« 3月の憂鬱 | トップページ | 低圧縮エンジンのメリット »

2012年3月20日 (火)

全て一理ある。

被災地の瓦礫処理が進まないと新聞などのマスコミで、「このままじゃいかん!」と評論家なんかが盛んに叫んでいる。

そんな事は皆知っている!

ただ物が物だけに慎重になってるだけだ当然だろと言いたいね。

放射能の事を俺達はどれだけ知ってるんだと、あえて問いたいよ。

東京都知事が一番に瓦礫を受け入れた。

あれはあの人が頭の良い人で、一番に受け入れれば政治家としてのリーダーシップを見せれるし、瓦礫だって最も無害なところを選び放題。

良い意味でも悪い意味でも東京都知事は大人なんだ。

復興を急ぎたいのは山々だが、放射能はなくならない。

薄まっていくだけで全体量は何も変わらない。

埋め立て処分場ってさ、有毒物質が外部に出ない様に一見なってるが、雨水でいっぱいにならない様に一旦は調整池と呼ばれる溜池に集めて処理するシステムになってる。

但し、単に放射能はもちろん有毒物質が薄まって外部に流れる仕組みだ。

仮に浄化設備があったとしても、それは放射能除去用の設備ではない。

だから困る。

埋め立て処分場は、大体は田舎の隅に立ってて、周りには田畑がある。

そこで収穫された作物は誰が食う?

怖い怖い。

賛成があれば反対がある。

全ての意見に一理がある。

どちらかが正しいじゅなく、どちらが有益かで世の中決まる事が多々あるから恐ろしい。

世界中のどの国も、国を挙げて戦争をしようとしてる時に、「戦争反対!」っていったら下手したら殺される。(マジで‥)

それと同じにならない為に「もっと慎重になってくれ!」と逆に言いたい。

命の源は食料だ。

食い物に困らないのは今だけです。

よく考えようぜ。

|

« 3月の憂鬱 | トップページ | 低圧縮エンジンのメリット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/44559153

この記事へのトラックバック一覧です: 全て一理ある。:

« 3月の憂鬱 | トップページ | 低圧縮エンジンのメリット »