« 只今迷走中。 | トップページ | バタフライバルブ製作準備 »

2013年3月11日 (月)

スパイクタイヤの空気圧

今日、3発目の更新。

また懲りずに雪が降ってきました。

いい加減雪も飽きましたよ。

スパイクタイヤの空気圧について一言。

スパイクタイヤの空気圧は高い方がグリップする?

それても低い方がグリップする?

答えは両方です。

高くするとスパイクピンが突き出て効果が上がります。(アイスバーンに強くなる。)

低いとスパイクタイヤが前後左右に接地面積が増えてグリップします。(深雪に強くなる。)

しかも、スパイクタイヤによっては接地するスパイクピンの数が増えたりします。

もちろんデメリットもあります。

高いとタイヤの抵抗が減ってスピードが伸びますが、エンジンブレーキが利き難くなります。

低いと加速は良くなりますが、運転にちょっと癖が出てきます。

だから俺の場合、フロントタイヤは高く、リアタイヤはコースや気分によって選択しています。

あと、低くする時は必ずビートストッパーを装着する事。

さらにリム打ちのパンク防止にモトクロス用強化チューブを使えば完璧ですね。

|

« 只今迷走中。 | トップページ | バタフライバルブ製作準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/50703737

この記事へのトラックバック一覧です: スパイクタイヤの空気圧:

« 只今迷走中。 | トップページ | バタフライバルブ製作準備 »