« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

原作超え

コメントをくれた皆さん、ありがとうございます。

ピーキーはこれからもバイクの楽しさ(かなりマニアックな方)を追求していきますよ。

これからもブログを見て下さいね。


全然、バイクとは違うアニメの話。

ルパン3世が初めてアニメになったのは、俺が幼稚園か小学校に入学したかどうかの頃だ。

大人っぽいアニメに当時は驚いたものだ。

あれから30年以上過ぎてルパン3世シリーズは生まれ変わった。

新作のテレビ版ルパンアニメが放送されて、早くも4話目になります。

とにかく内容が素晴らしく、放送を見る度にびっくりさせられますね。

原作のハードボイルドとセクシーさをしっかり兼ね備えた大人の作品になりましたが、そればかりではありません。

原作超えるストーリーには驚かされるばかりです。

なんと峰不二子が、逮捕を免れる為に銭形警部と警察署でエッチするシーンがあり、銭形警部に思いを寄せるホモ刑事が峰不二子に嫉妬して峰不二子をライバル視する。

前衛的でアングラチックなオープニングにぴったりの話でした。

エッチシーンも原作ファンを納得させる内容で文句のつけようがないくらい凝ってますしね。

制作側はよっぽど有能な人達か、相当なルパンマニアか、はたまたその両方なのか‥(おそらく最後だと思う。)

これ凄いよ。

子供に見せられない様なルパンアニメが、テレビで見れるなんて感動的。

相変わらず日本はアニメだけはぶっちぎりで世界をリードするばかりか、その差を徐々に広げています。

日本も国家予算をアニメに投入して、本気で世界中から稼げば良いのに。

いけね、つい景気回復に結びつけちゃうな。

おっさんは嫌ですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

大変な取材

最近カブ好きさん、コメントありがとうございます。

タケガワのハイカムはトルク感が希薄なので速い感じがしません。(実際は速くなってる。)

面白味はノーマルカムの方が数段上です。

速いがつまらないカムと、そこそこ速くて面白いカム。

アナタならどちらを選びますか?

今日の午後からバイク雑誌の取材がありました。(雑誌名は内緒。)

元々ハーレー系の雑誌編集部が硬派系バイク乗りの雑誌を発行しているのでビジュアルのこだわりが凄かったです。

撮影場所は深夜の内に調べてから撮影しているので、いかにもって感じの場所で撮影しました。

撮影にはゆうに4時間掛かりました。

俺もメンバーもバイク雑誌の取材には慣れているハズでしたが、今回は今までの取材とは違いかなり緊張しましたよ。

「プロカメラマンって凄いなぁ。だったら今までの取材の撮影って何?」

全員そう思ったほどです。

取材で何よりうれしかったのは雑誌記者が俺を知っていたって事。

「爆走○○の時の武勇伝は聞いてますよ、ピーキーさん。」

どうやら俺は一部で有名らしい。(ちっちゃい世界で)

走り撮影では取り直しもありましたが、正直楽しかったです。

モデル気分も悪くないですね。

果たしてどんな掲載記事になりますやら・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

あらら‥

波改のホーンが突然鳴らなくなった。

「あらら‥、配線トラブルかな?」

今日の夕方に見てみると、ホーンスイッチの付け根部分のカプラーが外れてた。

カチッとカプラーを付け直して終了と思いきや、今度はリアキャリアがなんかグラグラする。

どうやらシートレールのキャリア取り付け部にひびが入っている。

「あらら‥」

溶接修理と補強が必要ですね。

弱い部分が壊れるので、それを直して強化すれば波改はまた強くなります。

速いマシンも良いが強いマシンはもっと良い。

公道走りには絶対に必要な事です。

だって、家に帰れなくなるのは困るから。

俺は子供か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

タラノメ天ぷら稲庭うどん

昨日、我が家の名物料理『タラノメ天ぷら稲庭うどん』を食べました。

山菜の王様と呼ばれるタラノメの初物を天ぷらにして、秋田の名産『稲庭うどん』に上げて食べる訳です。

うどんはわさびを利かせためん汁でいただきます。

ふわっとしたタラノメとツルツルシコシコの稲庭うどんが、同時に口の中に入ると、「生きてて良かったぁ。」と冗談抜きで思います。(マジですよ…)

昨日も仕事で配達の途中、道路脇に生えているタラノメを発見し採取しました。

配達の回数が増える度に視界に入るタラノメの数も増えて、気が付くと助手席はタラノメだらけに‥

山菜天国秋田県最高っす。

今日の昼飯はタラノメ天丼です。

今からヨダレが出そう。

やること沢山あるのにタラノメが気になって仕事にならないなこれは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

強風の慣らし運転

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

取材記事が掲載された雑誌が発売されたら、筆おやじさんだけにそっと教えますよ。

お楽しみに‥


昨日、タラノメを取りに行った。

今日の早朝、初物を嫁さんの実家へ届けに波改出動。

今朝は強風で慣らし運転には向かない天候なので難儀しました。

ハイカムのよく言う『カムに乗る。』って状態を慣らし運転では使えないので、風に押し戻される始末。

苦労の末、なんとか到着して、そっと玄関に置いておきました。(早朝で驚くといけないので‥)

無事届けて、あとから自宅への電話でかなり感激された様です。

帰り道は追い風であっという間の帰宅です。

めでたし、めでたし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

ブレークイン

波改にハイカムを組んでピストンリングを交換したら異音がする。

しかし、エンジンは好調なのでしばらく様子を見てみる。

長い暖機運転を行い、ブレークインさせる。

ブレークインとは無負荷状態での慣らし運転の事。

約20分ブレークインすると、異音は消えていた。

ブレークインが終わってから今日の仕事場までわざわざ遠回りした。

コースは隣町から仕事場まで続くメロンロードだ。

慣らし運転だというのに時速80キロ巡航。(超ロングギア比です。)

これが無理なく快適に走れる速度なんだからしょうがない。

カムシャフトの特性が低速型から中高速型になったので、若干低速トルクの力強さが感じられない。

しかし、変わりにフラットな感じでエンジンの回転が上昇し、単気筒のパルスを感じるにもかかわらず電気モーターの様な乗り心地。

「慣らし運転が完了してブン回したら気持ちよさそうだなこれは‥」

前にもブログに書きましたが、カブ系バイクってエンジンがパワーアップすると安定性が向上する事が多い。

今回もそれははっきりと表れて、コーナーリングが前よりもずっと楽に曲がれます。

これでフレームや足まわりの強化は不要になりましたね。

儲かった感じで嬉しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

ハ・イ・カ・ム・ク・ン・ダ

今日、波改にハイカムを組んで、ついでにピストンリングを交換しました。

組み上がってエンジンを始動すると、アイドリング域の燃調が薄いのかカムチェーンの音がうるさいです。

波改のインジェクションは、アイドリングが調整できる様にアイドルスクリューを自作しているので少し回転を上げてやりました。

まだまだ本調子ではないですが、PGM学習後も不調ならばエアスクリューを調整してみます。(WAVE110iはカブ110とは違い、エアスクリューが付いている。)

軽く試走してみると、アイドリングより上の回転域は只でさえモーターみたいに回るエンジンが、よりモーターみたいに回ってとっても気持ちいいですね。(これは癖になる。本当にモーターみたい。)

今の波改は、世界中の原付バイクの2歩も3歩も先を行ってるかも知れません。

我ながら鼻高々です。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

なぬぅ、雑誌の取材ぃ?

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

今の政治家はお坊っちゃんばかりで、外交では険悪な雰囲気になる事を嫌って舐められぱなしです。

だらしない国政にも飽き飽きしました。

まぁ、行くとこまで行けば、『窮鼠猫を噛む。』で我々も反撃開始ですよ。

国民はバカや腰抜けばかりじゃないですからね。


さっき、無頼のメンバーから電話があって、バイク雑誌の取材を受ける事になりました。

俺が所属する『宴遊蝙蝠旅団 無頼』は、普段は真面目に仕事をする一般人ですが、陰ではその名の通りのアウトローなバイク乗りの集まりです。

バイクに乗ると変身します。

こち亀の本田が複数いると思ってください。

正式な連絡は後日ですが、波改で参上しますよ。(バイク雑誌の取材なんて、ミスターバイクのバイクスタント記事以来久しぶり。)

雑誌の名前出しはNGですが…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

競争社会とは?

ゆずきちさん、コメントありがとうございます。

チェーンカバーですが、今回はお気持ちだけいただいておきます。

実は波改の鉄製カバーに愛着が芽生えまして必要がなくなったからです。

これからもカブ道を追求していきますのでよろしく。

どうもありがとうございました。


最近、『風のファイター』の無料配信ビデオを見ました。

『空手バカ一代』と同じく故・大山倍達さんをモデルにした韓国人気コミックの映画版です。

これを見て今まで謎だった部分が解けました。

なんで日本で特攻隊くずれと呼ばれたのか?

なんで突然結婚できたのか?

空手バカ一代では、けっして描かれなかった事が描かれています。

まぁ、両方の作品とも脚色はされてますが、まんざら嘘だけでもなさそうですからね。

そうそう、大山倍達さんといえば朝鮮半島出身なのは有名な話。

昔から日本で活躍する朝鮮半島出身の人は多いです。

別に不思議な話ではありません。

実力が認められれば人種なんて関係ありません。

日本の国技『相撲』でも外国人横綱力士は人気者です。

どんな素人でも並べて比べればどっちが上か分かるものです。

今、日本でも韓国の音楽グループが人気があるのは、本当に実力があるからではないでしょうか。

単純に見比べるとすぐに分かりますね。

例えばガールズグループを例にしてみると、日本のAKB48よりも韓国の2NE1の方が世界的に人気があります。

これは才能ある女性を長い時間を掛けて訓練した年月の差と言えます。

しかし、2NE1でもガールズグループの本場アメリカでは、全く問題になりません。

なぜなら、アメリカにはプッシーキャットドールズをはじめとする強烈なグループが多数存在するからです。

芸能界だけではなく、世の中は全て競争社会です。

商売でも、「商品がちっとも売れない。」というのはもっと良い商品があるからか、同等レベルの物が低価格であるかのどちらかです。

日本の不景気だって、他国に負けているだけで、実力が認められなくなれば外交だって舐められっぱなしも当然です。

常に、「勝ちたい!負けたくない!」この気持ちをなくしたら成長は止まります。

勝ち誇っている内に中国や韓国に追い越されてしまった日本には、いつでもチャレンジャー魂を忘れない事が大事だと強く感じる毎日です。

戦争にならない程度に『喧嘩上等!』でいませんか?

ねぇ、野田さん…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

パイプ車庫

この前の爆弾低気圧で物置兼バイク車庫が壊れました。

今日、朝から単管パイプで車庫を作っています。

凝り性なので時間ばかりかかりますね。

完成は明日の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

ちょっと怖い。

筆おやじさん、たらしさん、コメントありがとうございます。

筆おやじさん、大人気のブログ休止で驚きましたが、こうしてコメントをくださるので安心しました。

ブログをやめるとネットから遠ざかる人が意外に多いので心配していましたが、余計な心配でしたね。

これからもよろしくお願いします。

たらしさん、アクセルが戻らなかった可能性もありですね。

機械的なトラブル以外にも、精神的な原因や予定外の出来事に驚いた場合によくあります。

お年寄りがコンビニに突っ込んだりして、最後までアクセルを踏みっぱなしだったなんて多発してますからね。

アクセルが戻らないなんて俺の場合は日常茶飯事ですよ。

初期のFCRキャブレターでは3回、ミクニのフラットキャブレターでは2回。

そうそう、今年はダンプカーのアクセルが凍って全開のまま雪道を走った事もありました。

人間パニックになると勝手に体が動いてそれをどうにかしようとする事ができる人と、なすがままの人がいます。

ちなみに俺は幸運な事に前者でした。


レンジャーマフラー(自作マフラー)のおかげに波改がやたら速い。

昨日の夕方にいつものテストコースでタイムアタックしたら、クルマ3台の追い越しに時間を取られたにもかかわらずベストタイムの2秒落ち。

普通は10秒位はすぐに落ちるはずだが‥

最高速も最後の伸びがくる前にクルマがいてアクセルを絞ったにもかかわらず、今までの記録を1キロ更新。(さて、何キロでしょう?)

車体や足まわりの強化しないと怖いくらいです。

またフレームにコンクリートを流そうかな。

リアサスペンションをガスショックにしたいな。

ホイールもアルミリムにする必要が出てきた。

今年も改良が忙しくなりそうです。

いつもの様になるべくお金を使わずやりたいですね。

ハイカム入れたら恐怖だなこれは。

しかし、カブ系バイクって不思議な事に、エンジンがパワーアップすると安定性が増す時がある。

ハイカム入れてから車体の方を考えますかね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

京都祇園祭の軽ワゴン暴走について その2

テンカン患者に運転手という職業の選択は厳しい。

しかし、それはどんなに努力しても才能が無ければ好きな仕事を選べないのと同じ事で差別でもなんでもない。

テンカン患者に運転手という才能は最初からないのだ。

俺がどんなにプロレーサーになりたくともならなかったのと一緒だよ。

自分に向いている職業を選べは良いと思うよ。

だからといって、テンカン患者のクルマの運転を一切認めないとは言わない。

テンカン患者には細心の注意を呼びかけ、世間には理解を求める。

自分の親しい人物がテンカン患者だったり、在日韓国人だったり、酒乱だったり、元犯罪者だったとしても、その人が自分にとって必要だったら関係ない。

ネットで批判や差別が今回の事件の原因だよ。

今回の暴走はその批判や差別がテンカン患者に恐怖を植え付けた結果の悲しい事件だ。

俺は批判されるのを覚悟で暴走した軽ワゴンの男性に同情したい。

彼は気が狂うほど恐怖したのだから…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都祇園祭の軽ワゴン暴走について

京都祇園祭で軽ワゴンが暴走して、多数の死傷者が出た事件について言いたい。

まずは軽ワゴン車を運転した男性を含め、亡くなった人の御冥福をお祈りいたします。

断言しよう。

暴走した軽ワゴンの男性は絶対に意識は失っていない。

ただ運が悪い事に彼はテンカン患者だった。

ここ数年にテンカン患者による死傷者が出る交通事故が数件発生した。

マスコミは事故を報道し、ネットではテンカン患者への人種差別的な批判が膨大に書き込まれた。

俺はテンカン患者への差別をブログで非難したが、今回の事件は多かれ少なかれこれらの批判が起こした可能性がある。

通常、テンカンは一度発作が出たら簡単には意識は戻らないし、薬を常用しているからといって意識を保ちながら発作を起こすなんてありえない。

軽ワゴンの男性は最初に起こした事故でパニクった。

会社ではテンカン患者の自分に、「事故を起こしても一切責任は取らん。」と言ってる。

「世間はテンカン患者の起こした事故に異常なくらい批判的だ。」

「たとえ発作で起こした事故ではないが、どんな風に扱われるか分かったもんじゃない。」

俺が思うに、この男性は悪さを普段する様な人間では無かった為、自分の起こした事態に恐怖したんだと思う。

パニックになった男性はすぐに最初の事故現場から逃げた。

そう周りが見えないくらいに夢中で逃げた。

しかし、その日が祇園祭だった。

お祭りを楽しむ観光客の列に軽ワゴンは突っ込み、次々と人を轢いていった。

運転していた男性は最悪の状況でさらにパニックになり、理性を失いアクセルを踏み続けるのだった。

もう、自分自身をコントロールできずに最後は電柱に激突。

これが事件の真相として最も無理がない。

なんでそんなのが分かるかって?

体験と経験談ですよ。

実は俺の知り合いにはテンカン患者の人もいるし、俺の後輩に交通事故を起こして最初の事故現場から逃走して、逃げる最中にさらに事故を起こしたヤツがいる。

ちなみに逃げる最中にぶつけられた被害者も知り合いだった。

だから軽ワゴン車の男性の気持ちや行動が理解できるのだ。

この男性が普段から悪いヤツだったら、もっと冷静に軽ワゴンから降りて人ごみの中に逃げ込んでいただろう。

このブログを見てる人は軽ワゴンの男性が焦る気持ちを手に取るように分かってきた事と思う。

つづく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マフラーの呼び名

波改に装着した自作マフラー。

朝のモーニングコーヒーを買いに自販機へ行った帰りに、「トルク感と扱いやすさが絶妙なマフラーになったなぁ…。」としみじみ思った。

「そうだ、せっかくだからこのマフラーに名前を付けよう。」

では、なんと呼ぼうか?

太いエキパイをハンマーが潰してレスポンスを向上させ、サイレンサーはKTMの600ccのモトクロス用を使っている。

雪道のトラクションアップにサブチャンバー室のエンドピースに増設。

グラスウールが消耗しないようにステンレスウールを使用して消音とパワーを両立。

サイレンサーの出口にボックスレンチのコマをハンマーで叩き込み、消音とトルク特性を調整して日常生活の使いやすさを重視した。

こんなにマニアックなマフラーは世界中にそんなにないね多分‥


決定しました。

名付けて、

『レンジャー』マフラーです。

訳は、昨晩に町内会の会合で自衛隊のレンジャー部隊出身の人がいて、「レンジャー部隊では、上官への返事はレンジャー(はい、了解ですの意味。)以外許されない。」と話していたのを思い出し、それ位に俺に従順なマフラーって意味です。

今日も俺の思い通りに走らせてねレンジャーマフラー君。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

4月26日はオーバーホール。

念願の波改オーバーホールは今月の26日に行います。

この日は、ウチの工場でベルトコンベアーの修理を行うので仕事ができません。

たまには休みを取ってゆっくり好きな事をしたいですからね。

この日にオーバーホールを決行して、ついでにハイカムを組んじゃいます。

ハイカムは経験的に加速によく効きますから、山岳用ロングギア比での加速の損失を穴埋めできる可能性があります。

今よりもエンジンが回ってくれたら御の字ですよ。

クククッ、楽しみ楽しみ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

ステップ位置を下げる。

今日の午前中にステップ位置を下げました。

方法はステップとステップ取り付け穴があるエンジンの間に5ミリのアルミ製カラーを入れて、5ミリ分長いボルトで固定します。

作業後、試し乗りに8の字走行をしてみると、マシンが股の間でコントロール出来、とてもスムーズなターンができました。

膝にも優しい角度になって大変よろしい。

気になっていたコーナーリング時のステップの接地ですが、前後のサスペンションを強化して車高が上がっているので問題ない様です。

また波改が自分に近づいた感じがしました。


さぁ、今日は日曜日ですが新製品開発の準備です。

ローテク産業はつらいよ。

「どこがやねん!」

突っ込みが入りそうですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのバイク屋

4月2日にコメントしていただいたNAOYAさん、ありがとうございました。

返事が遅れてすみません。

デカい会社って良い時と悪い時の社員の扱いに激しく差があるみたいですね。

経営が厳しくなるのは社員のせいではなく、経営者側の責任だという事を忘れて末端社員の首切りをすぐ考える。

しかも方法がとても汚い。

そんな狡さは経営の方に生かしてもらいたいものです。


波改の調子がものすごく良いので、自宅から30キロ離れたバイク屋へ久しぶりに遊びに行きました。

春なので交通取り締まりに注意してコースを選んで用心深く行きます。

到着して1100刀乗りのお客さんがいたので、「俺の波改は今が絶好調だから峠に走りに行こうぜ!今なら負けないよ。」と言ったら、

「アンタにゃ勝てる気しないよ。」と軽く断られました。

相変わらず俺は嫌な存在の様です。

昨日は久しぶりのせいか、いろんな情報が手に入りました。

中でも興味深かったのは、ダンロップの新聞屋カブ用タイヤです。

D104ってタイヤで、一見してカブには似合わないタイヤパターンのデザインでした。

ちょうどオフロードバイク用ロードタイヤみたいな感じで、元々オフロードバイク乗りの俺には馴染み深いパターンです。

なんか懐かしのターミネーターズ(オフロードバイクよるロードレース)の匂いがプンプンします。

ほぼオフロード仕様と化した波改には最高に似合いそうですよ。

メーカー希望小売り価格が6000円くらい、バイク屋で買うと4000円台、ネットで買うと2600円と送料です。(ネットで買おうっと。)

D104は後輪専用なので、前輪には何履こうかな‥

できれば同じダンロップが良いな。

このD104とよく合うタイヤを見つけなきゃ。

なんにしようかな。

悩むところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

なんだぁ、めちゃくちゃ速いじゃん。

季節もやっと春らしくなってきました。

仕事の休憩に缶コーヒーとパンを買いにコンビニに行きました。

天気がとても良いので、寒風山の広域農道を通って行きます。

ここは俺がバイクのセッティングに使っているテストコースでもあります。

試しに軽くタイムアタックしてみました。

ギア比は今年から試している山岳用ギア比です。

マフラーもリペアと改良を加えて良い感じになってきました。

何よりも空気が軽いですね。

抵抗感が激減してます。

冬の間に走り込んでましたから、体もよく動きます。

スタートから3分43秒経ってゴール。

何気に今までの(カブによる)自己タイムレコードを2秒更新しました。

本当に軽く走ったのですが、めちゃくちゃ速いです。

前後のサスペンションも強化しているのて安定感が違いました。

これなら生半可なビックバイクには負ける気しない?

その内にそれが真実か分かるでしょう。

これにハイカム組んだらどうなるんだろう。

なんか緊張してきますね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

腐れ大工

昔からなじみの大工さんが困った人で、悪い事にその人に俺の自宅建築を依頼してしまった。

完成が近づくにつれ、大工は見積もり時とは全く違う仕様に勝手にしようとして、それを見た俺や嫁は大慌て。

聞けばこの大工、夏は海の家を副業?でやっていて、夏休みが近づいて忙しくなるから作業を簡単に済ませて家を引き渡すつもりだったのだ。

怒った俺は、ナマハゲの如く大工の家に怒鳴り込んで、やっとの事で元の計画通りに家を造らせた。

しかし、家の引き渡しが終わってから、手抜きとぼったくりと自己満足の勝手な仕事が出るわ出るわ‥

脱衣場の床が一部無かったり、とっておきの資材(父親の秘蔵)を使った豪華な和室に敷かれた畳が全部傷物のB級品だったり、トイレの天井近くに頼みもしない窓ガラスが付けられて、しかもどっかから持ってきた中古ガラス。

汚れなんか磨いても全く落ちずに曇りガラスみたいだったよ。

本当に悔しいです。


そして本題はここから。

この前の爆弾低気圧でウチの工場の屋根が飛ばされた。

慌てた俺は血迷って自分勝手な大工に屋根修理の見積もりを頼んでしまった。

しかし、お金が絡む事なので、あくまでも見積もりを頼んだのだが、気の早い大工は特注品の屋根トタンをすでに注文していて、昨日そのトタンをウチの工場の敷地に降ろそうとしていた。

俺はすぐに配送トラックを追い返し、あの腐れ大工とは一切縁を切ると誓った。

あ~、頭痛い。

どんだけ自分本位なんだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

結果は表れる。

ウチの会社の今年春の出荷量が昨年の実績を上回った。

思えば4年前に工場の修理を行う為に生産量をかなり減らした。

そしたら翌年はお客さんが大勢来て大喜び。

しかし、その年は製品の品質向上の為に試行錯誤し過ぎて、逆に品質を落としてしまったのだ。

そしてその翌年、つまり昨年はお客さんが激減した。

しかし、その時に出荷した製品はめちゃくちゃ品質が良かった。

そしたら今年はまたお客さんが戻ってきた訳です。

今年の製品も昨年に負けず劣らず良い出来です。

来年の為に生産量を増やさなきゃ。

お客さんが安心できる品質の高い製品を作りたいですね。

次にはお客さんが喜ぶ新製品を開発したいです。

また無い知恵搾らなきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステップの底重心化

波改のステップ位置を数ミリ下げて、ステップの底重心化を図ります。

ステップ位置を下げる事で次の様なメリットがあるからです。

膝に優しい。(俺みたいな膝の悪い人にはありがたい。)

コーナーリング時の安定感が増します。

膝の曲がりが緩くなる分、立ったいる状態に近くなり、体を左右に動かすのに要する時間が短縮できます。(最小限の動きでコーナーリングできる。)

波改のステップ取り付けボルトにカラーを入れて下げる訳ですが、チェンジペダルやブレーキペダルの関係でほんの数ミリしか下げれません。

しかし、たった数ミリですが以前にリトルカブで試した時にはかなりの効果がありました。

勿論、デメリットもあります。

ステップが接地し易くなる。

まぁ、これくらいですね。

エンジン取り付け位置を動かすよりも、簡単で効果があるチューンナップです。

でも、お勧めはしませんよ。

必要性のある方のみお試しください。

誰もいないって…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

アバター

家族でテレビ番組『逃走中』を見てた時に思った事なんだけど、

金メダリストの荒川静香さんって、映画『アバター』に登場するアバターそっくりだよね。

番組収録時に着ていたスポーツウェアがちょうど青色だったから、尚更そう見えた。

なんとなく顔も頬が角張っててアバター顔だし、顔自体がちっちゃいのに手足が長いから地球人離れした美しさがありました。

やっぱり綺麗だね。

あと、ドリカムの吉田美和さんもアバター顔です。

ファンの皆さんすみません…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い感じ!

今日の午前中に波改のマフラーを改良しました。

グラスウールの飛散防止用ステンレスウールがビトッチさんから届き、なんとBRDのステッカーが同封されています。

BRDステッカーは、恐縮しながらマフラー改良が終わってから波改の車体に貼りましたよ。

少々難儀をしながらパンチングパイプにステンレスウールを巻き、その上からグラスウールを巻きます。

グラスウールを収める為にステンレスワイヤーを焼き豚を作る要領で上からぐるぐる巻き、楕円形パイプのサイレンサーに収まり易くしておいてから挿入。

パンチングパイプがサイレンサーとマフラーにうまくはめるのに30分ほど要しましたが、なんとか完成しました。

完成後、始動性が上がり排気音は勿論静かです。

ちょうど雨が降ってスリッピーな状態なので試し乗りをしてみたら、あらまぁ素直なエンジンがいつも以上に素直に回って丸坊主のタイヤでも全く滑る気がしません。

これは狙い通りですね。

トルク感も増してアクセルがとっても軽いですよ。

これは、来シーズンの冬が今から楽しみですね。

あと数日で仕事が一段落します。

そしたら次はエンジンのオーバーホールです。

ついでにハイカムも一緒に組むので高回転域がもっと元気になりそうですね。

「峠と林道が俺を待ってるぜ!」

おっと、これは気のせいでした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

ヨシムラのオフロードマフラー

数年前にスズキからオフロードバイクのチューンナップを依頼されたヨシムラが、一番最初にぶち当たった壁がダートで走り易いエンジン特性にする事でした。

特にマフラーには悩まされたみたいです。

テストに何タイプか用意した試作マフラーを装着して走らせたのですが、現地(たしかアメリカだったはずです。)のテストライダーが「これが良い。これ最高!」と評価した試作マフラーは、パワーが出ていないヨシムラでは全然期待してなかったマフラーでした。

畑違いのチューンナップで、ダートはパワーだけでは決まらないがよっぽど気に入らなかったのか、「それならそのエンジン特性のままパワーアップさせてやる。」と試作を重ね納得のゆくマフラーを完成させたそうです。

おかげでオフロードバイクの世界でもヨシムラ・マフラーは一目置かれる存在になりました。

ダートでの速さはパワー抜きでは語れませんが、パワーだけではない走り易さが肝心です。

波改のマフラーもそんな風にしたい訳ですよ。

あっ、オチはやっぱり自分ネタでした。

すみません…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

サイレンサーのチューンナップ

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

いやいや、ワザと滑らせるのがドリフトですから大丈夫です。

それが難しいから凄いテクニックと言えます。

色々なやり方がありますが、派手なスキール音と煙がリアタイヤから出たらOKの目立ったもんの勝ちの世界ですよ。


サイレンサーのチューンナップに必要なパーツを注文しました。

ステンレスウールはBRDビトッチさんのところに頼みました。

グラスウールは近所のバイク屋から、オフロード系パーツメーカーBRCのサイレンサー・リペアキットを格安で購入しました。

これにステンレスワイヤーが少しと液体ガスケットがあれば準備万端ですね。

ステンレスウールが届く頃には全部揃う予定です。

これで一流マフラーメーカー並みの静かさと耐久性を自作マフラーに与える事ができます。

性能は別としてですよ。

俺の求める性能は速さだけでは決まらないですから‥

冬のスリッピーな路面を笑って全開走行出来るマフラーが欲しい訳です。

これだけはやってみた人じゃないと、絶対に分からない超マニアックな世界ですね。

言うなれば、それはうーんと、

変態の事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリフト論

近頃はバイクもクルマもドリフトが当たり前。(エクストリームな世界での話です。)

俺から言わせてもらうと、滑り難い路面でタイヤをワザと滑らせるのがドリフトの醍醐味といえる。

俺がやってる雪道グリップ走行の滑り易い路面でタイヤを全く滑らさない走りとは対局のテクニックが必要です。

「何が言いたいのか?」と思うでしょう。

滑り易い路面でタイヤを滑らせるのはドリフトとは言わないって事。

それは自然現象です。

その区別を分かって欲しい。

俺もバイクでドリフトの真似事をやってたから難しさがよく分かるのよ‥

無茶な走りをして、偶然リアタイヤが滑ったのを声高々に「ドリフトした!」ってのはNG。

実はドリフトってウィリーよりもミスった時の代償が大きいです。

ドリフトを上手になりたいって人は、『滑り難い路面で滑らせるのがドリフト。』と覚えてくださいね。

それだけでかなり結果が変わるはずですからね。

あしたのドリフトター達よ頑張れ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

足がガタガタです。

忙しい時期がまだまだ続いています。

左膝がいかれちゃってモトクロス用の関節付きサポーターで保護しながら働いてます。

気分だけはマッドマックス2のメル・キブソンですね。

2日前から今度は右足首が痛くなりました。

捻挫とかではなく、疲労によるものだと思います。

天気が春めいて波改の出番も増えました。

しかし、真冬にガンガン走ったせいで少しオイル上がりをしている様です。

マフラー出口に僅かに付着したススで分かります。

早く仕事が一段落つかないかなぁ。

俺も波改もオーバーホールしないとね。

右足首をかばいながら仕事してたら、今度は右膝も痛みだしたよ。

ちょっとだけ年齢を感じる年になりました。

あぁ、どこからか「今頃かい!」の突っ込みの声が聞こえる‥

退屈しないって素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

グラスウールを交換するよ。

波改のサイレンサーを開けてみたらグラスウールが半分になってた。

試しにグラスウール無しでエンジンを吹かしてみると、凶暴なレーシングマシンの音になりました。

やっぱりグラスウールが無いと重低音がハンパないです。

グラスウールを交換する事にしましたが、どうせ交換するならパンチングパイプにステンレスウールを先に巻いてからグラスウールを巻いて耐久性を上げてやりますよ。

ちなみにボックスレンチのコマを突っ込んだマフラーは絶好調で、山岳用ロングギア比でも走り易くなりました。

半分に減ったグラスウールでも走れば静かです。

やっぱり静かで速いって気持ち良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

サイレンサーの消音その2

筆おやじさん、桜華さん、コメントありがとうございます。

筆おやじさん、広島もそうでしたか。

正直ビビりましたよ。

あんな凄いのは初めてでした。

桜華さん、秋田は平地が多いので被害が大きかった様ですね。

お互いに頑張って生きましょう。


うるさくなった波改のサイレンサーを消音する事を決めて、最終的にはサイレンサーのエンドピース内径を絞る方法を取りました。

屋根が飛んだウチの工場で使える物はないか探してみると、ボックスレンチの17ミリのコマがちょうどぴったりハマります。

エンドピースの出口内部に溶接でできたボツボツがあって、ボックスレンチのコマをただハンマーが叩いて突っ込みましたが簡単には取れそうにないです。(外すのは容易に思われます。)

エンジンを始動するととてもジェントルな音になりました。

しかし、グラスウールがなくなったパンチングパイプのビビり音が気になる様になったので、いっそのこと外してみようかなと思います。

外して支障が出る様ならば、また付ければ良いことですから‥

走りがどう変化するか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

屋根飛んだ!

工場の屋根が4分の1ほど飛んでいました。

丈夫で長い一枚物の波トタンに、これまた丈夫で太いトタン釘で打ち付けているウチの工場の屋根がまさか飛ぶなんて‥

出荷シーズン最後の製品を避難させて、出来る復旧を行いました。

周りを見渡してみるとかなりの被害がでてます。

しかたがないかぁ。

さぁ、仕事しよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

大嵐

生まれ初めて嵐が怖いと思いました。

特に自宅は風が普段から強い所にあるので、わざわざ平屋建てにしたくらいですし、生け垣も風対策でした。

しかし、今回来た嵐は風の音が凄くて夜も眠れません。

しかも、今回のはその風の音すら今までの台風とは桁違いでした。

携帯ラジオをイヤホンで聞いてなんとか怖さを誤魔化しました。(買ってて良かった。)

今朝になって物置の屋根からトタンが二枚剥がれていたので、飛ぶと危ないので回収しました。(過去に飛んだトタンで首が切断した痛ましい事故がありました。)

風が完全に収まったら工場を見に行ってきます。

何事も無ければ良いのですが心配です。

皆さんも怪我や事故がないことを祈ってます。

台風じゃない嵐って怖い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

サイレンサーの消音

ちょっと変なタイトルですが‥

波改に使用しているKTM600用モトクロスサイレンサーのグラスウールが飛んで音がうるさくなってきた。

グラスウールを詰め直すのも良いが、もう音量が変化しない様にエンドピースの出口口径を小さくしたいと思った。

試しに出口口径を応急処置で絞ってみると、なかなか良い感じ。

そこで今度は出口口径を計り、ホームセンターで良さそうなパイプを探してみます。

静かになって、ちょっとだけトルクフルになって、そんでもってスムーズな吹け上がりを目指しますよ。

静かで速くなるなんてバイクとしては理想的です。

けして最高速とか加速とかの事ではなく、ライダーが安心してアクセルを開けられる速さの事ですからね。

また波改が進化します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

カブ乗りなら見ろ!

感動した。

感動した。

もう一度感動した。

http://www.youtube.com/watch?v=h8VU9QWnIh4

カブ乗りなら絶対見るべきです。

初心に帰るぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春ですな‥

コメントをくれた皆さんありがとうございます。

4月になり新年度となりました。

仕事と遊び、両方の夢を叶える為に日夜努力してます。

会社は規模を3倍に、バイクは速さ3倍を目指しますよ。


皆さん、春ですね‥

おかしな人が出始めました。

ニュースでは、客引きのホステスと同窓会帰りの男女がトラブって、「ウチのホステスがピンチだ。」と思った店長が催涙スプレーを噴射して逮捕されました。

悪いのは本当に店長?

新聞では、運転トラブルで路上に立ってもめてたトラック運転手達に別のトラックが突っ込んで死者が出たり。

昨日は、前のクルマに激突したクルマから男2人が出てきて、激突されたクルマのドライバーをナイフが刺して逃走したりと、なんだか騒がしくなってきました。

こんなニュースを見て嫁さんが一言。

「アナタも気を付けてね。」

はい、気を付けますです…

今朝は、工場でもう季節ハズレといえる除雪を行い、4キロ先のコンビニへ休憩時間のおやつを買いに行った。

パン二個を買い工場に戻る途中、前に3台クルマがいたので大人しく後ろを走っていると、後方から来た黒い軽自動車が俺のクルマにピッタリ張り付いて煽り運転を始めたよ。

だいたい煽り運転するクルマって基本的に下手なので、下手な人は相手にしたくない。

そこで俺は煽り運転が始まって数秒後に対向車のタイミングを計り前方のクルマをゴボウ抜きして、さっさと視界から消えてやりました。

悪いな、こんなテクニックだけは人一倍あるもんで。

いけね、なんだか俺が一番おかしなヤツになっちゃいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

超個人的要望

韓国ガールズグループの2NE1を一番カッコ良くイラストに描けるのは、ゴルゴ13の作者さいとうたかを氏だと思ってます。

日本語盤の新曲が出る際には、ぜひともジャケットにさいとうたかを氏のイラストを使って欲しいです。

おそらく世界一セクシーに彼女達を描いてくれるでしょう。

なぜそう思うか?

さいとうたかを氏の漫画に出てくる女性ってさ、どことなく2NE1のメンバーに似てるんだよね。(目元なんか特に‥)

また俺の夢のまた夢です。

最近、韓国が竜宮城に思えるピーキーでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »