« 穴半分 | トップページ | 吉野家ウメェ。 »

2013年1月14日 (月)

新春批判

新春を迎えて何か変だと思った事をいくつか書こうか。

原発も仕方なしになってない?

喉元過ぎれば熱さ忘れる。

あと数年で今の子供達の体に癌が多発したりする可能性は大きいんだよ。

現に甲状腺に異常が見つかった児童がかなりいるだろ。

復興第一も良いが逆方向に進んでいると思うが…


戦争したいの?

尖閣問題で挑発的な中国に攻撃も仕方なしの政府。

あくまで、「アンタ達がその気なら、こちらもそれなりの態度を取ります。」ってだけの姿勢なら良いのだが、本物の戦争は勘弁してください。

国民自体も何かのコンプレックスとか景気低迷の憂さ晴らしみたいに、自衛隊の軍備見直しの望んでいる。

年配の元自衛隊員の方に聞いた話だが、「現代では、いざ戦争になれば軍人よりも普通の市民の方が先に殺され何十倍何百倍死ぬ。」そうだ。

「かえって軍人の方が生き残れるかもな。」とも言っていた。

本当にそうなら、気安く「戦争もやむなし。」とは言えないはずだ。

親、兄弟、我が子の死に顔を見たくないだろう。

戦争はこの世の地獄だよ。


教師の体罰は暴力かもしれません。

しかし、恩師の体罰に感謝する俺がいる。

問題は愛があるかだ。

やり過ぎな体罰は最初から愛情なんかない。

ただの怒り。

人に迷惑を掛ける行為をして体罰を受けたら、子供の頃は腹が立った。

しかし、大人になったらやられて当然と思う様になった。

一発二発なら感謝できる。

もし、大人になってもそう思わないなら、やり過ぎの体罰を受けたか根性がねじ曲がっているだけ。

まぁ、愛情溢れる熱血教師は教育委員会に嫌われて出世できないのが今の学校だから、愛情のある体罰も愛情のない体罰も糞味噌一緒扱いです。

体罰は最低限にお願いしますね。

|

« 穴半分 | トップページ | 吉野家ウメェ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/48748846

この記事へのトラックバック一覧です: 新春批判:

« 穴半分 | トップページ | 吉野家ウメェ。 »