« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

激変激速!WAVE110ATの改造方法

WAVE110ATの遅い原因は、エアクリーナーボックスの豚鼻(吸気ダクト)とドライブプーリーのウェイトでした。

速くするとなると、

エアクリーナーの2つある豚鼻を取り外し、

エアフィルターの金網を取り外し、

ドライブプーリーのウェイトを6つから3つに減らし、

ドリブン(リア)スプロケットを38T→34Tに交換。

これで最高速はノーマルPCX125と同じ100キロで、加速は80キロまでは同じくらいです。

これ125ccにボアアップしたらPCXよりも確実に速くなりますね。

ドライブプーリーのウェイトは耐久性を考えて、中央の金属部をドリルで削り、重さを半分に調整して6つに戻したいものです。

はっきり言って、「もうギアのカブはいらないのでは?」と思えるほどですよ。

平地のタイトなコーナーが連続する道なら既に波(怪)よりも速いです。

正直、戸惑ってます…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

15対1

俺の顔も体も心も傷だらけ。

顔の傷は喧嘩で。

体はバイクでの転倒で。

心は別れた家族で。

鼻は殴られてバラバラになったからステンレスのワイヤーで繋げてる。

若い頃、秋田に飲みに行く途中、俺が乗った三菱フォルテの前に酔っ払いが飛び出した。

ギリギリぶつかる前に止まったが、腹が立ったので殴っとこうととりあえず殴った。

そしたら、そいつが結婚式の帰りでね。

同級生らしき男達に袋叩き。

その時、俺は族狩りに使ってた愛用の黒い金属バットを捨てたばかりだった。

今に本当に殺しそうで怖かったからね。

15対1の喧嘩。

3人までなら何とかできたが、あっという間にボコボコだ。

血達磨になった俺の様にびびった男達が1人また1人と逃げてゆく。

そして最後に残った3人で形勢逆転。

最後まで残った3人の中に俺の前に飛び出した酔っ払いがいた。

当然その酔っ払いの鼻を殴って折った。

他の2人も鼻血を出してる。

この3人を脅して俺に詫びさせた。

やっと喧嘩の格好がついたんで終了させる。

その後、緊急病院で治療。

翌日、整形外科でバラバラになった鼻を元の形に直し、鼻を切開してワイヤーで結び、切った場所を医療用瞬間接着剤塞いだ。

結局何が言いたいかって?

体の傷は治るけど、心の傷はなかなかねぇ。

年取ったら壊れたいのに壊れられない俺。

早く冬になってアドレナリン吹きまくりで爆走したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙のCVT

桜華さんコメントありがとうございます。

色々詳しく教えていただき大変に感謝いたします。

そうですがウェイト3個外しはプーリーに悪いですか。

うーん…


そこで俺は考える。

とりあえず3個ウェイトを外してみて効果を確認し、それから軽いウェイトを製作または購入すれば良いかなと。

波乙の場合、CVTが最終減速比ではなく、スプロケットによる二次減速比でも速度調整が可能だから、ウェイト調整でミートしたい回転数を設定してスプロケットでギア比を調整したい。

つまり、ウェイトを軽くして加速重視の変速機になったのをスプロケットでオールラウンドなギア比に補正できるって事だ。

そう考えるとオートマチックのバイクって便利かも。

やっと光が見えてきました。

これで波乙がスノーモービルみたいなバイクになれば良いな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

スクーターの駆動系を勉強しました。

出前屋さん、DAXさん、コメントありがとうございます。

ウェイト調整で回転数アップができるとは盲点でした。

お二方の情報に感謝いたします。


と、いう訳でスクーターの駆動系を勉強します。

調べてみるとエアクリーナーをラムエア化しても回転が上がらず効果が薄かったのは、このウェイトに問題がある感じですね。

実際をやってみて効果を確かめてみたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

呪縛か封印か

若ベンさん、コメントありがとうございます。

いつでも遊びに来て下さい。

仕事場に来るのはお客さんか昔世話になった刑事さんくらいですから。


波乙はどうも女性をターゲットにしているらしく、WAVE110iに比べてパワーをかなり落としている。

呪縛は何か?

封印はどれか?

カムシャフト?

コンピューター?

マフラー?

エアクリーナー?

もしかして全部?

それくらいパワーがない。

まぁいいや、ボアアップしてハイカム入れてマフラー替えるから。

リミッターは利くだけ回ってないが付いているはず。

早くリミッターを利かせるくらい回したいもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

波乙ギア比ロング化

波乙のギア比をロング化しました。

ドリブンスプロケットを4T下げます。

試走してみると、加速は同じで最高速はたった2キロアップ。

でも、とても乗り易い。

コーナーはかなり速くなりました。

次はドライブスプロケットを1T上げて、ドリブンスプロケットをノーマルにしたらもっと良くなりそうです。

明日やってみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

身軽なデブ

そろそろ雪が降りそうな季節になってきました。

北海道ではすでに積もった所もあるとか。

今年も雪道走行に備えて体に脂肪を蓄えております。

身軽なデブでないと雪道最高速アタックした時なんか寒くて死にそうですよ。

食事は炭水化物を多く取ります。

最近、四十肩が酷い時があって、治療として20キロのダンベルを持って両手を広げています。

これをやるとしばらく痛みが引いてくれるので助かりますね。

トレーニングとかじゃなく治療なので、10回1セットを気が向いた時と痛みがある時だけやってます。

加齢と付き合うと人間が穏やかになるのは俺だけですか?

昨日走った感じでは波(怪)の調子は良いみたいです。

昨シーズンよりも速く上手に走れるかどうかは、シフトワークに掛かってくると考えています。

KTM(オーストリアのオフロードバイク)みたいに、シフトチェンジ時に一切アクセルワークをしないでチェンジするつもりですよ。

試しにやったら全く問題なくできました。

あとは俺のライディング次第ですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

リアサス交換とフレーム補強

波乙のリアサス交換をKYB MGS305に交換した。

交換後にメインフレーム補強としてベトナムキャリアに細工をして装着。

細工と言っても、メインフレームにガシッと装着できる様にステーを新設しただけだけどね。

試走してみると、この手のチューンナップによくある、「車体は落ち着いているのにペースは速く走れる。」って感じになりました。

欲を言えば、フロントサスを硬めたいな。

ライディングポジションがオフロードバイクと同じなる様にしたいです。

滑り易い路面に対応するのにオフロードバイクのポジションはぴったりなので。

今のところ、パワーが無い分、走り易さで勝負だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの波(怪)

久しぶりに波(怪)に乗った。

朝からいきなりのタイムアタック。

ベストタイムから11秒遅れ。

荒れてた路面で今年初めてじゃなかった、二回目のテールが滑った。(一回目はバトルツーリングの時に、サラマンダーカブさんの前で滑ったんだっけ。)

まだまだだな俺。

コンビニで缶コーヒーを買ったらレジのおばちゃん(多分俺より若い。)に、「○○○○君のお父さんですよね。(見た目が)若いんでわかりませんでした。」って声を掛けられた。

ああ、俺の子供にそんな奴がいたなぁ‥

来年は高校受験のはずだ。

また人でなし親父はちょっと切なくなりました。

馬鹿は見た目が若いが四十肩で前傾姿勢がキツいぞ、この野郎!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが死んだ。

とうとう俺より先にパソコンが死んだ。

まぁ、俺はこれから懲りずに嫁をもらって子供を沢山つくり、大勢の孫に囲まれて病院で死ぬ予定だけどね。

新しいパソコン買わなきゃ。

昨日、パソコンでDVD見ようと思ったら全く見れなくなった。

そして今日、突然電源が切れる。

「ああ、コイツも俺との関係を終わりにしたいらしい。」

まあいいや、畳と嫁とパソコンは新しい方が良いに決まってる。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

波(怪)と波乙は違いすぎる。

波(怪)は買ってすぐに120キロオーバーしている。

弄ったのは吸気系と電装系のみ。

ラムエア化して4万ボルトの点火コイルに点火回数を倍にできる装置をつけて、スプロケでギア比をロングにしただけ。

波乙はラムエア化のみだが、波(怪)の時とはニュアンスが全然違う。

なんて言うか、パワーを出せる気がしないんだよね。

なんでだろ?

とりあえずKYBのリアサス組んでコーナーをより速くしていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今夜も寝れなかった。

歴代腐れ嫁への怒りで今夜もまた寝れなかった。

今度こそ絶対にマトモな嫁を探してやる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

波(怪)の冬準備

冬の雪道アタックの為に波(怪)を整備しました。

自作ビックフィンと自作プチ・オイルクーラーを取り外し、オイル交換。

エキパイのガスケットが怪しくなってきたので交換。

あと、冬直前にスパイクタイヤ交換とエンジンの防風板を取り付けて完了ですね。

今度の冬は雪道最高速130キロを目指します。

見て驚くな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり秋田風防を作ろう。

今日、早速取り付けたGIVI箱を使いたくてコンビニとビデオ屋に行った。

行きは追い風できっちり時速100キロ。

帰りは当然向かい風で90キロ。

でもこれ、左手ブーストを使った超前傾姿勢の場合だ。

この姿勢だとヘルメットがメーター上までくるから、普通のシールドだと頭にぶつかってしまう。

やっぱり秋田風防の方がライダーの自由度が大きいなぁ。

また秋田風防を作る事にします。

秋田風防は侮れない…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

訂正

昨日の記事で、波乙は5年掛けて波(怪)のレベルに追いつきたいと書きましたが、追い越したいの間違いでした。

訂正致します。

m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

GIVI箱きた。

波乙に似合いそうなGIVIのトランクボックスをアマゾンで購入。

明日取り付けます。

これで波乙で買い物に行けますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎のシールドとベトナムキャリア

友人からホンダ純正のシールド(車種不明)を貰った。

これで秋田風防を作ってくれという話だったが、シールドの形状がWAVE110ATにあまりにもピッタリでそのまま普通のシールドにする事にした。

今回は取り付けステー製作をプロにやってもらおうと思う。

あと、WAVE110ATを買った時にベトナムキャリア(メインフレーム上に取り付ける荷台。)がおまけに付いてきた。

これは簡易的なフレーム補強に使えるかもと思ったが、取り付けネジの剛性が弱くてダメだ。

ネジをもっと太くできる様に細工をして取り付けます。

おそらくフレーム剛性が上がるとリアサスがバタつきますが、すぐにKYB MGS305のリアサスに交換すれば大丈夫でしょう。

ちょっとずつ性能を上げていき、波(怪)レベルに追いつきたいですね。

予定ではCVTのパワーロスが大きい分、長く見積もって5年計画です。

本当は3年で仕上げるつもりでしたが、あまりにも非力なもんで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

夜だけ調子良い波乙

若ベンさん、コメントありがとうございます。

八森方面のイカ焼きは保健所が厳しくてほとんど売ってないみたいです。

ドライブイン内で販売している所はある様ですが…


波乙が不思議な事に夜だけ調子が良い。

なんで?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横の滑りと縦の滑り

波乙は良いねぇ。

ブレーキを最高に利かせられる。

これは公道では大変に助かる。

あと、やっぱり凄いと思うのがトラクション性能。

バイクってリアタイヤが滑らない方が良い。(ドリフトとか抜きで。)

これはセルフステアとアクセルの開けるタイミングで決まる。

しかし、路面が雨や雪等で滑り易かった場合は横の滑りだけではなく、縦の滑りが発生する。

これはアクセルワークや加重によってある程度抑える事ができるが根本的にはマシンのトラクション性能で大半が決まってしまう。

オートマチック車って常にエンジン回転数に合ったベストなトルクを路面に伝えるから、縦の滑りが発生しずらいんだよね。

これは雪道の上り坂で大変に助かる。

また、タイトな凍結路面でガッチリとスパイクタイヤを利かせて走れるから安心だ。

これからは、「バイクが冬の雪道を走るなんて信じられない。」と思っている人に、今までよりも高度な走りをお目にかけれます。

俺、雪道の帝王になりたいもんで、それにはどうしてもオートマチックのカブが必要だった。

だから、波乙を購入できたのが嬉しくて嬉しくてたまりません。

波乙は夢のマシンです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学習に時間が掛かった。

波乙のエアクリーナー・ボックスとエアフィルターをチューンナップしたら、吸気が良くなり過ぎて学習に時間が掛かりました。

学習後、やっとスーパーカブ110レベルには走れる様になりましたよ。

パワーが出た分、今度はスプロケで最高速アップさせようっと。

普通はこれ位でも十分なのですが、俺のチューンナップはまだまだ始まったばかりです。

その次は足回りだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

wave110at 慣らし運転(ロングバージョン)-YouTube

2日前にアップした動画の完全版です。

動画を見て思ったのですが、

波乙のCVTの音ってゲッター2のドリルアームの音にそっくりだよね。

ドリルは男のロマンです。

http://www.youtube.com/watch?v=ELvc2_TDY84&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wave110at 慣らし運転でダート走行性能テスト -YouTube

パソコンをなんとか復旧させてアップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=WvHpXJh8rQ0&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙ボアアップ

あんまり走んない波乙をボアアップする事にしました。

元々速さを求めて購入したバイクだから速くなるのは早い方が良い。

腰上はスーパーカブ110と同じみたいだから、TAKEGAWAのボアアップキット(ハイカム付き)を注文。

ネットで買ってもいいけど、バイク屋さんのピットで組みたいのでバイク屋さんに注文した。

波乙の最高速は120キロを目指します。

経験上、それから上は大変なんで。

波乙はトラクションとコーナー勝負、波(怪)は最高速勝負で。

なんか今度の冬は楽しい冬になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんた誰?

2日前、バイク屋に行った時に高校時代の応援団の後輩にあった。

30年ちかく見てないが面影ですぐに分かったよ。

久しぶりの再会に後輩は、

「えっ、全然高校時代のイメージと違うんだけど、っていうかあんた誰?」

そういえば、東京から地元秋田に帰ってきた時もよく言われたなぁ。

「あんなに大人しかったお前が…」

当時通っていた地元のバイク屋からは、

「あいつは東京からブッ壊れて帰ってきた。」って悲観されてた。

思い起こせば東京にいた頃は時代はバブルで、マジでヤバいビーバップハイスクールな奴らと付き合ってたし、峠で何人も目の前で死ぬのも見たし、とにかく刺激が強かったなぁ。

モトクロスをやりに行ったのにあんまり面白い事が多すぎて 練習しなかった。(師匠によく怒られたもんだ。)

結局、両親の怪我と病気で地元に帰ったんだけど、それまでとは環境が違いノイローゼになったんだよね。

凄く荒れてた。

そんな俺を救ったのが林道ツーリング。

どんどんハマっていって、林道でどれだけ最高速を出せるか試してみたくなった。

マシンを改造し、飽きたらもっと排気量のデカいバイクに乗り換えて、最終的に時速160キロ程度は当たり前に‥

砂利道時速200キロを目指したが、最高で185キロ。(シングルエンジンだとここらへんが限界?)

ちなみにマシンはXR630アルベーカースペシャルを、ダートトラック用レーシングパーツで660ccにボアアップした車両。(キャブはハーレー用ヨシムラMJN。)

やっぱり俺ブッ壊れてたなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

波乙スーパーチャージャー化を断念。

今日、波乙をラムエア化した理由はCVT変速の冷却ファンがあまりに微風で加給圧を掛けるなんて無理と分かったからだ。

スクーターの冷却ファンとは全然違いました。

当てが外れたので慣れているラムエア化を実行した訳です。

ついでにクランク内圧調整バルブも装着しました。

加速時に多少もたつきますが高回転域だけは良好な様です。

少し濃いめのインジェクターを組めばマシになるかも。

とりあえずWAVE110iのノーマルインジェクターから手始めにやってみます。

変化があれば良いな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラムエア化

波乙を慣らし運転してるが、あんまり走んないもんだからちょっとモディファイ。

多分、スーパーカブ110よりもパワーをかなり絞ってるな。(どうせならパワーを絞り出せばいいのに‥)

エアクリーナー・ボックスとエアフィルターに手を加えました。

コンピューターに学習させたら幾分マシになっただけで、大した変化なし。

波(怪)の時は劇的に変わったんだけどなぁ。

ちょっと濃いめのインジェクターに交換してみるかな。

波乙は手強いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

慣らし運転動画

パソコンの不調でヘルメットカメラの映像をうまく取り込めません。

尻切れトンボな動画ですみませんがとりあえずアップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=85RyXvZzabI&feature=youtu.be

良いシーンが台無しで悔しいです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙慣らし運転

今日の昼のナンバー登録して、バイク屋さんに電話で自賠責保険を加入してもらい、午後に保険料を支払う事にした。

昼食後にちょっと仕事をしてからバイク屋に向かう。

ついでだから動画も撮ろう。

江ヶ浜海岸沿いの漁港から田んぼ道を通り、出戸浜海岸から砂浜を走る。

今日は満潮で途中から砂浜が消えてしまった。

引き返して国道を大人しく走ります。

良いねぇオートマチック。

砂利道で全然滑らない。

低中速コーナーがめちゃくちゃ速い。

おまけにブレーキングに集中できるから減速もスムーズです。

リアサスの動きが良くなり過ぎてちょっとダートで落ち着かない感じですが、慣れればなんとか走れそうだ。

舗装路だと最高速を80キロ程度に抑えているので、ほとんどのコーナーはノーブレーキかアクセルちょい戻しで済んでしまう。

問題はCVT変速によるパワーロスが大きい事。

こりゃマフラー製作する前にボアアップしてハイカム組んだ方が手っ取り早いな。

いっそ、そっちを優先するか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブはなぜコーナーが速いのか?

波乙のナンバー登録完了。

あとは自賠責保険を掛けるだけ。


カブはなぜコーナーが速いのか?

俺の見解では、おそらくシリンダーヘッドが水平ちかく寝ているからだと思う。

過去にGPレーサーでも単気筒エンジンはシリンダーヘッドが水平のマシンが多かった。

その後、多気筒エンジン化でシリンダーヘッドが垂直に立ってゆく。

今から20年前に盛んに行われていたシングルレース(4サイクル単気筒エンジン)では、ドカティのマシンが水平シリンダーヘッドにして排気量の大きなマシンに勝って世界一に輝いている。

ドカティ得意のL形2気筒エンジンの後ろのシリンダーを排除して開発したエンジンだ。

この水平シリンダーエンジンはコーナーリング速度が段違いに速かった。

重心が低く軽いマシンはコーナーリング速度が速い。

ただね、排気量が大きくなると、前輪とシリンダーヘッドがぶつかっちゃうのが難点。

だからドカティのマシンが排気量500cc程度なのに対して、他のマシンは800cc前後。

それで勝っちゃうんだから素晴らしい。

カブだってパワーさえ確保できればドカティみたいに走れますよ。

きっと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

DQNの恩返し 後書き

緑90さん、コメントありがとうございます。

よく『女々しい』って言いますが、男の方が女々しい事が多い気がします。

実際には、『男男しい』が的を得てるかも知れませんね。

空元気全開で飄々と生きていきます。

3日前に書いて既に削除した記事『DQNの恩返し』の続きというか後書きです。

俺に木刀で額を割られた元教育長の孫の話。

俺が実家から出て独立した後に地元新聞に未成年淫行で逮捕の記事が載ってた。

またそれからしばらくして地元の飲み屋街で仲間数人で知り合いを暴行して殺人で逮捕起訴された。

実は『DQNの恩返し』で俺がボコボコにしたのはこの孫の友人で、俺が大暴れしていた時に奴はまだ帰ってきていなかったのだ。

俺がもしこの孫も一緒に退治してたら殺された人は死なずに済んだかも知れないと思うと悔しいです。

よく複数で1人の人間に暴行を加えて殺すと罪が1人の犯行よりも軽くなる傾向が日本の裁判ではよく見受けられます。

あれっておかしくないですか?

考えてみてください。

あなたがもし被害者だとしたら、1人に攻撃されるのと複数とでは複数の方が攻撃力が圧倒的ですよね。

それに相手が1人なら反撃も可能な場合だってあります。

被害者の立場ならより攻撃力の大きい複数での犯行の方が悪質となる訳です。

だから複数での暴行による殺人は罪が重くなくては被害者側にしてみれば随分おかしいですよね。

日本の刑法はまだまだ犯罪者に優しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙は左手ブースト(簡易ラムエア・システム)が使えない。

波乙(WAVE110AT)は今でのタイカブとはエアクリーナー・ボックスの形状がかなり違います。

普通はスピードメーターのずっと下側に通気口があってその奥に吸気口がありました。

だから左右2箇所ある吸気口の右側をガムテープで塞ぎ、走行中に左手で左側の吸気口を塞ぐと走行風が吸気口前で加圧され、簡易的にラムエア・システムと同様の効果が出ました。

しかし、波乙の場合は今まであった場所に吸気口がないので左手ブーストの効果は期待できません。

まずは吸気口はどの位置にあるか確認して、ラムエア・システムではなくCVT変速機の冷却ファン(なんと波乙には2つある。)を利用した簡易スーパーチャージャー化した方がいいかも知れません。

じつは左手ブースト様に通気口のシルバー塗装に合わせて銀色ガムテープを買ったんだが空振りに終りました。

波乙のエアクリーナー・ボックスは一体どうなってるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元嫁が元気に

元嫁から俺の携帯に電話。

すっげー元気になってる。

なんかむかつく。

すっげー落ち込む俺。

思わずハスクバーナのチェーンソーが欲しくなります。

自作のマスクでも作るかな。(苦笑)

うっ、いかんいかん落ち着け俺。

何腹立ったってまだ元嫁の事好きだって分かったのに腹立った。

前回、(最初の離婚)の時もそうだった。

早く3人目探さないとなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙のマフラー製作

波乙のマフラー製作をBRDビトッチさんとこにお願いできる事になった。

慣らし運転が終わって吸気系を一通り弄ってからですが。

やっぱり静かで速いに憧れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

私道でテスト。

波乙を自宅裏の私道(砂利道)でテストした。

素晴らしい。

物凄いトラクションだ。

本田総一郎が、「バダリーニ(無段変速のシステム名)でオフロードバイクを作れば、滑らなくていいんじゃないのか?」と言ったのは正解だった。

これでパワーがあったら恐いものなしだね。

砂利道での最高速は80キロがやっと。

波(怪)とは45キロ差だ。

6馬力くらいの上乗せが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これどうやって弄ったらいいの?

昨日の夜に引き取った波乙。(WAVE110AT)

朝方じっくり見たら、やっぱりWAVE110iとは全然別物。

これどうやって弄ったらいいの?

まずは簡単にできる事を冷静に並べる。

クランク内圧調整バルブ装着。

自作カムシャフトバランサー。

MWRエアフィルターもどき製作。

リアサス交換。

フロントサスのチューンナップ。

ブレーキレバー形状変更。

ボアアップ。

点火コイル交換。

プラグコード交換。

プラグ交換。

問題はインジェクションとマフラーだな。

インジェクションに分からないセンサーが1つ追加されている。

これではWAVE125iのインジェクションが使えない。

マフラーも取り付け方がWAVE110iやスーパーカブ1110とも全く違う。

社外マフラーを付けるとしたら、取り付けステーは自作しないとダメだ。

こりゃ最初から簡易スーパーチャージャー化した方が手っ取り早い?

うーん、難しい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から

今日から気分を変えて前向きに生きてゆきます。

空元気全開でね。

寂しがりやは不幸を撒き散らすらしいからもうチェンジです。

ただのバイク馬鹿に戻りますよ。

つまり、

つまらんブログに戻ります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログに書いて気づいた。

ここ数日のブログを書いて気づいた事。

俺、自分に迷惑を掛ける他人には鬼神の如く怒れるが、自分の身内や友人だと思ってる人間には優しさが過ぎて付け上がられる。

でも、本当に俺が壊れたら全員埋めちゃうんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙がきた。

WAVE110ATが届いた。

何故か新車で。

俺、特選中古車って事で買ったんだが、どうやら違うらしい。

バイク屋さんの話では、

「多分、型遅れになった新車の売れ残りを特選中古車と言って安く捌いているのではないか。」っと言う事でした。

俺的には新車で安いなら文句はないでしょ。

まだナンバーが付いてないので自宅の駐車場でグルグル周ってみた。

印象は?

「重い。」

「砂利で地面を噛む。」

「オフロードレーサーに例えるなら、波(怪)がXR250Rで波乙がXR600Rに乗ってる様な感じ。」

「パワーの無いPCX125?」

正直な話、期待と不安が入り混じってる。

でも、パワーアップさえすればとんでもない事が起こりそうです。

期待できるかなぁ・・・

Photo

ちょっと見た目が強殖装甲ガイバーっぽい波乙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

俺が在日朝鮮人を嫌いな訳。

beat08230さん、コメントありがとうございます。

酷い人、うーん沢山いたなぁ。

なかでも酷かったのは在日朝鮮人ですね。

今日はその事を書きます。

俺、漫画『北斗の拳』の作者・原哲夫さんのデビュー作、『マッドライダー』が好きでね。

その影響でモトクロスを始めた。

それまでバイクに触れた事がなかったが近所に元モトクロスレーサーの方が住んでたんで教えてもらってた。

その人の勧めで高校卒業後に東京の元全日本チャンピオンに弟子入りする事にした。

まだ初心者だったから外弟子だけどね。

そして、師匠の内弟子の中に在日朝鮮人がいた。

ある時、「俺、在日朝鮮人なんだ。」と打ち明けられたが、俺にしてみりゃ、「何のこっちゃ。」だったよ。

弟子入りして一年後だったかな、奴にスクーターを貸したらクルマと事故って廃車。

「師匠にバレたら大変だ。」と言うので、俺はスーツに着替え菓子折り持って相手先に詫びて内緒にしてもらった。

その直後、奴は地元愛知県に帰り、俺のスクーターは弁償せすに逃げたのだった。

そればかりか鈴鹿のレースの時に世話になった師匠を逆恨みして、トランスポーターのタイヤをドスで切り裂いて何本もパンクさせていた。(実行犯は父親。)

才能があった分、期待されて厳しくされたのが在日朝鮮人には理解できなった様だ。

それから10年後。

俺は自分の才能の無さに見切りをつけて地元秋田に帰っていた。

用事で東京に行った時に師匠の所にも挨拶に寄った。

師匠は大喜びで、俺の親友も寂しがってるから寄ってけと言われたので、帰りに会いに行った。

その友人とは話が尽きなかった。

その晩は泊まる事して夜遅くまで話が続いた。

そしたら急に友人が神妙な顔をしてこう言った。

「あのさぁ、Y(在日朝鮮人の奴の事。)っていたろう。
お前はアイツの事を親友と思っていたんだろうが、アイツはお前の事をパシリとしか思ってないよ。
俺にそう話したから。」

ショックだった。

奴は年下だがその才能に尊敬すらしていたからね。

喧嘩だって俺の方が圧倒的に強かったが手加減してた。

その日以降、何人かの在日と付き合った事があるがどいつもこいつも似た様なもんだったよ。

在日朝鮮人は日本人からの恩は仇で返すのが当たり前なんだとつくづく思った次第です。

奴らのそばにいると身も心も腐りそうでイヤです。

俺は朝鮮人はもう懲りました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

雨ですね‥

若ベンさん、コメントありがとうございます。

この事件後、俺の両親は近所の人達から、「よくやってくれた!」と口々に言われたそうです。

よっぽど困ってたんでしょうね。

奴が死んだ日の翌日には、地元の市会議員さんがその事をわざわざ電話で教えてくれました。

町内会長さんも俺に目を掛けてくれる様なりました。

結果オーライですね。


雨が降って仕事が休み。

気温も低いので布団から出られません。

今日はゆっくりして、夕方にスーパーに買い物に行きます。

元嫁がいなくなり、このブログも元のDQN日記になりつつあります。

バカばっかりしてたのでネタには困りませんね。

ただ‥


記事を書いた後に死にたくなるのが考えものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

アクセル全開シフトアップ

今日の昼に左手ブースト(ラムエア・システムを最大限にする裏技)をやりながらアクセル全開シフトアップを試してみました。

2速シフトアップ時にウィリーしない様にセッティングしてある波(怪)がウィリーしてしまい、コントロールを失いかけました。

そこで2速シフトアップ後から左手ブーストを利かす事にしてアクセル全開シフトアップをすると、

すっげーナイスフィーリングです。

若干ですが確実に加速が良くなってます。

シフトアップ時のショックもそんなに感じられません。

これなら雪道走行にも使えますね。

来シーズンは動画を撮影するカメラがヘルメットカメラになったから、思いっきり前傾して最高速をばんばん出せますよ。

迫力の動画が撮れたら良いのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣く子俺だ!

映画『たそがれ清兵衛』を見て藤沢周平原作映画のビデオを借りまくっております。

普段から映画を見て泣く俺ですが、このところのセンチメンタルなせいで号泣連発。

過呼吸になりますよ。

ヤバいなぁ。

俺、昔はすぐにブチ切れてた分だけストレスは溜まらなかったけど、大人になった分、どうしてもおかしくなっちゃうよ。

今年の大晦日にナマハゲになったら思わず、「泣く子俺だぁ~!」って叫びそう。

参ったな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

唯一やってるバイクスタント。

離婚してから自宅が留置場みたいに見えてくる俺です。

狭いのに広い。

広いのに狭い。

あの独特の空間。

息が詰まります。


気分転換にバイクの話。

俺、七年前までバイクスタントやってました。

当時としては派手なトリックがばんばん出来てスタント仲間でも目立ってました。

今は一つのトリックしかやってません。

ウィリーは一生分やりましたのでやりたいとは思いません。

それに子供の頃からやってた訳ではないので、大人になってから覚えたトリックの運動神経は全て削除されてるハズです。

根性走りのパワーウィリーくらいは数時間やれば出来ると思いますけどね。

今、唯一やれるトリックはバイクをブレーキターンでスライドさせながらバイクから飛び降りて停車させるというやつで、勿論バイクはサイドスタンドでピタッと立った状態で停車します。

よくスタントライダーが演技を終わる時にするアレですよ。

トリックとしては比較的に安全で難易度が低く、それなのにバイクスタントを見慣れない人から見れば強烈なインパクトです。

やり方は簡単。

ギアは何速でも良いですが1速がベストです。

メインキーを切るか、キルスイッチを切ってエンジンを停止させます。

次にサイドスタンドを立てます。

惰性がある内に右側にブレーキターン。

慣れない内は45°くらいで慣れてきたら直角までスライドさせます。

あとは上半身を右側からバックスピンさせて飛び降りるだけです。

数日前にアップした『CONTOURテスト』の動画の最後にやっているトリックですね。

簡単ですが非常に目立ちます。

俺も3ヶ月前からちょこちょこやる様になって、今では現役時代よりも上手くなってますよ。

でも、これ以外のトリックはしません。

余計なトリックをどんどん覚えると、肝心の走りの方の運動神経が削られそうで怖いからです。

俺の頭は中古パソコンと一緒でキャパが低くなってますから。

言うなれば、おっさんライダーのちょっとした見栄ってやつですかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺の好きな言葉

BAET082さん、コメントありがとうございます。

ここ数日、不眠症で朝昼が逆転しています。

2ちゃんねるスレで悲惨な離婚話を見ては、「まだ俺はマシな方か‥」と自分を慰めてますよ。

ここからが本題。

俺の好きな言葉に復讐がある。

リベンジって言うと安っぽくなるので、あえて復讐と言います。

そもそも先月に離婚した元嫁と結婚した理由は幸せになる為でした。

「結婚したなら当然だろ?」と思うかも知れませんが、幸せになる事が最初の嫁には最大の復讐になると思ったからです。

最初の嫁を俺は心底愛してました。

あれほど人間を愛す事はもうないと思います。

そんな俺を最初の嫁は裏切り、しかも詐欺に掛かり莫大な借金を背負うところを俺は救ったのです。

しかし、マインドコントロールされた最初の嫁は俺を逆恨みして殺そうとしました。

仕方なしに俺は離婚します。

そして、最初の嫁は騙した相手を頼った時に自分が騙されていた事を悟りました。

この後に素直に俺に詫びれば再構築もありましたが、あろう事か児童相談所に子供の虐待をでっち上げて俺から慰謝料を取ろうとしました。

裁判所では法律によれば俺から慰謝料を取れるハズでしたが、俺が嫁の嘘を全て論破して裁判自体を無効にさせて僅か1日で決着。(裁判所の職員に言わせると俺はけして怒らせてはいけないタイプだそうです。)

俺は馬鹿な嫁を地獄に落とす為に二人の息子達を犠牲にする選択をしました。

思えば、可愛さ余って憎さ百倍だったのでしょう。

そして、裁判の次の日からそれまでの家族を一切消え去る事に専念しました。

俺の頭の中からきれいさっぱり消え去る事が復讐だと考えたからです。

そして一刻も早く再婚して幸せになるのが復讐の総決算だとね。

再婚したのが元嫁でした。

不思議な事に再婚した元嫁は最初の嫁と共通点が多く、やはり自分勝手な人でした。

俺が惚れる女性は皆同じみたいですね。

離婚してから冷静に考えると、元嫁は負のロイヤルストレートフラッシュみたいな人間でした。

しかし、俺はそんな元嫁を真剣に全力で愛し守ろうとしましたが、全て逆効果に終わりました。

とうとう我慢の限界がきて離婚です。

幸せになる為の再婚が不幸な結果に終わる。

俺の今までの努力は一体何だったのか?

やはり『 人を呪わば穴二つ。』になってしまうのものか?

無念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

突然ですが迷言です。 その3

悪い夫は離婚する。

普通の夫も離婚する。

じゃあ、良い夫は?

勿論離婚する。

離婚はね何でもありだと知った俺。

俺 「俺に何か悪いところとかあったか?」

元嫁 「全くない。(キッパリ。)」

「結婚って2人でする1人よがりなんだね。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波乙がそろそろ来る頃だが…

WAVE110ATがそろそろ秋田に送られる頃合い。

CVT変速機ってさ、調べてみるとモトクロスのレースだけじゃなくクルマのラリーでも禁止なんだね。

別に危険だからとかではなく、そのトラクション性能が脅威過ぎるからとかいう訳分からない理由。

要するに、「コーナーリング性能が上がり過ぎるのも考えものなので‥」ってのが理由らしい。

「レースなのになんで?」と思うのだが、公道ではレギュレーションがないアンリミテッドな世界だから思いっきり改造できます。

良い感じに走れる様だったらすぐに走行動画をアップしますよ。(多分、林道かな。)

まぁ、期待しないで待っててください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

俺、その内結婚するかも…

最初の嫁と最近離婚した元嫁の酷さが親戚中に広まって、俺を一刻も早く結婚させようって感じになってます。

早速、見合いの話も出てきた。

一体どんな酷い事されたって?

これが本当に事実は小説よりも奇なりで、まるで作り話みたいな事ばかり。

俺がブログでうっかり書いたりして、それを知ったら自殺もんですよ。

だから書けません。

僅かですがまだ愛情も残っているので。

それに最初の嫁には復讐(というか、ほぼ呪いに近い。だからその分払った代償も大きい。)は今も継続中ですし、元嫁には俺の愛しい元娘(血のつながりはなし)がいるので元嫁に死なれたら困ります。

俺はとことん女を見る目がないと諦めてますから、地元で良い人を紹介されたらすんなり結婚するだろうな。

俺が見初めた女はどいつもこいつも自分勝手な自爆タイプばかりでした。(基本的に悪い人ではないのですが‥)

中学時代の同級生から、「なんか同級会の度に奥さん変わってない?」と言われそうです。

あー、憂鬱だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

俺とバトルすると恥も外分も無くなる。

俺、自分で言うのも何だけど交通の流れを読むのがかなり上手い。

そればっかりやってるからね。

だから原付バイクやダンプカー乗ってても俺に抜かれ面白くない奴が真剣に追ってくる。

それでもドンドン離れてゆくもんだから、最後は恥も外分も無くして信号無視したり、車線を強引に無視して抜こうとする。

そこまでしないといけないんだろうなぁ。

まぁ、よっぽど悔しいんだね。

何百万円もする高級車でダンプカーにぶっちぎられたらプライドずたずただもんな。

今日もめちゃくちゃ高そうなアウディが交差点を信号無視して反対車線から抜いてったよ。

思わず、「頑張ったね。」と労いの言葉を掛けたくなる。

次はどんな事をやってまで抜いてゆくか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然ですが迷言です。 その2

「えっ、愛?
ああ、依存症の別名ね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

ラムエア・システムとオートシフター

今日の午後3時、配達で交差点を右折しようとしたら後ろに真っ白いハイエースがぴったりついた。

俺は、「いかついハイエースだなぁ、感じ悪いからさっさとぶっちぎろう。」と思ってたら突然クラクションを鳴らされた。

思わず、「あぁん!」と思って後ろを睨んだら友人でした。

友人はクルマを変えてて分からなかったよ。

道路の脇にクルマを停めてしばらく世間話。

バイクの話になったら、数日前に『衝撃的バイクスタント』の記事で紹介した動画の彼が、以前に俺が乗っていたスタント用バイク(CBR600F4i)を購入していた事が判明。

その事を教えてくれた友人は彼からスタント用バイク(XR100モタード)を購入して遊んでいるとか。

世の中狭いよねぇ。

今は日本も若者が頑張ってて、30歳過ぎてからバイクスタントをやり始めたおじさんには次元の違う世界になってます。(友人と2人しみじみ思った。)

話はここから本題になります。

その友人が教えてくれたのだが、オートシフターってラムエア・システム搭載のバイクには必需品になっているそうです。

ラムエア・システムはシフトアップ時に一瞬でもアクセルが動くと、加圧された空気が乱れて瞬間的だがかなりパワーが落ちるとか。

だからオートシフターで全開のままシフトアップする必要があるそうです。

ラムエア・システムがある波(怪)はアクセル全開で無理やりシフトアップも可能です。(カブはシフトペダルがクラッチにもなってるし、おまけにWAVEは回転リミッター付き。)

今度またバトルツーリングがある時にはその手でいきます。

また速くなるかもね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺、これからも猫を被って生きていきます。

今日、昔住んでいた所の近くに配達があった。

「あれ、ここにあった工務店なくなってる。」

そこにあった工務店の社長とは路上でトラブって、危うく猟銃で脅されるところだったんだよね。

路上でお互いに叫びあってたら、「場所を変えるぞ。
あそこに小さな山があるから、あそこなら邪魔が入らんだろ。」と社長が言う。

俺は、「アホか、助手席に猟銃積んだランクルにのこのこついてったら終わりだろうがバカ野郎!」

考えてる事見透かさた社長はすぐにその場から立ち去った。

後日、俺は立ち去った男を調べて自宅兼会社をつきとめる。

別に何にもしないんだけどね。

次にトラブった時の為に用心しただけ。

あくまでも保険です。

俺、やる時には思いっきりやる男だから。

他にも、「ここの交差点で赤いRX7とやっぱりトラブってお互いに相手が先に手を出すの待ってたら、地元のヤクザが目ざとくやってきて因縁をつけてきたんだよな。」

そしたら、だんだん面倒くさくなってRX7の男に、「2人でコイツやっちまわないか?」と目で合図したら途端にキョドってヤクザに謝りだしたんだっけ。

後日に家族で大森山動物園に行ったら、ペンギンの水槽の前でRX7の男も家族で来ててバツが悪かったなぁ。

昔の俺は本当に屑でした。

元々、このブログってさ、無頼ってバイク集団のホームページに俺のDQNな武勇伝をコメントしたら面白いからと言われてブログにしたんだよね。

別れた元嫁に怒られるからDQNな記事は全部削除したけど…

今の俺は仕事のお客さんから信頼もされて、自分もそれが誇りです。

もう、昔とは違います。

本質は変わりませんが、これから一生猫を被って生きていきますよ。

俺だって世の中の役に立ちたいからね。

それにまだ良い夫、良い父になりたいし。

只今花嫁募集中です。

目指すはビッグダディ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

フライホイールのバランス調整のやり方

雨天で仕事の休みが続きます。

暇なんでビデオ鑑賞や自分の撮った動画を見て時間を潰してますよ。

気が付いたのですが、デジカメで撮った動画とCONTOURのヘルメットカメラで撮った動画はスピード感が全然違いますね。

ヘルメットカメラの方がいかにも爆走してる感が出ます。

雪道走行動画を見てたら新しいチューンナップ方法が浮かびました。

新しいといっても、俺が得意とするフライホイールのバランス調整を今までとは別のやり方で行ったらどうかって話です。

今まではフライホイールにウェイトをプラスしてバランス調整していました。

これからはフライホイールからウェイトをマイナスしてバランス調整します。

詳しい言うと、フライホイールに付いているセルスターター用ワンウェイ・クラッチのボルトを数カ所外して調整します。

かなり乱暴な方法ですがHRCのモトクロス部門でも似た様な事をしていたのでおそらく大丈夫でしょう。

考え方は全く違いますけどね。

雪道走行ではエンジンブレーキが重要視されます。

特にオートマチック車となれば尚更です。

自分が求めるエンジンブレーキの利き具合を求めて、フライホイールのバランス調整とマフラーの排圧調整で絶妙な利き具合にしてみせますよ。

只でさえオートマチック車はブレーキを酷使しますから。

雪道走行独特の強烈なブレーキングを行っても、路面状況によってはまだ足りない場合があるからです。

「雪道では怖くてブレーキを掛けれない。」っ人もいますが、バイク自体をしっかり雪道走行用に改造すれば平気になります。(あとは独特のブレーキング方法をマスターするだけ。)

ほぼ完成に近い波(怪)に比べノーマルエンジンの波乙とではパワーが四割ほど足りませんが、その分コーナーリングでのスピードの高さとCVTの安定したトラクションで対抗します。

3年後の完成目指して頑張ってみますね。

夢は、『雪道でスノーモービルより速いバイク』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然ですが迷言です。

ゴルゴ13は超一流のスローSEXの達人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパートラップって便利だね。

トルク回転数反比例さん、コメントありがとうございます。

雪道走行には普段とは全く違うテクニックが必要です。

しかし、そのテクニックは普段にも使えます。

いや、使うべきテクニックです。

異次元の世界が近づきますよ。


TVドラマでキムタクさんがTW200改に乗ったせいで、トラッカーバイクが流行った時期がありました。

そのおかげでスーパートラップ・マフラーが一躍有名になったりします。

このスーパートラップの凄いところは、排圧を調整できる事。

それにより、エンジンブレーキの利き具合や吸気系とのバランスを調整できたりととても便利。

普通、チューンナップの度合いが進むにつれて、マフラーの抜けを良くしなくてはならなくなる。

波(怪)の自作マフラーでは、チューンナップが進む度にサイレンサー・エンドピースの口径を大きくする必要があった。

それがスーパートラップでは、簡単にセッティングできるのだ。

今月のモトチャンプを見たらカブ110用スーパートラップが販売されてました。(別紙カタログにて。)

このマフラーならWAVE110ATに使えそうです。

あっそうそう、余談ですがWAVE110ATの愛称が決まりました。

波乙です。

乙(おつ)という字は2番目という意味があり、乙女(おとめ)の『おと』がオートマチックの『オート』に発音がつながります。

だから波(怪)の次は波乙(なみおと)って訳です。

波(怪)と波乙の2台体制はタイカブ乗りとして、とても贅沢ですよね。

その内、ブログタイトルが『タイカブだらけ』になったりして… (シャコタン☆カブさん、すみません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

カブ仲間からよく言われる事。

カブが縁で知り合った人達によく、「ピーキーさんの動画を見て私も冬に走る様になりました。
なかなか上手く乗れませんけどね。」と言われる。

俺が雪道走行について練習会開いたら誰か来るかな。

特殊なブレーキングとか、意外なコーナーリングの真実とか惜しげもなく教えちゃう。

多分誰も来ないだろうなぁ。(1人でやれやと言われそうだ。)

俺、昔から人望ナッシングだもん。

まぁ、企画だけは立てときますよ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シャコタンブギのジュンちゃんのモデル。

いまアメリカングラフィティってDVDを鑑賞してたら、「あれ?」と思った。

おそらくシャコタンブギのジュンちゃんのモデルは、アメリカングラフィティに登場するジョンって役の走り屋だね。

何から何までそっくりだもの。

シャコタンブギが連載終了して何年経ったかなぁ。

今頃そんな事に喜んだ俺は相変わらずのガキです。

元嫁から、「いつまで経ってもティーンエイジャー。」と言われる訳だよ、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

最近やってる事。

最近やってる事。

一つのコーナーを二つに分けてコーナーリングしている。

細いタイヤのカブはなるべくバンクしている時間を短くした方が楽だし速い感じがするからだ。

コーナー進入前に少し曲がっておいて角度をつけて進入。

これだけでその後のコーナーリングが短く済む。

よくよく考えばレースの世界では当たり前のテクニックだったんだよね。

そんな事も分からずバイクに乗ってレースもしてた。

どうりで勝てなかった訳だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪夢

離婚してから見た悪夢。

元嫁と別れてからめちゃくちゃ俺好みの可愛い女の子とラブラブになる夢を見る。

しかし、目覚めてからそれが最悪の夢だと分かる。

何故かって?

そのラブラブになる女の子ってのが、知り合って間もない頃の最初の嫁さんだったからだ。

夢見てる時にはその子が誰か全然分からないんだよねぇ。

アメリカンジョークかよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

スピード逆転現象

zepさん、若ベンさん、コメントありがとうございます。

zepさん、何でもやったもん勝ちです。

好きな女の子もそうでしょ。

俺も昔、好きな子がいたんだけど躊躇ってたら当時一番親しかった友人にやられちゃった。

そして数年後、その好きだった子が最初の嫁さんです。

「後悔はやってからするもんだ。」とその時に気がつきました。

若ベンさん、仲間は強面のライダーですが一応立派な社会人ですのでご安心を。

その時にはちゃんと告知いたします。

カブってさぁ、いくら弄ってもスピードは大した事ない。

だけど、足回りに気の利いたサスを組むとめちゃめちゃコーナーが速い。

サーキットみたいなヘアピン・コーナーがあれば別だが、公道でよく見るくらいのコーナーならスパッ!と向きを変えてくれる。

すると通常のバイクはコーナー前の直線でブレーキングしてスピードを落としコーナーに進入するのが、カブの場合は直線のスピードよりも高いスピードでコーナーを走り抜ける事になる。

何日か前に『バトル・ツーリング』って動画をアップしました。

15分程度の動画ですが、9分過ぎからの映像を見たらよく分かります。

カブの武器は高いコーナーリング・スピードと路面対応の広さ、そして公道走行での汎用性です。

俺はカブこそ最強のバイクと信じてます。

カブって本当に不思議なバイクですよねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

野芝の苗を蒔いた。

今年も近所の農家から野芝の苗をもらった。

去年に植えた苗はしっかり庭に根付いている。

しかし、しっかり植えられた苗よりも雨で流された苗の方が繁殖力が高い事に気が付いた。

そこで今年は苗を植えずに細かく切って庭に蒔く事にした。

今回は庭全体に蒔けました。

あとは勝手に根付いてくれるのを待つだけです。

希望としては寒風山の山肌みたいに野芝で溢れてくれたら自然公園みたいなんですが。

上手くいけばキャンプ場みたいになりますね。

来年はバイク仲間を自宅に集めてBBQでもやりたいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホンダのオートマバイク

サラマンダーカブさん、コメントありがとうございます。

天下一品なんて嬉しい事言ってくれますねぇ。

若い頃にスーパーバイカーズって今でいうモタードのレースが鈴鹿サーキットでありまして、オープン・クラスだとプロ・ライダーと一緒に競うんですが、トップの東福寺保雄さん(全日本モトクロスⅤ9チャンピオン)とは1周10秒ラップタイムに差がありました。

以来、その差を埋めるべく頭を使って走る事を覚えたのですが、最近では年のせいか体の方が言う事を聞いてくれません。

ブレーキングに集中するとシフトダウンのタイミングが遅れ、シフトダウンに集中するとブレーキングが甘くなります。

オートマチックのカブは俺みたいなもうすぐ老人ライダーには最後の希望です。

てな訳で今日はホンダのオートマバイクのお話を少し書きます。

オートマバイクとスクーターの違いですが、リアタイヤがチェーン駆動かそうでないかの違いです。

スクーターは変速機から直接リアタイヤにパワーを伝えますが、オートマバイクは変速機からギアとチェーンでリアタイヤにパワーを伝えます。

オートマバイクのメリットは、メーカー側がバイクを製作する際にタイヤサイズの選択が容易な事と従来のバイクと同様にスイングアームで後輪を支えるのでスクーターに比べて悪路に強い事です。

古くはCB750やCB400のオートマチック車がホンダから発売されてました。

ホンダの創始者である故・本田総一郎さんが「オフロードではオートマチックの方が良いのではないか。」なんて言っちゃったもんだからホンダのモトクロス・レース部門でオートマチックのモトクロスレーサーを開発。

技術者とテストライダーの大変な苦労が実り、1990年にオートマチックモトクロッサーで全日本チャンピオンを獲得。(変速はバダリーニという複雑怪奇な機械で行う。)

翌年に国際モーターサイクル・スポーツ協会(FIM)が、「オートマチック車禁止。」で市販車オートマチックモトクロッサーが発売前に立ち消えた。(俺、注文してたんだよねぇ。)

「それじゃぁ、あんまりだ。」っと思ったホンダはレジャー用オフロードバイク『EZ-9』を発売。

リード90のエンジンをベースに製作されたオートマバイクだ。

乗れる人が乗れば相当な速さで走れたらしい。

それから20年が過ぎ、2010年にタイホンダからWAVE110iが発売された翌年にWAVE110ATが発売される。

EZ-9と同じくCVT(ベルト式無段階変速)でチェーン駆動のタイカブだ。

その頃、国内ではオートマチックモトクロッサーの技術を応用してDN-01というオートマ・バイクが発売されてリターン・ライダーがこぞって乗っている。

最近は全然見なくなったから、ハーレーとかに乗り換えたのかな?

よくクルマやスクーターで、「オートマチック車はスポーツ性が低く面白くない。」なんて話を聞く。

俺はあえて言いたい。

「オートマチックでも速く走れたらそれがスポーツなんだよ。」とね。

「楽して速くてどこが悪い。」

天国の本田総一郎さんならきっとそう言うはずだ。(多分・・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

荒業チューンはバカだから出来る。

774rrさん、コメントありがとうございます。

実は現在ではCBR150Rのインジェクターを使用しています。

但し、噴射口をロウ付けして塞ぎ、自分の求める噴射量に調整して装着です。

荒業ですがかなり使えますよ。

コンピューターによるセッティングが要らなくなり、何種類も調整したインジェクターを用意すればキャブレターのジェット類交換の様にセッティングが簡単に行えます。

原始的ですが確実です。

ノーマルコンピューターの許容範囲にインジェクター自体が合わせる訳ですからね。

こんな馬鹿なセッティング方法をやってるのは世界広しといえど俺だけでしょう。

バカだから成せる業です。

他にも、カブ110系エンジン用ビックフィン、自作カムシャフト・バランサー、フライホイールのバランス調整によるエンジン特性変更、バイク用グランド・エフェクター、スパイクタイヤのハイグリップ化などバカだから出来る事ですよ。

ですが、これらのアイデアで一儲けしようとは全く思いません。

そんな事したら俺のバイクより速い原付きカブが増えてしまいます。

東北はカブ人口が多いだけにそれだけはゴメンこうむりたいですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

contourヘルメットカメラのテスト動画その2

カメラの解像度を1080Pに上げて撮影しました。

魚眼レンズ気味だった映像がちょっとだけマシに。

テクニックは若い頃よりありますがダート走行だと体の反応がやっぱり遅れます。

あーっ、オートマチックに乗りたい・・・

http://www.youtube.com/watch?v=mvHRXuU7u54&feature=youtu.be

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

衝撃バイクスタント

今まで見たどのバイクスタントよりも衝撃的です。

色んな意味で・・・

http://www.youtube.com/watch?v=6SSeADFHXi8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CONTOURを選んだ理由。

単純に格好いいからです。

GOPROに比べて安いし格好いい。

カタログでは米軍も使用しているとか。

あと、並行輸入品は赤いレーザーが出るから尚更格好いい。

ベタ惚れしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

contourヘルメットカメラのテスト動画

http://www.youtube.com/watch?v=Y4OAmNNK0-k&feature=youtu.be

あんまり良く映らないから調整が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が変わりました。

波(怪)に組む予定だったWAVE125iのインジェクションとエアクリーナー・ボックスをWAVE110ATに組む事にします。

メカニカルロスの大きいエンジンだけにパワーが必要だからです。(CVT変速+チェーン駆動)

マフラーはノーマルをその道のプロに改造してもらいます。

化け物を一台作るつもりでいますよ。

俺の集大成ともいえるマシンを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »