« 今日は梁一本。 | トップページ | 絶対インジェクション »

2012年11月19日 (月)

個人情報保護法はざる法だった。

昨日のナマハゲ保存会立ち上げの会議で笑えない話を聞きました。

会議が終わった後に参加者全員で一杯飲んだんだけど、ほろ酔いになった頃に町内会長がこんな事をボソッと呟いた。

「個人情報保護法が制定される前にすでに慣例化された情報開示はそのまま継続される。
町内会長になると、町内に住む人全員の個人情報が役所から書類で送られてくる。
家族構成、結婚や離婚歴、交通違反、罰金刑を受けた犯罪歴までだ。
但し、その情報を知る代わりに責任に背負わなくてはいけなくなるんだ。
だから俺は情報開示書類の受け取りを断ったよ。」

どうやら、以前は情報開示書類を受け取っていたが、あまりの責任の重大さに今は受け取らなくなったそうだ。

怖いよね。

俺が住む地域の町内会長になれば地域の人間の経歴が全て丸見え。

俺の暴れん坊ぶりがバレバレだったと思うとこっぱずかしいです。

トホホ…

|

« 今日は梁一本。 | トップページ | 絶対インジェクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/47901990

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護法はざる法だった。:

« 今日は梁一本。 | トップページ | 絶対インジェクション »