« やっとエンジンがバラせる。 | トップページ | 腰上 »

2013年7月19日 (金)

32年ぶりの釘手裏剣

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

穴あけは苦肉の策ですね。

本当は黒いゴムホースを使いたかったのですが高くて止めました。

メートルで5倍の価格差はちょっとですね。

3日ぶりに晴れて工場で生産開始。

機械の調子が良いと暇な時間が少しできる。

携帯電話のネットは自粛しているので、「なんか暇つぶしに良いのがないかなぁ。」と思いついたのが釘手裏剣。

3寸釘を左手に3本持って、右手で1本ずつ抜き取って素早く投げるのだ。

俺の腕だと2メートル位の間合いが限界で、3本の内2本はきれいに木の壁に刺さる。

投げる時は尖った先を手のひらで包み親指で釘を押さえ、腰を入れて投げると180度回転して刺さる。

中学2年当時の俺はまさに中2病だったので、サンダーで釘を尖らして暇があれば釘手裏剣をやってた。

あんまり上達しなかったので、2メートルの距離で10発中8発は命中する程度でした。

なんでこんな事してたかって?

当時はダーツが高くて買えなかったから。

話は波(怪)の修理。

キックペダル、ブレーキペダル、ステップ、シフトペダルを外して各部の配線をエンジンから外しました。

明日エンジンを降ろせます。

超久しくエンジン内部を見ていないので緊張しますね・・・

|

« やっとエンジンがバラせる。 | トップページ | 腰上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/52522821

この記事へのトラックバック一覧です: 32年ぶりの釘手裏剣:

« やっとエンジンがバラせる。 | トップページ | 腰上 »