« 柱が四本立ちました。 | トップページ | エヴァってさ‥ »

2012年11月17日 (土)

お酒に甘い日本

ちょっと真面目な話をします。

俺の周りには、酒で死んだ友人や酒を飲むと人が変わる迷惑な人、または酒の害を密かに教えてくれる酒屋がいます。

また、夜遅くまで酒を飲み自宅を閉め出されて、仕方なく屋根をよじ登って家に入ろうとして転落し、首から下が動かなくなった親戚もいます。

毎年、大学生の一気飲みによる急性アルコール中毒の事故をニュースで知ると痛ましく思いますよ。

タバコの害はよく報じられますが、酒の害は一向に出てこない。

酒のパッケージにその害を書いても良いくらいだ。

いっそのこと、義務教育の場でタバコと同様に飲み過ぎや体質による症状の違いなんかを教えてもらいたい。

正しく楽しい飲酒ができる様に、子供の内から酒の害について教える必要がある。

性教育と同じです。

『酒は百薬の長』はもはや偽りです。

酒で長生きする人よりも寿命を短くする人の方が圧倒的に多いのだから。

ただ、飲酒の楽しさから目を瞑り、もしくは目をそらしているだけ。

酒は確かに楽しいが、酒で嫌な思いもする。

飲酒を自己責任で済ましてしまうのは間違ってます。

今時、「酒の上での事(過ち)だから‥」なんて言う人はこの世から消えて無くなるべきです。

リスクだってバイクとそんなに変わらないのだから…

|

« 柱が四本立ちました。 | トップページ | エヴァってさ‥ »

コメント

徒然草では酒は百薬の長のあとに『よろずの病はさけよりこそおれ』と続きます
適度な飲酒ならば百薬の長となれど、飲みすぎは毒ですね

投稿: 桜華 | 2012年11月17日 (土) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/47871085

この記事へのトラックバック一覧です: お酒に甘い日本:

« 柱が四本立ちました。 | トップページ | エヴァってさ‥ »