« 呪縛か封印か | トップページ | 波乙のCVT »

2013年10月30日 (水)

スクーターの駆動系を勉強しました。

出前屋さん、DAXさん、コメントありがとうございます。

ウェイト調整で回転数アップができるとは盲点でした。

お二方の情報に感謝いたします。


と、いう訳でスクーターの駆動系を勉強します。

調べてみるとエアクリーナーをラムエア化しても回転が上がらず効果が薄かったのは、このウェイトに問題がある感じですね。

実際をやってみて効果を確かめてみたいと思います。

|

« 呪縛か封印か | トップページ | 波乙のCVT »

コメント

お久しぶりです。
先日は久々に会えて嬉しかったですよ。
スクーターもチューンしてたので色々長文で書きます。
参考になれば幸いです。
波乙の駆動系は見た事無いので、一般的なスクーターの駆動系チューンで書きます。
ウエイトローラーは基本軽くすると加速仕様
重くすると最高速仕様になります。
対角線3個抜きすると軽くするのと同じ効果で加速仕様になりますが、ウエイトの慣性でプーリーを押し出すので最高速は落ちます。
3個抜きは、そこだけ負荷がかかりバックプレートやプーリー本体の偏磨耗に繋がるのでオススメしません。
カブ同様に遠心クラッチが着いてるので、クラッチスプリングを高張力に交換するとクラッチミートタイミングが高回転になりダッシュ力は上がりますが、アイドルアップしないと出足が悪くなります。
パワーを上げるとVベルトに負荷がかかり減りが早くなるので、強化Vベルトも必要になります。
滑りが出てくるようなら、クラッチセンタースプリングも強化が必要になってきます。
キモとなる部分はこんな感じです。

投稿: 桜華 | 2013年10月30日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/53771077

この記事へのトラックバック一覧です: スクーターの駆動系を勉強しました。:

« 呪縛か封印か | トップページ | 波乙のCVT »