« ボーリングに出しました。 | トップページ | 動画効果 »

2013年3月15日 (金)

ボルトを短縮

Annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

いっその事、俺式インジェクションのセッティングはどうですか?

噴射量の大きいCBR150R純正インジェクターを使って、噴射口の穴を一つずつ塞いでノーマル・コンピューターに合う噴射量にしてしまうんです。

穴を塞ぐロウ付けは眼鏡屋さんとかでもできると思いますよ。(チタン・フレーム用のロウ付けが上手くいくそうです。)

一度、相談してみてください。

バタフライバルブを固定する超低頭ボルトを軸(アクセル・シャフト?)の厚さに合わせてカットしました。

Photo

軸の厚さは約5ミリ、ボルトのネジ長は6ミリです。

Photo_2

ヤスリで削って突き出た部分を落とします。

Photo_3

バタフライバルブを組むとこんな感じになります。

今日はここまで。

|

« ボーリングに出しました。 | トップページ | 動画効果 »

コメント

シャフトがピカピカになってますね!超低頭ボルト探してみます(^^)
ノーマルのバタフライバルブは、ボルトの先に穴が開いていて、ポンチでカシメるようになっていますが、ピーキーさんはネジロック剤か何かでゆるみ止め対策されるのでしょうか?
知り合いの(元)車屋さんは金属の弾力か何かでカシメる必要はないと言っていましたが…。

それから、セッティング方法ありがとうございます。
今使っている22パイのスロットルボディーに対しては、大容量インジェクターは噴射量が多いのですが、今作っている24パイ位のスロットルボディーになったら多少マシになるのかなと思っています…どうなんでしょう?
知り合いに眼鏡屋さんもいますので、その時はお願いしたいと思います!
長々とすみません。

投稿: Annie(副会長) | 2013年3月16日 (土) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/50783246

この記事へのトラックバック一覧です: ボルトを短縮:

« ボーリングに出しました。 | トップページ | 動画効果 »