« 次は勝つ。 | トップページ | 無法者達へ »

2012年7月14日 (土)

いじめられっ子のバイブル

大津市のいじめ自殺問題が騒がれてるが、あんなのは氷山のほんの一角だ。

あまりに酷い学校と教育委員会の対応に、遺族が警察署に相談したが無関心。

なんでか?

簡単だよ、事実を明るみにさせても誰も良いことないからだ。

学校ってものができて以来、いじめはいつの時代もあった。

どうする事もできない相談だ。

だって担任教師に相談してもムダなのは昔からだもんね。

全部が全部とは言わないが、ほとんどそう。

俺の担任だった先生に熱血先生がいたが、いじめが多い学校に赴任したらいじめる側生徒の父兄から目の敵にされて困ってた。

もちろん、学校はこの先生を疎ましく思い始めた。

おかげで今でも教頭先生にもなれない。

とっても良い先生なのに‥

反対に生徒からいじめを相談されたのに、「なぁに、卒業までの我慢だ。」とほざいた担任もいたよ。

良い教師が迫害されて、適当な教師が良しとされるのが学校教育の実状だ。

じぁどうすれば?

いじめられっ子達よ、恥ずかしいと思うかもしれないが本当の事を親に話して学校にはもう行くな。

馬鹿な親は、「なに情けない事言ってんだ!」って怒るだろう。

そしたら、学校行くふりして図書館行って勉強して偉くなれ。

頭悪いヤツは公園行って体を鍛えろ。

最初は腕立て伏せからだ。

そしてガンガン飯食え。

俺の友人に子供の頃いじめられっ子だったヤツが数人いる。

一人は勉強して偉くなって、馬鹿ないじめなんてしない頭の良い学校に入った。

今じぁ、偉い役人になって頭の悪そうなヤツを毎日怒ってる。

あと残りの友人は俺と一緒で大した頭じゃないから、自分の憧れのヒーロー目指して体をガンガン鍛えた。

一人はブルース・リーに憧れ、他のヤツは北斗の拳のケンシロウだったみたい。(平成生まれなら、ホーリーランドとかはじめの一歩かな。)

そうやって強くなるしかなかったそうだよ。

ちなみにブルース・リーに憧れたヤツは俺の目の前で、昔自分をいじめたヤツを脅してた。

暴力には知力。

頭のないヤツは、暴力にはもっと暴力。

相手がどうしようもなく強いなら、逃げて生き残って安住の地を探そう。

死ぬより100倍マシ。

生きれば、「生きてて良かった。」って事があるからね。

頑張って逃げて偉くなれ強くなれ。

いじめられっ子達よ、まずは勇気ある退却だ!

|

« 次は勝つ。 | トップページ | 無法者達へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/46325503

この記事へのトラックバック一覧です: いじめられっ子のバイブル:

« 次は勝つ。 | トップページ | 無法者達へ »