« 正解は穴3つでした。 | トップページ | 波(怪)の現状 »

2013年4月12日 (金)

やる事いっぱい

Annie(副会長)さん、コメントありがとうございます。

冬季間の走りで波(怪)のボディにかなりのダメージが残っています。

それが全部解決するまで走行はできるだけ控えなくてはなりません。

今日の記事は真冬に過激な走りをするとこうなるって話です。


まずは、リアサスがパンクしました。

KYBのサブタンク付きショックからオイルがだだ漏れしてます。

チェーンカバーとサイレンサーエンドが錆だらけになりました。

錆止め塗料を塗ったチェーンカバーとサイレンサーエンドが真っ赤に錆ました。

原因は融雪剤の塩分です。

エンジンの圧縮が落ちます。

エンジンが通常より冷えた状態の時に回されるので、冷えた状態に合ったピストンクリアランスになります。

暖かい時期になると、ガバガバ気味になります。

とりあえずピストンリングだけでも新品交換ですね。

スパークプラグが減ります。

キャブのエンジンよりもインジェクションは始動性が良いので気づき難いですが、スパークプラグがダメになります。

どうせ、番数が上のプラグに交換するのですが、波(怪)には特殊なプラグを組むので夏場はちょっとエンジン特性が変わります。(プラグ自体は普通に市販されている物です。しかも安い。)

振動で切れたヘッドライトバルブとギアインジケーターのバルブを交換しないといけません。

あと、自作したバイク用グランドエフェクターも雪に擦れてボロボロなので、お化粧直しする必要があります。

結構、大変な具合ですね…

|

« 正解は穴3つでした。 | トップページ | 波(怪)の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/51197206

この記事へのトラックバック一覧です: やる事いっぱい:

« 正解は穴3つでした。 | トップページ | 波(怪)の現状 »