« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

動画は撮ってみたけれど…

午後2時からの無頼宴走りの部を動画撮影はしたものの、ヤバくてアップできないよ。

撮った動画は全部消しました。

残念です…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

オッドアイ

田舎に住んでると珍しいものに出会う。

白い蛇。

白いキツネ。

パンダみたいなタヌキ?(実はアナグマ。)

UFO。

幽霊。

礼儀正しいキジ。

そして今回は、

Photo

オッドアイ(左右の目の色が違う)のカマキリだ。

仕事中にトラクターで踏んじゃうところを紙一重で避けました。

俺、カマキリも好きだがこんなのは生れて初めて見ました。

俺の珍獣図鑑に登録です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日のフリーラン

たかはしさん、コメントありがとうございます。

なんか雨が降らない予報になりましたね。

どちらかというと、道路上に飛び出す熊の方が心配です。

あいつらよけてくれないんですよね。

では明日。


明日は午後から無頼宴の走りの部『フリーラン』があります。

今回のコースは広域農道往復です。

原付バイクは今回も俺だけかな。

一応、neriさんも誘ってみよう。

いつもならバッチリとマシン整備してから参加するのだが、忙しくてなんもやってません。

クラッチの遊び調整とエンジンオイル量のチェック、タイヤ空気圧も見とかなきゃな。

今日の仕事を終わらせないと何もできません。

もう一踏ん張り、いや二踏ん張りだ。

ふぅ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

市販スパイクタイヤ

桜華さん、コメントありがとうございます。

誰が総理をやっていいですが、きれい事だけで済ませないでほしいですね。


カブ用市販スパイクタイヤでピン数の一番多いのは2.75‐17で110ピンてのがあります。

確か値段は一万三千円くらい。

96ピンのスパイクタイヤの三倍します。

なぜ俺が市販スパイクにこだわるかというと、自作スパイクタイヤは雪が溶けたら滑るからですよ。

ショップに作らせたスパイクタイヤは俺的にバカ高いと思うし、やっぱり市販スパイクタイヤの方が安心だし財布にやさしい。

今度の冬シーズン途中で昨年から使っているスパイクタイヤが交換時期になります。

そしたら次は110ピンかな。

情報提供してくださった北海道のバイク屋さん、

勉強になりました…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

ボケに突っ込み

午前9時頃に注文したスパイクタイヤが届いたと思ったら、違うタイヤだった。

メーカーは同じボンソンだが、タイヤパターンがスノータイヤにスパイクピンが打ち込まれた普通のスパイクタイヤだったのだ。

おまけにこれ、毎年履いてるヤツだし‥

すぐに販売元に問い合わせしてみると、問屋に確認してみるそうだ。

数分後に連絡がきて、「問屋の話では、タイヤのチョイスは現地中国に任せられていて、現在では手に入らない状態です。すみません…」

ガビ~ン!本当かよ。

日本国内のどこかにデッドストックとしてあるかも知れないそうだが、探すのに手間が掛かる。

しょうがない、今あるスパイクタイヤで我慢するかぁ。

販売元のサイト画像の更新遅れに突っ込みを入れて、キッパリ諦めましたよ。

この後、リアタイヤを雪道走行でグリップさせる方法として、リアスプロケットの小径化を考えています。

それで走りが変われば良いのだが、まぁね、こんな事もあるさ。

誰かがボケたら必ず突っ込みを入れておくのも大事ですね。

日本も韓国政府のボケには必ず突っ込みを入れないと、ボケ倒されてケチョンケチョンにされますよ。(そうか、外交って漫才みたいなものなんだ。)

頑張れ民主党!

頑張れ野田総理!(多分無理だろうな。)

そして国民の皆さんも。

合い言葉は、「何でやねん!お前アホちゃうか。
何回謝って慰謝料払ったら気が済むんじゃボケ!」(イメージはダウンタウンの浜ちゃん。)

今回も、

勉強になりました…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

もう少しパワーアップの予感。

annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

そうですか、うまくいって良かったです。

今の状態はビックキャブのエアクリーナーボックス仕様と同等なので、燃費とパワーが両立できますよ。

ブログで経過報告を楽しみにしてます。

あと、雪道走行は道具のチョイスさえしっかりしていたら、誰でも慣れます。

要は道具次第です。

だからタイカブになった訳です…


今日の記事はannie(副会長)さん繋がりの話です。

インジェクションのキャパを超えた吸気が、波改に異常な高周波振動を発生させた。

そこでエアクリーナーボックスに増設した吸気口を全部塞ぎ、ほとんどノーマルの状態に戻してみた。

結果はご存知の通りに良好。

しかし、まだ完全とは言えない。

何故なら高周波振動がまだ残っているからだ。

おそらく空燃比がプアのままで、さらに吸気を絞るかガソリンを濃くする必要がある。

もしくは、その両方か。

吸気を絞る方法として、新品エアフィルターを装着してみる。

現在、波改に付いているエアフィルターは火災防止の金網が外されているからだ。

次に、O2センサーに抵抗を入れて誤認識させてインジェクションから噴射するガソリンを濃くする。

湾岸ライダーカブ110のいーじゃんさんは、この方法でいくらかガソリンを増量する事に成功したそうだから、かなり期待できるだろう。

いや、まてよ。

いっそのこと、annie(副会長)さんみたいにカブ110のエアクリーナーボックスを装着して吸気をさらに絞るって手もあるな。(ムリかな?)

どっちにしても早く高周波振動をゼロにして快適な走りを満喫したいですね。

うまくいったら少しだけパワーアップする事と思います。

いーじゃんさん、annie(副会長)さん、

勉強になりました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

凄いスパイクタイヤを注文した。

昨日、ずっと前から欲しかった(正確に言うと三年前から)スパイクタイヤを注文しました。

通常のスパイクタイヤはスノータイヤ(スタッドレスタイヤみたいに切れ目がない。)がベースに作られていますが、今回注文したのはモトクロスタイヤをベースにしています。

雪の噛み具合とスパイクピンの氷への食い込みが違いますよ。

フロントタイヤはハンドリングを気にして今まで通りスノータイヤベースのモノを履き、リアタイヤに今回のタイヤを履かせます。

昨年までの走りを数段超える走りが予想されます。

とは言っても毎年の事ですが、スノーライディングは誰も教えてくれないので雪道だけが先生ですね。

先生、また勉強させていただきます…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

後悔するくらい怖い話。

桜華さん、annie(副会長)さん、筆おやじさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、春に弟が突然、「俺、バイク買うから‥」と言ってきた時は今頃なぜ?と思いましたがね。

昨日のちょい駆けは楽しかったですよ。

annie(副会長)さん、インジェクションの吸い込みが良すぎたら、エアクリーナーボックスで吸気を絞るのも手ですよ。

俺もそれでうまくいきましたから。

丁度良いところを探す=セッティングですね。

筆おやじさん、青森県出身の人間椅子に東北の力強さを感じました。

長く続けられるって何事も凄いと思います。

あと、セルモーターギアのトラブルでなければなと祈ってます。


今日は雨でお休み。

大好きなオカルト・サイトで怖い話を読み漁ってたら、真面目にシャレにならん怖い話を見つけてしまい後悔してます。

情景がはっきり浮かんできて、頭から離れません。

俺がちょっと意地悪なヤツなら、リンクを貼って犠牲者を増やすのでしょうが、そんなの恐ろしくてできませんよ。

失敗したなぁ~。

そんな訳で、

勉強になりました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

弟のPCX

MoToDAMMさん、コメントありがとうございます。

いやいや、思いついた事をただ書いてるだけですので、気にしないでください。

まずは領土問題の今後を見守りましょう。

まぁ、お互いに痛み分けは間違いなさそうですけどね。


弟が突然に実家へ帰ってきた。

それも、PCX125に乗って。

俺は早朝仕事が終わってから、20数年ぶりに弟と走ってみる事にした。

近くの農道を一緒に走ったら、PCXの出足の速いこと速いこと。

フルノーマルのWAVE110iなら完全に置いてきぼりだったろうな。

この後、大潟村の道の駅にバイク談義。

若い頃とは会話のトーンが違うが、話してる事は当時とあまり変わらない。(成長してない?)

帰り道に弟が急に止まって、「乗ってみる?」と言うもんだから乗ってみたよ。(普段、人のバイクを乗るのは嫌なんだけどね。)

とても原付バイクとは思えない安定感、そして時速100キロまでの速さは驚きでした。

「これは売れるはずだわ‥」

乗った感じが高級サルーンだもの。

良いバイクに出会ったな弟よ。

ヘタに改造するよりも、このまま乗った方が良いかもよ。

PCXはそんなバイクです。

勉強になりました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

後輪荷重のノーハンドくるくる

2日前にプロのバイクスタント・ライダーの友人と『ノーハンドくるくる』について話をした。

「最近、ノーハンドくるくるの要領でコーナーリングしてるんだよね。」と伝えると、

「それなら、一番曲がるのは後輪荷重のノーハンドくるくるだよ。」と教えてくれた。

と、いう訳で、只今後輪荷重のノーハンドくるくるを練習中です。

うん、マスターしたらどこに行くにも走行時間が減りそうだな。

サンキュー友よ。

勉強になりました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイナル

annie(副会長)さん、桜華さん、コメントありがとうございます。

annie(副会長)さん、インジェクション・チューンナップの成功おめでとうございます。

あとは燃料調整だけですね。

実際の話、求める空燃比の数値はオーナーの希望で変わります。

公道走りとしては、壊れない、燃費が良い、速いの優先順位で、それに合った空燃比を探してみてください。

きっと愛車に合った本当の意味での理想空燃比が見つかるはずですよ。

頑張ってください。

桜華さん、国内では領土問題に関わらない方が良いかも知れません。

あくまで政府が間違った道、つまり戦争に向かう様になってから動きましょうよ。

俺が思うに、領土問題は派手にやらかした方が自滅する気がするんですよね…


来週土曜日に無頼の集会があります。

午後からの走りに夜の飲みがいつものスケジュールです。

原付走り屋おやじの俺としては走りがメインです。

ファイナル・ギア比をさんざん悩んで挙げ句、結局元のギア比に戻しました。(15T/34T)

最高速ではビックバイクに勝てませんから、よりコーナーリング全般を速くするのが効果的。

そう考えると、今までのギア比が良かんべって事になりました。

これでエンジン回転リミッターが作動するギリギリのギア比です。

それでもメリットが大きいなら仕方ありませんね。


話は変わりますが、今朝から波改のセルモーターの音が妙にうるさくなりました。

セルモーター自体の音?

それともセルモーターのギア関係?

セルモーターがうるさくなるなんて、バイク人生で初めての事なんでちょっと不安です。

ちょっとバイク屋さんに聞いてみよう。

まだまだ知らない事がいっぱいです。

勉強になりました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

おかしくないか?

俺、正直困ってます。

何がって日本政府の対応です。

領土問題で竹島は国際裁判に掛けるって前向きな態度なのに、尖閣諸島は領土問題など存在しないから国際裁判には掛けないってどうして?

これではやっている事が韓国と一緒だよ。

もしかして裁判したら竹島は勝てるけど、尖閣諸島の方は勝ち目がないのか。

それとも韓国とは対立しても経済的な損失は少ないが、中国は損失が大きいから揉めないのが得策なのか。

結局、アジアのどこの国も目糞鼻糞、五十歩百歩に思えた。

馬鹿らしい、俺一抜けた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人間椅子

90年代、バンドブームがあって、『イカすバンド天国』ってテレビ番組から登場したある個性的なバンドがあった。

あまりの強烈な個性と世界観で審査員の度胆を抜き、彼らを理解できなかった者達は大爆笑した。

彼らを理解するには知識と教養、そして怪奇を好む事が必要だったのだ。

あれから20年以上が経った。

まだ活動してたんだ『人間椅子』。

改めてファンになりました。

今思えば、江戸川乱歩が好きになったのは彼らの影響だね。

もしかしたら、現在では日本のハードロックで実力No.1かも知れません。

日本人なのに未だに歌詞が頭に残らないのは、俺がバカだからか?

まぁ、いいや。

若い頃、擦り切れるほど聞いたカセットテープが懐かしい。

熟成ってバンドでもあるんだなぁ。

勉強になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オスプレイ

桜華さん、コメントありがとうございます。

いやいや、遅いのストレートだけなので気にしてませんよ。

波改は良いマシンになりました。


テレビでオスプレイの試験飛行の映像を見たけど、かっこいいなアレ。

色々と問題あるのだろうがメカとしてはたいへん面白い。

あと何十年後に珍兵器と呼ばれているか、スタンダードになっているかは分からない。

ただ願わくば国内で墜落しないで。

もし墜落するなら誰もいない山ん中か、海にしてほしい。

頼んます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

丁度良いギア比

桜華さん、コメントありがとうございます。

まぁ、今のところ2スト125ccみたいにはいきませんがね。

いずれ…

波改のドライブスプロケット歯数を1T上げて16Tにしました。(これで16T/34Tです。)

最高速度は変わらず、思ったよりもロング気味の様です。

やはりドライブスプロケット歯数は15Tのままで、リアスプロケットを1Tに下げて様子を見ます。

もしかしたら、エンジン回転リミッターが作動するか、しないかのギリギリのギア比でしない方を選択するのが良いのかも知れません。

とりあえずドライブ15Tでリア33Tで走ってみます。

これでまた一歩前進。

(実は、いつもの最後のキメ台詞「マジで…」 がガキ臭いと嫁さんから教育的指導があって、急遽やめる事になりましたのであしからず。)

マジ、いや、なんでもありません…

これでまた一歩前進です。(トホホ…)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

すげー!

桜華さん、コメントありがとうございます。

試乗したバイクが物凄く良かった場合、最高だと思っていた自分のバイクが色褪せて見えるのが怖いです。

もしかしたら、けっこう冷たいヤツなのかな俺って‥

波改の空燃比がプアだったから、吸気を絞ってベストな状態を目指した。

そしたらパワーがどんどん湧いてきて、巡行速度が130キロにアップ。

ドライブスプロケット歯数を1T上げれば、もう5キロくらい上がるかも。

一応は調子が出た訳だが、もう少し吸気を絞ってみたいのでエアフィルターをノーマルのままで装着してみようと思う。(現在はノーマル時についている金網を外して装着。)

いやはや凄いな波改。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

久々の回転リミッター作動。

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

やっぱり自分のバイクが最高ですよね。

いや、最高であってほしい。

そう願う俺は、人のバイクを試乗なんて絶対にしません。

もしも、自分のバイクより良かったら欲しくなっちゃいます。

しかし、常に自分のバイクが一番である為に日々努力です。


波改のエアクリーナーボックスに増設した開口部を次々とガムテープで塞いだら、パワーがどんどん湧いてきた。

相当にインジェクションのキャパを超えていたみたいです。

エアクリーナーボックスは結局ほぼノーマル状態に戻りました。(インシュレーターに付けたファンネルはそのまま。)

パワーがアップしたおかげで、久々に下り坂で回転リミッターが作動します。

ドライブスプロケットの歯数を1T上げる必要がありますね。

29日には無頼の集会で、ビックバイクと広域農道をぶっ飛ばすから丁度良いや。

今までにはない高速コーナーが楽しめそうです。

波改のメーターが160キロ表示で本当に良かった。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波改最高!

高周波振動が消えてトルクフルになった波改。

多少、まだ振動は残っているがさらなる改善でゼロを目指します。

しかし、タイカブは良いねぇ。

最速や最強じゃないけど、公道走りには最高のバイクです。

走る道はアスファルトはもちろんの事、林道、雪道、草原?となんでもござれ。

ビックバイクみたいに気合いもいらないし、維持費も改造費も比較的に安い。

さすがに高速道は走れないが、元々眼中にないからなぁ‥

通勤に買い物、ツーリングにバトル、全部いっぺんにできちゃうんだから最高以外の言葉が浮かびませんね。

まさに、『I AM THE BEST』です。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

ガムテで解決!

桜華さん、ゆずきちさん、コメントありがとうございます。

お二方のお気持ちは大変にありがたいです。

しかし、心配なさるな。

実は‥

問題は全部解決しました。

ガムテープ一枚で万事OKです。

ガムテープを貼った直後にエンジンの振動がなくなり、手の痺れはありません。

最初は少し燃料が濃い感じでしたが、走っている内に学習機能でセッティングが変更されました。

朝貼って、夕方には物凄いトルクフルな原付バイクの一丁上がりです。

もう、波改に乗ったら誰も原付バイクだなんて信じませんよ。

乗ってて力強いですね。

ローテクですが難しく考えない分、失敗しても困らないし、成功したら鼻高々ですね。

ちょっと天狗になっても良いですか?

マジで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インジェクションのキャパ越えてた。

ゆずきちさん、コメントありがとうございます。

カブ110PROは残念ですが、タイカブへの乗り換えは喜ばしく思います。(お互いに事故には気を付けたいですね。)

今日の記事は国内モデルとタイカブの違いについての話です。


初夏から波改に異常が起きている。

尋常じゃない高周波振動が発生するのだ。

おかげで左手は痺れがとれない。

原因はおそらく燃料調整がうまくいってない事。

今までタイカブのインジェクションが許容範囲の広いのを良い事に、どんどんチューンナップしていったからね。

エアクリーナーボックスの開口部拡大やボアアップ、自作マフラーと改造を行い、トドメのハイカムでPGM‐FIの学習機能を超える事態になったのだ。

ハイカムを組んだ当初は問題なかったのだが、エアクリーナーボックスにつながっているブリーザーホースを大気解放型に変更してエアフィルターを交換した。

そしたら、ブリーザーホースから放出されたオイルがフィルターを濡らして吸気抵抗になる事がなくなって、空気が思いっきり入ってくる様になったのだ。

そのせいでインジェクションの許容範囲を超えてしまい、ガソリンが足りなくなって高周波振動を発生させる。

振動が多いと言われるシングルエンジンも、そのほとんどは空燃比が合ってないのが原因。

タイカブはカブ110などの国内モデルとは違い、規制の緩い地域で走行するからインジェクションの能力を初めからフルに発揮させている。

反対にカブ110は国内の排気規制や音量規制などに合わせ、かなりエアクリーナーボックスやマフラーが絞られて作っているので、チューンナップしてフルパワーにしようとする時にはサブコンなどを使って燃料調整を行わなければならない。

じゃあ、タイカブで空燃比を合わせるにはどうするか?

インジェクションやコンピューターを全部作り直すなんてお金の無駄。

吸排気の入口出口の口径を調整して、インジェクションが対応できるレベルまで手直しするしかない。

つまり、どういう事かと言うと、

エアクリーナーボックスに増設したラムエア・システムの開口部に、ガムテープを貼ったら振動が消えたって話さ。(ちゃんちゃん!)

これで左手も救われます。

マジで…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

新たなるチューンナップ

桜華さん、コメントありがとうございます。

バトルの勝ち負けは明日の活力です。

勝ったら勝ったで面白い。

負けたら負けたで清々しい。

やめられまへんなぁ‥


波改の今後のチューンナップ計画。

エンデュランスのボアアップキットからタケガワのボアアップキットに交換。

理由はハイコンプピストンだから。

トルクがもっともっと欲しいです。

マフラーのサイレンサー仕様変更。

静かさとトルク増幅を狙い、サイレンサー容量を大きくし、エンドピースの出口は口径を絞る。

トリックスターのPPSを装着。

インジェクションとヘッドライトのさらなる安定化。

エアクリーナーボックス吸入口の開口部を拡大または縮小化。

WAVE110iにはサブコンで燃料調整用パーツが開発されていない。

そこでエアクリーナーボックスの吸入口の大きさを調整して、空気の量で燃料に合わせます。

原始的ですが確実です。

スパイクタイヤのタイプ変更。

リアホイールに履かせるスパイクタイヤのタイプを変更して、スパイクピンの効果を高めます。

スノータイヤタイプからモトクロスタイヤタイプにします。

あるとこにはあるんですよ。

そんなスパイクタイヤがね。

リアスプロケット歯数変更。

歯数を少なくして小径化する事でアンチウィリー特性を得て、雪道でのトラクションを向上させる。

なんだかんだでまた速くなっちゃうよ。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

リターンマッチしたい奴ら

beat082さん、マキオ会長、コメントありがとうございます。

beat082さん、しーっよい子が真似したらいけないので場所は言ったらダメですよ。

あそこはガキの頃から原付バイクでよく登ってました。

動画もアップした事だし仕納めですね。

マキオ会長、俺の波改は一度地獄に落ちたバイク(廃車になった)なんで特別速いんです。

悪魔のZと同類ですね。


3日前に寒風山に走りに行った時の話。

帰る途中に見覚えのあるクルマとすれ違った。

同じ町内の走り屋兄ちゃんのカリーナだ。

すぐに引き返してぶっちぎる。

全然本気になってくれないよ。

それもそのはず、この兄ちゃんは小さい頃から俺の事を知っている。

小学生の時、自宅にいると物凄い爆音が聞こえてきて、窓から外を見るとフロントタイヤを高々と上げたバイクが走り去ってゆく。

これが俺の印象だそうだ。

実は以前に、雨の日にバトルして勝てなかった(負けてもいない)クルマに兄ちゃんのクルマがそっくりで、てっきり俺はこの兄ちゃんだと思ってた。

兄ちゃんの話では、よく勘違いされるんだとか。

本当の相手は、イエローバルブのヘッドライトをつけた白いカローラで(兄ちゃんのカリーナは銀色)、最近は全く見かけなくなったとの事だ。

ちなみに、兄ちゃんのカリーナは中身がほぼAE86なんだそうです。

あと一台どうしても走りたい奴がいる。

15年前、林道からの帰り道にバトルして完全にぶっちぎられた銀色のインプレッサ。

こっちはモトクロス用タイヤを履いたハイパワーなオフロードバイクだったから、アスファルトでタイヤが空回りして前に進めやしない。

その後、タイヤを履き替えてから随分探したが一向に見つからなかったよ。

案外、クルマは違えどドライバーは同じ奴だったりしてな。

今度遭ったら波改でぶっちぎったる!

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

マッドGO!GO!GO!

昨日の動画の続きです。

http://www.youtube.com/watch?v=aTExdr4pAX4&feature=youtu.be

また嫁さんに叱られます。

マジで・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あきれる動画

たかはしさん、neriさん、WRCさん、コメントありがとうございます。

たかはしさん、無頼宴の当日はよろしく。

昨年よりも数段速くなった俺を見てください。

neriさん、昨年に初めて一緒に走ってから僅か3回走っただけで俺の走り方がガラリと変わってしまいました。

神の爪の垢の効果は凄いです。

チャンスがあればまた一緒に走ってください。

WRCさん、大変失礼しました。

以前に、カブ丸さんとこのブログで見つけたものですから勘違いしておりました。(カブ丸さん、申し訳ありません。)

大至急、訂正させていただきます。

マシンの持ち主のいっきゃさんにも、不調法な記事を書いてしまい大変申し訳ありませんでした。

また動画をアップしました。

今度のはオンボードカメラです。(取り付けステーは自作。)

違う意味で物凄い映像です。

これだから左手の痺れが酷い訳だ。

http://www.youtube.com/watch?v=QtlnP0sFeWk&feature=youtu.be

このままだと病気になりそうだよ。

マジで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

色んな人の色んなカブ動画

シャコタンカブさん、筆おやじさん、桜華さん、ZEPさん、コメントありがとうございます。

シャコタンカブさん、返事が遅れてすみませんでした。

10w-40のマルチグレードのオイルを使いました。

やっぱり柔らか過ぎですかね。

今、油さしに入っている分を使い切ったらシングルのオイルにしますよ。

ありがとうございました。

筆おやじさん、ポトフを作りましたよ。

めちゃくちゃ美味しかったです。

俺の得意料理にしちゃいます。

桜華さん、毎日お疲れ様です。

体もバイクもオーバーホールが必要な時期ですね。

今度、温泉ツーリングでも行きますか。

ZEPさん、PPS取り付けの一番の目的は燃料ポンプに流れる電量の安定供給です。

燃料ポンプに強く安定した電流を送る事で、インジェクションから噴射されるガソリンの均一化と細粒化ができるからです。

それにより燃焼が良くなり、まるでシルクの様な滑らかなエンジン回転が得られればと思っています。

まずは全日本カブ選手権レースのスプリントから。

http://www.youtube.com/watch?v=Kjm3WjxdTOM&feature=player_embedded#!

『協和カートランドの神』ことneriさんが優勝した時の動画です。

「どうせカブの中での一番だろ。」なんて思ったら大間違い。

http://www.youtube.com/watch?v=XA5mv7Hrmek&feature=relmfu

これは、同じくneriさんが原付バイクがベースなら「なんでもあり」のミニバイクレース、『ミウチカップ』で優勝した時の映像。

エンジン出力が倍近く違うマシンもブンブン抜いちゃいます。

こんなのもあります。

http://www.youtube.com/watch?v=ds2SJSG-FPM

ほぼノーマルのカブ耐久マシンに現役モトGPレーサーが乗った時の動画です。

プロの凄さが分かりますね。

今度は公道でのカブ。

http://www.youtube.com/watch?v=0yJ7fl_GQ3M&feature=plcp

カブ愛好家に人気のブログ『カブだらけっ!!』のシャコタンカブさんが、俺の地元・秋田の太平湖で『カブなめんなよ!ツーリング』を開催した時の動画。

狭い峠をカブで走るのは最高に楽しいって分かります?

次は個人的な動画ではありませんが、カブ愛好家の中では伝説的な映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=OvtybgQ09aQ&feature=related

これもカブ愛好家には伝説的なカブです。

http://www.youtube.com/watch?v=Sf8p17uHesw

あと、俺は絶対にしたくない事をやってる動画です。(でも評価は高い。)

http://www.youtube.com/watch?v=Aq_bmvdyjiA&feature=plcp

ノーマルタイヤで雪道を走るなんてバカじゃないか。(昔、MTX50で雪道を走って信号で止まれず、危うく猛スピードのスカイラインに轢かれそうになった俺です。)

最後に手前味噌になりますが俺の動画。

http://www.youtube.com/watch?v=36tMoWAUsGo&feature=plcp

自分では一番気に入っている動画です。

いつもタイムアタックしている峠を真冬に走りました。

夏場とは違い、ベストタイムから90秒落ちです。

しかし、来シーズンは1分落ち以内にしてみせますよ。

今から燃えてる俺です。

マジで・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

雨の最高速

桜華さん、コメントありがとうございます。

波改の電装系チューンナップは、燃料ポンプ強化リレー、プラズマブースター、ASウオタニのパワーコイルです。

あと欲しいといえば、トリックスターのPPSがあれば完璧ですね。


昨日、病院の帰り道に雨が降ってきた。

雨カッパなしで波改に乗ってたから、今回は雨雲とバトルです。

今の波改はバッテリーを充電してから、やたら調子良い。

路面はすでに濡れていましたが、晴れの日と変わらない最高速で走れ、他のクルマはまるでパイロン状態です。

途中、2台ほど覆面パトカーをやり過ごして、少ししか濡れずに帰れました。

去年までの波改なら完全にずぶ濡れでしたね。

マジで…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バッテリーって‥

燃料ポンプ強化リレーで弱り気味のバッテリーを充電したら、アイドリング時は変わらないが走行中のエンジン音が静かになりました。

バッテリーの調子が燃料ポンプのパワーになってるので、当然といえば当然か‥

分かってはいたけど正直驚きました。

マジで…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無頼宴2012

急な話ですが、今年の無頼宴(ウチのグループのミーティング)は今月の29日の午後から行われます。

場所は太平山キャンプ場です。

走りの方は近くの広域農道辺りになるかも‥

当日、俺は午前中は大事な用事があるので、もしかしたら走りの方は不参加になるかな。

飲みの方は完全参加です。

もし、走りの方にも参加できたら、今時の原付バイクは馬鹿にできないと証明しちゃいますよ。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

バッテリー充電

桜華さん、コメントありがとうございます。

奥多摩周遊道ですか良い名前ですね。

できれば早朝に走ってみたいものです。


俺の波改は燃料ポンプ強化リレーが組まれていて、インジェクションの噴射圧を少し上げている。

つまり、バッテリーから直接電気を燃料ポンプに送っている訳だ。

通常よりも強力な電気を送っているので、電力消費も大きいはず。

たまに充電しとくかと、車体にバッテリーを載せたまま充電機をかけてみた。

大した消費量でなければ1時間程度で充電完了すると思っていたが、なかなか充電完了にならない。

思っていた以上にバッテリーは弱ってた様だ。

ほぼ毎日乗っている波改だけにバッテリーが弱くなった事に気が付かなったよ。

これからは定期的に充電してバッテリーの電力維持します。

今更ながらチューンナップにはメンテナンスが最重要なんだと思い知りました。

マジで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

奥多摩走りたい。

桜華さん、コメントありがとうございます。

バイク泥はバイク好きじゃなく、バイクに乗ってカッコつけてる自分が大好きなだけです。

若い頃はそんなヤツを見つけては虐めるのが好きでした。

今では、もっと速くなりたくてそんなヤツをかまっている暇はないですね。


高校を卒業して東京で就職した俺。

モトクロスをやりたくて元全日本チャンピオンに弟子入りしたまでは良かったが、峠走りの面白さを知ってからはモトクロスそっちのけで峠ばかり走ってました。

当時、奥多摩有料道路(今は何ていうの?)に通ってアクロバティックな走りで遊んでましたよ。

はっきりいって下手で遅かったです。

速く、本当に上手くなったら奥多摩に走りに行きたいと何十年も思ってました。

やっとバイクの走らせ方が分かってきた今なら、走りに行ってもそんなに恥ずかしくないと思います。

あの走り易い道を波改で走れたら感激して泣くかも知れない。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

バイクの盗難について

タレントのノッチさんが、愛車ハーレー883を盗まれた。

ハンドルロックをかけなかったから、すぐに持っていかれたらしい。

バイクの盗難にも人気車種があって、CBX400Fはあまりに盗まれるもんだから盗難保険は断られるそうだ。

友人がCB750ドリームを買った時には、「盗まれるから常に気を付けろ。」としつこく警告したよ。

バイク泥もCBXが今までみたいに手に入らなくなったら、次はゼファーに手を出しますので、ゼファーオーナーはぜひ気を付けてください。

カブも最近では盗難が増えているそうです。

もし、俺の波改が盗まれて、その後犯人が見つかったら、気の毒だけとウチの沢山ある土地のどっかに埋まってもらいます。

マジで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

良いね良いね‥

スピードライン501を履いて走ると、マシンの安定感が増す。

おかげで波改は別物になったみたいだ。

リアタイヤだけでこれだから、フロントにも履かせたらどうなるんだろうか?

何かワクワクしますね。

このタイヤを履くと、パンピー(凸凹な路面)な男鹿半島の道がフラットに見えますよ。

マジで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

飛ばし屋ハーレーとガチ・バトル。

neriさん、コメントありがとうございます。

走りに関しては凄く良いタイヤです。

バイアスタイヤ特有のショック吸収性で、まるでリアサスペンション性能がワンランク上がったみたいです。

これなら七曲峠どころか八幡平アスピーテラインもいけそうですよ。


夕方、仕事作業の合間に男鹿半島をぐるっと廻ってきました。

スピードライン501は本当に走り専用タイヤに思えるほどグリップが高いです。

今日はノーハンドくるくる走法をして以来、よくやる4速オンリー走行で走ります。

コーナーリング時の抵抗が少ない走り方なのでやっと可能になった走りです。

いわゆる特訓ってやつですよ。

男鹿半島では、上り坂で軽くノッキングが起こるものの、問題なく走る事ができました。

男鹿半島からの帰り道に、S字カーブでやたら速いハーレーを発見。

すかさず警察署前の信号待ちで前に出てから、信号青でダッシュです。

10秒後、予想通り後ろについてきました。

この先にカーブ自体がジャンプになっているコーナーが2ヶ所あります。

ここが勝負の別れ目。

最高速を維持したままジャンプしないラインを選び、左手はハンドルから離した状態でコーナーを抜けます。

少し距離が開く。

後ろのハーレーは俺の後ろについて、バンバン帰宅ラッシュのクルマの間を抜けた。

俺、片側2車線道路でクルマとクルマの隙間を縫って走るハーレーを初めて見たよ。

この後、制限速度の倍の速度でトンネルに進入、ここは横風の影響を受ける事がなく、しかも若干下り勾配なのでさらに速度が上がる。

今までの最高記録。(あと20キロでメーター振り切り。)

ギア比をショート気味にしたら、やっとタケガワのハイカムが効果を発揮した様だ。

帰宅ラッシュのクルマの群れを構わず走り抜ける2台。

ちょっと見、一緒に連んでるみたいに見える。

赤信号で止まった交差点でハーレーのライダーとちょっぴり会話。(30歳前の男だった。)

ハーレー
「めっちゃ速いですね。」


「まあね、改造してるからね。」

ハーレー
「それにしても速い。」


「元々このバイクは雪道を(時速)130キロで走りたくて買ったバイクだから当然だよ。 今度ユーチューブにアップするから見ててよ。」

信号が青になり、2人とも右手を上げて別れた。

見知らぬアナタと見知らぬアナタがバイクでバトル~!

これが良いんです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピードライン501はゲッターでした。

タイトルの通りです。

アウトスタンディングからヨコハマ・タイヤの新製品スピードライン501を買って、今日の午前中に履いてみました。

タイヤに巻かれたテープを取ると、中から現れたのは昔のプロダクションレース用タイヤみたいな代物でした。

そう、若い頃に峠に走りに行けば、何人かが必ず履いていたヨコハマのゲッターそのままです。

とにかくやっこい。

タイヤ全体が柔らかくて、「カブ用タイヤがこれで良いのか?」と思うほどです。

気のせいか、走ると若返った様な錯覚を覚えました。

この間走りに行った七曲峠には最適なタイヤですね。

ついでにギア比も七曲峠向きにしてみました。

いつものギア比よりちょっとだけショート気味です。

昔、走り屋だったおじさんには嬉しいタイヤなんですが、問題は耐久性ですね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

救われた発言

韓国と中国との領土問題で、日本人として怒りを覚える事があります。

文化や教育が違いますから、日本を敵国と思われるのは仕方のない事です。

しかし、中国の歴史が好きで、韓国のK-POPが好きな俺としては、葛藤もあります。

俺としては、どちらとも仲良くしたいです。

最近、ドラえもん生誕100年前を祝うイベントが日本と中国で行われました。

中国のイベントで、日本のテレビ局が現地の人にインタビューした時の発言でなんか救われた思いでした。

「アニメを政治は関係ない。」

そうですよね。

どこにも、まともな考えの人もいるんだと安心しました。

でもなぁ、そのまともな考えの人を愛国心がないだの、非国民だと粛正するのが政治と世論なんだよなぁ。

嘆かわしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

久しぶりの雨

MoToDAMMさん、桜華さん、コメントありがとうございます。

MoToDAMMさん、現代のバイクはエンジンの配置やドライブスプロケットの位置、スイングアームの取り付け位置などを計算してウィリーが発生しない様に設計されています。

それでも発生してしまう様なハイパワーだと、電子制御が必要になるのでしょうね。

そういったバランスをデカロケは崩してくれる訳です。

つまり波改は、ギア比を変えずにリアスプロケットだけを小さくする事で、デカロケとは反対にアンチウィリー特性を強化させる作戦です。(成功すると良いな‥)

桜華さん、モトクロス用強化チェーンは30馬力までは大丈夫みたいですよ。


久しぶりに雨が降ったおかげでひさびさのお休み。

今日は午前中にゴロゴロして、午後にトイレ掃除や庭から採ったひまわりの種の選別します。

波改のフロントブレーキパッド交換やリアタイヤの交換はまだまだ先になりそうです。

あっそうそう、キタコのカブ110用スプロケット30Tを近所のバイク屋さんに注文しました。

「送料掛からない様にすると、しばらく待つ事になるけど、それでもいい?」

と訊かれたので、「雪が降るまでに届けばいい。」と答えた。

波改でアイスバーンのフル加速が今から楽しみです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

アンチ・ウィリーでトラクションをアップ。

桜華さん、コメントありがとうございます。

420のモトクロス用強化チェーンも耐久性はあります。

しかし、注油次第で寿命が全然変わりますね。

これから油差しでこまめに注油しますよ。


現代のビックバイクは加速時にウィリーしない様に作られてます。

そのビックバイクをウィリーさせるにはフロントの抜重とリアへ荷重、そしてアクセルタイミングで上げます。(昔みたいにアクセル開けるだけで勝手にウィリーはしません。)

バイクスタントでは、ギア比をショート気味にしてウィリーさせますが、この時にとても大きなリアスプロケット(通称デカロケ。)を用いるのが一時期流行りました。

同じギア比でもリアスプロケットの大きさでウィリーの感覚が全く違います。

リアスプロケットは大きい方がフロントタイヤが浮き易く、ウィリー状態の維持も容易です。(そのかわりフワフワ過ぎてスピードが落ち、迫力がなくなります。)

つまり、リアスプロケットは大きいほどウィリーし易く、小さいほどウィリーし難いのです。

逆にドラックレースでは、ウィリー防止にロングスイングアームを使います。

真っ直ぐ走るのには具合の良いロングスイングアームも、コーナーリング時にけして良いものではありません。

何を言いたいかというと、俺の波改をアイスバーンでトラクションをアップさせる計画でいます。

最初はロングスイングアーム化しようと考えましたが、コーナーリングを犠牲にするのは望ましくない。

そこで、リアスプロケットを34Tから30Tに変更して小さなリアスプロケットのアンチウィリー特性を利用します。(ドライブスプロケットは16Tから14Tに変更。)
ウィリーし難い=駆動力が逃げない=グリップが良い=トラクションアップです。

これで雪道での波改のスタートダッシュがまた凄くなりますね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

達人たちのチェーン・メンテナンス

2日前からドライブチェーンから音が出た。

一週間に一回、チェーンルーブのスプレーで注油しているが、油切れが少し早過ぎる感じだ。

そうなると気になるのがチェーンのメンテナンス方法。

カブの達人たちはドライブチェーンをどんな風にメンテナンスしてるんだろう。

ちなみに俺は去年まではシールチェーンを愛用してましたが、今年からノンシールの強化チェーンにしました。(金欠で‥)

聞いてみると、ほとんどの人がノンシールの強化チェーンを使用してましたね。

但し、チェーンルーブは使わずに油差しでエンジンオイルを注油するみたいです。

中でも興味深かったのがシャコタンカブさんで、ブログでオリジナルのチェーンルーブを作っていると紹介してました。

早速、俺もシャコタンカブさんを真似してみます。

シャコタンカブさんは化学合成100%のエンジンオイルにグリスを混ぜて、さらにモリブデンスプレーを混ぜるとか。

俺はお金がないので、コマツのディーゼルオイルに安いモリブデングリスを混ぜ合わせてみました。

シャコタンカブさんオリジナル・チェーンルーブと内容物はそれほど差はないと思います。

ただ、しっかり混ぜるのに多少時間と手間が掛かりますけどね。

カブはチェーンカバーのおかげで、油飛びが気にならないのが最大のメリットだそうです。

もう、高いチェーンルーブを買わなくとも済みますね。

流石はカブです…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

ヨコハマの新型タイヤ

波改のリアホイールに履かせたミシュランM62が丸坊主一歩手前。

丸坊主で走るとパンクが起こり易く、昨年からのパンク回数は5回だ。

貧乏暇なし、金無し、甲斐性なし。

安くて良いタイヤを探して、アウトスタンディングからヨコハマのスピードライン501を買いました。

スピードライン500はカブ仲間で絶賛されています。

新発売された501の性能はどんなもんざんしょ?

ちょっと気になったのが番号が500から501になった事。

スピードライン200、300、400、500ときて、501といきなり数字を刻みだした。

何か意味があるのだろうか?

どうでもいいような事ですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の考え

最近、「カブの良さも分からないライダーは、まだまだヒヨッコだ。」と感じてる事

まだカブと出会わなかった自分を振り返れば、尚更そう思う。

カブオーナーの皆さん、パーキングがビックバイクで埋め尽くされても卑屈にならず堂々としてください。

あなた方が本物のライダーです。

マシンの有利さにおんぶにだっこの生半可なライダーではないのが、すぐに見て判るのはあなた方だけですから自信をもって‥

えっ、「余計なおせわだ。もう、持ってる?」

これまた、失礼しました…(植木等さん調)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

運動会

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

公開講習の講師を務めてくれた大学教授は元々は三菱自動車のエンジニアだったそうです。

痛いところを突かれたみたいで、質問後に表情が曇ってました。

でも、俺がカブで雪道ツーリングしてると話したら、質問内容に納得したみたいですよ。


今日は町内運動会。

200メートル走苦しかったぁ。

綱引き楽しかったぁ。

二人三脚楽しかったぁ。

リレー楽しかったぁ。

盆踊り楽しかったぁ。

打ち上げ会楽しかったぁ。

また来年頑張りたいな。

成績は準優勝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

今日、学んだ事。

アッチ.comさん、桜華さん、MoToDAMMさん、コメントありがとうございます。

アッチ.comさん、モチュールってそんなオイルなんですか。

途端に不安になりました。

桜華さん、そうかなぁ。

あんまり役に立ってないと思うのですがねぇ。

もっともっとですね。

MoToDAMMさん、本当にノーハンドくるくる(友人が命名して全国的に通用する様になりました。)は大した技ではありません。

マスターしたら、後は考え方一つです。

俺なんか、実際の走りには全然使ってませんでしたから。

使ってみたら凄かっただけです。


今日、県立大学の公開講習にて学んで分かった事が2つ。

電気自動車は秋田県では単なる贅沢品。

循環型農業は全て農家任せの実態。

電気自動車は航続距離が一般の自動車に比べて短い。

「真冬の航続距離は?」って質問したら夏場の約半分だそうだ。

それだったらバイオエタノールで走れるハイブリッド車を作った方が北国向きと思う。

減反政策なんかやめて米でバイオエタノールを生産して、何か災害とかあったら食用に転用したら良いのにな。

科学肥料はほぼ輸入に頼っている日本。

有機肥料で足りない分を補おうにも、それは農家任せ。

つまり農家のやる気がなければ、いつまでも今のまま。

循環型農業を政府はこれからの目標にしているが、具体案は全くなしの状態みたいだね。

だけど我が社の進むべき道はおかげ様ではっきりしました。

ちょっとずつですが秋田の未来が見えた感じです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は勉強です。

今日は午後から県立大学が行う公開講習を受けに行きます。

仕事に役立つ勉強をする為です。

知識や情報がないとお客様との接し方も浅くなるので、少しでも勉強しないとね。

俺、会社の利益や個人の収入って世の中に役に立つほど高くなると考えてます。

また、そうあるべきです。

我が社も俺もはあんまり世の中の役には立ってないみたいなので、役に立てる様に努力するのみですね…


あー、社会の役に立って税金を沢山納めてみてー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »