« 「最近、うるさくない?」 | トップページ | チューンナップ失敗記(KDX200SR) »

2012年6月10日 (日)

チューンナップ失敗記(CRM50)

桜華さん、コメントありがとうございます。

まさしくその通りですね。

しかし、脱原付バイク化は否定しません。

あれはあれで世界観がありますから、バイクの楽しむ方法です。


そんな訳で、今日から長年に渡り、俺がチューンナップしてきたバイクの失敗談を書きたいと思ってます。

出始めはCRM50です。

地元秋田県は林道天国と呼ばれていた時期がありました。

バイクブームも終盤だった頃は林道ツーリングが流行して、どこもかしこもオフロードバイクだったものです。

俺が林道を走る為に初めて買ったバイクがCRM50でした。

東京でモトクロスをやっていたせいもあり、秋田県に帰ってきてからはCRMでレースに出て何度もクラス優勝していました。

林道でも排気量に勝るバイクを相手にレース経験者以外なら、全員ぶっちぎり状態でした。

いつも一緒に走っていた友人T(愛車はCRM250)は、「一度、お前のマシンを貸してほしい。」と言うので数日貸してやりました。

すると彼はそれから数年間バイクに乗るのをやめてしまった。

訳を聞くと、「俺はこんな非力なバイクに勝つ為に命がけで走っていたのか、と思ったら死にたくなった。」そうです。

とにかく、林道では負けなしで、レース経験者と走る時だけ排気量の大きい別のバイクで走るのが俺のスタイルでした。

調子に乗った俺はCRM50でミニバイクレースに挑戦します。

ダートからロードへ畑違いな事もあり全く歯が立ちませんでした。

勝てるマシンにするべく改造を重ねうちに公道を走れなくなり、性能もとっても中途半端なマシンになってしまいました。

元に戻す事もできない状態です。

今でも後悔でいっぱいですね。

いいバイクだったのになぁ。

バカな事をした…

|

« 「最近、うるさくない?」 | トップページ | チューンナップ失敗記(KDX200SR) »

コメント

私も脱原付は完全否定はしてませんよ
ピーキーさんが語った魅力を私自身感じてますからね(笑)
桜華君はこうしたんだ程度に聞いて頂けると助かります
次のメニューでピーキーさんが満足するかもしれないし、しないかもしれない
それはやらなきゃ見えませんからね
CRM50と似たような事を私もNチビでやりました
公道乗るにはカスカスでレースには中途半端になりました(笑)

投稿: 桜華 | 2012年6月10日 (日) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/45600129

この記事へのトラックバック一覧です: チューンナップ失敗記(CRM50):

« 「最近、うるさくない?」 | トップページ | チューンナップ失敗記(KDX200SR) »