« 雪道の走り方 | トップページ | 梁に電柱3本載せました。 »

2012年11月24日 (土)

おニューのスパイクタイヤ

おニューのスパイクタイヤを買っておいた。

銘柄は中国製のBONSON(ボンソン)でサイズは2.25‐17、スパイクピンの数は96ピンです。

BONSONでは、このサイズが最もピン数が多く値段も安い。(価格は4000円前後です。)

本来、サイズ的にフロントタイヤみたいに思われるかもしれませんが、カブ50は前進共2.25‐17なので特に問題はありません。

ただ、サイズが細い分だけ接地面積は狭いので、リムサイズを広げてタイヤを引っ張り接地面積を増やします。

俺の場合は、前進共1.60‐17のリムにサイズアップしました。

こうする事で2.50‐17と接地面積は同等かそれ以上になります。

但し、ピン数が12本増し。

アイスバーンでのグリップは天と地ほど違います。

また、タイヤサイズが夏タイヤの2.50‐17から2.25‐17にサイズダウンした分、リアタイヤの高さが低くなりリアタイヤへの荷重が増し、フロントタイヤの荷重が減るので悪路での操縦性能が向上しますね。

つまり、


良い事づくめです…

|

« 雪道の走り方 | トップページ | 梁に電柱3本載せました。 »

コメント

知る範囲では2.50のスパイクは80ピン
2.25が96ピンなんで、どうしてもトレッド幅よりピン数が多い方を選択してしまいます。

てか、2.25の96ピンスパイクタイヤって今は4000円もするんですか~?
オイラが買った時は3000円しなかったと記憶してます(ダイリン)

投稿: | 2012年11月24日 (土) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/47960117

この記事へのトラックバック一覧です: おニューのスパイクタイヤ:

« 雪道の走り方 | トップページ | 梁に電柱3本載せました。 »