« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

イマジン(想像)

昨日、テレビで『HEI!HEI!HEI!』って音楽番組を見ていたら、KARAが新曲を披露するという。

そこでサビを歌っている時のダンス(振り付け)に、ダウンタウンの松本さんが名前を付けてほしいとお願いされていた。

どんなダンスか一通り見せてもらった後、松本さんがそのダンスに名付けた名前を発表。『ピロピロピロピロピロ!』

すぐに例のピー音で発言が消され、口元は画像処理で隠された。

すかさず素早く頭を叩いて突っ込みを入れる浜田さん。

会場は一瞬にしてシーンとなった。

ここからは俺の想像なんだが、松本さんは『竹島ダンス。』って言ってないか?(あくまで想像の域の話です。)

もしそうなら、シャレにならないと事態だが、松本さんも最初からピー音と画像処理される事を想定して喋っているだろうしなぁ。

これが生中継なら国際問題ですよ。

何度も言いますが、あくまで俺の想像の話です。

あしからず…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またも冬まかない

桜華さん、annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

桜華さん、お互い面倒くさい人として強く生きて行きましょう。

明日を信じてね。

annie(副会長)さん、一年を通して一番最高速が出るのは真夏の涼しい夜です。

ただ、虫がバチバチ当たって大変ですけどね。


昨日、雨上がりに波改で床屋さんに行った。

普段から、「トラクション、トラクション。」と騒いでいる俺のマシンだけあって濡れた路面での安定感は抜群ですよ。

思わず顔が緩みます。

冬が近づいてエンジンの温度が上がりません。

この間、男鹿半島一周した時はクランクケースに貼ったサーモ・ステッカーは100℃まで上がりましたが、街中走行では全然サーモ・ステッカーは反応しません。

手で触れられる程度のエンジン温度だと50℃以下だから、サーモ・ステッカーは温度を表示しないんですね。

もう、エンジンの前に風除けカバーを装着する季節になりました。

これがないと空冷エンジンはオーバークールしちゃいます。

明日までに着けよう。

自家製プラスチックカバーをガムテープで貼り付けて固定します。

剥がすのは来年の3月中旬頃ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

「委員長、北風がとっても冷たいですね‥」

ガキの頃、少年チャンピオンに連載していた『750ccライダー』(ナナハンライダー)の早川光君の言葉を借りるならば、まさに「委員長、北風がとっても冷たいですね‥」なこの季節。

空気密度が上がり空気抵抗が増して、なかなか原付バイクは前に進みません。

何か良い手はないかなぁ。

昨年の冬に使っていたスクリーンを前方に出してセットすれば、前傾姿勢と空気抵抗減少の両方がうまくいくかもね。

ちょっと考えてみます…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まだまだ未熟

バーバリーバック新作さん、筆おやじさん、コメントありがとうございます。

バーバリーバック新作さん、いやいや、そんな大層なブログではありません。

只のマッドライダー(真性暴走男)の独り言です。

しかし、大変ありがたいお言葉に感謝致します。

筆おやじさん、沢山のコメント感謝です。

とある会社で新人教育係だった俺に言わせると、

ハゲ内君は、『面倒くさい人』ですね。

筆おやじさんのブログでハゲ内君を見るかぎり、実力のある先輩や上司と一緒の時は自分が精一杯頑張っているつもりでも本当のところはそうではない。

ある日、その実力のある先輩や上司がいなくなって慌てて本気になる。

「こんな時先輩はこうしてたな、あの時は上司がこんな風にやってたなぁ。」

そうやって1人なると実力を発揮し、「なんだ、あの人達(実力ある先輩や上司)がいない方が俺調子良いじゃん。」と、いなくなった先輩や上司を甘く見る。

本当の面倒くさい部下に思えます。

しかし、実力を発揮できる環境になれば彼も優秀な人材です。

温かい目で見守っていきましょうよ…


自分がそんな偉そうに言える人間ではない事は百も承知な俺です。

家業を継いで会社の蓋を開けたら、ギリギリやっと食べてゆける弱小企業だった事が判明。

やっと俺も本気になり、何でも自分でこなそうと努力します。

努力の甲斐あって、少しは経営が上向いてきたかなと思ったら、今年春の嵐で工場が被害にあってまた借金。

今まで本気にならなかった分、後になって苦労している有り様です。

そうです、俺もハゲ内君と同じ『面倒くさい人』だったのです。

まだまだ未熟な俺ですが、精一杯頑張って生きていますよ。

頑張れハゲ内君!

頑張れ俺!

頼れるのは所詮自分だけと覚悟して生きるのみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

指導者の力量

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

溶接機は仕事で使う機械の修理に必要なので持ってました。

しかし、バイクスタントをやったり、(現在は引退。)カブに乗り出したらほぼバイク用です。

溶接は下手は下手なりにしっかりくっつけています。


2日前、地元のイベント『男鹿市小中学校音楽祭』を見に行った。

毎年見に行っているのだが、俺の性格上一番前で必ず見る。

映画も、コンサートも、サーカスも、何でも一番前。

男鹿市の小中学校は過疎化と少子化で子供の人数は少なく、そのせいで音楽的レベルはけして高くない。

はずだった。

俺の母校である出身中学校の吹奏楽部だけは別格でした。

初めて見る若い先生が指揮を取り、吹奏楽部のメンバーの真剣な眼差しが今までとは全く違っていました。

演奏はエネルギッシュで、始まってすぐに会場の人達が一瞬、「えっ?」って感じになったよ。

流行りの歌謡曲などは演奏せずに、吹奏楽に向いている曲を力強く演奏させている。

おそらく、指導者である先生がそうする事がベストだと考えたのだろう。

楽しそうに指揮棒を振る先生とは対象に、生徒は忙しく譜面と指揮者に交互に視線を配っている。

プロの音楽演奏をよく見に行っている俺も、中学生の演奏でも楽しめるなんて夢にも思いませんでした。

これも指導者の力量なんだろうなぁ。

今回の音楽祭で、「子供の可能性は皆スタートラインが一緒。」とはっきり分かりましたよ。

環境、特に指導者の指導力が子供達の可能性を引き出す(伸ばす)良い例です。

部活で弱い強いは指導力の違いだった訳ですね。

会社経営も同じに思います。

社員の可能性を引き出すのは社長、もしくは社長が選んだ人間です。

儲かる儲からないかはやはり社長の力量次第。

本当に勉強になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

シフトペダルのフィッティング

カブのシフトペダルってさ、俺は不満だらけだった。

踏み込んでシフトアップするカブのシフトペダル。

ステップよりもペダル部分が高い位置にあっ方が楽にシフトアップを行える。

さっそく改良してみました。(加工工程は省略。)

完成後、男鹿半島をぐるっと一周してみた。

ペダルが爪先に当たるが、足先をずらしたりステップに爪先立ちすれば問題なし。

とっても良いねぇ、気持ち良いよ。

シフトアップがこんなに気持ち良くできるなんて初めてです。

大成功!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

新たな問題

桜華さん、コメントありがとうございます。

はい、振動はほぼ消えました。

これからもっと寒くなっても振動はもう出ないと思います。

とってもパワフルで乗り易いですよ。

おまけに静かだしね。


波改を超前傾姿勢でフル加速すると、足首の固い俺はシフトミスを連発してしまう。

落ち着いて前に踏み込む様にすれば大丈夫なんだが、それを忘れると途端にシフトミス。

シフトペダルもペダルの高さを上げているが、まだまだ高くする必要がありそうだ。

時間を見つけてシフトペダルを加工して、超前傾姿勢でもしっかりシフトアップできる様に改良するよ。

俺の下手くそ溶接が唯一不安ですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とぐろを組んだら‥

ここ数日のとぐろインシュレーター話の続き。

スーパーカブ110のインシュレーターを波改に組みました。

結果は?

良いですねぇ。


数年後の新型モデルみたいな乗り心地です。

もしくは、当たりバイク。

つまり、みんなで同じバイクを買ったのに、1人だけ特別マシンが速く感じる。

借りて乗ってみたら全然別物みたいに調子良く走って、思わず「ナニコレ?」っていうやつ。

要は、恐ろしく調子良いノーマルバイクです。

そんな感じのマシンに仕上がりました。

これで不安なく雪道を走れますね。

うおぉぉぉぉぉぉぉ~嬉し~い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言?

現在、雪道走行の為の防寒対策でデブになる努力をしてます。

おかげでウ○チどっさり。(嫁から羨ましがられます。)

さっきも仕事の作業中に便意がもよおしてきて、スコップとティッシュ持って藪の中へGO!

そうです、野○ソですよ。

済んだ後はしっかり埋めて自然に帰します。

若い頃、会社の上司から、「どうした?顔色が悪いぞ。 なにぃ、ウ○チ我慢してるだとぅ、馬鹿野郎!糞小便我慢して良い仕事ができるかぁ!」と怒られました。

そりゃそうだ、どんな仕事でもそんな状態で良い仕事ができる訳がありません。

それ以後、俺の仕事の優先順位はトイレが一番です。

うーん…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

とぐろが届いた。

桜華さん、コメントありがとうございます。

来年はエイプと波改でまたガンガン走りましょう。

楽しみに待ってます。


とぐろが届いた。

スーパーカブ110純正の吸気ダクトがとぐろを巻いたインシュレーターの事だ。

今日も男鹿市から秋田市まで往復して走ったが、空燃比が薄くて凄い振動が発生して左手が痛いほど痺れている。

ガソリンを濃くしてセッティングできないので、代わりに吸入の空気抵抗を増やして空燃比のバランスを取ってやるのだ。

本当は横振りタイプのダクトになる予定だったが、それはパーツリストのイラストだけで、実際のダクトはとぐろタイプだけだった。

まぁいいや、吸入が規制できれば。

明日、組んでみます。

「もっとトルクフルに、もっとトラクションを。」

冬が近づいて常々そう思う毎日です。

それほど雪道は難しいのですよ。

明日が楽しみだわ。


あと、寒さ対策でデブになる為に間食を多くしています。

大食いすると胃袋が大きくなって春に痩せれなくなります。

間食で太って夏にはスリムに戻れる様にしています。

そうそう、防寒手袋も新しくしました。

ちょっと物足りない感じですが、何か工夫してしっかり防寒しますよ。

凍傷は怖いし、痛いもんね。

いっそのこと、雪道巡行速度も時速90キロくらいに落とそうかな。

うーん…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

アイドリングを上げました。

寒くなって波改のエンジンオイルを軟らかいのに交換したんだが、暖機運転に時間が掛かる。

「アイドリング上げっか。」

WAVE110iやスーパーカブ110にはアイドリングを上げる様にはなってない。

波改は、インジェクションにアイドリング調整ネジを新設しているのだ。

調整ネジを右側にひねり幾分アイドリングを上げた。

あんまり上げ過ぎるとエンジンブレーキの利きが弱くなるので、経験から丁度良いところに合わせました。

これでまた一つ、冬の準備が出来ましたね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

危ないよね。

最近のバイクの速さといったら恐ろしく速い。

600ccを超えるスーパースポーツは、あっという間に300キロちかく出てしまう。

公道でそんなスピードを出すのはもちろん危険です。

でも俺が怖いと思うのは、サーキットでの話。

同じクラスだけで走るレースは問題ないのですが、レース以外の練習ではクラス分け関係なく混走するよね。

排気量が違ったり、テクニックのレベルが違えば追突事故も起こるよね。

あれはヤバいよ。

最高速度200キロのバイクに300キロで走るバイクが追突したら、考えただけでガクガクブルブル。

ああ、恐ろしや…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

寒くなったら

BAET082さん、筆おやじさん、たらしさん、コメントありがとうございます。

BAET082さん、疑心暗鬼の目で常に見るって大事だと思います。

俺もそうしないとなぁ‥

筆おやじさん、俺達夫婦はタイプが全然違うのになぜだか一緒になってしまった不思議なカップルです。

多分、マジでバカ夫婦です。

たらしさん、ウチの嫁は厳しいです。

しかし、優しい時もあります。

飴と鞭の達人です。


寒くなって空気の密度が上がったら、また空燃比がプアになって振動が出始めた。

おかげで左手がいつも痺れている。

エアクリーナーボックスを入る空気の量は規制したが、今度はエアクリーナーボックスから燃焼室に入る空気を規制してやる。

インジェクションに繋がっているインシュレーターをダクトの長いタイプに交換するのだ。

スーパーカブ110のインシュレーターを使用するのだか、とぐろタイプと横振りタイプがあるので今回は横振りタイプを注文した。

空気の密度が上がると走行中の空気抵抗も高くなるから、時速100キロからがかなり辛い。

これから、横振りタイプのインシュレーターを使う事で若干パワーが上がると思うから、100キロオーバーからの走りが良くなってくれる事に期待してますよ。

もう、冬の準備が始まっていますが、まだまだ完成には程遠い現状ですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

そんなに喜ばなくても‥ (バカ夫婦)

MoToDAMMさん、ユーリさん、コメントありがとうございます。

MoToDAMMさん、本当にバイクで死んじゃいけません。

その思いが天に通じると良いのですが‥

ユーリさん、酷いドライバーはいますからねぇ。

幅寄せ、わざと急ブレーキ、周囲無確認の勝手な運転、そんなのに会う度にいちいち退治してましたが、ここ数年は面倒くさくてねぇ。

でも、最近はそんなバカ野郎に不思議に会わなくなりました。


何日か前に嫁から台所の換気扇掃除を頼まれた。

そして昨日、

俺 「明日、雨が降って仕事が休みになったら換気扇掃除するよ。」

嫁 「私ね、実家のおじいちゃん(俺の義父)に台所の換気扇をウチの旦那さんに掃除してもらえるんだよって自慢しちゃった。」

俺 「えっ、自慢って…」

嫁はお嬢さん育ちで汚れ仕事や肉体労働が大の苦手。

おまけに背が低いので換気扇掃除が相当に難儀らしい。

今日の昼前に2時間掛けて換気扇掃除して、台所を洗い、昼食にニンニク炒飯とサバ缶パスタを作りました。

嫁と昼食を取っていると、

「リビングの空気の流れが分かる。」とか、「音が静かなのにパワーが違う。」とか大喜びしてます。

まさか、換気扇掃除でこんなに喜ぶなんて、思わず萌えてしまいます。

なんか変なの…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

名無しさんへ‥

昨日の記事、『スイートトラップ事故』にコメントをくれた名無しさん、コメントありがとうございます。

基本的にこのブログへ名無しでコメントした場合は削除するのですが、一般人(ライダー以外の人)の貴重な意見と考えてコメントに返答します。

うーん、昨日の記事は事実しか書いてません。

ドライバーの批判はしていないつもりですがねぇ。

10月21日の記事、『死にたくない。』でも書いてますが、ライダーは他の人のミスに巻き込まれて事故死する事もあります。

俺みたいに、暴走族から暴走族と言われるヤツは何を言われようが構いません。

しかし、全部が全部そんなライダーではないでしょう?

確かに俺は運転に対して自信はあります。(自信過剰にならない様には努めていますが‥)

プロライダーから、「アンタ何者?」と言われるくらいのテクニックと経験はありますからね。

エクストリーム・バイクに夢中な頃は、渋滞しているクルマの列の間をウィリーで延々走った事もあります。

現在は、真冬の雪道をバイクで爆走してトロトロ走るクルマはもちろん、4WDのスポーツカーもガンガンぶち抜いてます。

俺の走り自体が不法行為です。

否定はしませんし、するつもりもありません。

でもね、

普通に乗っているライダーだってスイートトラップ事故は起こるんですよ。

マナーの事を言ったらクルマもバイクも似た様なもんですよ実際。

ただ、バイクは機動性に長けていますからクルマ側から見たら、どんなライダーも全部一緒に見えるのは仕方ありません。

昨日の記事は、俺のブログを見てくれた方に、こんな事故パターンがあるから気を付けようって話です。

マナーはライダーとドライバーの個人の問題で、ドライバー側から見れば、「全くバイクはマナー最低だな。」かも知れませんが、ライダー側から見れば、「クルマしか乗った事ない奴は自己中運転だ。」と思う事も多いです。

クルマもバイクも両方乗っていると、どっちもどっちってよく分かりますよ。

しかし、

何真面目に答えてんだ俺は…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

スイートトラップ事故

俺は今、猛烈に頭にきている。

昨日、群馬県で30歳の男性ライダーが、追い越しをしようとしたクルマの前部右側に衝突して死亡したというニュースがあった。

またスイートトラップ事故で人が亡くなる悲しい事態だ。

スイートトラップ事故とは?

ある一部の走り屋達(キ○○ン○ーラー)から最も恐れられている典型的な事故パターン。

文字通り『甘い罠』です。

でも、よく言われる色仕掛けの事ではありません。

バイクは機動性に長けています。

トロトロ走っているクルマなんかピュッと抜いちゃいます。

しかし、これが仇となる事もあるのです。

今回の事故を簡単に説明するとこうです。

前を走るクルマは目的地の建物が見えてきて減速。

しかし、右折に集中してウィンカーを出すのが遅れた。(もしくは忘れた。)

後ろのバイクは、ウィンカーが出ていない事から何気に前のクルマを追い越して避けようとした。

追い越しが開始された直後にクルマがウィンカーを出さずに右折。(出しても右折と同時。)

そして、衝突。

実はスイートトラップ事故は俺も一度経験していて、過失の割合は10対0でクルマの方が100%悪くなった。

多少、相手側の保険屋がゴネたものの、最後には俺の主張が通ったのだ。

しかし、これはライダーが生きている場合で亡くなったら過失の割合は逆転する。

バイクを悪者にした方が警察も保険屋も事故処理の仕事が楽に終われるからね。

間違いなくライダー側が悪くさせられる。

ニュースを見た一般人が、クルマ側のミス(ウィンカーを出さない。遅れた。)で起こされた事故だとは分からないで一方的に、「マナーの悪いライダーは死んで当然。」とばかりにボロクソ言いやがる。

自動車教習所の教科書はクルマ目線で書かれていて、サンキュー事故(分からない人はググってね。)は紹介されているが、バイク教習にはこのスイートトラップ事故も紹介してほしいものですね。

ライダーはバカではありません。

右折のウィンカーを出しているクルマを追い越すなんて事は常識的に考えられない。

そこのところを一般人は理解できないのか、それともあえてしないのか?

本当に亡くなった方が気の毒です。

最後に

亡くなったライダーの御冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

大爆笑して自信が持てる動画

普通にバイク乗れる人なら大爆笑して、ちょっと自信が持てる動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=In0Gb7x3VBk&feature=related

ねっ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

死にたくない。

ユーリさん、コメントありがとうございます。

男鹿半島は本当にワンダーランドです。

UFOも心霊もその他オカルトも盛りだくさんです。

ただ‥

「人に話すと頭おかしいと思われるよ。」

と、嫁から言われます。

うーん。


ライダーなら事あるごとに思う言葉があります。

「バイクでは死にたくない。」

バイクに乗らない人に比べれば数倍も事故死する確率は高いです。

だが、自分がバイクに乗らないなんて考えられません。

しかし、ライダー仲間から「○○さん、亡くなったよ…」などと聞くと、他人事ではない。

どんなに自分が気を付けようが、どんなに訓練しようが、一回のミス、もしくは他の人のミスで自分が死ぬ事もある世界です。

だから、長年バイクに乗ってバイクが怖くなくなってきた今だからこそ、念仏の様に何度も唱えるのです。

「バイクじゃ死にたくない、バイクじゃ死にたくない、バイクじゃ死ねない。」

気休めかも知れません。

でも、そう唱える事で自分に言い聞かせ、決意するのです。

俺の夢は老衰で家族に囲まれながら亡くなる事ですから。

その前の年までバイクでは雪道を走れたら最高ですね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

また出た。

頭がおかしく思われるかも知れない。

でも書く。

さっき、正解にいうと午後6時25分から30分までの間にUFOを見た。

雨の中、スーパーからの帰り道で、クルマの左側の空にオレンジ色に若干赤色が混じった光が飛んでいるのを見つけた。

「なんだコレ、飛行機?ヘリコプター?」

と思って見ていたが、どう見てもあきらかに違う。

だって、その光は回転していたからだ。

オレンジ色に混じった赤色が右横に移動して消えては、また左側から現れる。

帰宅して急いで自宅に入り、デジカメで撮影しようと外に出たらもう見えなくなってたよ。(残念!)

この間も人口衛星よりも、はるかに大きい光が自宅の上を飛んでいた。(家族に見せようと呼んでる内に、どっかに消えてしまったよ。)

昨年暮れからこれで3度目です。

いやあ、ちょっと年甲斐もなく興奮しました…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スプロケ・マジック

annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

あー、なるほど。

だからパンクが多いんだな。

あの走り方は70年代に暴走族だった先輩に教わりました。(教わったってゆうか、パクッたというのが正解か…)

「もし、対向車が来たらどうするの?」

って聞いたら、

「避ければ良いじゃねぇか。」

と、当たり前の事を言われましたよ。

エアクリーナーボックスの改良にとぐろインシュレーターを注文しました。

うまくいけばラッキーです。

キタコのリア・スプロケット(30T)を使って、アンチ・ウィリー効果で雪道加速時のトラクションを向上させる予定でした。

とりあえずスプロケを交換します。(前後スプロケ交換でギア比はそのまま。)

交換後、走行するとシフトアップ時にフロントフォークがあまり伸びず、(ウィリーしようとせずに)車体が前へ出ます。

やった!大成功です。

スイングアームを延長せずに、アンチ・ウィリー性能を上げる事に成功しました。

これでまた、スパイクタイヤのピンがいつもよりも氷に刺さってくれますね。

ちなみにギア比は、

13T/30Tです。

こんな事してまで雪道走るのは俺だけですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

仕事帰りの峠道 (動画)

精一杯働いた後は、ちょっと遠回りして帰ります。

http://www.youtube.com/watch?v=Il6GhllXtTw&feature=youtu.be

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エアクリーナーのセッティング

スーパーカブ110オーナーのブログを頻繁にチェックしている俺ですが、その中でインジェクションのボアアップをしている方が数名います。

スーパーカブ110系に使われているインジェクション本体は、口径が小さく燃費向上を考えて作られているのが一目で分かります。

俺の波改の場合、インジェクションのボアアップするのではなく、バタフライバルブの軸を細く削る事で空気抵抗をなくしボアアップと同等の効果を出している。

他にも、排気量アップやハイカム、オリジナルマフラーの装着でインジェクションのセッティングは限界ギリギリの状態だ。(ガソリンがプアという意味です。)

O2センサーに抵抗を入れて、コンピューターを誤認させる方法で少し余裕を持たせる事もできるが、それでも安心はできないと思っている。

インジェクションのボアアップを行った人達も相当ガソリンが薄くなり、セッティングにかなり苦労していた様です。

そこで俺は考えた。

スーパーカブ110のエアクリーナーボックス内部に、とぐろ巻いていかにも空気抵抗がありそうなダクト(インシュレーター)がある。

これを波改に付けてみたらどうか?

波改のトルク感はマフラー出口の口径を絞って出している。

これだと、加速は申し分ないのだか最高速が今一つ。

そこでマフラー出口を本来の口径に戻して、エアクリーナーのセッティングでトルク感を出せないかと考えてます。

マフラー出口が大きくなると、その分ガソリンを消費するのでエアクリーナーから入る空気を少なくする作戦ですよ。

何か面白い事が起きるかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャプテン・アメリカ

昨日、マーベルのヒーロー『キャプテン・アメリカ』のDVDを見ました。

いやあ、本当にマーベル作品にハズレはないなぁ。

キャプテン・アメリカはアメリカ軍の人体改造で誕生したヒーロー。

心優しい体の弱いイジメられっ子が、人体改造後でも優しさが変わらない事に好感が持てました。

どっかの『のび太君』みたいに強くなった途端に、イジメっ子を虐めるのとは訳が違います。

どっちかっていうと、のび太君の方が人間らしいですけどね。

キャプテン・アメリカは良いですねぇ。

この作品で俺的に1番は、今回の悪役『レッドスカル』の愛車。

そのマシンなんだが、マフラーの本数が多い事からV12気筒以上のエンジンが積み込まれているのは確実。(片側に9本あったからV18気筒って事かも。)

実際には映画用ダミーだと思うが。

スタイルはクラシックだがとてもクール。

その格好良さは、バットマンのバットモービルにも勝るとも劣らない。

キャプテン・アメリカの武器、超特殊合金製の盾も良い味出していたね。

思わず欲しくなっちゃうよ。

最後の最後まで優しかったアメリカンヒーローに心が洗われました。

時代背景的に古き良きアメリカって感じの映画です。

やっぱり良いなぁアメリカンヒーロー。

次回作の『アベンジャーズ』では、今まで見てきたヒーローが揃って出ます。

「一体、どうなるんだ。」

ワクワクしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

自転車屋式パンク修理

今日の夕方、波改でレンタルビデオ屋からの帰り道。

県道を100キロ前後の速度で走っていると、後ろからヘッドライトが迫ってくる。

すぐに前傾姿勢を取り、速度を上げてコーナーに突っ込む。

コーナー立ち上がりで少し後ろとの距離が離れたと思ったが、その先の直線でなぜか速度が伸びず、また距離が縮まった。

途中、T字路を曲がって道を外れる際に確認すると、後ろを追ってきたのは銀色の軽自動車だった。

「ヤキが回ったなぁ。」

少し落ち込んで交差点の赤信号で止まり、左折したら後輪がズルズル滑った。

パンクだった。(どうりで‥)

波改から降りて、1キロ先のガソリンスタンドまでエンジンを掛けたまま自走させて押して行く。

ガソリンスタンドに到着後、工具とパンク修理キットを借りて自分で修理した。

後輪にはヨコハマのスピードライン501を履いているから、今回は自転車屋式パンク修理を行った。

なぁに、リアホイールを脱着せずにタイヤを片側だけ外してチューブをパンク修理するのだ。

このやり方はタイヤが柔らかくないと無理があるが、スピードラインはめちゃくちゃ柔らかいから楽にできた。

15分後、パンク修理完了。

このやり方を初めてやりましたが良いですね。

次からは全部この方法でパンク修理したいです。

それにしても、

パンクが多いな俺は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木下真輔選手テレビ取材動画

neriさん、annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

neriさん、パソコンの館ってバイク用品が安いんですね。

今度覘いてみます。

annie(副会長)さん、嫁にはいつも困らされていますよ。

その正体は、小さい子供と犬が大好きなお嬢さん育ちのおばちゃんです。

木下真輔選手のテレビ取材されている動画がユーチューブにあるのを発見しました。

1年前にアップされているのでマシンのカラーリングがモンスター・エナジー仕様ではないですね。

数年前に『探偵!ナイトスクープ』という番組でも出演していましたが、その際の映像はビデオ化される為に動画サイトにアップしてもすぐ削除されてしまいました。

今回の動画はおそらく『探偵!ナイトスクープ』出演の後に撮られた別番組だと思います。

モータースポーツがそれほど好きではない(特にバイクは)日本のテレビ番組では大変に貴重です。

http://www.youtube.com/watch?v=NMgHrc8nTtc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

それって悲しい? (バカ夫婦)

ウチの嫁はボランティアで幼稚園や小学校で絵本の読み聞かせをやっている。

今日は朝から早出をして、日が暮れるまで一生懸命仕事をしたので夕食後にダウンした俺。

リビングで横になっていると、嫁が読み聞かせの練習を始めた。

小さなバッタとカマキリの話だった。

疲れて目をつぶっている俺には、情景が鮮明に浮かんでくる。

俺 「ねぇ、それって悲しい話?」

嫁 「ううん、大丈夫だよ。」

嫁の聞かせる物語が進むにつれ、話がだんだん切なくなってきた。

ラストには、小さなバッタを助ける度にボロボロになっていったカマキリが、川に落ちて流されてゆく小さなバッタを救って自分が代わりに流されてゆく。

俺の目から流れる涙が止まらない。

思わず号泣してしまった。

くっそー、大丈夫って言ったじゃねぇかよ。

「この嘘つき!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

G4というオイル。

シャコタン☆カブさん、コメントありがとうございます。

neriさんの話だと、横型エンジンのカムとロッカーアームにあんまり良くないって事ですが、カブ110系エンジンだと評判は良いみたいです。


という訳でホンダ純正オイルG4について情報を集めました。

G4というオイルは元々モトクロス用として開発されたそうです。

ホンダから4スト・モトクロッサーCRF250&450が発売された当初は、エンジンオイルは純正オイル使用の指定だけでした。

しかし、CRFの性能にオイルのキャパシティがついていけず、オイルによるものと考えられるトラブルがあったとか。

そして、小排気量高回転型モトクロッサーCRF150が発売されるのをきっかけにG4オイルが開発され、今ではメーカー指定オイルになっています。

ホンダもモトクロス用だけの発売では商売にはならないので、600cc以上のスーパースポーツバイクに薦めているでしょう。

ローフリクションのG4オイルは、CRFにも採用されているローラーロッカーアームのエンジンを前提に開発されている様です。

G4よりもグレードの低い純正オイルで十分な場合、あえてホンダは推奨していませんがカブ110系エンジンとの相性は大変良いらしい。(G4購入者のレビュー調べ。)

価格は3000円ちかいですが、ネットで購入すれば2000円以下で発売されているので、次回購入はネットでしたいと思います。

はっきり言って、

「買って損なし!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

いやらしい道 (動画)

また動画をユーチューブにアップしました。

いつも通るお気に入りの道を(俺的に)ゆっくり流して走ってます。

いつもの調子で走っているところを撮影したら、完全に手が後ろに回りますよ。

本当はいつもの調子で走っているところを1日だけアップしてすぐ削除とも思いましたが、せっかく撮るんだからとゆっくり走りました。

俺が今までアップした動画を見た人なら分かると思いますが、一瞬たりともアクセルは全開になってませんよ。

衝撃映像で顰蹙を買うのもあれなんで・・・

http://www.youtube.com/watch?v=HR7OkRUTYtE&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良いなぁG4オイル。

桜華さん、neriさん、筆おやじさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、そんなライダーが我が聖地『寒風山パノラマライン』に現れたんですか。

俺も朝寒風すればよかった。(失敗、失敗。)

neriさん、G4って今時のエンジン用なんですね。

カブ110系エンジンには相性が良いかも知れません。

筆おやじさん、純正オイルのとっつき易さに目から鱗です。

驚きました。


そんな訳でG4オイルの感想です。

良い。

俺の走りに合わせ改造されてできた尖った部分が、普通に扱えるレベルまで丸くなっている。

全てにおいて普通に走れる。

凄いな純正オイル‥

ヤマハ純正オイルはパワーを感じるが、ホンダ純正はエンジンがモーターみたいに回る。

これこそ、雪道を走る上で俺が長年求めていた感覚。

最高のオイルに出会えたのかも。

正直、純正オイルをなめてましたよ。

まさか、こんなに良いとは、

降参です…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ワシはもう年じゃぁ‥」 (バカ夫婦)

朝食後、嫁が突然こう言った。

「ワシはもう年じゃぁ、全てをお前に託す。」

年下の人にそう言われてもなぁ。

どうやら実家に新米を届ける時に、腰を痛めたらしい。

俺 「無理するからだよ。」

嫁 「変なんだよ、お米を運んだ時は大丈夫だったのに、実家の家族とテレビのニュース見てる時にいきなり痛みだしたんだよね。なんで?」

俺 「(なんで?って言われてもなぁ。)多分、それは小さいケンシロウがやって来て知らない間に一撃喰らわしたんだろうな。」

数分後、腰が痛い嫁に代わって洗濯物を洗濯機に入れる俺。

洗濯物を入れ終わって、仕事に行く為に勝手口で着替える俺に嫁が言う。

「(小さい)ケンシロウをやっつけて‥」

はたして俺は勝てるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

モチュールやめた。

波改にモチュール300Vを入れたら、4速ギア抜けが起こる。

1キロ位全開走行で突然起こるもんだから、エンジンにも俺の心臓にもとても悪いのだ。

そんな訳でホンダ純正オイルG4(0w‐30)に交換しましたよ。

交換後、癖もなく普通に走る。

本当にサラッと走る。

大変ナチュラルに走る。

流石は純正オイル。

普通にって重要な事なんだなぁ。

勉強になりました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名無し

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

気候やマシンの仕様、特にギア比なんかで最適な熱価は変わる様ですね。

寒さとマフラーとの相性から6番の方が調子が良くなった感じです。


人っていう奴は本来は、「有名になりたい。」と頑張るもんだ。

だけどネットの世界じゃ最初からそんな考えのない文字通りの名無しが批判的な意見を常にブチ撒ける。

他人に評価されたけりゃ名を名乗れ。

まぁ、無理だな。

ふと、思った事を書いてみました。

若い頃の悪名で苦労してる俺が言える話じゃない。

スミマセン…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

おーっと!

スパークプラグを純正6番に戻して走ったら、只でさえトルクフルなエンジンがもっとトルクフルになった。

エンジンブレーキもさらに利く。

全くの予想外な出来事です。

なんかよく分からんが、冬まかないは成功したみたいですねぇ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冬まかない

桜華さん、コメントありがとうございます。

俺がアメリカン・ヒーローにハマったのは、小学5年生の時に見たスーパーマンからです。

バカだった俺は真面目に体を鍛えてスーパーマンになりたいと思いました。

今では良い思い出ですね。


冬まかない。

秋田弁で冬の格好にする事です。

つまり、冬準備ですよ。

波改もそろそろ冬まかないをします。

まずは、自作ビックフィンキットを取り外します。

次にスパークプラグを純正6番に戻しました。

昨年は、2極プラグを使いたくて7番を使ってましたが、大雪でエンジンの熱が上がらずオーバークール気味でした。

インジェクションのおかげで普通に走れるのですが、けして良い状態とはいえなかったです。

まぁ、足回りのセッティングが良くなって巡行速度が10キロアップしたせいもありますけどね。

お次は、ブレーキオイルの交換です。

ブレーキパッドはすでに交換していましたが、今になってやっと交換しました。

交換後は、ブレーキレバーのタッチが良くなりますが、凍結路面ではかえって気を使いそうです。

この辺は冬用のブレーキングで対応しますよ。

昨年まで使用していた自作スクリーンはもう使いません。

前傾姿勢が取り難いからです。

波改に装着したパイプマンマフラーは前傾姿勢でエンジン回転を一度上げる事を前提にしています。

速度が一旦出てしまえばガンガン回ってくれるマフラーなんですね、これがまた。

あとは、雪が降ったらハンドルカバーの取り付けですが、もし暖冬な時は防寒手袋で済ますかも知れません。

今から雪の降るのが楽しみな俺です…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

映画は膨大なエネルギー

昨日、ビデオ録画していた『アイアンマン2』を見たんだけど、最後の最後に物語の続きを連想させるシーンが登場する。

「これって新たなヒーローの予感。」

そして今日、レンタルビデオ屋でアイアンマンと同じマーベルのヒーローものを探した。

「あった、これだ!」

俺が手にしたのは、『マイティ・ソー』だ。

作品を見ると、まさにアイアンマンで見たシーンが再登場。

面白かったです。

アメリカン・ヒーローものは戦闘シーンが多いのにハッピーエンドだから好きですね。

見終わって特典映像を見て俺はぶっ飛んだ。

撮影監督による解説が作品と全く同じ長さなのだ。

一つの作品を完成させるのに、沢山の人達がどれだけの時間とエネルギーを使って作られるのかがよく理解できた。

ある意味、作品と同様に面白かったですよ。

見応えがありました。

そんなアメリカン・ヒーロー好きな俺がたった一つだけ気に入らない事があります。

それは、

アメリカン・ヒーローが誰一人努力して強くなったのではないという事です。

事故や実験、または生まれつき最初から強かった。

才能のある者が努力して強くなるってのが日本人の俺が好むところです。

でも、俺みたいな凡人が突然なんかの理由でスーパーマンになれるのも夢がありますね。

やっぱり、アメリカン・ヒーローは良いなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

楽しいな。

annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

とうとうプロの手を借りちゃいましたか。

良いですねぇ、今度その業者さんを紹介してくださいよ。


パイプマンマフラーのおかげで走るだけなのに楽しい。

バイクを乗り始めた若い頃とは全く違う、ライダーとして完成された感のある純粋な喜び。

ちょっと走るだけでも嬉しくてたまらないよ。

こんな楽しくなるマフラーを自分で作れた事に喜びを感じます。

また今日も自慢ブログになってしまって済みません。

それくらい楽しいです。

波改最高っす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

B級グルメ?

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

庭の野芝がうまく育つ事を祈りつつ、どうしたら速く走れるが考えてます。

バイクに乗る前からだから、もう30年も同じ事考えてるんだなぁ。


B級グルメって言葉があるけど、毎日一生懸命仕事してたら何を食べても美味いよね。

最近は鯖水煮の缶詰めを美味しく食べてます。

ご飯に鯖水煮、マヨネーズ、キムチ、スタミナ源たれ(青森県産の焼き肉のたれ)をのせてから混ぜ合わせて食べるだけ。

見た目は最悪ですが、味は最高ですよ。

これから男鹿駅前にあるフクシマってお店で売っている『ステーキ串』を買いに行きます。

ほっぺが落ちそうになる一品です。

さて、何本買おうかな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

まるでダンプカー。

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

カブ110のチューンナップはWAVE110iよりも難しい感じですね。

頑張ってください。


パイプマンマフラーを完成させて、昨日の夕方にエンドピース出口のセッティングをしました。

出口に挿入する詰め物の口径や長さを何種類も変えて、自分が求めるトルク特性に近づける。

色々やった結果、今まで詰めていたボックスレンチの駒(17ミリをカットして短縮)の向きを逆にした時が最もトルク感が出た。

今まではラチェットが入る四角穴を出口側にしていたが、それを逆にするとまるでダンプカーの様な鬼トルク。

しかも、乗った感じ2tや4tのトルク感ではなく10tダンプみたいな腹の奥から湧き上がるパワーだ。

その分、高回転が回らないと思いきや、一旦前傾姿勢をとって回ってしまえばとことん回ってくれる。

サイレンサー容量が増えて、エンドピースのサブチャンバー室、そしてエンドピース出口に詰めたボックスレンチの駒が生み出すトルクフルな走りに驚いています。

ただ、気になる事が、


デコトラみたいにピロピロ鳴るんだよねぇ~。

これは我慢するしかないか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

オートマRC

バイク誌『RACERS』のVolume17に俺の憧れのマシン『オートマRC』が特集で掲載されている。

RCとは?

ホンダ・ワークスのモトクロスレーサーを指す。

市販モトクロッサーとは比較にならない性能のマシンだ。

そのワークス・モトクロッサーが過去にオートマのマシンがあったのだ。

今回の特集記事を読むにつれ、俺はある事に気が付いた。

それは、カブのミッションが元々オフロード走行に向いているという事だ。

実際、オートマRCが全日本モトクロス選手権に勝てるまでには、相当な時間と苦労があった。

そのほとんどがオートマのメリットを残しつつ、マニュアルミッションのメリットを取り入れる事だったからよく分かる。

そもそも、オートマのメリットとは?

スリッピーな路面でのトラクション特性だ。

但し、そのメリットが有効なのはスタートやコーナー立ち上がりなどの加速時の話。

それ以外の箇所ではマニュアルミッションの方が優位だった。

これらから考えるとカブのミッションには両方の良さがすでにある。

CRF50Rなどのミニモト・レースに参戦している人に聞くと、カブと同じミッション形式のミニモトは慣れるとマニュアルミッションのマシンよりも走り易いとか。

実は、いずれタイカブのWAVE110AT(オートマチック)を買って雪道走行がしたい俺でしたが、特集記事を読むかぎり波改ですでに十分だったんですね。

どうりで速いはずです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

パイプマン・マフラー2

Pa080011

これが前回の記事に書いたパイプマン(巨根の人)・マフラーです。

まさに『名は体を現す。』でしょう。

但し、エンドピース出口の口径がかなり絞られているので包茎ですけどね。

でも、伊達や酔狂でこんなマフラーになった訳ではありません。

物凄くトルクフルでトラクションの掛かり具合が最高です。

おかげでコーナーはアクセルをガンガン開けれるし、立ち上がりの速度も速いです。

追い越しなんて今までよりも楽ちんです。

エンジンブレーキもよく利きますし、(リアタイヤのロックは皆無。)レスポンスも良い。

エンジンの回転上昇が早いので、いつもより早めにシフトアップしないと回転リミッターがすぐに作動します。

つまりは、

申し分なしです。

雪道で停止状態からの時速100キロまでのフル加速なら、おそらく無敵でしょう。

「まさか・・」という方がいらしたら勝負しても良いですよ。

お相手はGTRですか、インプレッサですか?

本当に良いマフラーが出来ました・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パイプマン・マフラー

波改のマフラーに改良を加えました。

もっと、もっともっとトルクフルでトラクションを感じられるマフラーにしたかったからです。

成功しました。

詳しくはまた後で…

あっ、タイトルのパイプマンって巨根の人という意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

最強の芝を手に入れた。

俺んちの敷地は無駄に広い。10tダンプなら3台は楽に駐車できる。

以前に自宅前を西洋芝でいっぱいにしようとしたが、すぐに雑草に負けてジャングルなっちゃう。

頭にきて、しばらく放置したら野鳥天国になってたよ。

来年はホームセンターから高麗芝を買って地道に貼ってくかなと思ったら、近所の人から野芝の苗?を貰った。

野芝ってさ、芝っていうより笹にちかい感じで繁殖力が半端ない。

スギナも、クローバーも、雑草はこれで全滅したら良いのにな。

今日貰った野芝で敷地の10分の1を埋める事ができました。

毎年、このペースで埋めると10年でキャンプ場みたいになるはずです。

キャンプ場みたいな家って面白そうだね。

どうなりますか…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モチュール300V(5w‐30)

桜華さん、コメントありがとうございます。

そうですね、インジェクションの学習能力には毎年助かってます。

タイカブの評価は乗って初めて分かりますが、その性能は原付バイクではNo.1じゃないかなと思いますよ。


おっさんが板についてきた俺だから言わせてもらうが、最近の若いライダーってのは街中ばっかり元気が良くて峠はさっぱりなのかい?

でっかいスポーツバイクに乗って原付バイクに抜かれたら抜き返せよ。

まったく、見かけ倒しもいいとこだ。

がっかりだね。

てな人から嫌われる愚痴はこれ位にして、今日のタイトル『モチュール300v』について書きます。

俺はここ10年ほどバイクのエンジンオイルには4輪用ターボオイルを使ってた。

理由はシフトチェンジ時のタッチがとても良かったからだ。

「カチッ!カチッ!」って感じで気持ちよく入る。

最近は2輪用オイルを使ってます。

ちょっと前まではヤマルーブ・プレミアムでした。

もうすぐ寒い冬になる前に、寒さに強いバイク用オイルを探そうって訳で、先月からモチュールを入れてます。

モチュールのシフト時のタッチがこれまた独特で、「ヌルッ!ヌルッ!」って感じで入る。

ちょうどエッチする時に潤滑ゼリーを使った様なあの感じだ。

最初はギアが入ったのは分かるが、抜けないか不安になったよ。

たまに4速全開走行時にギアが突然3速に落ちる事があったが、エンジンの回転リミッターのおかげで壊れずに済んでます。(ドラッグレースなら即アウト!)

モチュールの良いところはエンジン温度の上昇に強く耐久性があるので、今まで使ったエンジンオイルが約1ヵ月でヘタるのに対してまだまだ使える。

耐久レースでモチュールの評判が良いのはここら辺なんだろうなぁ。

モチュールがあとどれくらいでギブアップになるかテスト続行中です。

2ヵ月もったら今後しばらくはモチュールだな。

さて、どうなりますか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

よっしゃー!

波改のエアフィルターをノーマルにしたら、やっと空燃比のバランスが良くなった。

空燃比がベストに近づくと、エンジン音をはじめとする全ての音が静かになってくるね。

そして、めちゃくちゃ調子が良くなってます。

夏が終わり、空気が重くなっているにも関わらず、加速と最高速が夏と変わりません。

これって凄い事です。

原付バイクを乗っている人なら分かってくれるはず。

吸気抵抗を増やしてパワーアップするなんて、今までのチューンナップでは考えられない事ですよ。

しかも静かで速くなるなんて最高ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

吸気を絞る

今日の夕方6時頃、自宅前で何気に空を眺めてたら、でっかい人工衛星らしき物体を見つけた。

妙に大きかったので家族を呼んで一緒に見ようとしたら、すぐに消えてしまったよ。

人工衛星ならもうちょっと長く見れるはずなんだがなぁ‥

不思議だ。


今日の本題。

波改のチューンナップが進んだら、インジェクションの許容範囲を超えてしまい、ガソリンが常に薄い状態が続いた。

対応策として燃焼室に入る空気を少なくしてガソリンとのバランスを取ろうとした訳です。

エアクリーナーボックスに増設した吸気口を全て塞ぎノーマル状態に戻した。

結果は大成功。

トルクフルなって燃費も大幅に向上。

まだ、もうちょっと薄い感じがするのでエアフィルターもノーマルに戻す事にしました。

さっき、バイク屋からエアフィルター入荷の連絡がきました。

実はカブ110をチューンナップしているオーナー2人が、俺と同じ様にインジェクションの許容範囲を超えた症状で悩んでいたので、アドバイスというか、こうしたら俺はうまくいったよと2人のブログにコメントを入れてみた。

ただ、2人のオーナーの整備技術に差があるので、全く反対の方向で情報提供する。

一人目のオーナーは、自分でエンジンをバラすのが得意な方で、どんどんチューンナップを進めてゆくタイプ。

修理も得意な感じ。

彼にはインジェクションの噴射量を増量させる為に燃焼ポンプにリレーを付けて、バッテリーから直接電気を引っ張ってくる事を勧めた。

大量に燃焼室に入る空気にガソリンを増量させる事でバランスがうまく取れた様だ。

いっぱい空気を入れてガソリンをいっぱい燃やす。

一番パワーが出るチューンナップです。

二人目の方は、整備の方はそれほど得意でもなく、これからの人。

しかし、チャレンジ精神は旺盛。

なるべく壊れ難くしてパワーアップを楽しんでほしいので、俺の波改と同じくエアクリーナーボックスから吸気される空気を絞る方向でノウハウを教えました。

結果は、順調に走れるレベルをなってセッティングが完全になれば壊れ難くて速いカブが楽しめるはずです。

チューンナップって正直な話、お金やスキルの問題もあるので同じパワーアップさせるにしてもアプローチが全然変わります。

俺の場合、お金のない分はアイデアと研究でカバーしています。

なにせ、バート・マンローが俺の神なんで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

F-1カーがとろくさく感じる動画

皆さんも昔を思い出して・・・

http://www.youtube.com/watch?v=EBsWOcQigyw&feature=player_embedded

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

最速の定義

MoToDAMMさん、コメントありがとうございます。

今回のキリンはとても丁寧に作られた作品です。

バイク屋おやじの不器用な作業シーンに多少イラッとしますが、他は満点にちかいですね。

特に良かったのはポルシェ乗りの俳優。

大鶴義丹さんは4輪好きでもあるので、どんな感じのポルシェ乗りが悪役に良いか分かってます。

もしかしたら大鶴義丹さんの知ってるポルシェ乗りにあんな感じの人が実際にいたのかも知れません。

あの配役だけは原作を超えてます。

まずはDVDで見て下さい。


唐突だが、最速ってのはけして1人ではない。

そもそも速さとはなんぞや?

直球に言うと時間です。

移動距離を走るのに掛かった時間。

でも、サーキットでのレース以外はその辺が曖昧だ。

公道バトルではスタートとゴールさえ決めていれば、誰が速いかは一目瞭然に分かる。(キャノンボールとか。)

しかし、求める速さは人それぞれ違うからなぁ。

最高速度だったり、コーナリングスピードだったり、マシンのポテンシャルだったり、安全運転だったりと全然違う。

その中から最速を決める時には、同じジャンルの者と競えばいい。

だから、色々なジャンルがあれば、その数だけの最速がある訳です。

映画『キリン』にも登場する「内なるスピード。」

これこそが今日の題材のキーワード。

映画の中でキリンと呼ばれた男が求めた最速とは、海千山千の腕の立つポルシェ乗りに公道バトルで勝利する事。

それ以外はなかった。

個々のライダー、またはドライバーが思い描く理想の速さが、「内なるスピード。」の正体。

簡単に言えば、こんな状況下をこんな風に走りたい。

それのみ。

俺は、思い描いたスピードを達成できた者は全て最速だと考えている。

たとえば、新聞屋カブの兄ちゃんが、「今日も安全に配達を○時までに終わらすぞ。」と思えば、無事配達を終了させた瞬間に彼は最速となる。

良いんだよ、誰も認めなくたって自分が満足すればね。

それが内なるスピード、つまり最速。

ちなみに俺の最速は、どんな道でも同じ速度で走れる事です。

限りなく不可能にちかいですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

キリンのDVD

大鶴義丹監督の映画『キリン』が、DVDになってレンタルビデオ店でレンタル開始。

早速てっいうか、まぁ見てみました。

単刀直入に言うと、

原作通りの良い作品。

『湾岸ミッドナイト』で原作レイプと呼ばれた大鶴義丹さんだったが、その失敗を繰り返さないどころか原作の物足りなく感じるところを補っている感さえある。

大鶴義丹さんを見直しましたよ。

仕事の取引先のポルシェ乗りに勝負を持ちかけるシーンなんか鳥肌もんです。

話は自分の事になっちゃうけど、キリンがミスターバイクBG連載当時に俺の憧れの人から、「お前、キリンみたいになれ。」って言われた。

あれから10年以上経ったら物語の半分くらいは俺の人生にカブってるな。(バカみたい。)

格好良さの方は10分の1以下ですけどね…

後編のDVDが楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どんだけ困難が待ってんだよ!

neriさん、コメントありがとうございます。

タイヤ任せのライディングってなんか楽しいですよね。

自販機に缶コーヒー買いに行くだけで嬉しいですよ。

あと、

雪道ツーリングに行きませんか?

良い返事待ってます。


YouTubeでオカルト系動画を見てたら、手相占いで有名なお笑い芸人が女優の樹木希林さんの手相を見ていた。

樹木希林さんの手相は健康線と運命線を横に困難線てのが何本も跨っている。

手相占いの芸人が、「この線が多いほど、その人の人生に困難がある。
樹木希林さんはめちゃくちゃ多くて4本も入っている。」と説明する。

「ちなみに俺は‥」っと見てみる。

「…………」

7本も入ってる。

どんだけ困難が待ってんだよ!

俺の人生はこれからも波瀾万丈みたいです。

ただ、動画の中で樹木希林さんが、「それだけ困難を克服して人間形成ができる訳ですね。」と語ったのが、せめてもの救いでした。

参ったなぁ。

信じるか、信じないかはアナタ次第…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

雪道ツーリング

また来年の2月頃に田沢湖雪道ツーリングをやります。

今から参加者を募集します。

分からない事があればマシンのセッティングや走り方など詳しくお教えしますよ。

怖いものみたさの人や冒険心溢れる方は一度挑戦してみてください。

日時は雪が降ったら発表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡的なタイヤ

桜華さん、コメントありがとうございます。

震災直後の様な非常時にその人の本性が見えてくるみたいですね。

俺や桜華さんは獣?人間?

多分、デビルマンですね。(意味不明)


ちょくちょくブログに書いていると思うが、俺ってタイヤを信じて走る事が大嫌い。

正確に言うと、大嫌いだった。

しかし、neriさんに出会いセルフステアを覚え、ヨコハマのスピードライン501なんてタイヤを履いたら、タイヤを信じて走る事ができた。

俺的には奇跡的な出来事です。

今までタイヤを信じない事で自分を守ってきたつもりだったからね。

スピードライン501は不思議なタイヤで、柔らかくてポヨンポヨンなのに減らない。

乗り心地の良さはカブ用タイヤ最強!

グリップはもちろん最高!(雨天時も)

トレッドのサイドまできれいに使える。

なんと言っても値段がバカ安。

こうやって並べただけでも凄く良いタイヤだと思います。

でも、皆さんには薦めません。

俺の履く分が無くなるからです。

このタイヤがあれば、

『ゆっくりハシろうイッヒッヒ!』ですよ。(身内オチ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

悲しい現実

無頼宴で酒飲みながら楽しくやってたんだけど、東日本大震災の話題も出てきた。

先の震災(阪神大震災)の時もそうだったが、震災直後は略奪や盗難、レイプが酷かったそうだ。

まるで北斗の拳状態だったと福島のキャノンボーラーさんが嘆いてた。

しかし、それを世間に訴えられる様な雰囲気ではなかったそうだ。

避難して無人になった地域には、他県から沢山の人間が訪れては文字どおり火事場泥棒を行い、それを取り締まる者は誰もいない。

日本には大勢の立派な人達がいます。

そして、その何倍ものバカ野郎もいるのです。

そのバカ野郎達は簡単に獣になり、また人の皮を被ります。

「最後には頼りになる、信じられるのは自分だけ。」

そう思う事から自己防衛が始まります。

非常時になったら油断しないでください。

あんな天変地異みたいな事が起こったら、法律も糞もありませんから…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無頼宴

筆おやじさん、たかはしさん、コメントありがとうございます。

筆おやじもカマキリ好きですか、私もです。

動画の方はまた今度という事でご勘弁を。(免許無くなります。)

たかはしさん、来年は走りと飲みの二枚看板通りにしましょうよ。

わいったげやりしょ。(やり過ぎて何かが割れるくらいやってみましょう。)


走り屋集団『宴遊蝙蝠旅団 無頼』のミーティングである無頼宴が29日に開催されました。

走りの方は雨の為に中途半端になりましたが、飲みの方は相変わらず全開でしたね。


東北の年季の入ったバイク野郎が、酒を片手に超マニアックな話で盛り上がりました。

バカです。

俺をはじめとしてバカばっか。

自分の理想の走りを極めたい奴らが、年がら年中悪戦苦闘して駆け回っているのがよく分かるミーティングでしたよ。

最高です。

ではまた来年会いましょう。

来年はもっと速くなって待ってますよ。

特に福島のキャノンボーラーさん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »