« 人間の感覚 | トップページ | 三年目のトマトの水耕栽培 »

2012年5月18日 (金)

最速とは?

昨日、以前にバイク雑誌の取材を受けた時の記事が掲載された本が送られてきた。(発売日は今日。)

最速特集ってなっている。

なぁ~んだ、そういう事か‥

「ピーキーさんにとって速さとは何ですか?」

なんて聞かれるから、

「速そうに見えないマシンで速く走る事。」って答えたよ。

この回答の真意は、速いマシンで速く走るのではなく、遅いマシンを腕で(チューニングやライディングのテクニック。)で速く走らせるのが、隠れた実力者の証しと言ったつもりでした。

速く走れる人が速いマシンに乗るなんて普通でしょう。

遅いマシンで速く走るのがかっこいい。

もちろん、遅いマシンは性能的に限界が低いですが、雨や雪または強風の時ならマシン性能よりもテクニックで十分補える。

そして、他のバイクが走り難いと感じる場所(荒れた田舎道とか。)では常に最速ってのが俺の考えです。

タイカブはその点で最も俺の要求を満たしています。

仲間のバイクはほとんどビックバイクですが、それは俺の腕ならビックバイクと同等以上の走りも可能って事なので、「一台だけ原付バイクが混ざってらぁ、変なの~。」って思わないでほしい。

よく、「ピーキーは勘違いしている。」って言う人がいますが、そんな人はツーリングに誘って一緒に走れば後日、何も言わなくなりますね。

見た目(俺の風貌やマシン)で判断すると、痛い目にあうちゅー事。

まぁ、最初は俺も速いマシン乗ってましたがつまらなくなって、自分のテクニックが上がる度に排気量を下げていった。

最後にたどり着いたのがスーパーカブで、流石に無理があったのかことごとくエンジンブローして現在のタイカブ(WAVE110i改)に落ち着いた訳です。

(俺って)なんて面倒くさい性格なんだ…

|

« 人間の感覚 | トップページ | 三年目のトマトの水耕栽培 »

コメント

一緒に走った者なら分かりますよ
ライテクもチューニングも近道は有りませんからね
『遠回りだってイイじゃん☆』と私は思っております

投稿: 桜華 | 2012年5月18日 (金) 11時32分

7割方同意します(100%同意だったらそれはそれで変だ)
その雑誌の方もわかってらっしゃると思いますが「速さ」ってのは人それぞれですよねえ。

特に「速そうに見えないマシンで速く走る事。」ってのは良いなあ。
楽しいですもんね。
最速のラット仕様(最近はリアルラットというらしい)GSX1100F乗りだった私はまさにその一種だと思っています。

実際には余裕を持って速く走りたいのでビッグバイクを選択し続けていますが…

投稿: MoToDAMM | 2012年5月18日 (金) 18時14分

秋田にこんなのいるよ~な感じでちょこっと載ると思ってたんで、特集の中に組まれてあってビックリしました。

投稿: たかはし | 2012年5月18日 (金) 21時37分

速そうに見えないバイクで速く!同意です!!

投稿: 筆おやじ | 2012年5月19日 (土) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/45305575

この記事へのトラックバック一覧です: 最速とは?:

« 人間の感覚 | トップページ | 三年目のトマトの水耕栽培 »