« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

コールタール塗装完了

Photo

今日は昨日に続いてガレージの骨組みにコールタールを塗ります。

昼前から雨になるとの天気予想なので急いでコールタールを塗り終えました。

雨粒が若干落ち始めていたので焦りましたよ。

塗り終わってから顔に付着したコールタールを落とすのに一苦労。

顔がヒリヒリします。

おかげで顔が真っ赤に腫れてしまいました。

嫁から、「あぁ、またアイツ喧嘩して殴られたなと思われるから、外は出歩かないでね。」と言われる始末です。

俺、頑張ったのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

全部80点の100バイク。

ロードの耐久レースに毎年参戦している友人から電話で相談された。

「シーズンオフに浜辺でオフロードバイクを乗ろうと思うんだけど…」

それならヤマハのセローが良いよと教えました。

セローってさ、何一つ突出したところはない。

しかし、何に使っても、どんな走り方をしても80点。

マルチパーパス(多目的バイク)としては100点満点です。

初心者からベテランまで愛されているバイクと言えます。

初心者に丁度良いパワー、乗れる人が乗れば物凄い走りもできる。

箱根でロードバイクを楽々ぶっちぎったセロー乗りを見た事あるしね。

懐深いセローならシーズンオフのトレーニングにぴったりです。

ただ、友人には一言伝えました。

「物足りないと感じたら、それは自分に何かが足りないと認識してね。
セローってそんなバイク。」

セローはオフロードバイクNo.1の名車です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

俺はクマ。

桜華さん、いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

桜華さん、コールタール塗装したら半端なくワイルドな雰囲気になりそうです。

いーじゃんさん、田舎によく似合うガレージになると良いのですが、完成してみてのお楽しみですね。


午前10時のコーヒータイムに、フライパンで作る焼きリンゴを作った。

嫁を呼んで、焼きリンゴを楽しみながらコーヒーを飲もうとしたまでは良かった。

嫁は良いとこの娘さんだったので、俺が作った皮付きの焼きリンゴに抵抗があるみたい。

器用に皮を残して焼きリンゴを食す嫁。

食べ終わった嫁が一言。

「外では絶対に皮は食べないで。
まるでクマみたい。
私、果物を皮ごと食べる人初めてみたんだから…」

そう、嫁の親族で果物を皮ごと食べる人は誰もいないのだ。

俺はリンゴも梨もブドウも柿も、全部丸ごと皮ごと食べる。

それも芯までバリバリ食べる。

下手すれば種も食べちゃう。

皮を食べないのは、みかんとメロン、あとはスイカくらい。

嫁と結婚前は体をガンガン鍛えてたからゴリラと言われ、今はクマと言われてます。

冬眠しないクマですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

明日はコールタール。

Photo

今朝のガレージ製作風景です。

屋根を作るのに邪魔な柱の余計ね部分を2時間半掛けてノコギリでカット。

9本を2時間半ですから、1本16分の計算です。(しんどかったぁ。)

明日、木の電柱らしくコールタールを塗ってお色直しするつもり。

その前に、電柱全体を洗車機で洗浄してゴミや泥を落としました。

骨組みの大事な箇所はボルトで固定していますが、負担の少ない箇所は番線で固定しています。(必要十分の強度です。)

最後に、屋根に当たるボルトのネジ山もベビーサンダーでカットして、今日の作業は終わり。

10日でここまで出来ました。

あと10日で屋根が出来たらいいな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

インターバル

今日は強風と雪でガレージ作りはお休みです。

家の掃除をして、昼食を作りました。(悪魔のチャーハンです。)

午後からは嫁の買い物に付き合って運転手。

夕方はインフルエンザの予防注射をしに近所の医院へ。

元々、注射にアレルギーがあるので気持ち悪くなり、自宅で横になります。

アレルギーが収まってから夕食作り。

今夜はツナパスタを作ります。

量も十分あり、うまかったのですが、何か物足りずカップめんを続けて食べました。

しかも、スーパーカップ1.5倍。

もう満腹なので寝ます。

明日は朝からガレージ作りで柱の余計な部分をノコギリで切ります。

チェーンソーでやると格好いいのですが、高所でのチェーンソーはちょっと気が引けるのでノコギリです。

9本切るのに何時間掛かるかなぁ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年後…

MoToDAMMさん、桜華さん、コメントありがとうございます。

MoToDAMMさん、俺もあの人達の世界を夢見ていましたが、「本当に上手いライダーに排気量は関係ない。」と気付いて原付バイクに乗ってます。

自分とマシン、そして状況をもコントロールできるライダーになりたいですね。

桜華さん、俺らの地元が陸の孤島と化さない様に頑張りましょう。

桜華さんの理想的なバイクって今の波改ですよ。


先冬に流行ってた歌がNHK紅白歌合戦でまた聞けます。

きゃりーぱみゅぱみゅ、斉藤和義、海外で話題になった由紀さゆり。

K‐POPから誰も出ないのは少し寂しいが、豪華メンバーがまた楽しませてくれるでしょう。。

一年があっという間に過ぎて波改の本領発揮できるシーズンがすぐ目の前。

エンジン、足回り、ライダーのテクニック、全てにおいて格段に進化しています。

シーズン本番前はいつもドキドキです。

ここ一年の成果が試されますね。


話は変わりますが、女子スキージャンプの高梨沙羅さんてイモト・アヤコにそっくりだよね。

眉毛を太く描いたら、もう10メートル記録が伸びたりして…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

シャンとしました。

ガレージ作りの経過ですが、天井になる電柱が全部梁の上に載ったのだが何かシャンとしない。

その訳は分かっている。

天井の電柱に真ん中の梁が利いていないからだ。

天井の電柱を固定してから梁を固定しているボルトを外し、フォークリフトで梁の位置を上げてやる。

梁が天井にガシッと利いたら、柱に穴を開け直してボルトで固定しました。

天井の電柱は僅かにアーチ状になったので、施工前とは雰囲気が全然違います。

シャンとすると迫力が出てきますね。

良いぞ、良いぞ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上小阿仁村はなぜ悪の村なのか?

我が秋田県は良いところも多いが悪いところも半端ない。

低賃金の秋田現地値段が存在するし、地域によっては底意地の悪い集落もある。

今、ネットで悪の村と騒がれる上小阿仁村の医師いじめ。

実はとても単純な話なんです。

俺は山の中に住んでいる親戚がいるので実情がよく分かります。

秋田の山の中に住んでいる人はよそ者を嫌います。(まぁ、マタギがいるような所ですからね。)

おまけに外の世界を知らないのでそれが当たり前だと思っています。

特にお年寄りになると酷くなる様です。

反対にこういう地域は地元の名士に弱い。

その地元の名士さんの息子とかが医師だったら、まさに『神』ですよ。

地元出身の医師が地元に帰ったら問題なんか絶対に起きない。

問題は地元に帰ってくる医師が誰一人いないって事です。

要するに、

ご愁傷様ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

横殴りの雨

朝からの横殴りの雨でガレージ作りは中止です。(雨の日の高所作業は避けたいもので。)

しょうがないのでリビングでPC開いてネットをちょこちょこ。

お気に入りの動画サイト『現実逃避!!』で過激なバイク動画を見る度に思う。

「高々時速100キロ程度のスピードをバイクで楽しむ俺は健康的だなぁ。」

マシンもタイカブなんで、クルマやビックバイクの走り屋に比べれば超財布に優しいしね。(負け惜しみ?)

でも、

雪が降ったら俺達カブ乗りが王様さ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

どうせなら

寒さがキツくなったら、波改の始動性が悪くなった。

ちょっと走ったらすぐに治ったけどね。(PGM‐FIは偉い。)

波改のエンジン特性を雪道重視にしたら、すっかり洗練されちゃって刺激が少ないバカっ速マシンになりました。(面白くない訳ではない。)

そこで俺は考えた。

こうなったら、とことん刺激の少ないバカっ速マシンにしてやろう。

まずは、シルキーなエンジンをもっとシルキーにする為に、久しぶりにイリジウムプラグを入れるかな。

ただ速いだけのつまらないエンジンで結構。

「速さこそが原付バイクの正義!」

年甲斐もなく青臭い事を言ってみました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は天井用電柱が全部揃いました。

ガレージ作りも明日で骨組みが完成します。

うちの工場の隅にある古電柱はほとんどが腐っていて使い物になりません。

やっと探した比較的に良いやつも曲がっていて具合が悪い。

結局、昨日の内に梁の上に上げた電柱と交換して、見栄えの良いものを手前に持ってきました。

その見栄えの良い電柱を柱に固定して今日の作業は終わりです。

明日、天井用電柱を全部固定したら今度は屋根に掛かります。

アセアン地域では、まだまだ波トタン板の屋根が多いそうです。

嵐や台風の多い地域だけに、屋根を強風で飛ばされない工夫をしています。

俺も真似してみますよ。

ちなみに屋根に使用する波トタン板も廃材です。(丈夫で良い物です。)

ただ、1枚物で9メートルの長さなので7メートルにカットする手間が掛かります。

こりゃあ得意のベビーサンダーの出番ですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリップ高過ぎ

neri?さん、コメントありがとうございます。

ダイリンは大量仕入れなので一般的なバイク屋価格よりも激安ですね。

50本仕入れて3800円以下だそうなので、ダイリンは何本仕入れて3000円以下なのか気になるところです。


スパイクピン数、前後で192本。

リムサイズアップで真四角なタイヤ形状。

ちょっぴりタイヤが減ってピンの頭が通常の1.5倍突き出ている。

って事は?

乾いた路面だとグリップ高過ぎで大変です。

スピード出ない。

曲がり辛い。

その気になって走るとスパイクピンが抜ける。

燃費最悪。

雪が降れば降るほど真価を発揮するマシンと化してます。

あと半月の我慢ですかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

梁に電柱3本載せました。

今日のガレージ作りは、昨日切り揃えた電柱を1本ずつ運んで梁に載せました。

今日は寒さのせいでフォークリフトのバッテリーが弱くなり、エンジンがなかなか掛からず困りました。

エンジン始動剤を使いましたが全く掛からず、こうなれば最終手段です。

ダンプカーからブースターケーブルでバッテリーをつなげるのですが、フォークリフトは12ボルトでダンプカーは24ボルト。

先に+側をつなぎ、セルモーターを回しながら-側をつなげると強烈に回りエンジンが掛かります。(掛かったらすぐに-側を外さないと電装が焼けます。)

フォークリフトが動いた事で1日で3本電柱を載せる事ができました。

但し、載せただけで固定はしてませんが。

天井に使われる電柱が揃ってからでないと、間隔をうまく取れないからです。

実は予定よりも電柱を2本多く使う事になり、電柱が1本足りません。

工場の隅に古い木の電柱があるので、(大半が腐ってる)その中から使えそうなやつを探し出して使うもりです。

天井ができたら次に気になるのが、いかにトタン屋根が台風などの強風でも飛ばない様にするかです。

情報を集めて研究してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おニューのスパイクタイヤ

おニューのスパイクタイヤを買っておいた。

銘柄は中国製のBONSON(ボンソン)でサイズは2.25‐17、スパイクピンの数は96ピンです。

BONSONでは、このサイズが最もピン数が多く値段も安い。(価格は4000円前後です。)

本来、サイズ的にフロントタイヤみたいに思われるかもしれませんが、カブ50は前進共2.25‐17なので特に問題はありません。

ただ、サイズが細い分だけ接地面積は狭いので、リムサイズを広げてタイヤを引っ張り接地面積を増やします。

俺の場合は、前進共1.60‐17のリムにサイズアップしました。

こうする事で2.50‐17と接地面積は同等かそれ以上になります。

但し、ピン数が12本増し。

アイスバーンでのグリップは天と地ほど違います。

また、タイヤサイズが夏タイヤの2.50‐17から2.25‐17にサイズダウンした分、リアタイヤの高さが低くなりリアタイヤへの荷重が増し、フロントタイヤの荷重が減るので悪路での操縦性能が向上しますね。

つまり、


良い事づくめです…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

雪道の走り方

annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

嫁は良いとこの娘さんで、何の因果が田舎者の俺に嫁に来た人です。

「俺と一緒にスローライフを楽しみませんか?」

この言葉にだまされたそうです。


雪道をバイクで走るには、マシン作りが重要です。(スパイクタイヤ装着とか。)

それ以上に走らせ方にコツがあります。

そのコツとは?

次のやってはいけない事を絶対にしない事です。

前ブレーキだけ掛けない。

前後同時か一瞬後ろが早いくらいで掛ける。

コーナーでハンドルが切り終わるまでアクセルを開けない。

車体の向きが完全に決まるまでにアクセルを開けると曲がらないし、後輪が外側へ逃げようとします。

雪の上を走らない。

雪道の轍は雪が無かったり、固く引き締まってタイヤがよく噛んでくれます。

シャーベットに突っ込まない。

シャーベット状に溶けた雪は抵抗が大きく、急に減速したりハンドルが取られます。(巨大な水溜まりと思いましょう。)

進入前に十分減速して進入後にアクセルを開けます。

実は、雪道でやってはいけない事は普段もしてはいけない事だったりします。

しかし、アスファルトではグリップがとても良いので、やってはいけない事をしてもそこそこ走れちゃう。

雨の日に上記の事を気を付けるとドライの時とそんなに大差なく走れます。

雪道を走るコツは一年中使えるし、使った方がいつでも上手に走れるんですよ。

やれば分かると思います…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は電柱カット。

今朝は昨日、脚立の脚が折れて高いところから転倒したせいか首が痛い。(下が柔らかい土で良かった…)

バイクで転倒するよりは大した事ではないが、スコップでの穴掘り作業が続いた事もあって筋肉痛が酷い。

お客さんからの仕事の依頼があったので、今日のガレージ作りは材料の電柱をチェーンソーで寸法通りカットして終わり。

配達の仕事が終わってから秋田市内のホームセンターへ電柱をつなぎ止める太いボルトを買いに行ったよ。

明日は電柱3本を追加して天井を作ります。

だんだん小屋らしくなってきました。

屋根はどんな感じにしようかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

懐かしい色

コメントをくださった皆さん、ありがとうございます。

桜華さん、ワイルド過ぎて原始的?

annie(副会長)さん、インジェクションで世界が変わった俺です。

もう、キャブレターには戻れません。

緑90さん、本当になんとか遺跡みたいですよね。

嫁さん、いつもお世話になっております。

ゴールト免許?

あの友人達から、「奇跡のゴールド免許。」と呼ばれたやつですね。

Photo

今日は梁を一本追加です。

雨が降ったついでに洗車機で電柱の汚れを洗い流します。

子供の頃に見た懐かしい色の電柱に戻りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

都会で生きてきた女のプライド(バカ夫婦)

自前でガレージ作りに励む俺。

俺 「完成したら家の敷地が広いから前進でガレージに(クルマを)入れて、出る時にバックで出たら楽だよ。」

嫁 「いやよ、都会に住んでいるドライバーはバックでガレージに入れるから、私は絶対にバックで入れる。」

確かに都会に自宅のある人はよっぽどの豪邸じゃない限りガレージの前は道路だから安全上ガレージから出る時は前進だよね。(バックで出て事故になると過失も大きくなるし。)

ただ、田舎じゃ自宅の敷地が広いから、前進でガレージに入れてバックで敷地内を楽々Uターンして出て行く。

けして運転に長けているとは言えない嫁。

そこで2台入るガレージに嫁がもしもバックで車庫入れに失敗しても、もう1台にはぶつかり難い様に太い柱でガレージ入口を仕切る事にした。

駐車する際の目印にもなるし、失敗した時のガードにもなる。

しかし、完全に仕切っている訳ではないので、柱と柱の間からドーンといく危険はなくなった訳ではない。

神様、どうか嫁がゆっくりでもいいから確実に安全にガレージに駐車できますように…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は柱2本。

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

本当はもっと大きくしたかったのですが、俺のスキルを考えるとここら辺が妥当かなと。

普通乗用車と軽自動車の2台を収納するつもりです。

Photo

今朝のガレージ製作中の風景です。

今日は夕方までに柱が2本立ちました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インジェクションのチューンナップ例。

スーパーカブ110系エンジンはインジェクションです。(輸出車CRF110だけはキャブレター。)

なので、キャブレターとは違う方法でチューンナップしなくてはいけません。

カブ110系はインジェクションのチューニングパーツはまだまだ少なく、サブコン(後付け燃料調整器)がキタコとタケガワから発売しているのみです。

となると、インジェクションのチューンナップは自作って事になります。

まずはインジェクションの口径アップです。

インジェクションのバタフライバルブを自作もしくは製作してもらい、インジェクション本体をボーリングします。

サブコンでの燃料増量には限界があるので、口径アップもその限界を超えない程度にしなくてはなりません。

もし、その限界を超えてしまった時は、エアクリーナーボックスに入る空気の量を規制してバランスを取ります。

排気量をアップしてハイカムを組んだ段階でサブコンの許容範囲ギリギリなので、インジェクションまでやるとエアクリーナーボックスの規制が必要になりますね。

インジェクションの口径アップの他にはバタフライバルブのシャフトを肉抜きして吸入抵抗を軽減させる方法があります。

他には、インジェクションの噴射圧を上げて燃料増量させる方法もあります。

燃料ポンプの配線にリレーを繋ぎ、バッテリーから直接電気を送れば噴射圧が上がり、燃料もかなり増量します。

あと、O2センサーに抵抗を入れ誤認させ燃料増量する方法もありますが、すでにサブコンで燃料調整している場合は効果は疑問ですね。

インジェクション本体の改造ではありませんが、インテークマニホールド入口の角を軽く面取りしてラバージョイントを装着すると、面取りした部分が溝になりガソリンが撹拌されて燃焼が促進されます。

他にも色々ありますが、かなり乱暴な方法なのでここでは紹介しません。

燃焼ポンプのモーターを強力な物に交換できれば燃焼は増量するので、エアクリーナーボックスから吸入する空気をより多くできてパワーアップも思いのまま。

つまり、インジェクションの最終的チューンナップは燃焼ポンプの強化が重要なんですね。

バッテリーを強力な製品にするのも手です。

インジェクションは、電気が得意な人向きのチューンナップといえるんで俺は苦手です…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

ガレージ作りは今のところ順調です。

Photo

今朝のガレージ製作中の風景です。

夕方には柱が2本と梁が1本追加しました。

やっと形が少し見えてきました。

あと残り5本で骨組みは完成です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パズルみたいなガレージ作り。

ここ数日、毎朝起きてからガレージ作りの段取りを考える。

計画でこうしようと思っても、実際にやってみると難儀な作業ならばすぐにやり方を変える。

臨機応変とまでは行かないが、できれば作業前に良い方法を考えたいものですね。

だんだん作業が難しくなってくるので、(なにぶん全部一人仕事なもんで‥)念入りに安全で楽な作業方法を模索します。

やっと次の段階のやり方が見えてきました。

インスタントコーヒーを煎れて飲み終わったら作業開始です。

今日も安全第一で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

絶対インジェクション

カブ110系のバイク(スーパーカブ110、WAVE110i、CZ‐i110)オーナーのブログを見てると、「いつかはキャブレター化したい。」って話が出てきます。

かつてバイクは、キャブレター主流からインジェクションに移行して、今ではインジクションが主流になってます。

インジェクションに移行した当初はキャブレター化する人が結構いました。

しかし、今は皆無です。

なぜなら、パワーと扱い易さ、それプラス燃費や環境の変化に強いなどキャブレターに劣る部分が無くなったからです。

やっとスーパーカブ50がインジェクションになり、スーパーカブ110が発売。

パワーを求めて大改造し、やっとビックキャブを装着しても得られるものはとても少ないと思います。(断言します。)

それほど現代のインジェクションは、出来が良く欠点がないからです。

キャブレターでセッティングしてきた人ならば理解できると思いますが、パワーと扱い易さの両立を自動的にやってくれるコンピューターの偉大さが分かりますね。

現在のインジェクションをキャブレター化するという事は、全ての快適さを捨てるって事です。

キャブレターをさんざん弄ってからインジェクションを体験した人は、もうキャブレターには戻れませんよ。

俺はキャブレター化は反対派です。

レースでの使用ならOKですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人情報保護法はざる法だった。

昨日のナマハゲ保存会立ち上げの会議で笑えない話を聞きました。

会議が終わった後に参加者全員で一杯飲んだんだけど、ほろ酔いになった頃に町内会長がこんな事をボソッと呟いた。

「個人情報保護法が制定される前にすでに慣例化された情報開示はそのまま継続される。
町内会長になると、町内に住む人全員の個人情報が役所から書類で送られてくる。
家族構成、結婚や離婚歴、交通違反、罰金刑を受けた犯罪歴までだ。
但し、その情報を知る代わりに責任に背負わなくてはいけなくなるんだ。
だから俺は情報開示書類の受け取りを断ったよ。」

どうやら、以前は情報開示書類を受け取っていたが、あまりの責任の重大さに今は受け取らなくなったそうだ。

怖いよね。

俺が住む地域の町内会長になれば地域の人間の経歴が全て丸見え。

俺の暴れん坊ぶりがバレバレだったと思うとこっぱずかしいです。

トホホ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は梁一本。

今日のガレージ作りは1日かかって梁を一本だけ作りました。

高所作業だと時間が掛かります。

ドリルがダメになり、知り合いの大工さんにどんなドリルが良いか、またどんな作業方法がドリルに負担を掛けないか聞いてぴったりの新品ドリルを購入。

穴開け作業のスピードアップができました。

骨組み完成まで、あと8本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

忙しいな。

今日は朝から小雪がちらついている中でガレージ作りです。

柱を一本立てたらファークリフトがスタック(地面に埋まる)。

引き上げに手こずったが昼前にはなんとか救出成功。

この後、柱の位置決めにまた手こずった。(トホホ‥)

午後からは屋根の載せる部分の一部を作ったのだが、電柱が堅くてドリルのから煙が出てくる。

モーター逝っちゃったかな。

固定ボルトを全部入れない内に夜になり、地元の会議に参加しなくてはならず今日はここ終了。

今夜の地元の集まりはナマハゲ保存会の立ち上げについての話し合い。

過疎化が進む我が地域で伝統行事のナマハゲを続けるのは大変です。

そこで、地域住民の代表がこれからのナマハゲをどう運営するかを話し合い、3時間かけてなんとか良い案がまとまりました。

帰宅後、遅い夕食を取ってから入浴。

そして今、ブログ更新しています。

明日は今日のガレージ作りの続きです。

骨組み完成には全部で15本の電柱が使われます。

只今、6本使用しました。

残り9本です。

雪が積もる前に完成させたいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

手持ち無沙汰

雨のせいでガレージ作りができない。

午後から雨が緩めば柱の一本でも立てようかと思ったが全然ダメ。

手持ち無沙汰で超簡単に出来るサツマイモのケーキを作ったよ。

コーヒーと一緒に食べると最高です。

あんまり美味いんで家族には食べさせずに自分だけで食べます。

嘘ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エヴァってさ‥

緑90さん、桜華さん、コメントありがとうございます。

緑90さん、俺の仕事ぶりを見た人は皆、「一人でやる仕事じゃないよ。」って言いますね。

でも一人でやるしかないので、あの手この手で頑張ってます。

桜華さん、お酒は大人が今まで教えていない分、トラブルが多いです。

嫌なもんです。


今朝、工場からフォークリフトを持ってきて、ダンプカーに電柱を一本積んで穴掘っていたら大雨。

ガレージ作りは一旦中止。

しょうがないのでリビングで昨日録画した映画『エヴァンゲリオン新劇場版:破TV版』を見る事にしました。

2時間後。

前に見た時から思ってたけど、新劇場版って以前の劇場版のテイク2で前の物語の続きだよね。

つまり、前回に不幸なラストを迎えた主人公がまた別の世界で違うラストに向かってる物語。

エヴァファンならほとんどの人が気付いているんだろうね。

今日から『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』が公開になります。

待ち遠しく思っていた日が来た訳です。

俺は見に行かないけど。

テレビで見るのが大好きなもんで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お酒に甘い日本

ちょっと真面目な話をします。

俺の周りには、酒で死んだ友人や酒を飲むと人が変わる迷惑な人、または酒の害を密かに教えてくれる酒屋がいます。

また、夜遅くまで酒を飲み自宅を閉め出されて、仕方なく屋根をよじ登って家に入ろうとして転落し、首から下が動かなくなった親戚もいます。

毎年、大学生の一気飲みによる急性アルコール中毒の事故をニュースで知ると痛ましく思いますよ。

タバコの害はよく報じられますが、酒の害は一向に出てこない。

酒のパッケージにその害を書いても良いくらいだ。

いっそのこと、義務教育の場でタバコと同様に飲み過ぎや体質による症状の違いなんかを教えてもらいたい。

正しく楽しい飲酒ができる様に、子供の内から酒の害について教える必要がある。

性教育と同じです。

『酒は百薬の長』はもはや偽りです。

酒で長生きする人よりも寿命を短くする人の方が圧倒的に多いのだから。

ただ、飲酒の楽しさから目を瞑り、もしくは目をそらしているだけ。

酒は確かに楽しいが、酒で嫌な思いもする。

飲酒を自己責任で済ましてしまうのは間違ってます。

今時、「酒の上での事(過ち)だから‥」なんて言う人はこの世から消えて無くなるべきです。

リスクだってバイクとそんなに変わらないのだから…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

柱が四本立ちました。

筆おやじさん、neriさん、緑90さん、コメントありがとうございます。

筆おやじさん、バイクの冬タイヤは真四角なんで寝かすとどこまでも滑ります。

自作ガレージはプロにお見せできる代物ではありませんが、製作過程をブログにアップしようか迷ってます。

neriさん、人生折り返し地点を過ぎると軽シンはキツいです。

青春チックな感じに描かれてますが、性的な観点から見るとドロドロなんでその辺りが原因なのかも。

ガレージ(年内はカーポート状態の予定。)は簡単で楽に作れる仕様にします。

緑90さん、大したもんじゃないのと、製作方法が普通じゃないので見た人に呆れられそうで怖いです。


ガレージ作りの出始めは電柱の整理から。

一人でバックホーを使い、長さ別に選別して並べます。

昼近くなって柱を一本立てます。

穴を掘ってから、俺が編み出したダンプカーを使った裏技で電柱を立たせてました。

時間にして一本立てるのに30分くらいです。

午後からまた三本立たせ、計四本の柱が立ちました。

大工さんなら柱を全部立たせてから次の作業でしょうが、全作業を一人でやるので通常のやり方では無理あります。

ですから裏技、荒技、何でもありですよ。

完成すれば、田舎の建築会社の資産置き場でよく見る小屋みたいな感じになるでしょう。

最後に全体を真っ黒く塗りたくって野暮ったさをちょっぴりごまかします。

ダサいのは変わりませんが迫力は出ると思うので。

なんとか無事に完成させたいです…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

木の電柱ガレージ

今の時代、貧乏金なし、暇沢山です。

ガレージが欲しいので自分で作ります。

材料は今では貴重な木の電柱です。

昔、建築会社を貸していた土地に放置されていました。

おそらく俺の父親が貰って忘れた物でしょう。

勿体無いので使わせてもらいます。

全部一人で作ります。

俺、一人仕事が好きなんで。

多分、鬼の様にワイルドなガレージが出来ると思います。

嫁がドン引きしなければ良いが…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

スパイクタイヤの慣らし

桜華さん、コメントありがとうございます。

自民党も今まで酷かったから、野党になりマシになったかというと?????ですね。

以前、旧社会党が政権を取って全然ダメだった時に次の選挙では自民党が圧勝しました。

しかし、また自民党じゃダメだよと民主党に政権を取らせ、やっぱり民主党も使い物にならなかったといっても、また安易に自民党にはならないでしょうねぇ。

桜華さんが言う通り、まだマシといえばマシですがね。


スパイクタイヤの慣らしと俺の慣らしを兼ねて、男鹿市から秋田市のneriさんとこへ『軽井沢シンドローム』のマンガ本を持って行きました。

スパイクタイヤは履かせて一番最初に走った時は、ゴムが固くて運転に酷い癖があります。

neriさんちに着く頃にはスパイクタイヤ全体がしなやかになって普通に走れる様になります。

あと、スパイクタイヤにノーハンドくるくる(セルフステア)が使えるかが問題でしたが、しっかり使えてちゃんと曲がりますね。

面白いのが、夏タイヤよりも四角いスパイクタイヤの方が、マシンをあまり倒さなくてもハンドルが切れてくれる事です。

つまり、スパイクタイヤはコーナーリングスピードは落ちるものの楽に曲がれるんですね。

効率的なスパイクタイヤの走らせ方がやっと分かりました。

まだまだバイクには分からない事が沢山あるみたいですね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

国民の本音

なんだか分からん内に衆院が明日で解散になり、来月の4日公示-16日投開票。

今朝のテレビ番組の街頭インタビューでのコメントに思わず納得しました。

「自民(党)こりごり、民主(党)がっかり、第三極は訳分からん。」

まさにその通りですね。

今度の選挙はどこに投票しようか?

頭が痛くなります…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マキオ会長のブログが更新しました。

neri?さん、コメントありがとうございます。

軽シンは今週中に持って行きますよ。

スパイクタイヤの慣らし運転(ライダー側の)をしながらね。


昨日、俺が所属する走り屋集団、『宴遊蝙蝠旅団 無頼』のマキオ会長のブログ『三冠統一』が久しぶりに更新されました。

今までの沈黙を破って一気に記事が盛りだくさんです。

「会長、新婚生活はいかがですか?
また楽しい話をいっぱい書いてください。」

ただ‥

会長の嫁さんが俺を危険人物と判断しないか心配ですね。

よくある事なんで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

スパイクタイヤ装着

annie(副会長)さん、MoToDAMMさん、コメントありがとうございます。

annie(副会長)さん、やっぱりイケイケどんどんじゃあ命がいくつあっても足りませんね。

押す時に押し、引く時には引く。

これができる様になるのに俺も相当時間が掛かりました。

「焦った事をすれば危険なだけで、かえって遅い。」

これが分かってやっとできましたよ。

すでに結構いい年になってました。

MoToDAMMさん、その節はご迷惑をおかけしました。

ご存知だと思いますが、日本のパトカーはロシアとは違い、人身や物損事故を起こさない交通違反はだいたい2~3キロで追跡を止めます。(高速道路を除く。)

しかし、ロシアやアメリカなどは州をまたぐ時以外は追跡が無制限みたいですね。

凄く怖いです。

あと、バトルでも迷いはすぐに次のチャンスを狙うのが重要ですね。

『現実逃避』で沢山の動画を見る度にそう思います。

ワンミスでぶっちぎられるのなら、最初から役者が違うだけ。

バトルは相手を選んで面白くやりたいものです。


『軽井沢シンドローム』を見て頭が痛くなり午前中はダウン。

午後から波改のタイヤをスパイクタイヤに交換しました。

交換したタイヤは新品ではなく昨年履いたものです。

やはりリアタイヤは駆動輪だけあって減りが早いですね。

しかし、中国製スパイクタイヤも以前に比べて、スパイクピンがあまり減らなくなりました。

かえってタイヤの方が早く減り、ピンが抜け落ちてしまいます。

そんな訳でシーズン途中にリアタイヤはもう一度新品に交換します。

現在履いている96ピンのタイヤから110ピンのタイヤにしようか悩みますが、波改のパワーが今後また上がる様なら110ピンは絶対に必要になります。

今のパワーだと96ピンがギリギリ丁度良い感じだなぁ。

初雪が待ち遠しいですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢シンドローム

カブ&ピースのneriさんが、『軽井沢シンドローム』(たがみ よしひささんの80年代人気マンガ)を見たいそうなんで、実家の本棚を探してみました。

単行本は売っちゃったので、愛蔵版が実家にあるはずです。

ありました。

neriさんとこに持って行く前に一度見てみるかと、自宅のリビングでマンガ鑑賞します。

一時間後。

見ている内にだんだん頭が痛くなり吐き気がしてきました。

けして作品が悪い訳ではないのですが、俺の人生も色々あったので作品に描かれた人間関係に拒否反応が出たみたい。

「ダメだ、気持ち悪い‥」

あれだけ好きだったマンガが、人生折り返し地点をとっくの昔にターンした俺にはとても重く強烈な違和感を覚えます。

ろくな生き方してきてない証拠ですね。

頭痛い。

頭痛薬飲んで休みます。

今の俺には、同じたがみ作品でも『なぁばす・ぶれいくだうん』の方がまだ良いみたいです。

振り返るのもおぞましい我が青春。

落ち込みます…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

俺が絶対に守っている事。

バイクで散々バカやってきた俺ですが、絶対に守っている事があります。

誰に教わったのでもなく、自然に身についた事。

それは、『迷ったら止める。』です。

ライダーは、目の前の状況に対応できない時って恐怖とか迷いが生じるものです。

恐怖を我慢して走るのははっきり言って素人レベルの話です。

そういうのはレース場でのみ許される事ですね。

ただベテランでも迷いが生じる時があります。

迷うって事はすでにその間に時間が経過して間に合わなくなってます。

クルマの追い越しなんか特にです。

バイクに乗って迷う事があったら何でもとりあえず止めて、次のチャンスを待ちましょう。

迷ったら間に合わない。

本当の話でした…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナイスなタイミング?

桜華さん、コメントありがとうございます。

俺の考え方なんですが、たとえ死なないテクニックを身につけても死の確率は絶対にゼロにはならないと考えています。

しかし、努力した分だけ運が増し5%が1%、もしくはそれ以下になるかもしれません。

そして、ことある事にこのブログに書いて、誓いというか宣言して自分に言い聞かせるんです。

「怖くないよ、びびって走る方が余計に怖い。
俺は絶対に死なないよ。
死なない努力を常にしてるから。」

そういう気持ちでいないとやっていけませんよ。


夜明け前に目覚まし時計に起こされて、波改を暖機運転させる。

その間に仕事着に着替えて、すぐトイレに向かいウォシュレットを使って半強制的にお通じ。

便意は仕事の大敵です。

重機を早朝に移動させるのだが、トレーラーを使う距離でもないので自走します。

以前は夜間に移動させていましたが、危険と伴うので夜明け直後に行う様になりました。

移動は距離が距離だけにあっという間終わり、波改で工場に向かうとリアタイヤにあの独特の感覚が…

そうです、またパンクです。

工場の波改を置いてダンプカーで帰宅します。

この次の日曜日には初雪が降るとの予報もありますので、スパイクタイヤに交換だな。

パンクしたタイヤチューブは、メーカーをイノウエからダンロップに変えます。

イノウエのタイヤチューブは空気の抜けが大きい気がするからです。(気のせいかもしれませんが。)

いよいよ冬の到来ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

おそロシア本気で上手いパトカー

マッドライダーの俺は交通取締りの白バイやパトカーの実力が数秒見ただけですぐに分かってしまう。(マジです。)

しかし、これから紹介するロシアのパトカーは本気で上手い。

逃走するバイクを追う際に、周りの状況を瞬時に把握して確実に追い詰める。

ここまでやるというか、ここまでできる警官は日本では極僅かだと思います。

俺、日本に生まれてよかったぁ~。

http://www.youtube.com/watch?v=3ii_cNBXiRo&feature=player_embedded

| | コメント (1) | トラックバック (0)

積極的ノーハンドくるくる

今年になってライディングが3回変わりました。

まずはハンドルを切らずに腰で曲がるノーハンドくるくるになりました。

次に膝のサポートがプラス。

そして、最近になってステップ先端に足を載せるステップ荷重。

ハンドルをフリーにした積極的ノーハンドくるくる(セルフステア)は、原付バイクには強力な武器となりますね。

コーナーが多いほど排気量が大きいバイクとの差は小さくなります。

もしかしたら、デカいバイクに差をつける事もあるかもよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライダーってさ‥

昨日、6年ぶりに押井守監督の『アヴァロン』を見た。

まぁ、ビデオ屋から借りたDVDでだけどね。

映画の物語は、下手したら廃人になるバーチャルなネトゲの世界。(超簡単な説明ですみません。)

危険なゲームという事ではSF映画によくある話だ。

見終わってふと思った。

娯楽性がめちゃくちゃ高いバイクって、真面目に命がけのゲームだよね。

上手になるまでに大変な時間が掛かり、理性と覚醒がせめぎ合う死亡遊戯。

そんな風には乗りたくないけどね。

いざ乗っちゃうと俺みたいなマッドライダーはヤバい方向に行ってしまう。

アヴァロンよりもリアルな分だけ失敗はできませんね。

一度たりとも。

人生(人の命)にはリセットはないですから。

上手くなりたいなぁ。

絶対バイクで死なないテクニックが欲しいです。

生涯を掛けて手に入れますよ。

じっくりとね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

熱ダレさせちゃった。

夕暮れ時に波改で男鹿半島を一周しました。

走り易くて調子に乗ったら、オーバークール防止の防風カバーが仇となって熱ダレさせちゃいましたよ。

このところ寒かったので、防風カバーに開いた通風口までガムテープで塞いだのが失敗でした。

峠を攻める時に防風カバーはまだ辛いみたいですね。

とりあえず通風口を解放して様子を見ます。

夕暮れ時、荒れ狂う強風の中での走りはとても刺激的でした。

今日も気持ち良くて最高です。

途中、下水道工事のレミファルト(常温硬化の簡易アスファルト)の上でブレーキングしたら、軽くフロントタイヤが流れました。

とっさにブレーキをリリースして事なきを得ましたが、久しぶりにタイヤが流れたのがショックです。

雪道走行の経験が生かされた様ですがまだまだだな俺。

今度の本番はどんなもんでしょうねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おーっ!

波改のエアクリーナーボックス吸入口の片側を塞いだ。

左側は左手ブースト(俺の裏技で手動式ラムエア・システムの事。)に使うので、右側の吸入口を塞ぐ。

乗ってみたら正直ブッ飛びましたよ。

物凄く良くなっている。

エンジン回転が洗練されたっつうか、シルキーになって車体がかなり軽く感じる。

トルク感が希薄になった感じもするが、けしてそうではなくスピードメーターの上昇はむしろ早くなっている。

これでコンピューターの学習が終わればどうなるんだろう。

楽しみですね。

なんか走りながら、幕末頃の話を思い出しました。

日本刀が人を切る度に研がれて薄くなり軽くなって、もうこれ以上研ぐと曲がったり折れちゃって、使い物にならなくなる。

その使い物にならなくなる寸前が最も使い易い。

今の状態がまさにそんな感じです。

これでエアクリーナーボックスによる空燃比セッティングは終わりにします。

O2センサーによる燃料微調整も不要になりました。

波改の普段使いには丁度良いところだと思います。

これ以上の性能アップは運転する俺がついていけないかもしれません。(どうせ、慣れたらまたチューンナップするでしょうけど‥)

それにしても、こんな風になるとは全く予想外でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一度エアクリーナーボックスの見直し。

波改の燃料調整がまた薄い感じがする。

今までは、エアクリーナーボックスからの空気吸入量を絞って空燃比を合わせてきた。

すでにやる箇所はないと感じて、次はO2センサーに抵抗を入れて誤認させ燃料噴射を増量しようと思っていたのだが、まだやる箇所が残っていたのだ。

WAVE110iのエアクリーナーボックス吸入口は2箇所ある。

それに対し、スーパーカブ110のエアクリーナーボックス吸入口は1箇所。

つまり、スーパーカブ110と同様に片側の吸入口を塞いでみれば、より吸入量を減らせる。

ちょっとやり過ぎかもしれないが、一度チャレンジしてみます。

ダメなら元に戻して終わりです。

その時はO2センサーで対応するしかないですね。

チューニングって面倒くさいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

波改に乗ってもらう。

neriさん、いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

neriさん、軽シンは全巻マンガ倉庫行きしました。

もしかしたら愛蔵版が実家にあるかもしれません。

探してみますね。

いーじゃんさん、ハイマウント・テールランプになったおかげで夜間走行に安心感がありますね。

光モンだけにカスタムのやりがいがありました。

ミーハーだなぁ俺。


いつも通っているバイク屋さんに、雪が振る前の恒例になった波改試乗をお願いした。

実は、何回かお願いしたがスケジュールが合わず、やっと今日試乗してもらえた訳だ。

試乗後の感想は?

「静かになって振動も少なく、以前よりもずっと乗り易くなっている。
あんまり乗り易いから一瞬スクーターと勘違いしてギアチェンジを忘れちゃったよ~。」

やった!波改の進化がプロに認められました。

俺が狙っている方向性に間違いはなさそうです。

残るは、O2センサーに抵抗を入れて、さらに細かい燃料調整ですね。

まだまだ波改は良くなります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

俺が好きな顔

俺はウィリーが大好きで、日本にエクストリーム・バイク(バイク・スタント)が入ってきた時に友人に誘われてエクストリーム・バイクの練習を始めた。

5年も毎日練習していると、俺みたいなボンクラなライダーでも人前でショー的な事がそこそこ出来る様になる。

以前に、木下真輔選手の前座でショーに参加した事もあった。

ちょっとこれを見てくれ。

(ネプチューンのホリケンさんによく注目してください。)

http://www.youtube.com/watch?v=2fy741-xkIQ&feature=related

俺の大好きなガールズ・グループ『2NE1』のMinzyが日本テレビのバラエティー番組でダンスを踊っているんだけど、ネプチューンのホリケンさんのポカーンと口を開けた表情が良くってねぇ。

「あぁ、俺がエクストリーム・バイクをやっている時って、見てる人をこんな顔させたくて頑張っていたんだなぁ。」

エクストリーム・バイクを引退して数年が経ちました。

今度の冬は、波改で何人こんな顔にできるんだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルテールランプ

annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

ハイマウント・テールランプは必要に迫られて、「いつかやらなきゃ。」と思ってました。

その必要性とは?


雪道走行を楽しんでいると、吹雪は最高に興奮します。

「下手したら死ぬかも…」

そんな時は、自分の危機が自分でよく分からない事があります。

一番の危険は信号待ちです。

吹雪の先がよく見えない状況で、信号待ちしてたら追突される可能性があります。

ハイマウント・テールランプがあれば後続車から認識され易いです。

また、信号待ちのみならず雪道走行全体でハイマウント・テールランプは、波改の存在をアピールできますよ。

俺が初めてハイマウント・テールランプに興味を持ったのはパリ・ダカールラリーでした。

パリ・ダカールラリーに出走するバイクはダブルテールランプが義務付けされています。

どちらかのテールランプが点灯しなくなった場合も追突を防げるからです。

参加車両を見ると、ほとんどの車両がノーマル・テールランプの上にもう一つ増設していますね。

以前から公道走行でもラリーと同じく、ハイマウントなダブルテールランプは絶対に有効だと感じてました。

今年は仕事が順調に進み、少し時間に余裕ができたので思い切って作ってみた訳です。

他では見た事ないですが、バイクにGIVI社製トランクボックスを装着している人達にお薦めしたいカスタムですね。

自画自賛ですが超格好良いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

更新制度

高校生の頃、たがみ よしひささんのマンガが好きで作品(単行本など)を買いあさってました。

そのたがみさんのSF作品に、近未来の夫婦は結婚が更新制になっている世界が描かれていた。

まだガキだった俺には「????」だったが、大人になって結婚を経験してみたら、「なるほどなぁ‥」と思ったよ。

だらしない夫、だらしない嫁、『割れ鍋に綴じ蓋。』などとも言うが、そんなにうまくゆくはずない。

やっぱり更新制度にして、「あんたダメ。更新はしない。」もありだと思います。

結婚は男と女の契約であるべきで、お互いに大事にされないとダメだと最近感じてます。

でもなぁ、お互いに得意不得意を分担して利益が得られるなら『割れ鍋に綴じ蓋。』もありだなぁ。

所詮、男と女は何でもありか…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

ハイマウント・テールランプ その2

Photo

なんとか無事に点きました。

かなり目立ちます。

愛着倍増です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハイマウント・テールランプ

雪が振る前にやっておきたい事がある。

波改のGIVI社製トランクボックスにテールランプ機能を追加する。(純正ストップランプは発売されているが、テールランプはない。)

オフ車用パーツでLEDテールランプ(DRC社製)が余ってたから、これを流用してみる。

それが意外とすんなり組めてしまった。

「おぉ、すげー!」

残るは配線を純正テールランプに繋げるだけです。

ぜひ、成功させたいですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイテンション(バカ夫婦)

昼食を食べに自宅に戻ると、嫁が読み聞かせのボランティアに行く前に練習をしていた。

何度も声の口調を変えて登場人物になりきる嫁。

次第に調子が上がってテンションMAX。

突然、俺に向かってピースしながら嫁が叫んだ。

「私を讃えよ!」

ちょっと困ったけど、「今日も素敵だよ。」と言っておく。

毎度変わり映えしないセリフだがニンマリする嫁。

もう、行くからと言うので玄関まで見送った。

嫁の運転するクルマに手を振ると、思いっきりベロを出して変顔で応戦されたよ。

大丈夫か嫁。

なんか気合い入り過ぎ。

子供達の前で気合いが空回りしなけりゃ良いが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

友コレ(バカ夫婦)

嫁がニンテンドーDSの『友だちコレクション』をやりだした。

ゲーム内には嫁と俺がいて、マンションの別階には愛人のまさはる(福山雅治)がいる。(他には自分の友人数人。)

俺 「なぁ、今の(ゲーム内の)俺ってなにしてるの?」

嫁 「勉強させてる。」

どうも、現実の俺への希望がゲーム内に表れるらしい。

最近では嫁から、「四国四県言ってみろ!」とか、「中国地方全部言ってみろ!」とか出題されます。

まずは小学生地理から勉強しなきゃ‥

食洗機が故障してから嫁の現実逃避が激しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細かい燃料調整

冬に向けて波改のセッティングが徐々に煮詰まっている。

WAVE110i用燃料調整サブコンはまだ発売されていない。

スーパーカブ110は国内の排気や音量規制に合わせてかなり極端なセッティングされているので、それ用のサブコンだと波改には対応できないと思っています。

そこで、O2センサーに抵抗を入れてコンピューターと誤認させ、インジェクションから噴射するガソリンを増量させる方向で調整したい。

実はまだまだ燃料が薄い感じがするんだよね。

製作費は千円以下出来ると思います。

イケると思う抵抗を種類か用意して、納得のゆく燃料調整を手に入れたいですねぇ。

また速くなるかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

雨のライディング・ハイ

今日の夕方に秋田市のバイク屋さんまで波改で行きました。

往復60キロのプチ・ツーリングです。

格好はセミ冬仕様。

途中で雨になり、さらに合羽を着ます。

靴はビーンブーツ。

LLビーンの本物なのでかなり暖かい。

行きは向かい風で100キロ巡行。

帰りは追い風で110~120キロ巡行でした。

雪道用セッティングの波改は雨天時も走り易いですね。

帰宅ラッシュのクルマの群れをブンブン抜いてきます。

もちろん、パトカーに気を付けながら。

気持ち良いなぁ波改は‥

見た目は原付バイクですが、走りは4スト250ccクラスのオフ車と全く同じですよ。

雨の中を快適に自由気まま、いや自由自在に走れます。

波改みたいに、地面に吸い付いている様な感覚で走れるバイクは、世界中でもそんなに多くないと思います。

本当に気持ち良い。

毎回、走る度にライディング・ハイ状態です。

脱法ハーブなんて目じゃないですよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

今日4発目

筆おやじさん、コメントありがとうございます。

やっぱり蛇死んでますかねぇ。(参った…)

あのイラストはそっくりで笑ってしまいました。

多分、これからは凍傷との戦いになりますね。


筆おやじさんとの挨拶が済んで突然ですが、例のフライホイールの磁力抵抗を軽減するアイデアが浮かびました。

いつもの入浴中に、スッと頭に閃いた。

ジェネレーターコイルの鉄芯の形状を工夫する事でうまくいく可能性があります。

構造も単純ですし、機械屋さんでベースとなる鉄芯もなんとか作れそうです。

要は、フライホイールのくっ付こうとする力が離れる時に抵抗になるので、コイル全体にくっ付こうとする力を均一に働かせれば良いのだ。

何の事が分からないでしょう。

分かっちゃうと困るのよ~。

すぐに製作は無理ですが、いずれ必ずチャレンジします。

俺、天才発明家?

ノー、マッドライダー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事一段落

今年の商品の生産が今日で終了した。

残る作業は冬囲いと機械の冬眠準備だけ。

日が暮れてからのツーリングはスーパーマーケットにビールを買いにゆく。(嫁の)

とぐろインシュレーターにしたおかげか冷えた空気でエンジンが力強い。

波改絶好調で時速100キロまでの加速が速い速い。

途中、道路脇から出てくるクルマにホーンを鳴らすと、いつになくピタッと止まる。

4輪用ホーンの効果を初めて確認できました。(やっぱり良いですね。)

最近、カブエンジンでフル加速する時にどのタイミングでシフトペダルを踏めば確実にギアが入るか調べました。

シフトアップ時にアクセルが完全に戻った瞬間がベストみたいです。

寒くなると夏場と違い、簡単にギアが入ってくれないですよね。

でも、これでもう安心です。

今の波改は雪道で恐ろしく速いと思います。

現在、俺が考えている雪道で必要な事を全てクリアしてますから。

おそらく、カブに乗り始めてからの目標、雪道最高速120キロオーバーが達成できるはずです。

思わず、波改の走りを見た人の驚く顔を想像してニヤニヤしちゃいますよ。

ニヤニヤ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

良い天気

本日は晴天なり。

仕事日和。

精一杯頑張って仕事帰りにどこ走ろうかな?

北?

南?

仕事が終わるまでに決めよう。

楽しみです。

波改は走るだけで気持ち良い。

今日も夢見心地ですよ。

俺、幸せ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘みたいな本当の事。

世の中というか、この世てのは嘘みたいな本当の事がたくさんある。

「マジかよ、絶対嘘だよ。」と思う事が現実にある。

飲み屋ってのは良いね。

どんな嘘みたいな本当の事を話しても笑い話とか冗談として聞いてくれるからね。

まぁ、俺の事よく知っているマスターは青ざめるけど。

ネットの世界で嘘みたいな本当の事をちらっと紹介するとすぐに、「そんな事あるわけねぇだろ、死ぬ屑。」だと。

全く心外だよ。

そういう人は自分が死ぬ時でも、「嘘だろ。」って言っててください。

このブログはリアルな話しか書いてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

やっちまったぁ‥

昼近くに寒風山に行った。

いつもの農免道路でタイムアタック。

落ち葉とダンプカーが落とした砂利に気を付けてベストタイムの10秒落ち。

この季節でこれなら波改は速くなってないか?

寒風山を通り抜け入道崎へ。

エンジンを覆う防風カバーのおかげでエンジン温度は100℃前後で安定している。

真冬はちょっと熱い位じゃないとね。

峠道を全開でがっちり走っても110℃まではいかない。

ガソリンが少ないから入道崎からUターン。

最高速度は130キロでギリギリ回転リミッターが作動しない。(良い感じ。)

パンピーなギャップとタイトなコーナーを楽しんだ。

自宅に帰る途中、木の棒の様なものが前方に落ちていた。

大した太さじゃなかったから、そのまま踏んじまえっと思ったらなんと蛇だったよ。

波改に踏まれてもがき苦しむ蛇。

「ごめんなさい…」

自宅に帰ってから嫁にその事を話すと、「今すぐ蛇の神様に謝らないと、アナタのお小遣いはだんだん少なくなるであろうぉ。」と預言者みたいな事を言う。

蛇を踏んだ方角に向かって手を合わせて謝る俺。

どうか、蛇が死んでませんように…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

あっ、俺がいる。

今日も天候不順で仕事が休み。(辛い。)

パソコンでネットをうろうろしてたら俺がいた。

Photo

う~ん・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アイデアは浮かんだが‥

桜華さん、出前屋さん、コメントありがとうございます。

お二人の考えはよく分かります。

問題はフライホイールとジェネレーターと引き合う時の磁力が抵抗になっている事です。

元々、磁石と鉄芯なので磁力のキャンセルが難しい。

そこで8芯のジェネレーターを真横からカットする形で二分割して、22.5度角度をずらして溶接。

コイルをまき直せば、引き合う磁力を半分に出来ると考えました。

本当は4分割して角度を11.25度づつずらせば磁力による抵抗はほぼなくなります。

ちなみにこれに似たアイデアは既にどこかの爺さんが特許を取得してます。(やり方は全然別。)

ただ、スペース的な問題と、加工・製作の技術的問題で自分には無理。(というか面倒くさい。)

また違う方法がないか研究してみます。

発明は何度考えても難しいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

似たもの夫婦?(バカ夫婦)

似たもの夫婦という言葉がある。

価値観や性格を含め、色んなものが似ている者同士が結婚したのか。

それとも、結婚した後にお互いに似てくるのか。

または、その両方か。

今朝、用事で秋田市内に出掛ける嫁を見送る為に、眠い目を擦りながらリビングに行った。

嫁はすでに服装をばっちり整え、化粧をして戦闘準備の真っ最中。

普段は全く身に付けない装飾品も付けている。

化粧で元々コミカルな顔が田舎には似合わない都会的な顔に変わってゆく。

嫁は某一流企業本社勤務の元OL。

これはもうSFX(特撮メイク)に近い。

化粧が終わり、全身から気合いを滲ませながら俺に向かって、「どう?」と聞いてきた。

ここで返事を間違えると大変だ。

俺 「うん、とっても素敵だよ。」(よし、ベストアンサー。)

嫁 「どうもありがとう。センキュー、センキュー、センキュー。」

思わず吹き出しそうになった。

なぜって?

「どうもありがとう。センキュー、センキュー、センキュー。」って俺の口癖なんだよねぇ。

気合いの入った格好に一番似合わない感謝の言葉。

俺ら夫婦は、色んな意味でお互いに染まり始めているらしい。

良いんだか、悪いんだか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

今、研究中のチューンナップ

たらしさん、コメントありがとうございます。

ウチの嫁はとても愉快な人で歌ったり踊ったりと賑やかです。

外国人に、「あの人はヨシモト?」と嫁の友人が聞かれた事があるそうですよ。


カブのエンジンを整備していると、カムチェーンの調整でフライホイールが磁力で動いてうまく合わせ難い事がある。

発電に使われているこの磁力が抵抗になって、フライホイールの回転を余計に重くしている。

この磁力による抵抗をキャンセルできないかなぁ。

しかも簡単な方法で。

ちょっと勉強してみます…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カレー鍋

寒くて関節が痛む。

冬の寒さと違う嫌な感じの寒さだ。

今夜は用事があって忙しいから、昼に鍋でも作っておこうかな。

悩んだ挙げ句、カレー鍋にしました。

理由は適当に作れるからです。

冷蔵庫、家庭菜園にある野菜を洗って切って適当に鍋にぶっ込む。

味付けは麺つゆにレトルトカレー。

隠し味は焼き肉のたれをちょっぴり。

肉は解凍が面倒くさいので、今回は魚肉ソーセージで代用。(うわっ、膨らんでハンペンみたいになってるよ。)

お味は?

「さぁね‥」

ビオフェルミンを用意して食しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はこの辺で勘弁してやる。(バカ夫婦)

桜華さん、コメントありがとうございます。

ホンダ純正の電子ホーンって本当にかわいい音です。

あれじゃぁ、ナンパする時にしか役に立ちませんよねぇ。


今日の昼過ぎ、ベッドに座りながら窓に防寒シートを貼っている時の事。

寝室にいきなり入ってきた嫁がベッドに上がり、さらに俺に肩車する形で乗ってきた。

不意にやられたもんだから背中の関節が、「ボキボキボキボキボキッ!」と鳴ってその場に固まってしまったよ。

痛みで意識が飛びそうな俺に嫁が言った。

「今日はこの辺で勘弁してやる!」

一体何のことだ。

俺、何かした?

未だに理由が分かりません…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

4輪用ホーン

波改のホーンはクルマ用を使っているのだが、エンジンの回転が低い時にはうまく鳴らない時がある。

ホーン自体の電力消費量が大きくて、バッテリーが負けちゃうからだ。

けしてベストな状態とは言えない。

しかし、ホーンを鳴らす時ってのは大概ブッ飛ばしている時だから、エンジンの回転は上がっているので問題はない。

エンジンの回転さえ上がっていればちゃんと鳴るからね。

それに、元々俺もそんなにホーンを鳴らす人ではないし。

本当の意味で非常時の為のカスタムです。

実はマフラーとエアクリーナーの吸気音が静かになって、これから冬で雪が積もったら雪の吸音効果で波改の存在がかなり目立たなくなる。

おまけに吹雪になったりしたら余計に分かり難くなってしまう。

いざって時にこの大きな音を出すホーンが必要になるんですねぇ。

まぁ、保険にもならない様な保険ですが…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

保温用防風カバー

最高気温が15℃以下になってからオーバークールによるギア抜けが頻繁に起こるので、保温用防風カバーをエンジン前に取り付けた。

もう、暖機運転さえすればエンジンは快調そのもの。

不具合は皆無になる。

これから雪がちらつく様になったら、さらにエンジンを覆う車体カバーの通風口もガムテープで塞がなくてはいけない。

空冷エンジンは熱ダレにもオーバークールにも弱いから、真冬のエンジン温度管理も目を光らせてなきゃ。

真冬に快調に走るってバイクではかなり難しい事なんだよね。

インジェクションになって、かなり良くなったけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »