« シフトペダルのフィッティング | トップページ | カブの走り屋 仁義なきバトル »

2012年6月29日 (金)

今時のバイクドリフト

木下真輔選手のエクストリームバイクショーを天王グリーンランドに見に行った時に、酋長さんに会いました。

地元秋田では、バイクドリフトいったらこの人というくらい有名な人です。

酋長さんとは今から5年ほど前、俺が木下選手の前座でバイクスタントをした時からの知り合いです。

元々、酋長さんはヤマハのテストライダーをやっていた人で、OW01(FZR750のレース向け車両)の開発に関わったりしていました。

出会った頃の酋長さんは、Z2(Z750)でドリフトしてシブかったなぁ。(エクストリームバイクショーでのBGMは矢沢の永ちゃんです。)

その後、Z2を降りてZX12R(1200cc)に乗り換えて見事なドリフトと披露しています。

2年前からはアメリカの超弩級バイク ボスホスのドリフトで関係者一同を驚かせました。

最近では、Z1000のドラックレーサー(ゼロヨン専用マシン)を購入し、そのまんまドリフトに使っているそうです。

以前は、バイクドリフトといえばダートトラッカーとかモタードとかが一般的でしたが、数年前からはビックロードバイクでやるドリフトが流行りです。

それも最近ではドラックレーサーでやる様になりました。

海外のスタントライダーが、スタントにドリフトを取り入れたのをきっかけに、スイングアームを伸ばしたマシンがドリフトに向いている事を発見します。

それが、「それなら最初からスイングアームの長いドラックレーサーでも良いんじゃない?」と、ドラックレーサーでドリフトですよ。

しかも、リアタイヤもぶっ太いままでカニ走りするのですからたまりません。

酋長さんは、ボスホスのスイングアームをハイエース(トランポ)に載せられるギリギリの長さまで伸ばし、リアタイヤも装着できるギリギリまで太くしたそうです。

なんでも、スイングアームを長くするとマシンが安定したまま思いきりリアタイヤを滑らせる事ができるんだとか。

酋長さん曰わく、

「無限に長いスイングアームが欲しい。」(それも凄いな。)

俺も波改に新型カブ110の2センチ長いスイングアームが欲しいんだよね。(ドリフトとは別に雪道のトラクション確保で‥)

最後に、「早くボスホスのドリフト動画をユーチューブにアップしてほしい。」と酋長さんにお願いして、「おぅ、分かった!」と快い返事もらいました。

早くアップされないかなぁ。

楽しみ楽しみ…

|

« シフトペダルのフィッティング | トップページ | カブの走り屋 仁義なきバトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/45993507

この記事へのトラックバック一覧です: 今時のバイクドリフト:

« シフトペダルのフィッティング | トップページ | カブの走り屋 仁義なきバトル »