« キタコのパワーレバー | トップページ | ノーハンドくるくるで走ってみた。 »

2012年8月28日 (火)

神と出会って一年

シャコタンカブさん、コメントありがとうございます。

シャコタンカブさんにお願いがあります。

キタコのパワーレバーを装着して半日走ったら、ノーマルレバーと交換してください。

そうしないと効果が判りません。

パーフェクト形状のレバーはとても自然な感じで握れるので、違いが判断し難いです。

ノーマルレバーに戻す事で、「あれ?やっぱり全然違うわ。」となるのです。

今まで大半の人がそうでした。

本物のブレーキレバーを楽しんでください。


『協和カートランドの神』と崇められるneriさんと、昨年の夏に初めて一緒に走ってから驚きの連続でした。

スピード維持のテクニックが抜群です。

出会ってから一年、俺の走り方は既に数回変わっています。

あれだけ良い手本を間近で見られたら、そりゃあ走り方も変わりますよね。

バイク談義をしてても驚きの連続。

例えば、

「ホイールを鉄リムからアルミリムに変えても違いが分からない。」

この人は全てのコーナーリングを体重移動だけで行っている。

つまり、ノーハンドくるくる(バイクスタントで、両手離しの状態で自由自在に走るテクニック。)の様に体重移動だけのセルフステアで走っていれば、ハンドルから伝わるホイールの軽さが分からないのも納得できる。

ハンドルを握る手はあくまで補助的なものだ。

最近、シートを変えたそうだが、シートへの荷重が普通のライダーよりも大きいからか、シート裏の消耗を気にして燃料タンクの縁にモールを装着している。

neriさん曰わく、

「オイラ、他の人が分かる様な違いがよく分からないんだよな。」

それは違います。

俺達のレベルが遥かに低いだけです。

以前、neriさんがカブのエンジンにクランク内圧調整バルブの代用品として、キタコのワンウェイ・バルブを装着した事があった。

「全然、違いが分からない。」

クランク内圧調整バルブの一番の効果は、エンジンブレーキの利き過ぎでリアタイヤがロックするのを防止できる。

その違いが分からないという事は、

はなからエンジンブレーキなんてあてにしていないって事になる。(すげー!)

その他にも話題は尽きないが、乗っていじれるミニバイクの超人なのは事実だ。

彼の組んだバイクを試乗した人は口々に、「感動しました。」と語る。

男鹿のマッドライダーとしては、神の走りを研究して仙人くらいにはなりたいなぁと願う日々です…

|

« キタコのパワーレバー | トップページ | ノーハンドくるくるで走ってみた。 »

コメント

いやいや、単に鈍感なだけですよ(笑
ずっとレースやっててタイムに反映されない変更は無視
プラシーボは極力排除
タイムに反映される事だけを追求して行った結果、それ以外の事に鈍感になっただけです(苦笑

投稿: neri | 2012年8月28日 (火) 20時06分

ピーキーさん達についていくにはバイクのポテンシャルアップはもちろんですが、私の腕を磨かない事には無理ですね。
練習せねば

投稿: ku | 2012年8月28日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/46851261

この記事へのトラックバック一覧です: 神と出会って一年:

« キタコのパワーレバー | トップページ | ノーハンドくるくるで走ってみた。 »