« 腰上 | トップページ | 無頼宴2013予定 »

2013年7月22日 (月)

原付きバイクを考える

最近、気になる事件があった。

あるオッサンが50ccのバイクを役所で原付き2種登録の黄色ナンバーをもらい、その後に無免許で逮捕される事件があったのだ。

このオッサンは原付き免許しかなく、小型二輪免許が必要な原付き2種のバイクでは無免許運転になる。(俺が若い頃は条件違反で比較的に罪は軽かったが・・・)

しかし、裁判でバイク自体が50ccだった為に無罪となった。

このオッサンは速度違反にならないように2種登録したまでは良かったが、(50cc→30キロ制限、51cc~125cc→50キロ制限。)免許提示を求められた際の事は深く考えなかったのだろう。

悪質っいうには大袈裟な感じだし、何となく気持ちが分かって笑える。

日本もヨーロッパ諸国の様に原付き(この場合、一番簡単に取得できるバイク免許の意。)は125ccまでOKにするべきという声もあるが俺は反対だ。

それは何故か?

俺が若い頃に数回見た事がある転倒事故がそう思わせる。

昔、DJ1というホンダの50ccスクーターがあった。

TVCMをバンバン流して大ヒットしたスクーターだ。

若者は勿論、オッサン&オバチャンまで喜んで買った。

しかし、バイク屋の店頭で簡単な運転方法の説明を受けた購入者達は、納車日にバイク屋を出た直後にウィリーして転倒する事故が多発したのだった。

つまり、免許を取ってからでしか練習もできない様なバイクが、見かけ以上にパワーがあった場合は事故が発生するって事だ。

今の125ccは4サイクルエンジンでもかなりパワーがあって速いよ。

初心者があっさりコントロールを失って死んじゃう速度が出る。

125ccに乗りたければ教習所で訓練しなさい。

そうじゃないと死人が増えるだけです。

原付きバイクをなめるな。

|

« 腰上 | トップページ | 無頼宴2013予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/52564044

この記事へのトラックバック一覧です: 原付きバイクを考える:

« 腰上 | トップページ | 無頼宴2013予定 »