« あれから一年… | トップページ | メル・ギブソン主演にハズレなし! »

2012年3月12日 (月)

バイクを悪者にするのが一番簡単な話。

昨日の産経新聞のニュースで悪印象を受ける記事があった。

まず見出しからおかしい。

『バイクが転倒して歩行者5人負傷。運転の男性逮捕。』

ライダーが転倒して歩行者を巻き添えにするなんて、他人事ではない話なのでしっかり記事を読むと、交差点を直進していたバイクが右折したバスと接触、それが原因で転倒して歩行者に突っ込んだ。

警察はとりあえず(転倒した)こいつを逮捕しとけとライダーを逮捕したらしい。

ちょっと待てよ、直進と右折の事故で直進が悪い?

ちょっとおかしくないか?

昔、「我々は保険屋ではないので、道交法は詳しくわかりません。」って言った警官もいたが、余りにも酷くないか君達よ。

接触が事実なら逮捕は不当だろうし、産経新聞の記者も『バスと接触したバイクが転倒し、巻き添えになった歩行者5人負傷。』と書くべきだ。

要するに、警察も産経新聞の記者もバイクに乗るライダーを悪者にするのが最も正しいと考えた訳だ。

この事故を受け持った警官と新聞記者こそ、一般の会社では『使えない人』と呼ばれる人達ではないだろうか。

事実がはっきりするまで逮捕されたライダーに同情するよ。

警察も産経新聞も一部の使えない社員(この場合、あえて警官もそう呼びます。)によって批判されるのは仕方がない。

どこの会社も一緒です。

しかし、これから「自分達は絶対悪くない、悪いのはバイクに乗るヤツだ!」とお互いに捏造するのはなしにしてもらいたいものですね。

過去から現在まで幾度となく行われてきた事ですが…


我思う、
「やっぱり正義ってさ、愛があるから成立するものなのね。」

|

« あれから一年… | トップページ | メル・ギブソン主演にハズレなし! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/44460720

この記事へのトラックバック一覧です: バイクを悪者にするのが一番簡単な話。:

« あれから一年… | トップページ | メル・ギブソン主演にハズレなし! »