« 咄嗟に出た人生の目的とは? | トップページ | 半世紀ぶり »

2013年2月 6日 (水)

田舎の都市伝説

桜華さん、コメントありがとうございます。

人生最後に感謝して死ねなんて素敵過ぎますね。

壮大な夢だなぁ。


東北地方の都市伝説なんですが、冬の期間は雪道や凍結路面のおかげで交通取締りが飲酒運転やシートベルト、携帯電話使用に限られて行われます。

すると、速度違反や信号無視等の主だった交通違反は放置状態です。

それが、ある日を境に通常の厳しい取締りを戻るという。

そのXデーが2月15日だとか。

なぜ15日?

この日はお釈迦様がお亡くなりになった日で、警察幹部が仏教に精通した方だったのか、はたまた偶然なのか、その日から厳しく取締りを行う。

つまり、仏の顔がなくなる、神も仏もなくなる日という事です。

嘘か本当か、眉唾ものの話ですが、注意して運転するにこしたことないですね。

(さぁ、ここでお決まりのセリフ。)

信じるか、信じないかはアナタ次第。

|

« 咄嗟に出た人生の目的とは? | トップページ | 半世紀ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/49229213

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎の都市伝説:

« 咄嗟に出た人生の目的とは? | トップページ | 半世紀ぶり »