダイが販売元になっている。

実はテレオスⅢのミラーシールドは、ブルーだけがライトスモークのシールドにミラーコーティングしていて、他のミラーシールドはクリアのシールドにミラーコーティングしてある。

つまりブルー以外は顔が丸見えでミラーシールドの意味がないのだ。(前もって調べて良かった。)

よりカッコ良くなったシャアヘルを被れると思うと、シャアだけに3倍嬉しいです。

そうそう、3倍といえば俺は、『一般の人の好評よりも、2ちゃんねる連中の酷評の方が3倍価値がある。』と考えている。

なぜなら、2ちゃんねるの連中は人生を楽しんでいる人を好まないからだ。

つまり、実践充実人間認定されたって事。

昔、バイクスタントを語るスレがあった。

ちょっと前のバイクは皆キャブレターであった為に、長時間ウィリー走行していると突然エンジンが停止する。

バイクスタントを実際にやっている者なら知っているが、原因はキャブレターがガソリンでいっぱいになってエンジンをかぶらせるせい。

ところが、2ちゃんねるではウィリー走行を続けるとキャブレターのガソリンが不足してエンジンが停止するというのが定説になっていた。(過去にバイク誌でそんな風に間違って書かれていたのを見たんだね‥)

当時、ネット初心者の俺が親切に本当の事をスレに書いたらめちゃくちゃ攻撃されたよ。(今でこそカエルの面に小便だけどね。)

そして俺は「あぁ、バーチャルな世界しか強がれない人達は、リアルな世界の人達が好きではないのだなぁ。」と知った訳です。

2ちゃんねるから批判される事は、ある程度実力を認められたって事ですね。

誰だよ、俺の雪道走行動画を勝手に2ちゃんねるのスレに貼ったヤツは!

まぁ、どうでも良いかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安心しました。

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

俺的には、リーサル・ウェポン2で太った警備員の黒人お姉さんが、「私にかかっちゃマッドマックスも顔負けよ。」と現金輸送車か何かのクルマが爆走するのが大ウケでした。

年を取っても相変わらずの腕っぷしなメル・ギブソンさんをもう一度見てみたいですね。(メル・ギブソン主演のマッドマックス4がぜひ見たいです。)


YouTubeでクルマやバイクの爆走動画が次々とアップされる。

俺も好きなのでよく見るのだが、ある傾向に気が付いた。

海外で撮影された爆走動画は高評価が多いのに、国内で撮影されたものは低評価が圧倒的に多くなる。

どうやら、その動画にくるコメントから日本人の気質が関係している様だ。

海外爆走動画は所詮は対岸の火事で冷静に見る事ができるが、国内爆走動画は身近にある脅威として批判の対象になるのだ。

要するに、国内爆走動画は批判対象となってその動画の凄さが評価される事となる。

それこそ、規律や道徳を重んじる日本人だからこその現象だ。

何か安心するね。

逆に島国根性とも言えなくもないが…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

メル・ギブソン主演にハズレなし!

俺、子供の頃から俳優のメル・ギブソンさんが大好きで、マッドマックスなんか映画館に何度も見に行った。

本当にこの人が主演の映画はハズレなしだね。

さっきまでメル・ギブソンさんが8年ぶりに主演した映画『復讐捜査線』のDVDを見てたんだけど、相変わらず土臭い暴力が心地良い。

今回の作品は、核兵器を内緒で作ってた企業に娘を殺された刑事が、単独捜査で企業を追い詰めて復讐するストーリー。

ここんところ、メル・ギブソンさんの主演作品は必ず家族を殺した相手に復讐してラストに自分も死ぬパターン。

おそらく、それが一番似合うのが彼なのだろう。

『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッドさんも良かったが、メル・ギブソンさんも全然負けてません。

正義の暴力が好きな人にお勧めの作品です。(あんまりいなさそうでけっこういるはず。)

俺のあこがれヒーロー、マッドマックスは健在でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バイクを悪者にするのが一番簡単な話。

昨日の産経新聞のニュースで悪印象を受ける記事があった。

まず見出しからおかしい。

『バイクが転倒して歩行者5人負傷。運転の男性逮捕。』

ライダーが転倒して歩行者を巻き添えにするなんて、他人事ではない話なのでしっかり記事を読むと、交差点を直進していたバイクが右折したバスと接触、それが原因で転倒して歩行者に突っ込んだ。

警察はとりあえず(転倒した)こいつを逮捕しとけとライダーを逮捕したらしい。

ちょっと待てよ、直進と右折の事故で直進が悪い?

ちょっとおかしくないか?

昔、「我々は保険屋ではないので、道交法は詳しくわかりません。」って言った警官もいたが、余りにも酷くないか君達よ。

接触が事実なら逮捕は不当だろうし、産経新聞の記者も『バスと接触したバイクが転倒し、巻き添えになった歩行者5人負傷。』と書くべきだ。

要するに、警察も産経新聞の記者もバイクに乗るライダーを悪者にするのが最も正しいと考えた訳だ。

この事故を受け持った警官と新聞記者こそ、一般の会社では『使えない人』と呼ばれる人達ではないだろうか。

事実がはっきりするまで逮捕されたライダーに同情するよ。

警察も産経新聞も一部の使えない社員(この場合、あえて警官もそう呼びます。)によって批判されるのは仕方がない。

どこの会社も一緒です。

しかし、これから「自分達は絶対悪くない、悪いのはバイクに乗るヤツだ!」とお互いに捏造するのはなしにしてもらいたいものですね。

過去から現在まで幾度となく行われてきた事ですが…


我思う、
「やっぱり正義ってさ、愛があるから成立するものなのね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

あれから一年…

東日本大震災から一年。

朝起きて、蛇口からお湯が出る幸せ。

トイレに入ってお尻をやっぱりお湯が洗ってくれる幸せ。

朝食で熱いご飯に生卵をかけて崩し、電子レンジで軽くチンする幸せ。

キーの回すとダンプカーとホイールローダーが容易にエンジンがかかる幸せ。

工場の休憩所で反射式石油ストーブに、缶コーヒーと鰰の干物を載せて待っている幸せ。

白い雪が地面に積もるのを見ながら幸せを噛みしめる。

あらゆる幸せに感謝しつつ、震災で亡くなった人々のご冥福を改めてお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

久しぶりな後輩君の相談。

マキオ会長、コメントありがとうございます。

会長が刺さった瞬間に、ビーバップハイスクールのオチによく使われた様な大爆笑がこみ上げてきました。

今、思い出した瞬間にも笑いがこみ上げてきます。

会長、あれは反則です。


昨日の夕方に後輩君(モトクロス国際A級)から、ミニモトのチューニングについて相談された。

話を聞くとボアアップしたエンジンをノーマルに戻して、速さはそのままにしたいらしい。

シリンダーヘッドはノーマルのままだったそうなので、小径バルブなら吸気ポートはそのままで排気ポートのみエキパイの内径に合わせて拡大した方が良いと教えた。(これらは全て経験上からきた答えです。)

排気量をノーマルに戻す際には、ハイコンプピストンとハイカムを組むそうだが、その後は何をしたら効果的か聞いてきたので俺独自のチューナップ『自作カムシャフトバランサー』をやってみないか提案した。

これは俺が編み出したチューナップの中でもNo.1の出来だ。

とにかく簡単に鬼の様なレスポンスが得られる。

製作方法は以前に後輩君に教えたはずだが忘れたそうなので、暇な時にちゃちゃっと改造してやる事にした。

でも後輩君。

お前のマシン、その内に俺の改造したパーツだらけにならないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

無頼のマキオ会長。

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

まぁ、公道では本気で走らないのが基本ですから、なんとか無事に走りきってます。

軽いスパーリング程度の走りが一番楽しいですからね。

林道走行動画お楽しみに‥


チーム『無頼』、結成してそろそろ20年くらいになるかな。(そんなにいってねぇかぁ‥)

元々、秋田県のバイク愛好者ミーティングで集まった複数のチームの中から、チームの垣根を越えて走り大好きな者だけが連んだ言わば選抜チームだった。

正式なチーム名は、『宴遊蝙蝠旅団・無頼』です。

直訳すると、「飲み会も走りも両方楽しむ蝙蝠野郎のろくでなし。」ってとこですね。

チームのまとめ役は、スーパーカブでドリフト走行が得意なマキオ会長です。

誰からも慕われる弟的存在(兄貴じゃないのがミソ。)で物凄い趣味人。

ここからが本題。

この男、なかなか身体能力が高く、秋田県を代表する祭り・竿灯祭りのパフォーマーだったりする。

しかも、ただのパフォーマンスではなく、一本足の下駄を履き他の演技者と同じ演技をするのだ。

スキーとかも自己流だろうがかなり上手い。

そんなマキオ会長もあいにく天才が持つ野生の勘みたいなものはないので、特に目立つ訳ではないらしい。
但し、この男にライディング・テクニックを教えた時が大変だ。

「これはね、こうすれば良いよ。」何て教えるもんなら、次の瞬間に教えた自分よりも上手に走ってぶっちぎられちゃうよ。

だから、理論派ライディングの俺はあまり教えたくないのだが、マキオ会長の弟的かわいらしさについつい教えてしまうのだ。

この間の雪道ツーリングの時も、「タイヤはこんなやつを使って、乗り方をこうすればハンドルの切れ角が少なくて済むし、もっとアクセル開けられる。」と、うっかり余計な事教えちゃった。

おそらく、来シーズンはもっと速くなって、俺も本気にならなくちゃだめになるかも‥

本気で走るとだめな公道なのにね。

恐るべし、マキオ会長!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

夏タイヤ

桜華さん、コメントありがとうございます。

正直な俺の意見を言いますと、交通取り締まりの警官は交通安全なんかもはや関係ない商売人と化しています。

彼らは取り締まりの売り上げでご飯を食べているので、我々が用心するしかないですね。

基本的に悪い人はいないのですが、確実に役立たずな人間も中にはいます。

一般的な会社と一緒です。

その役立たずが交通取り締まりをした場合、弟さんのケースみたいな事になります。

俺も同じ様な事が以前にあって1時間ほど言い争って、違反切符を警告書にさせました。

自分が間違いなく正しい時は負けちゃだめです。


波改をそろそろ夏タイヤに戻さなきゃ。

ついでにおニューにしたいな。

実は俺の場合、前後のタイヤが同じペースで減る事が多い。

だから、交換時期はほぼ一緒になるのだ。

せめて前か後ろのどちらかが長持ちしてくれたら助かるので、リアタイヤに新聞屋御用達ブリジストンG‐556を入れようと思います。

中国製タイヤみたいに安いが減るし滑りまくるタイヤよりも、滑っても減らないタイヤの方が100倍マシです。

それに雪道走行のトレーニングにもなるしね。

フロントにはあまりの不人気で安売りしている、ミシュランM‐45でも入れようかな。

これなら林道もガンガン攻めれるしね。

そしたらまた動画撮影しますよ。

おそらく、ただ速いだけのつまらない動画になると思います。

話は変わりますが、車載用ビデオカメラのGoPROと俺の持ってるオリンパスのデジカメとでは、速度感がGoPROの方が高く感じる。

動画の迫力はGoPROが遥かに上ですね。

流石、車載用ビデオカメラだ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

裏道シーズン

マキオ会長、コメントありがとうございます。

来シーズンはドリフト向きのスパイクタイヤでまた走りましょう。


雪が道路上から消えてきた。

そろそろ交通取り締まりシーズンになります。

それは同時に裏道シーズンになったといえます。

皆さんも気を付けて運転しましょう。

気持ちの切り替えが遅れると免停もんですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

真冬のカブ・ツーリング動画三発目

無頼のマキオ会長がこの間のカブ・ツーリングの記事をブログに書きました。

俺のブログよりよっぽど面白いので見てください。

勿論、走りの動画ありですよ。

はい、今回は丸投げ状態の記事です。

http://blog.livedoor.jp/doronpafx/archives/1904703.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

武田鉄矢さんの名言。

歌手で俳優でタレントの武田鉄矢さん。

俺もこの人が大好きで、この人がしゃべるとてもシャープな名言に何度も救われたり慰められたりした。

しかし、そんな名言も実生活に役に立つ事ってあんまりないんだよね。

そんな武田さんが、「よく教えてくれた、ありがとうございます。」と全国の男性から感謝される名言?を教えてくれたのだ。

武田さん曰わく、

「オシッコをする時に爪先立ちになると残尿感が起きない。」

男40歳を過ぎると、どうしても残尿感ってやつが起こる。

それが一発でスカッと解決するのだ。

こんなに気持ち良い排尿が毎回できるなんて、武田さんあんた神だよ。

オシッコする度に感謝する毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

経験値アップ

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

ステッカーは私の気持ちですので、代金とか気になさらずに受け取って下さい。

何かと筆おやじさんから入る情報に結構助けられてるんですよ。

これからも宜しくお願いします。


冬季田沢湖ツーリングで、新たに分かったテクニックが幾つかあった。

固く凍った雪の上で猛ダッシュスタートをする時は、1速に入れて軽く半クラッチ気味にしといてアクセル全開スタートが有効だった事。

シートへの外足ニーグリップをしっかり行うと、ハンドルを切る角度が少なくて楽に曲がれる事。

リアタイヤのスパイクタイヤを2.25‐17にしたおかげで、ピン数が増えてグリップが向上した事。

山岳用ギア比は峠では特筆するくらい調子良い事。

これらが分かっただけで来シーズンの走りも良くなるってもんだ。

また、冬のシーズンに走り込めば、当然シーズンオフがないから、春からの走りもバッチリだぜ。

波改は一年中楽しいバイクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真冬のカブ動画二発目。

http://www.youtube.com/watch?v=rYI3cC1PqwQ

前回の続きです。

意外な結末になりました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

真冬のカブ・ツーリング動画一発目。

http://www.youtube.com/watch?v=t3B4zBactGM

まずは見ておくんなさいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山岳用ギア比

冬季田沢湖ツーリングに行ってきました。

後ほどYouTubeに動画をアップします。

今回のツーリングは無頼のマキオ会長と2人だけです。

まぁ、俺と真冬につるんで走れるのはマキオ会長くらいだからね。

昨年は俺の波改がまだ109ccで、マキオ会長のスーパーカブが80ccだった。

今年は波改が125ccで、スーパーカブが96ccに排気量アップ。

湖畔の雪道走行で、昨年は半周で5分以上あった差が、今年は2分足らず。

マキオ会長恐るべし!

今回のツーリングでは、ギア比を山岳用ギア比にしました。

上り坂で速く、下り坂でもっと速いギア比です。

しかし、平坦な場所ではエンジンがギア負けして最高速が出ません。

街中でははっきりいって『使えない。』仕様ですね。

しかし、峠ではめちゃくちゃ調子良い。

コーナーでギアミスしてもリカバリーが利くし、いつもよりも楽に走れます。

こんな感じのバイクは1990年式のホンダCR125以来です。

いいなぁ、コレ。

平地では流して走って、峠ではマジ走りってのも良いかも‥

今回は目からウロコでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆レイダウン

雪道走行で最も大事なのがトラクションです。

特にリアタイヤのトラクションは速さと安定感に直結します。

ロングスイングアームにして、それをさらに確保しようと思ったが弊害も多い。

同様の効果を生むのに、リア・サスペンションのレイダウンをすれば良いと思ったのだが、せっかくのボディラインを崩したくない。

そこで逆レイダウンを思いついた。

スイングアーム側のリアサスペンション取り付け位置をもっと後方にずらし、そして上げてやるのだ。

これなら旋回性も犠牲にならず、トラクションもうまく掛かるかもしれない。

おまけに改造も比較的に楽だ。

凄い、久しぶりに良いアイデアが浮かびました。

ラッキー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

明日の為に

明日やる冬季田沢湖ツーリングの為に波改の整備をした。

エンジンオイルの交換は3日前に終わっている。

地元・寒風山の冬山を攻めた時に感じたギア比の変更を行う。

リア・スプロケットを35Tから34Tへ交換。

ドライブチェーンはチェーンオイルが切れていたから注油と清掃。

注油後によくチェーンを揉みほぐして馴染ませる。

その他は各作動部に注油してから洗車して、再度注油すれば終わり。

おっと、ガソリンを忘れずに入れなきゃ。

ついでにタイヤ空気圧もチェックだな。

明日は上手く走れるかなぁ。

ちょっと自信がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極・至高のタイカブ

俺ははっきりいって、タイカブで最高の車体はヤマハのスパーク135iだと考えてます。

水冷135ccエンジンでインジェクションでリア・モノショックサスペンション。

そしてワイドアルミホイール。

ボアアップキットはヤマハ純正150ccだ。

中型バイクだから高速道路だって走れる。

これから本気で雪道バイク走行を極めるなら、いずれこのマシンに乗る事になるだろう。

しかし、波改が完全にダメになるまではお預けさ。

まだまだ波改はイケるハズだからね。

おまけにカブ110のパーツが使えるから、たとえ壊れたとしても修理が利く。

下手したらずうっと波改を乗り続ける事になるかもしれないが、とりあえず購入の為に貯金だけはしとくかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

ハイカムCOME!

タケガワのカブ110用スポーツハイカムが届きました。

我が家ではご禁制扱いのパーツ?です。

昨年に製作したカムシャフト・バランサーとの相乗効果で凄い事になるかもね。

KTMのバイクみたいに次のコーナーまでワープする様にならないかなぁ。

組むのは明後日の田沢湖ツーリング後だね。

どうなりますかな、ウッシッシ‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤茶さんの結婚

昨日、ドリフの加藤茶さんが46歳年下の女性との結婚式が行われた。

この結婚を悪くいう人もいるが、人間も動物だから恋愛に年齢はあんまり関係ないと思う。

どっかの動物園で、繁殖の為に若い牝のライオンがやってきた。

当初、この牝ライオンには若い雄ライオンがあてがわれたが、気に入らなかったらしく完全無視状態だったそうだ。

飼育係の意に反して、牝ライオンは老雄ライオンに興味を示し、歯の抜けた老雄ライオンの為に餌の肉を何度も噛んで柔らかくしてやる様になった。

結局、若い牝ライオンと老雄ライオンのカップルが誕生。

牝ライオンは甲斐甲斐しく老雄ライオンの世話を焼き、子供を沢山産んだとか。

若い女性と年寄りな男性がカップルになったからって、「財産目的。」とか、「芸能界入りを狙ってる。」とか、「前妻の子供達が可哀相。」など批判的な事をいうのはカッコ悪いと思う。

例えば、歌手の長渕剛さんが今現在の加藤茶さんと同じ年齢となったとしよう。

肉体派の長渕さんは数年前に離婚して、若い嫁さんをもらったとしても加藤茶さんと同じ事言えるか?

要するに、加藤茶さんを舐めて見ている証拠だよ。

若い女性と付き合えるだけのエネルギーと甲斐性があるのだから仕方がないだろう。

「好きなんだからしょうがないじゃない!」

男なら若い女性からそんな風に一度は言われてみたい。

あんまりひがむなよ諸君…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

2分の1成人式

ここ数年、全国的に2分の1成人式というのが小学校で行われている。

10歳を祝い、大人への階段を上っているのを認識させる。

大昔の男の子は元服といって大人として扱って精神的な成長を促した。(女の子はモギとかいうらしい。)

それなのに今の成人式ときたら、全然大人からかけ離れた20歳が大暴れ。

そこで学校側・行政も考え直したんだね。

ゆとり教育から脱ゆとりへ。

結構大きな変革に思えます。

素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椎茸栽培に挑戦

昨年末に道路拡張工事の為に伐採した栗の木。

勿体無いので、栗の木に椎茸を植え付けて原木栽培をしようと思う。

ホームセンターで椎茸の種駒を買い、明日ドリルで穴開けして植え付けだ。

ノウハウはホームセンターから貰った栽培方法の説明文一枚。

何事も挑戦しないと分からない事だらけです。

ワクワク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »