« となりの席の人 | トップページ | マフラーの抜け »

2012年7月 7日 (土)

白蝋病

桜華さん、コメントありがとうございます。

そうですね。

どうせなら、もっとぶっとい筋の通ったバカになりますか。

バイクも仕事もぶっとい筋を持ったすげーバカに‥


本日2回目の更新。

ハイカムを組んで以来、白蝋病に苦しんでいます。

症状が軽い内に対策をしなければ大変です。

クランク芯出しでエンジンの振動は消えるかな。

燃料調整の乱れからくる振動とは別の高周波振動。

おそらく、ボアアップキットを組んでクランクとの重量バランスが崩れたと思います。

それが、自作カムシャフトバランサーとハイカムが組み合わさったおかげで、高回転で回る様になり、ハイカムとギア比のバランスを考えた事でもっとエンジンが回る様になったせいだと思われます。

エンジンの専門家に相談したら、「ボアアップしたエンジンは、クランクの芯出しで振動が少し減る事はあっても全く無くなる事はないでしょう。」との回答をいただきました。

振動をライダーに伝えないハンドルグリップに交換した方が現実的だそうです。

この手の製品にはビックシングルを乗っていた経験から、少し太めの柔らかいハンドルグリップが有効なのを知っています。

早速、最近の製品から選んでみました。

ハンドルメーカーのプロテーパー社が出しているグリップなんかが良さそうです。

波改のハンドルグリップまで交換しちゃうと、これでライダーが触れる部分は全て改良した事になります。

フィッティング・カスタムの究極ですね。

俺のバイクすげーよ!

|

« となりの席の人 | トップページ | マフラーの抜け »

コメント

白蝋病って俺らがガキの頃、林業関係者がチェーンソーの振動でなる病気って話題になってましたね・・・
このワードが出てくるって事は、やっぱりピーキーさんはオイラと同世代なんだと痛感する次第です(笑

投稿: neri | 2012年7月 7日 (土) 19時23分

私のエイプ号のエンジンは前に腰下オーバーホールした時にクランクベアリングの間に武川のシム入れてクランクの横方向の振れを無くしました
しかし、やはり高周波振動は残りました

投稿: 桜華 | 2012年7月 7日 (土) 23時28分

ハンドルバーをリジットからラバーマウントにすれば多少違うのでは? (KTMのパワーパーツPHDSみたいなかんじです)

あとハンドルバーエンドにウエイトつければ簡易的ですが変わるかもしれませんね(バーの長さにもよりますが)

投稿: レイブン | 2012年7月 8日 (日) 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/46230496

この記事へのトラックバック一覧です: 白蝋病:

« となりの席の人 | トップページ | マフラーの抜け »