« なぜスーパーカブ110は中国生産になったのか? | トップページ | 丸坊主タイヤで砂利道を攻めてみる。 »

2012年5月 7日 (月)

ブレーキングの科学

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

日本のバイクは私達がこの世からいなくなるまで世界一であってほしいものですね。

特にカブ(スーパーカブやタイカブ)は世界で一番売れていてほしいと思います。

筆おやじさんのブログにコメントを入れたら、しんじさんという方からブレーキングについて質問されました。

よそ様のブログで俺があーだこーだ言うのも失礼なので自分のブログに書く事にしました。

俺が言う事は絶対に役に立ちますけど、ライディングはあくまで自己責任でお願いしますね。

まず、フルブレーキングにはリアブレーキを一瞬だけフロントブレーキよりも先に掛けます。

これはフロントブレーキのみのブレーキングとかの場合、ガシッと利かせると簡単にタイヤがブレーク(グリップを失う)してしまうからです。

プロライダーで「フロントブレーキしか使わない。」という人がいますが、それは旋回重視の極端で特殊な走法なので訓練を積んでいない一般人にはほぼ不可能です。

雨天時にそんなブレーキングしていると、転倒か追突をするのが関の山ですね。

反対にリアブレーキはマシンが直立状態なら時速200キロオーバーでも、雨の中でもリアタイヤがロックしても転倒はしません。

ただスピードがゆっくり落ちてゆくだけです。(物凄い距離のブラックマークが路面に付きます。)

但し、バランスと取って直立を保ってください。(カンタンです。)

俺もバイクスタントで高速ドリフトをやる時は直立状態からのリアブレーキでフルロックさせます。

速度が低い時にはマシンを傾けてからフルロックさせますが、高速走行時では即転倒です。

ブレーキングは直立状態で行うのが基本ですから、リアタイヤがどんなにロックしても転ばないと思ってどんどん使いましょう。(リアタイヤをロックさせずにできたら最高ですが・・)

リアブレーキを先に利かせる訳は、これを行う事でフロントに荷重が移りフロントフォークを縮める為です。

実はブレーキはレバーやペダルの入力分だけサスペンションが縮まってから始めてブレーキが利きます。

想像してください。

気持ちよくバイクで走っていると横から猫が飛び出してきた。

慌ててフロントブレーキを握る。

今までのスピードがマシンとライダーの重さと共にフロントフォークに重く圧し掛かる。

フロントフォークは深く入り込み、沈み終わるまでブレーキは利かない。

やっとフロントフォークが沈み終わってと思ったらタイヤと路面のグリップが破綻して転倒です。

いわゆる握りゴケってやつです。

同じ状況でリアブレーキを一瞬早く利かせてみましょう。

慌ててリアブレーキを掛けます。(普段からの習慣付けが必要。)

リアタイヤはロック。

しかし、マシンは真っ直ぐに進む。

一瞬遅れてフロントブレーキを利かす。

フロントフォークはすでにある程度縮んでいるのフロントブレーキを掛けた瞬間から速度が急速に落ちる。

猫はこちらを見て一瞬止まった。

速度は落ちているので冷静にブレーキを解除して猫をかわせた。

これくらい差が出ます。

これはブレーキングの初歩のテクニックです。

ですが、やらない人に比べて制動距離は確実に短いし安全ですよ。

本当は、このテクニックの応用で上級者向けブレーキングがあるのですが秘密です。

ちなみにこのテクニックを使うと初歩テクニックのブレーキングの約半分の距離で止まれます。

強烈なブレーキングです。(しかも安定感が抜群。)

雪道ではこれができないと3桁の速度では怖くて走れません。

いじわると思うかも知れませんが俺も苦労して身につけたテクニックなので勘弁してくださいね。

最後に一つだけ言っておきたいのですが、

ブレーキングが上達するとコーナー奥までブレーキングを我慢する人がいます。

俺も昔はそうでした。

これは間違いです。

ブレーキングは(自分の曲がれる速度まで)どれだけコーナー手前で完了できるかが大事です。

我慢比べのブレーキングは絶対にやめてください。

危ないだけの単なる下手くその証拠ですから・・・

|

« なぜスーパーカブ110は中国生産になったのか? | トップページ | 丸坊主タイヤで砂利道を攻めてみる。 »

コメント

ピーキーさんへ
詳しい解説、ありがとうございました。
私も昔、筆おやじさんのブログと同じの状況で転倒したことがあります。
その時もリアブレーキがロックして後輪が流れ、左側に倒れたと思っていましたが
車体がまっすぐであれば転倒しないのですね、広い場所で練習してみたいと思います。
今後とも皆さんのブログを見せていただいて参考にしたいと思います。(^_^)/
よろしくお願いします、ありがとうございました。

投稿: しんじ | 2012年5月 8日 (火) 08時13分

概ね同意ですが、補足も込めてコメントさせて頂きます。
一瞬速くリアブレーキをかけるのはバランスを保つためにも大事ですね。
しかし、リアブレーキは制動力にあまり影響しません(急制動である程)

教習所で習った急制動ではフロント7:リア3と教えられたかと思いますが、限定解除ではフロント9:リア1(ブレーキランプを付ける程度)で良いかと思います。
リアブレーキは自分の気持ちよりもロックしやすいので、この方がリアがロックし滑って流れちゃうことを防げます。

一般道ではどうかというと、ケースバイケースですが、リアはバランスを取るためもしくはフロントブレーキを効率よく使用するために使うように意識しています(ピーキーさんのいうフロントフォークの沈み込みね)

ちなみに… 私が法定速度の2倍で急な車線変更をしてきたクルマに接触(接触ですんだんですよ)したときは20m以上ブラックマークが2本付いていました。
………両輪ロックでよくもまあ20mもコントロールできたもんだと感じました。

たまにリアをロックさせてバイクの向きを変え追突事故を防ぐというテクニックが紹介されていますが、できることはできるでしょうが、しようと思ってすることはお勧めできないと思います。

投稿: MoToDAMM | 2012年5月 8日 (火) 11時02分

私は近場の平坦な未舗装の広場や、草地等でリヤがすべった時の挙動等を練習してました
体で覚えた技はいざという時に役に立ちます

投稿: 桜華 | 2012年5月 8日 (火) 20時00分

フロントフォークの伸縮ですか!なるほど…奥が深いです…私はまだまだですね…精進します!!

投稿: 筆おやじ | 2012年5月 9日 (水) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/45172995

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキングの科学:

« なぜスーパーカブ110は中国生産になったのか? | トップページ | 丸坊主タイヤで砂利道を攻めてみる。 »