« 白蝋病 | トップページ | カブ110系エンジンのチューンナップ »

2012年7月 9日 (月)

マフラーの抜け

コメントをくださった皆さん、ありがとうございます。

あらゆる手を使っても高周波振動対策をしないとヤバいとこまできています。

特に左手がひどいです。

24時間痺れて困りました。

では、できる事からやりますか。


ふと、波改で走っている時にマフラーの抜けが気になった。

ハイカムを組んで以来、ちょっと糞詰まり気味なのだ。

元々、雪道走行時のトラクションを増加させる為にマフラーにサブチャンバー室を設けて口径も絞ってある。

昨年暮れからスパイクタイヤとホイールサイズに工夫する事で、アイスバーンでのグリップが劇的に向上したから、少しくらいマフラー出口の口径を大きくしても良さそうだ。

早速、マフラー出口を絞る為にエントピースにハメたボックスレンチのコマを外した。

マフラーの抜けが良くなった事で少し高周波振動が減った感じ。

ついでにエントピースを何種類か交換して具合を見るが、やはりサブチャンバー室があるエントピースが一番調子が良いね。

しばらくこれで走ってみます。

|

« 白蝋病 | トップページ | カブ110系エンジンのチューンナップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/46261139

この記事へのトラックバック一覧です: マフラーの抜け:

« 白蝋病 | トップページ | カブ110系エンジンのチューンナップ »