« やっちまっただ・・・ | トップページ | 夏タイヤに交換 »

2013年4月 8日 (月)

エアスクリューに救われました。

Annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

本当にワンサイズ小さいバタフライバルブが完成した時は泣くに泣けませんでした。

しかし、実際にインジェクションに装着してみると僅かに隙間が上下2ヶ所にできるだけです。

今日の記事はその続きですね。

バタフライバルブを装着する際には軸とバルブの間にベアリング固定用接着剤を塗り、バタフライバルブが0、1ミリ薄いのをカバーして、固定用ボルトにも同じものを塗りネジロックにしました。

いつも通っているバイク屋さんにも相談すると、「案外イケるかもよ。」との事なのでそのままGOです。(なんでも、インジェクションはキャブよりもその辺の問題に強いとか。)

波(怪)にインジェクションを組み始動すると、すんなりエンジンが掛かりました。

しかし、エンジンが暖まるに従いアイドリング回転数がかなり上昇します。

でも慌てない俺。

WAVE110iのインジェクションにはエアスクリューが装備されてまして、エアスクリューを絞ってアイドリング時の空気を規制できます。

エアスクリューの標準回転数2回転半から1回転絞り通常のアイドリング回転数まで落としました。

暖機運転でアクセルを煽るとキレイに吹けますが力量感はありません。(ただ回っている感じ。)

暖機が済むとエンストが起こりますから燃調が薄いのは明白ですね。

新たに強化インジェクターで濃くしなければなりません。

それからのセッテイング方法は俺流の穴塞ぎ式で行います。

一応は成功と言えるのですが、「やはり俺も所詮は素人に毛が生えた程度の実力なんだ。」と落ち込んだ次第です。

まぁいいか、ちゃんと動いたんだもの。(上出来、上出来。)

これからマトモに走るには先が長そうです・・・

|

« やっちまっただ・・・ | トップページ | 夏タイヤに交換 »

コメント

それでいけるところがエアスクリュー装備の強みですね。

スーパーカブ110はいきなりアイドリングが高いです。調整も出来無いし。

キャブのようにスロー調整があるのは凄い事です。

バタフライがアルミ製じゃなく、真鍮だとピカールかコンパウンドでスロットルボディーの方が削れますし。。。

ボーリング会社さんも言っておられたのですが、「バタフライバルブを作るのは皆さん苦労されてます。」

私は不器用だけど、ピーキーさんはきっと早く到達されます。

なので、私からは「凄いなぁ!」です。(本当に!)

ハマりますね・・。

投稿: Annie(副会長) | 2013年4月 9日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/51147041

この記事へのトラックバック一覧です: エアスクリューに救われました。:

« やっちまっただ・・・ | トップページ | 夏タイヤに交換 »