« スピードライン501はゲッターでした。 | トップページ | 良いね良いね‥ »

2012年9月 7日 (金)

飛ばし屋ハーレーとガチ・バトル。

neriさん、コメントありがとうございます。

走りに関しては凄く良いタイヤです。

バイアスタイヤ特有のショック吸収性で、まるでリアサスペンション性能がワンランク上がったみたいです。

これなら七曲峠どころか八幡平アスピーテラインもいけそうですよ。


夕方、仕事作業の合間に男鹿半島をぐるっと廻ってきました。

スピードライン501は本当に走り専用タイヤに思えるほどグリップが高いです。

今日はノーハンドくるくる走法をして以来、よくやる4速オンリー走行で走ります。

コーナーリング時の抵抗が少ない走り方なのでやっと可能になった走りです。

いわゆる特訓ってやつですよ。

男鹿半島では、上り坂で軽くノッキングが起こるものの、問題なく走る事ができました。

男鹿半島からの帰り道に、S字カーブでやたら速いハーレーを発見。

すかさず警察署前の信号待ちで前に出てから、信号青でダッシュです。

10秒後、予想通り後ろについてきました。

この先にカーブ自体がジャンプになっているコーナーが2ヶ所あります。

ここが勝負の別れ目。

最高速を維持したままジャンプしないラインを選び、左手はハンドルから離した状態でコーナーを抜けます。

少し距離が開く。

後ろのハーレーは俺の後ろについて、バンバン帰宅ラッシュのクルマの間を抜けた。

俺、片側2車線道路でクルマとクルマの隙間を縫って走るハーレーを初めて見たよ。

この後、制限速度の倍の速度でトンネルに進入、ここは横風の影響を受ける事がなく、しかも若干下り勾配なのでさらに速度が上がる。

今までの最高記録。(あと20キロでメーター振り切り。)

ギア比をショート気味にしたら、やっとタケガワのハイカムが効果を発揮した様だ。

帰宅ラッシュのクルマの群れを構わず走り抜ける2台。

ちょっと見、一緒に連んでるみたいに見える。

赤信号で止まった交差点でハーレーのライダーとちょっぴり会話。(30歳前の男だった。)

ハーレー
「めっちゃ速いですね。」


「まあね、改造してるからね。」

ハーレー
「それにしても速い。」


「元々このバイクは雪道を(時速)130キロで走りたくて買ったバイクだから当然だよ。 今度ユーチューブにアップするから見ててよ。」

信号が青になり、2人とも右手を上げて別れた。

見知らぬアナタと見知らぬアナタがバイクでバトル~!

これが良いんです…

|

« スピードライン501はゲッターでした。 | トップページ | 良いね良いね‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/46989571

この記事へのトラックバック一覧です: 飛ばし屋ハーレーとガチ・バトル。:

« スピードライン501はゲッターでした。 | トップページ | 良いね良いね‥ »