« 15対1 | トップページ | ウェイト調整 »

2013年10月31日 (木)

激変激速!WAVE110ATの改造方法

WAVE110ATの遅い原因は、エアクリーナーボックスの豚鼻(吸気ダクト)とドライブプーリーのウェイトでした。

速くするとなると、

エアクリーナーの2つある豚鼻を取り外し、

エアフィルターの金網を取り外し、

ドライブプーリーのウェイトを6つから3つに減らし、

ドリブン(リア)スプロケットを38T→34Tに交換。

これで最高速はノーマルPCX125と同じ100キロで、加速は80キロまでは同じくらいです。

これ125ccにボアアップしたらPCXよりも確実に速くなりますね。

ドライブプーリーのウェイトは耐久性を考えて、中央の金属部をドリルで削り、重さを半分に調整して6つに戻したいものです。

はっきり言って、「もうギアのカブはいらないのでは?」と思えるほどですよ。

平地のタイトなコーナーが連続する道なら既に波(怪)よりも速いです。

正直、戸惑ってます…

|

« 15対1 | トップページ | ウェイト調整 »

コメント

ウエイトローラーですが、波乙は表面のラバー側面の両側まで被ってるタイプでしょうか?
スクーターの場合、真ん中の金属ウエイトの両側までラバーが被ってるタイプと、片側だけ被ってるタイプが有ります。
片側だけ被ってるタイプは回転に方向有りますので、要注意です。
あと私の場合、峠とかギンギンに走るとウエイトローラー意外と消耗激しかったです。
粗悪品だった可能性も有りますが、半年でウエイトローラーおむすび形に偏磨耗しましたよ。

投稿: 桜華 | 2013年10月31日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/53783957

この記事へのトラックバック一覧です: 激変激速!WAVE110ATの改造方法:

« 15対1 | トップページ | ウェイト調整 »