« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

イメージ・トレーニング

梶 晴信さん、コメントありがとうございます。

炎上も悪くないですよ。

炎上する度にこのブログのファンも増えてきますから。

何回も炎上すると慣れてくるものです。

雪がチラついてくると秘かに緊張してきます。

「今シーズンは自分の走りに納得できるだろうか?」

昨シーズンは、マシンのパワーも撮影用のカメラもライディングも全て不満があった。

今シーズンは準備も終えて大丈夫とは思うが、蓋を開けてみないとどうなるか分からない。

波怪のパワーは足りてる?

カメラ凍らない?

ギアミス対策は?

不安だらけ。

そこで、

https://www.youtube.com/watch?v=kl2z5ukldD4

昨シーズンの雪道走行動画を見てイメージ・トレーニング。

コーナー70~100キロで突っ込む自分を見てドン引きです。

怖いっす・・・

追記。

来シーズンは波乙(オートマチック車)でタイムアタックします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波乙慣らし運転

アラフォーさん、コメントありがとうございます。

恋愛に年は関係なくなりつつあります。

相手がOKなら全部ありですよ。

現在では×1、×2は当たり前です。


波乙のボアアップ完了して慣らし運転実行。

長めの暖機運転をして、エンジンの防風カバーを付けてからの走行です。

感想は?

「やっと合格点だな。」

良い感じです。

今までとは違い、スピードを抑えてコントロールできるので走りが安定してます。

足りないスピードをテクニックで補って走るのとは天と地です。

来年にマフラーを制作し、インジェクションを口径アップさせればチューンナップ終了かな。

マフラーはやっぱりBRDビトッチさんとこで作ります。

注文する際は、タイプR(触媒なし)で取り付けステーを新設する特注品になります。

出来上がったら耐熱ブラックに塗装したいな。

もしかしたらマフラーよりもインジェクション口径アップの方が早くなるかも知れませんが。

来週には波乙にスパイクタイヤを履かせます。

どれくらいパワーが食われるかなぁ…


追記。

強化インジェクターが今の仕様にばっかり合っていて、チューンナップしたバイクに思えないほど素直に走ります。

素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初炎上した日

クロ1100さん、平社員さん、コメントありがとうございます。

クロ1100さん、そうなんですよ。

ネットでは、ものを知らない奴に指摘すると烈火の如く怒り出し、仲間を集めて攻撃してきます。

現実世界なら恥ずかしくてできない様な事がまかり通ってる。

今日はその事をちょこっと書きます。

平社員さん、ストレートに表現すると、木製バットが金属バットになって、振り易くなった感じです。

俺、野球部じゃないんでバットは縦にしか降った事ありませんけどね。(笑)


このブログが初炎上した日。

原因は2ちゃんねる。

バイクスタントについて語るスレで、デカい顔して間違った情報を書き込んでいる奴に本当の事を教えてやった。

「キャブ車のバイクが高角度で長時間ウィリーすると突然エンジンが止まりそうになるのは、ガス欠ではなく反対にガソリンがエンジンに流れ過ぎてカブってるだけ。」

そしたら、「神現る。」と喜ぶ人がいる反面、嬉々としてウィリーの真実を抜きにして訳の分からない誹謗中傷が起こり、このブログも炎上した。

別に痛くも痒くもないし、ネット環境が充実してない俺を特定するなんて俺の知り合いが裏切らないかぎり無理。

まぁ、過去に裏切った奴が一人いて、制裁はしっかり加えさせていただきました。

このブログにその制裁の記事があったんだけど、元嫁にバレるのが嫌で削除した。

また新しい嫁さんもらったらヤバそうな記事は全部削除するよ。

おっと、話が脱線したな。

俺、客商売だけど怖いけど真っ直ぐな人で通ったるんで、「俺が暴れたのには理由があるんだろうなぁ。」くらいしか思われない。

俺に降りかかる火の粉は振り払うじゃなく、喰ってやるが俺なんでね。

ちょっと前の炎上?(規模的に疑問)も限定解除を知らない奴または限定解除できなかった奴の攻撃が主。

まさに、


『馬鹿が見る豚のケツ。』ってやつですよ。

って事は、俺は豚のケツか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

シーズン最初の雪

今シーズン最初の雪が積もりました。

積もったといっても水雪なのですぐに解けそうです。

もし解けないとしたら、これほど面白くない雪もない。

最初からシャーベット状でスピードを上げて走ると、ハイドロプレーニングみたいにタイヤが浮いてきます。

スパイクタイヤも利きません。

まだまだ俺の出番ではないですね。

年越ししてからかなぁ。

来年も王様走りを見せてやります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波乙ボアアップ完了。

波乙のボアアップが完了しました。

庭で試し乗り。

125cc分のダッシュはします。

ちょっと慣らし前なのでエンジンが賑やかですが、いつもの事です。

次は気の利いたマフラーだなぁ。

BRDビトッチさんのところで作ってもらう予定ですが、スーパートラップのマフラーも捨てがたい。

ゆっくり悩んで決めますよ。


追記。

燃料はハイオクに切り替えが必要になりました。

慣らし運転くらいならレギュラーでも大丈夫だと思うので、次回の給油からハイオクです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カブ太さんへお願い。その2

カブ太さん、コメントありがとうございます。

早速のご指摘感謝します。

それでは訂正させていただきます。

役不足→荷が重い

でした。

あなたでも役に立つ事があるみたいなので、訂正させていただきました。(いいぞ、いいぞ、ワクワク。)

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ太さんへお願い。

カブ太さん、コメントありがとうございます。

そうですよう、俺は寂しいです。

俺と対等に話せる人物がいなくて本当に寂しい。

カブ太さんも俺には役不足みたいなんで、良い人いたら紹介してください。

あの、カブ太さんみたいにピーチク、パーチクさえずる人はダメですよ。

もっと具体的にガツンとくるコメントをしてくれる人が好みです。

ここ数日にもらったコメントであなたが一番つまらない。

他の人は面白かったなぁ‥(遠い目)

では、頼みますよカブ太さん。

よろしくお願いします。

あっ、ちなみに女は間に合ってますから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

パーツメーカーのパーツについて

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

北海道の宗谷岬ですか?

毎年行われる年越しイベントですね。

その友達に伝えてください。

横風の強い時は風が吹く方の足をステップから外し、ヤジロベエの様にバランスを取ると安心して走れます。

ギアは1速低くして突風に備えてください。

できれば天候の良い日なら良いのですが、年末年始のスケジュールもあるだろうからこんな走り方もあるって知っておいてください。

では、お気をつけて。

ゴッドスピード!


俺と走った事のないバカなカブ乗りが好き勝手言ってるらしい。

いずれ俺と走る機会があるかもよ。

来年は俺が出張ってやるからさ。

待ってろ屑ども。


ここから本題。

カブやモンキーなどの横型エンジンは各パーツメーカーが改造パーツを出している。

その各パーツメーカーによって販売するパーツの特色が全く違っている。

まずはTAKEGAWA。

完全にレーシングパーツ扱いで壊れるがどうかの責任は、TAKEGAWAのパーツを選んだオーナーの責任としている。

次にキタコ。

ここもTAKEGAWAと同様。

デイトナは最高出力はTAKEGAWAやキタコに劣りますが、ノーマルの使い易さをキープして使い勝手の良さが光ります。

あと、ジュン・インターナショナル。

デイトナと同じくノーマルの使い易さをキープしていますが、オーナーがパワーを求めて工夫すると大化けします。

色々好みが分かれますが、財布の中身でほとんどの選択が決まると思いますね。

俺のおすすめ?

『カブ&ピース』のショップチューニングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブのスパイクタイヤについて

長後街道さん、芝の隆さん、コメントありがとうございます。

長後街道さん、な、なぜ黒縁メガネ作戦を知ってるんですか?

獣の目を隠すのはバレバレでしたか?

参ったなぁ‥

芝の隆さん、早速カブのスパイクタイヤについてアドバイスしたいとおもいます。


カブのスパイクタイヤはピン数が一番大事です。

BONSANの2.25‐17が96ピンです。

これを前後に履かせてください。

空気圧は標準です。

ビートストッパーはピン数が少ない時にアイスバーンでグリップさせる為に使います。

この時の空気圧は1キロです。

スパイクピンが96ピンなら必要ありません。

84ピン程度だと、どうしてもピンが地面を噛まない瞬間ができるので、空気圧を減らしてタイヤ自体のグリップで補完する感じですよ。

ビートストッパーの必要性はピン数で決まるって事です。

俺も雪道走行歴7年。

俺が考えるスパイクタイヤの最高セッティングは、

BONSAN(2.25‐17)の96ピンを前後に履く。

リム幅は前後共に1.60‐17にして、タイヤを引っ張り気味に装着して、真四角タイヤを台形タイヤにします。

タイヤの空気圧は標準値にします。

できれば後輪には、前の年に前輪に使ったタイヤを用いると、ゴムが減ってピンが出っ張り、最高のグリップを得られます。

但し、雪が積もってない乾いた道の時は、速度を落とさないとピンが抜けるのでご注意ください。

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日、ボアアップの続き。

サークリップがバイク屋に届いたので明日ボアアップの続きができます。

ボアアップが終わったらエンジンに防風カバーを取り付けて慣らし運転をしないとな。

スパイクタイヤも組まないともうすぐ雪が降ってくる。

何事もなくパーツが組めたらいいな。


そうそう、今日床屋に行ったよ。

今までやった事のない髪型にチャレンジしました。

その髪型とは?

七三分けです。

只今、秋田では龍角散のテレビCMで佐竹知事が殿様役を演じ、「褒美は何が良い?」なんてセリフを言ってます。

「そうだ、佐竹知事の七三分けをやってみよう。」

てな訳でやってみました。

俺、顔が面長なので意外に似合いましたよ。

イメチェン大成功です。

ちょっと頭良さそうに見えるし、俺の本性が隠せそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

殺る気満々じゃん。

ひでさん、beat082さん、コメントありがとうございます。

ひでさん、プロだとまた使い分けがちがうんですねぇ。

勉強になりました。

beat082さん、金と腕のある奴は煽り運転はしないです。

いつでも抜けると思ってますから。

俺もその手です。

金はないですけどね。(笑)


昨日の夕飯を実家で食べてる時に、テレビのニュースで千葉県市川市の女性刺殺事件が報道されてた。

事件直後に逃げた男の格好を紹介してたが、

黒いニット帽、黒いフードつきの上着、ジーンズ。

「殺る気満々じゃん。」

通り魔や強盗の類じゃないな。

今時の殺し屋スタイルだろこれって。

っと思ってたら、今朝になってあっさり犯人逮捕のニュース。

やっぱり刺された女性の元交際相手。

俺は刺した彼に言いたい。

「女はこの世にうじゃうじゃいるし、男とくっつきたい女はいっぱいいるぞ。」

復讐するならめちゃくちゃ可愛い彼女作って、がっちりセックスして幸せを満喫する事だ。

俺はそうしてる。

そしたら昔の女なんて、あっという間に記憶の隅っこの箪笥の引き出しに入れられてしまうのだから。

この世はヤリマン、ヤリチンで成り立ってるんだからな。

早まるなよ男ども。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

倍返し?ああ、俺んちの家訓ね。

クロ1100さん、コメントありがとうございます。

秋田に来たら夕飯にキリタンポをたべたら、夜はクロさんのキリタンポを秋田美人にご馳走してやってください。

秋田美人は面白い話が大好きなので、前戯だと思って念入りに笑わせてください。

後はホテルへGO!


俺んちの家訓、正確に言うと死んだ爺さんの遺言、「良いことも悪いことも、お礼は三倍返し。」てのがある。

他人に恩を売るのは好きな癖に、他人に借りを作るのは大嫌いだった、いかにも爺さんらしい遺言だ。

俺は爺さんを尊敬してたから即実行したよ。

若い頃、県道を走ってたら脇道からクルマが出てきそうだったんでクラクションを鳴らした。

そしたら出てきたスターレットが煽ってきたのでぶっちぎった。

ちなみに俺はディーゼルのハイラックス・トラック。

俺のテクニックで楽勝だった。

バックミラーから消したんだけど、赤信号で止まってたら、真っ赤な顔した男が発煙筒を持って男のクルマのドアを開けようとする。

俺はドアをロックしてたが、タイミングを見計らってロック解除。

突然開いたドアで後ろに倒れた男の頭をバイクのアクスルシャフトで叩いてから、爪先に鉄のプレートが入ったブーツで前蹴り。

男はトヨタの整備士だった。

ある時、やっぱりハイラックス・トラックで走ってたら、後ろから高そうなBMWが煽ってきた。

俺は追い越し車線をそのまま走りスピードを上げた。

最高速は120キロくらいだから後ろをぴったり追ってくるBMW。

気持ちスピードを俺は落とし、BMWとの車間を詰めた。

次の瞬間、アクセルを抜いてウィンカーを出さぬまま本車線に車線変更。

BMWは工事中の看板に突っ込み、工事車両ギリギリで停車した。

それから1ヶ月後、俺は最初の嫁さんを助手席に載せて走ってたら、例のBMWがまた後ろから煽ってきた。

「懲りない奴だな。」

この時は他のクルマが多かったから、いつぞやのスターレットみたいにぶっちぎった。

しかし、本車線をゆっくり走る覆面パトカーを発見。

すぐさま急ブレーキで覆面パトカーの後方に入った。

すると、何も知らないBMWが150キロくらいのスピードで覆面パトカーの前を通過。

すぐに捕まる。

覆面パトカーに乗せられるBMWの男に、俺と嫁さんが指差しして笑ったよ。

皆さん、生半可な気持ちで俺に関わってはダメだ。

愛情も敵意も三倍返しなんでね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

電柱ガレージ

昨年の今頃に20日で建てた電柱ガレージ。

今年になって忙しい合間に波トタン板で壁を作りました。

おかげで波乙のボアアップはそこでやってます。

昨年までは自作の駐輪場の中でやってましたが、電柱ガレージの方が広々してて良いですね。

来年の今頃までには壁を茶色に塗装して完成です。

なんだかんだ3年も掛ける事になりました。

これが仕上がったら次は、『世界最速のインディアン』のバート・マンローの家を自作してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目からウロコ

今日知った目からウロコ話。

電柱と電信柱は違う。

電柱は電気を送る為のもの。

電信柱は電話通信の為のもの。

よそのブログで力説したらまた叩かれそうな話だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋田美人について

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

選り取り見取りとはなかなかいかないですよ。

俺の女性の趣味がマニアックなんで。


芝の隆さんに秋田美人の事を言われたので、俺が思ってる『秋田美人感』を吐き出します。

俺が国内で行ったことのある地方で思ったのは、北国の日本海側は美人が多いって事です。

そして、俺の女性趣味を抜きにすると、ヤンキー姉ちゃんがモデル体型で手足が長くイケてますね。

ユッキーナみたいなタイプと考えてください。(佐々木希もヤンキー姉ちゃんだったし。)

反面、デブも多いです。

しかし、デブと侮ってはいけません。

デブでも出るとこが出て、ウエストだけがキュッと絞れる女性は、あら不思議ゴージャスボディーに見えてくる。

抱き心地もふわふわで天国らしいです。(俺の趣味じゃないので友人情報です。

秋田美人について詳しく書くと、伝説みたいな話が出てきます。

大昔、秋田に左遷された殿様が美人を京の都から大勢引き連れてきた子孫だとか。

北欧のDNAが混じってるとか。(本当らしい。)

日照時間が短く、寒い地方なので肌のキメが細かいとか。

色々言われてますが、平均的に美人もしくは可愛い人は多いと言えます。

飛び抜けての美人は学校の同級生に一人か二人程度。(俺の学校時代。)

可愛い人がわんさか。

こんな感じでしょうか。(勿論、ブスもいますが。)

ここ近年、少子化で子供の数が減ってますが、かえって粒揃いになった感じもします。

恐るべし秋田美人。

秋田美人には逸話があって、めちゃくちゃ美人は大人になってから東京に行き、まあまあ美人は仙台(宮城県)止まり。

美人AV女優に秋田出身の割合が高く、秋田の風俗店は数は少ないがハズレなし。(他県の人談)

最後に、

秋田美人にはビッチが多い。(体験談)

地元で大人しく、他で本性丸出しみたいですよ。(惚れっぽいって説もありますが。)

他県の方が羨ましい。

バイク乗りに必要な3つのBは、

バイク。

ビール。

ビッチ。(秋田美人)

ヘル・ライドかよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

俺の女の趣味

中年男が板についてきた俺がこの歳になって、自分の女の趣味が分かった。

大人しめで口数が少なく、前髪で目が隠れてそうな色白の女性。

んー、ヤバいぞ、ヤバい。

これじゃぁ、最初の嫁さんじゃん。

むむむむむ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波乙ばらし

波乙のボアアップとハイカム交換の続き。

エンジンオイルを抜き、外装を全て外し、シリンダーヘッドにハイカムを組んだ。

今回はマフラーがノーマルなので排気ポートの拡大はなし。

シリンダーヘッドを固定するプレートがWAVE110iでは2枚なのに対して、波乙は1枚ものになって剛性がアップしていたよ。(ぜひ波怪にも使いたい。)

ボアアップ後の燃料調整を考えて、予め噴射量を調整した強化インジェクターを組んでおきました。

シリンダーを外し、ボアアップ用ピストンをクランクに組む際、サークリップの1個が変形し過ぎて溝の座りが悪い。

「止めとくか。」

新品のサークリップを注文し、作業は一旦中止。

部品待ちです。

無理して全部をパーにしたら大変だからね。

スペアがあったと思ったが見当たらなかった。(どこだー!)

二年前に波怪のボアアップの時にもサークリップをダメにしたから、またもや二年ぶりにダメにしました。(T_T)

俺のチューンナップは、オーバーホールのサイクルが長いので、なかなか整備のスキルが上がらないのが難点です。

良いんだか悪いんだか…


追記。

TAKEGAWAのボアアップ用ピストンは圧縮比が高そうだから、エンデェランスのピストンよりもトルクが出そうです。

ギア比とウェイトローラーで上手くセッティングすれば波怪と良い勝負できるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

キャノンボール式裏技走法

kimuchiさん、ひでさん、梶晴信さん、コメントありがとうございます。

kimuchiさん、当の本人からなんのアプローチもないので和解もなにも不可能です。

気にするだけ無駄ですよ。

ひでさん、これからも応援よろしくお願いします。

ワクワクするような記事が書ける様に頑張りますね。

梶晴信さん、俺らみたいにがっかり喧嘩してお互いを認め合えれば、喧嘩も悪くありません。

今回の件で一番の収穫はあなたと出会った事ですよ。


キャノンボールは闇の公道レース。

先頭グループは全開、全開、また全開。

早朝スタートでオーバー200キロで走れば朝の警察の取り締まりが開始する前に取り締まり地区を抜けられる。

しかし、先頭グループ以下の参加ライダーは、警察の取り締まりに遭遇する事が多い。

そこで警察の取り締まりを察知し、自分をカモフラージュして走るテクニックを使う。

そのテクニックとは?

追い越した車両を背にして走る。

そうすると、後方から自分の姿を追い越した車両で隠せる。

できれば本車線を走り、追い越した車両に割り込む車両(覆面パトカー)を気にしながら前の車両までダッシュ。

追い越し車線で抜いて、また本車線に戻る。

あとはこれの繰り返し。

これが高速道、国道、片側車線が2車線以上の道でかなり有効です。

俺はこの走り方をあるライダーから盗んで以来、大変に便利だから普段から使ってます。

ただ、ぶっ飛ばすだけがキャノンボールではない。

捕まらないのもテクニックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。最終回

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

そうゆうオチなら納得します。

ちなみにこのブログは総アクセス数1200000程度の不人気ブログです。

この数日のアクセス数は一日一万くらいでしたが、最高記録には程遠いですね。

ブログランキングは眼中にないですから、それ用のバナーを設置していません。

ただ、ブログ開設当初はココログのアクセス数ランキングで一位が多かったと記憶しております。

バイクチューンナップのノウハウを放出していた時代の話ですが、今は秘密主義なんでアクセス数は減ってます。

人気ブログ頑張ってください。( ̄∀ ̄)


追記。

カブ太さん、ご指摘ありがとうございました。

ライキング→ランキングに訂正しました。

俺、横文字ダメだなぁ。

さっき総アクセス数を見たら1326181でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

目が覚めました。

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

芝の隆さんの言葉で目が覚めました。

波怪や波乙のチューニングや走りを楽しみしてくれるファンの事を俺は忘れておりました。

これからは俺への抗議へは簡潔に対応して、バイクの記事に力を入れます。

ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

kimuchiさんへ答えたします。

kimuchiさん、コメントありがとうございます。

かなり慎重な返事を要求されている事が文面からヒシヒシと伝わってきました。

まずは先に不快な思いをさせてしまった事に深くお詫びいたします。

しかし、あそびんさんが普段、あなたにとって尊敬する人だとは分かりましたが、あれはないと思います。

「たとえ某人気ブログ主さんが間違っていても、それを言うな!」がすぐに読みとれますよね。

だから他の人達もそれに続いた。

確かにこのブログで過激な表現で自分の考えを書きましたが、あそびんさん自身も限定解除と大型自動二輪免許の違いはご存知だと思います。

それを分かってあの対応のコメントは、とても人格者とは思えません。

まぁ、深くは考えずに俺の書いた記事に憤慨しての事だと思います。

俺でもあなたの様に自分の友人を悪く言われら面白くわないです。

ただ、その友人が引き金となったのは事実です。

これに対しては俺は詫びる事はできないですね。

某人気ブログ主さんの言葉の誤用はおそらく、同僚の人が使った言葉をそのまま記事にしたのは想像がつきます。

だから俺も「その誤用はあらたな誤解を生むので次回からは限定解除と言わないで。」とお願いしました。

なのにあの対応は何?

俺を最初からバカにしてる?

事なかれ主義で万事OK?

冗談じゃない。

バカも休み休みにしてください。

あなたと彼との友情は素晴らしいと思いますよ。

しかし、俺と某人気ブログ主さんとの友情はコメント欄を見る限り全否定されています。(某人気ブログ主さんが、「あんな奴友達でもなんでもねえ。」と言ったらそれまでですが。)

あれはネット上の暴力です。

俺は当初何度詫びて懇願しています。

その俺に対して次々と沸き起こる攻撃。

俺の性格で暴力には暴力で応えました。

報復と言えます。

もう話は単なる喧嘩です。

そうなれば最初に間違いを犯したのは誰?

おさんライダーとあそびんとなりますね。

喧嘩を見たくないのはよく分かります。

俺だって最初から喧嘩はしたくない。

ですが始まったもんはやるしかありません。

平和主義も良いですが相手を間違えないでください。

俺はただ本当の事を言い、普段俺がしている本当の事を書いただけです。

よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。その10

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

あなたが何を考えているか当てる?

さすがにたった1人からの批判で取り乱す人の考えは分かりません。

私はもっと禅問答みたいなハイレベルなやり取りに期待していましたが、あなたにそういう事を期待しても無理でしたね。

まるで俺よりもずっと年下の世の中を知らない学生と話しているみたいです。

俺にあなた自身の事を問うよりも自分の意見をはっきり言って、「それをどう思うか?」としたらどうでしょうか。

そうでないとまどろっこしい。

俺の『3手先を読む』をかなり極端な解釈をしている様ですが、その先が見え見えです。

もしも、俺が、「こうではないですか。」と言ったとしても、いいえ違いますで済まされてしまうでしょう。

そして、こんな風に答えた事すら、「いいえ違います。」となるはずです。

そもそも、俺の3手先というのは、相手の動きに合わせて自分の動きを変えるフレキシブルな姿勢の事です。

読心術ではありません。

まさか、そんな事も分からないのですか?

おそらくあなた以外のこのブログをご覧の方は皆さん分かっていると思いますよ。

俺はあなたという人が一体どんな人で、どんな人生を過ごしてきたかは分かりませんが、あまり面白い人生を送っている人ではないのはよく分かりました。

もっと頭を柔らかくした方が面白い人生が開けると思いますよ。

よろしくお願いします。(≧∇≦)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

LL・ビーン

梶晴信さん、ジョーさん、コメントありがとうございます。

まぁまぁお二人ともそう言わずに穏便に穏便に‥

勝手に彼の神経質な性格をクレバーと勘違いした俺にも責任があります。

彼もこれで俺の気持ちがよく理解できたはずです。

このブログで某人気ブログみたいな事は避けましょうよ。

お気持ち大変に恐縮です。

ありがとうございました。


昨日、注文していたLL・ビーンのダウンジャケットが届いた。

相変わらずなんていうか本物感が溢れ出る製品だ。

俺のLL・ビーン歴は意外に古く、中学生の時からだから30年以上になる。

なんというか、これさえ着てれば大丈夫って思わせるんだよね。

バイクの世界だとカドヤの皮ジャンて感じかなぁ。

LL・ビーンの製品は、アウトドア・ウエアの老舗だけあってとても暖かいです。

ジャケットやコートもそうだが、特にブーツが有名で、そのブーツを真似した製品がビーンブーツの名で販売されるほど。

勿論、本物は別格に暖かいですよ。

真冬のライディングには欠かせません。

LL・ビーンは俺にはまだ高級品ですが、何十年も大事に使える製品なのでかえって経済的だと思います。

北国に生きる俺には最高のウエアです。


ただ、綿製品の品質だけは難ありですね。

中国生産のアメリカ製だからでしょうか?

たまにほんの小さな穴が空いている物が見受けられます。

製品チェックが緩いんですかね。

もし、俺がそのチェック係員ならかなりマシになるんですが。

昔、ヤマハの工場でアルバイトして、バイクの燃料タンクの塗装チェック係員だったので、僅かな不良も見逃さないですよ。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

大橋42歳さんへお答えします。その9

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

あらあら、なに怒ってるんですか?

そんな事では俺の期待に応えれないですよ。

某人気ブログにも熱狂的ファンがいて、俺のブログにも熱狂的ファンがいます。

そりゃあ、そのブログ主に突っ込んだ質問を何回もしたら、ジョーさんみたいに怒る人だって現れますよ。

その程度の忍耐力じゃあ話になりませんよ。

本当に42年も世の中に生きてきた人間とは思えない暴言ですねぇ。

まずは落ち着きましょうよ。

俺以外の批判が一人いるだけで一発で爆怒りですか?

俺は3日保ちました。

俺はあなたがもっとクールで知的な理論家に思えましたが、どうやら俺の勘違いでした。

これでは、あなたは只の俺の劣化版です。

出直してください。

もう一度、冷静な文章で俺に問いかけてください。

がっかりさせないでください。

あなたに掛ける俺の期待を裏切らないでください。

よろしくお願いします。(T_T)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

明日は波乙ボアアップの続き

ジョーさん、コメントありがとうございます。

結構、自分の置かれている状況を楽しんでおります。

彼は絶対に俺の周りにはいないタイプなので面白いですねぇ。


今日の夕方に工場の冬囲いが終わりました。

あとは春に稼動の際の準備があるだけですが、これはゆっくりやります。

明日は波乙のボアアップが滞っているので続きをしたいです。

波乙は外装を全て外さないてシリンダー周りを整備ができません。

エンジンオイルを抜いてからでないとジェネレーターカバーを外せません。

エンジン弄りにはかなり面倒なバイクといえます。

なんか先が思いやられるなぁ…

ボアアップとハイカムを組んだら噴射量を調整した強化インジェクターに交換しますよ。

ボアアップが終わったらスパイクタイヤにも交換しないとね。

フロントサスの強化はどうしようかなぁ~。

でも、明日は会社の支払日だ。

忙しいな、くそ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

通りすがりのミニヨンレーサーさん、ゆうじさんに感謝します。

通りすがりのはミニヨンレーサーさん、某人気ブログのコメント欄に俺が爆弾投下した後にも援護するコメントをしていただきありがとうございました。

本当に感謝いたします。

ゆうじさん、わざわざ火消し役をかっていただき感謝します。

俺の行動に納得いかない人は全てこのブログで対応できたら大変に助かります。

ありがとうございました。

しばらく収拾がつかない状態とは思いますが、優しく見守っててください。

よろしくお願いします。m(_ _)m

あっ、ゆうじさん、モンスターはウケました。(≧∇≦)

俺、BIGBANGの『MONSTER』をカバーしているNYLONPINKの曲が大好きなんです。

来年度の俺のテーマソングにしたいと思います。♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。その8

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

俺の犯罪歴ですが、全て悪者との戦いです。

暴力にはさらに大きな(テクニックとか)暴力で対抗しました。

多分、常人以上の正義感と防衛本能が働くのだと思います。

脅しも話し合いでの立派な交渉術です。

おそらく大橋さんとは住んでいる世界と時間の流れがちょっと違うのかも知れません。

だから俺とは話が噛み合わない。

あと、今の若者と俺と全く違うところは、

『悪い事は1人で、良い事は大勢で行う。』です。

これが俺のポリシーと言えます。

大勢で1人の人間を虐めたりは絶対にしません。

場合によっては、1人で大勢を虐める事はありますが。

また、良い事は大勢でやります。

1人でやるとその行為への感謝が集中してなんとなく落ち着かない。

それに良い事は大勢でやった方がより大きな力となります。

よってたかって1人を攻撃。

まさにあなた方のやり方です。

その辺をよく考えてもらいたい。

よろしくお願いします。m(_ _)m


追記。

バカッターはやった事がないので分かりません。

しかし、時代がバブルの頃なら今ほど問題にならなかったかも知れないです。(ネットもなかったしね。)

現在はそれがネットで記録に残ります。

俺の爆走動画も見る人によってはバカッターと同じに見えると思いますし、俺は彼らを批判をできる立場ではないのは確かです。

全て自己責任だとしか言えませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイクと一輪車

トルク回転数反比例さん、コメントありがとうございます。

実はブログのプロフィールにも書いていすが、俺は以前にペルー人の仕事仲間から、『アラプンタ(尖った男)』と呼ばれていました。(笑)

一輪車ですか。

男も若い頃に一時期ハマりましたよ。

今回はその事について書きます。


一輪車は人間のバランス感覚と調整力の育成に効果的な乗り物です。

今ほどバイクスタントがメジャーではなかった時代、バイクスタントは映画やテレビだけものでした。

かつての職業スタントチームは新人スタントマンの訓練に一輪車を用いたそうです。

なんでも、一輪車で縄跳びができる様になったらバイクでのウィリーはすぐにマスターできる運動能力が備わるそうです。

実際はそんなに上手く行かないと思うでしょうが、運動神経を発達させるには気が遠くなるだけと訓練が必要です。

バイクでウィリーをマスターさせるのに運動神経が備わっている者とそうでない者とでは、習得時間も経費も大幅に違います。

そこで一輪車が出てくる訳です。

人間は生きる為に必要な能力を身に付ける脳組織があります。

何度も何度も同じ事を繰り返している内に、ある日勝手に体が動く様になります。

この事をバイクスタントの世界では、『神経が繋がった。』と言います。

たとえ最初は全く出来なかった事が、繰り返される行動によりそれが生きる為に必要な事として脳組織が運動プログラムを形成します。

勿論、お金と時間が許すならバイクスタント用のマシンを1台作り、訓練した方が良いのですが、やらかしちゃったり(マシンを壊す。)したらお金と修理を待つ時間が無駄になります。

だから俺が提案するのは以前の様に一輪車である程度の運動神経を確保した上で、バイクスタントをしたらライダーとしての成長はかなり早いはずです。

あくまで初心者レベルからの話ですがね。

但し、運動神経の形成には裏話しがあって、10歳から身に付けた運動神経はやらなくなると削除されます。

小さな頃から訓練した人は一生涯備わっていますが、そうでない人は一生涯それを続けないと、あっという間にできなくなってしまいます。

なので最近、ウィリーをしなくなった俺はウィリーができません。

しかし、やろうとも思いません。

俺が今夢中なのは、「雪道をいかに速く安全に走れるか?」なので。

そればっかりやっている人はなんの世界でも強いですよぉー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。その7

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

俺が韓国人?

それは韓国人に失礼だわ。

俺はモンスターな日本人です。

俺の考えが正しい事を証明する為、理解させる為になりふり構ってないだけです。

ちゃんと某人気ブログのコメント欄見てくれましたか?

当初からしばらくは謝り放しでしたでしょう。

ところが一向に攻撃的コメントが続く、もうブログ主とは別の世界の騒動になってるとお気遣いになりませんか?

ピーキー 対 限定解除コンプレックス軍団&野次馬クレーマーですよ。

ブログ主さんには騒動が完全終了してからメールで詫びる予定でいます。

人は喧嘩をする時に俺は悪くないと信じないとなかなかこうも戦えないものです。

無論、今でも自分は正しいと信じてます。

何度も言いますが、(何度目だろ?)俺の限定解除は大型自動二輪免許とは違うは間違いありません。

その正論に対してのバッシングは全部悪です。

態度が悪い?

失礼だ?

マナーがなってない?

アホか。

それこそ竹島の領土問題と同じく、ちゃんと日本の領土だという歴史的証拠、世界的な認識があるのにも係わらず、侵略を続ける韓国人と一緒でしょう。

俺の主張の正当性を無碍にしてどの口が言うって話ですよね。

それと、あなたは俺に考えを読めと言うが、最初から話し合う論点が違うというか、レベルが全く違うあなたに俺がわざわざ合わせるというのもおかしな話です。

俺は正しい認識をそっちのけで、俺をどうコケにするかにこだわる輩に謝る口は持ち合わせていません。

韓国人は本当ではない事実をでっち上げて日本に謝罪と言いながら金をせびってきます。

それと同様に俺の事を考えるのは最大の侮辱ですよ。

もし、目の前にあなたがいたら、あなたがこれまで経験したこともない体験をプレゼントするところです。

ネットで良かったですね。

ちったぁー、自分のしてる事が現実世界とかけ離れてる事に気づいてください。

あなたこそ、その火病そのものです。

よろしくお願いします。


追記。

老化防止に良いみたいなんで、いっそのことその100辺りまで頑張ってみますか?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢のカブ乗り

クロ1100さん、マキオ会長、コメントありがとうございます。

クロ1100さん、今になって思えば馬鹿な一部のカブ乗り達に強烈なアピールをしたのが失敗だったかも知れません。

マキオ会長、なにせ戦争で英雄になったばっかりに、中国で10年間逃亡生活した男の孫ですから争い事には慣れてます。

東北には気合いの入ったマッドライダーが沢山いますよね。


今思えば、最初に限定解除について指摘した次のコメントにかなり傷ついた。(ねぇ、おさんライダーさん。

それでコメント欄に何行も使って『限定解除とは?』を語るのもなんなんで、自分のブログで限定解除と大型自動二輪免許の違いを書いた。

ただ、頭にきて書いたもんで、つい普段やってる事を書いちゃった。

「ちんたら走る教習所免許のビックバイクを限定解除のカブ乗りがぶっちぎってあげよう。」みたいに。

何にも知らない普通の人にビックバイクをカブでぶっちぎるなんて言ったら、相当バカにしてると感じるだろうね。

しかし、カブの隠れた実力に魅了された走り屋はこれが現実に起こりうる事だと知っている。

バリ伝みたいなマンガの出来事が本当にあるのだ。

俺が所属するバイク集団(各バイククラブの走り好きが集まった連合チーム。)は一年に一回キャンプ(飲み会)とフリーラン(スピード自由)のツーリングを集会で開催している。

俺は毎年オフロードバイクでフリーランに参加していたが、先頭ばかり走るのに飽きてカブで参加する様になった。

そのオフロードバイクにしても、排気量を630cc程度のビックオフローダーから250ccにしたんだけどね。

ちなみに他のツーリング参加者はほぼビックバイク。

ツーリング目的地までの国道では仲良くコンボイ走行だが、目的地の峠からはフリーラン。

可能な限り好きなだけぶっ飛ばしても構わない。

たとえそれがビックバイク相手だとしてもカブはタイトなブラインドコーナーがめちゃくちゃ速いから、場所によってはビックバイクをカモれちゃうのよ。

そんな場所で有名なのが地元秋田では田沢湖。

おとなりの岩手県では八幡平アスピーテラインの下り。

遠くでは箱根辺りかな。

全然カブは遅くありません。

まぁ、それなりの改造は必要ですがね。

へなちょこ教習所免許ビックバイクをカブで抜く。

東北の走り屋カブ乗りにしたら極当たり前の話で珍しいとも何ともない。

これ本当の話。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俺はモンスター その2

俺が22歳の時の話。

ちょっと派手に暴れて留置場に入った。

留置場には牢屋が3部屋。

俺が左の部屋、真ん中が某組織の組長、右が俺の実家にも入った事のある泥棒。

捕まったのが夜だったんで翌日取り調べ。

さらに次の日は検察庁での取り調べ。

そしたら検察官が調書を全く見ていず、朝刊の記事を丸暗記して取り調べをしてくる。

調書とは全然かけ離れた新聞記者の考えた文章を口に出す検察官に頭にきた俺は、検察官を恫喝してそのやる気のない姿勢を激しく批判した。

付き添いの警官に、「長年この仕事をしてるが、検察官を怒る奴は初めて見た。」と言われたよ。

その後どうなったかって?

1泊2日で釈放が2泊3日になりました。

護送車で一緒だった組長には、「検察官を怒鳴ったんだってぇ~。
ダメだょおぅ、検察官の言う事にハイ、ハイって返事しなきゃぁ~。
今度ウチにおいで、いつでも待ってるから。」と言われる始末。

丁重にお断りしました。

まぁ、おかげで罪を軽くするテクニックみたいなものは身に付けましたけどね。

俺はモンスターだから誰にでも食ってかかるよ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

俺はモンスター

皆さん、俺はモンスターだからその辺を覚悟してコメントしてね。

どうやら俺は開き直ってるらしいから(笑)

さぁて、大橋42歳さんのコメントを首を長ーくして待ってるかぁ。

かかってこいやー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸コンニャクで冷やし中華

梶晴信さん、あんどんさん、ゆうじさん、コメントありがとうございます。

梶晴信さん、喧嘩はがっちりやれば仲良くなれる場合もあれば、最後まで敵対する場合もあります。

彼はどっちですかね。

あんどんさん、某人気ブログも前向きな感じになって、限定解除と大型二輪免許は違うが、ピーキーの行動はやりすぎ許せないとなってます。

良い流れです。

ゆうじさん、多分俺はちょっと普通とは違う場所を走っているみたいです。

ピーキーワールドですな。


深夜にお腹が減ったので冷蔵庫を覗いてみると、糸コンニャクがあった。

これでなんか作るか。

ネットで検索。

ダイエット料理ばかりがヒット。

その中で冷やし中華が美味しそうなのでこれに決めた。

完成後、お味は?

スープと添え物だけは美味い。

麺にした糸コンニャクは糸コンニャクのままでした。

まぁ、腹の足しになったので良しとしましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

大橋42歳さんへお答えします。その6

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

あなたは随分耐性のキャパシティが低い人物なんですね。

俺は自分が正しいと思ったらとことんやる人間です。

まぁ、相手は選びますけどね。

あなたとはとことんやれそうだ。

文句があるなら最初から聞く耳持ってるふりなんかせずにストレートに言ってください。

面倒くさい。

俺も楽しい話にしたかったが、周りがそうさせなかった。

他のゆとりでがっかりなコメントに真摯な態度で対応したら、かえって攻撃が増したら誰だってキレますよ。

おそらくあなたなら即キレたと思います。

あなたは前向きな態度で俺を油断させて吊し上げしたいだけでしょう

真面目に付き合ってバカを見ましたよ。

あの楽しいブログを悪意でおかしくしたのは俺ではない。

おさんライダーとあそびんというモノを知らない輩です。

俺は本当の事を教えただけ。

あなたよりは確実に多いバイクの知識を出しただけ。

コメント欄が荒れてる時には傍観をキメて、後からチクチク言ってくる下劣極まりない野次馬のクレーマーとは違います。

某人気ブログ主さんは俺の主張を飲んで記事をアップしたのが俺の正当性の証明ですよ。

最後に聞きますが、あなたも俺を単なる高ピーな嫌み野郎とお思いですか?

この答えであなたのこれまでの態度が一体何の為がはっきりしますよ。

よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大橋さん42歳さんへお答えします。その5

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

誰か分からない不特定多数の人への言動をしてネットで傷つく?

それ本気で言ってます?

随分子供っぽい事を突然言いますね。

ネットには数え切れないほどの人が観覧しています。

その中で一番傷つくのは名指しでの攻撃ですよね。

だから傷つきたくない人は相手を名指しして自分は名無しで攻撃します。

卑怯者です。

これは反面、名指ししなければ受け流せる事を意味します。

誰と言わない批判をスルーできない人間はネームを入れ批判したり意見すれば良い。

あなたもその一人でしょう。

現実として、俺がゆとり免許と名付けたのは今でも間違ってないと思いますよ。

以前とは比べものにならないほど課題が緩くなっているのは事実ですから。

それは十分にご存知じのはずでしょう。

だけど最初からそんな風に思うなんて夢にも思わなかったですよ。

喧嘩ですもの、追い詰められれば自分の意志とは全く別の反撃も試みます。

それが争いというものです。

これは誰にも責める事ができません。

善意が悪意で返され、またそれに悪意で応える。

大人なんですからそこら辺は分かると思いますが…

そんな時に最も困るのが野次馬がクレーマー化する事ですが、これは仕方がないと覚悟していましたよ。

それとあなたは俺をどうしたいのですか?

なにか取り調べ室で 調書取られてる感じと、事が始まった当初の記憶が蘇ってあんまり良い気分ではありませんね。

どこまでも上げ足を探して取ろうと頑張るのならば、俺にも考えがありますよ。

よろしくお願いします。


追記。

すべての教習所免許がゆとり免許ではありません。

かつての限定解除に比べて自分は楽して免許を取得した認識がない人をゆとり免許と言っています。

このブログを騒動が始まった当初から読み直してください。

もしかして全然読む気ないでしょう。

何度も答えたはずの質問が、こうも立て続けに質問されると、がっかりします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。その4

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

大橋さんは教習所免許が開始された当初は、事故増加防止の観点から教習が厳しくされた事実をご存知ですか?

この騒動が始まった頃からの記事へのコメントを見ていただければ内容がよく理解できると思います。

はっきり言います。

人間の資質が変わったと思ってます。

俺らの子供の頃はマンガもアニメも根性モノが多かった。

厳しくされてもそれは当然と思い、なんともなかった。

遊びも野外がほとんどで運動能力も高かった。

現代っ子はどうやらそうではないらしい。

今の教習所の実態を考えても、それは頷けます。

しかし、俺は別にそんなのは気にしていませんでした。

なぜなら、俺は物凄くバイクの運転が下手だったからです。

だから一念発起して戸塚ヨットスクールみたいなモトクロスクラブに所属して自分を鍛え上げました。

だから下手な人をバカにする事自体、俺には考えも及ばない事でした。

口ゲンカみたいになったのは、俺がコメントを入れた瞬間から、俺のそんな人格を最初から否定されたからです。

「これでなんで俺が上から目線になるの?」

その訳は後から冷静に判断するば分かります。

他のコメントを入れた人達に限定解除っていう異物(遺物)が目障りだったからと思います。

限定解除試験がなくなり、日本人の考え方が変わってきたと今回の件で痛感させられました。

俺が若い頃は限定解除ライダーは憧れでした。

しかし、今では高ピーな嫌み野郎に思えるみたいですね。

某人気ブログの記事をもう一度見てください。

限定解除試験と言えど楽して取ろうとする者は蔑まれた事もあるんです。

限定解除ライダーには教習所免許を見下す人もいるでしょうが、俺はそうではなかった。

正確には今回の件で見下すしかなくなったが正解です。

それとて本心ではありません。

なにせ喧嘩しているのですからね。

これでいいでしょうか。

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

喧嘩の先生

beat082さん、ゆうじさん、コメントありがとうございます。

beat082さん、そうですね今度は初めの方から順に見てみます。

今はネットが便利で良い時代ですね。

ゆうじさん、いやいや本心ですよ。

これからもよろしく。


俺が二十歳の時に運送屋に勤めた事があった。

その運送屋にTさんがいた。

社長も所長も整備長も妙にTさんには低姿勢だった。

俺は新人研修でTさんとペアを組まされる事となった。

一緒に仕事をする内に、「このチビのおじさん何?
変に優しいけどなんだか怖い。」と感じる。

新人期間が終わり、他の社員とも仲良くなると、Tさんの正体がだんだん分かってくる。

Tさんは元ヤクザで立川刑務所から出所したのを期に恋人と結婚。

指も詰めずにカタギになってこの運送屋に入社して娘が生まれたばかっりだとか。

別にそれ聞いてなんとも思わなかった。

だって俺にはめちゃくちゃ優しかったもの。

相棒(俺の薦めで入社した友人)に後から聞いた話では、「俺は自分と同じ匂い(雰囲気)がする奴が好きなのよ。」と言ってたそうだ。

それで俺と相棒には優しかったんだなぁ。

Tさんとは長距離の仕事でよく組まされた。

深夜の運転は眠気覚ましに、何故だかTさんの喧嘩必勝法をよく聞かせられたよ。

その一つ一つの話が実に巧妙でえげつない。

例えば、「自分がどうしても勝てないと思った相手には仲良くなるふりをして飲み屋に誘え。」

「その飲み屋にはコンクリートの長くて高い階段があるビルを選ぶんだ。」

「飲み屋に入ったら、この間は俺が悪かったとそいつにガンガン酒を飲ませてヘベレケになったら帰りに階段から突き落とす。」

「そしたら、大丈夫かと救急車を呼んで甲斐甲斐しく世話してやりぁ、義兄弟の出来上がりだ。」

やっぱりこいつら(ヤクザ)油断できないと思う俺でした。

Tさんはよく歌を歌った。

『水曜日のコーヒーの歌』って歌なんだが、刑務所で水曜日の朝にコーヒーが出るとか。

強い奴が弱い奴のコーヒーを奪い、そのコーヒーを奪われた弱い奴の嘆き悲しみの歌だという。

俺はその歌をご機嫌で唄われる度に気分が滅入ったよ。

Tさんには優しくしてもらって、とても世話になったけど正直屑だと思った。

俺の青春のエピソードです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

寒さに弱い俺

梶晴信さん、ゆうじさん、クロ1100さん、コメントありがとうございます。

梶晴信さん、あのカスタムブームの当時は凄かったですよね。

まさにバブリーでした。

俺の場合は、セックスしたい=結婚したい、なんです。

根は超真面目のピーキーでした。

ゆうじさん、さすがに優しいコメントをもらうとスルーできませんでした。

降参です。

だから違いますって。

見下したふりですふり。

そんな心まで強い男ならこんな事にはなりません。

よろしく。

クロ1100さんへ、全くその通りです。

だた今回の騒動は、俺が見下したのではなく、見上げられて馬鹿にされただけでした。

でも、悔いはありません。

意地は通しましたからね。


俺、真冬にバイクで爆走なんかしてるけど、実は寒いの苦手。

波乙のボアアップだが、仕事場の冬囲いで中断中。

仕事ですっかり体が冷えたらバイクなんて弄る気になれません。

波乙は、マフラーとステップを外しただけの状態です。

うーっ、寒い寒い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山田さんへお答えします。

山田さん、コメントありがとうございます。

教習所免許を見下す気持ちなど一切ありませんでした。

某人気ブログのコメント欄を見れば分かりますが、「なに限定解除が俺達を見下しるんだよ。」的なニュアンスのコメントに攻撃(差別)されて、思わずキレてしまった次第です。

だた頭にきていての対応なので限定解除と教習所免許の違いを示せば示すほど逆効果になった様ですがね。

限定解除も教習所免許も全然関係ない。

そうなんだけどね、流石に高ピー野郎扱いされると、その相手に、「その低レベルの技量と知識で何を言うか!」と言ってしまいます。

俺も人間なんで。

実際、限定解除について詳しく知っている人もいない様でしたし。

そこで、理解してくれる相手には感謝を。

俺を高ピー野郎として攻撃してくる相手には制裁を。

このスタイルを最初から最後まで貫き通しました。

ご理解いただけたでしょうか?

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

狂気のブログ

zepさん、おしし仮面さん、梶晴信さん、コメントありがとうございます。

zepさん、zepさんに教えてもらいました『物語シリーズ』ですが、大変面白いですね。

最新話のツインテールちゃんと主人公のキスシーンで涙が出ました。

実は前嫁と結婚して半年後に自宅が完成しました。

娘は、「ここ私の家だよね!」と大喜びです。

たしかその晩に娘が突然俺の唇にキスをしました。

その事がアニメのキスシーンと重なってしまい、思わず涙が流れた次第です。

これからの物語がどうなるのか楽しみですね。

おしし仮面さん、おしし仮面さんからの情報が確かならば、『コッペリオン』は奇跡的な作品といえます。

震災時、あるアニメで津波のシーンが問題となり放送中止になりました。

原発事故が全く解決していない現状でこの作品がテレビアニメ化された事は奇跡だと思います。

しかも、震災以前からの連載開始となればさらに驚きです。

いやあ凄い。(興奮気味)

情報、ありがとうございました。

梶晴信さん、俺もやりすぎクレームには気を付けます。

只今、家族はいませんが新しい家族が欲しいもので。

あー、子作りしたい。


このブログが過激だと思った人もいるかも知れないが、このブログが赤ん坊に思えるほどの凄いブログが存在する。

まさに狂気のブログ。

そのブログ主は主婦。

そして旦那はトラック運転手。

その旦那はブログ主の妹とデキてる。

しかも、この3人は同居。

ブログ主は今現在、血のつながらない甥とデキてる。(旦那、妹と同居する前は一緒に同居してた。)

しかし、その甥とデキる以前からの不倫相手とも継続している。

ブログには不倫相手との性交渉が日々アップされ、スカトロ、SM、3P、アナル、誰か分からない相手とのセックスなどがモザイク入りの画像で載せられる。

そのブログにはアルバムがあって記事に載せられた本人の顔アップ画像にはモザイク入りだが、アルバムの顔にはモザイクがなくブログ主の知り合いが見ればすぐに誰か分かる状態だ。

最近、ブログ主からファン達へ、「ブログを有料化しても良い?」との相談があったが、一斉に止められていたよ。

有料化したら身内バレは必至だとね。

凄い根性というか、肝が据わってるというか。

俺なんか怖くてこんな綱渡りみたいなブログはできません。

ちなみにブログのタイトルは内緒です。

世の中広いぜ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。その3

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

実は教習所免許のレベルが低く感じる訳があるんです。

俺が教習所内部の実状に詳しくならざる得ない理由は、俺がいつも通っているバイク屋さんにあります。

そこのピットにいくと壊れた教習所のバイクがあり、「これ、なんで入ってきたの?」と質問すると、「急制動で止まれずに司令塔に激突した。」とか、「コースを回ってて突然暴走して土手に乗り上げた。」とか、まず俺が若い頃には見た事も聞いた事もない様な事を教えてくれました。

また、そこのバイク屋に以前勤めいた方が教習所に勤めていて、聞かされた話のほとんどが生徒の運転レベルの愚痴でした。

只でさえ少子化で生徒は少ないのに少し厳しくすると、「あそこは鬼教官で厳しい。」と評判が立ち、他の教習所に生徒が流れるそうです。

生徒が減って運転レベルも高く保ず、今では割り切って利益優先の教習所運営が続けられているそうですよ。

そんな事を聞いたら、『教習所を卒業した。』からといって運転が上手いとはお世話でも言えませんよね。

但し、人間のセンスには個人差があります。

いつの時代も上手い奴は上手い。

ただ、下手な奴は昔よりもっと下手。

これが俺の教習所免許の印象です。

ご理解いただけたでしょうか?

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆうじさんへ

「馬鹿に教える説法はねぇ!」(by次長課長)

今後、あなたのコメントは全てスルーします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。その2

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

現在の免許制度で二輪での限定解除はご存知の通りAT限定と小型自動二輪が普通自動二輪免許になる事を差します。

かつての自動二輪免許は中型自動二輪免許を取得しない者に対して大型自動二輪を運転できる試験資格を与えていませんでした。

なので当時の大型自動二輪免許は全て限定解除と呼ばれたのです。

よろしくお願いします。


あと、反対に質問なのですが、今の試験場は普通自動二輪免許がなくても大型自動二輪免許の試験を受けれるのでしょうか?

まぁ、例え受けれたとしても限定解除時代からはかなり試験内容が短縮されているので、「俺は限定解除した奴らより凄いんだ。」とは言い辛いと思いますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大橋42歳さんへお答えします。

大橋42歳さん、コメントありがとうございます。

あなたはコメントの感じから話が分かる人と思うので、ざっくばらんにお答えします。

限定解除と大型自動二輪免許の違い?

そんなものありませんよ。

名称が違うだけ。

限定解除はかつて試験場で取った免許。

大型自動二輪免許は今現在において、その限定解除を含む大型バイクを運転できる免許の総称です。

某人気ブログの記事において、教習所で免許を取る事が果たして限定解除と呼べるのか?

これが最初の論点でした。

そこでコメント欄において俺も手探りでしたがその違いを訴えました。

ですが、ここで問題となったのが『おさんライダー』と『あそびん』という2人の方の最初のコメントでした。

この2人のコメントが、「(ピーキーは)限定解除は偉い、教習所免許と同じにするな!」というニュアンスを残すコメントとなり、後に続くコメントが全て攻撃に変わったのです。

あとはご存知の通りです。

限定解除ライダーは上手いです。

教習所免許のライダーは下手な人もいるかも知れません。

ですがそれは最初だけ。

乗り続ければ皆一緒。

公道での経験こそが最高の教習です。

なぜなら限定解除は絶対死なない・事故しない保証書ではありませんから。

ただ、一つ気になるのが、あるお笑いタレントのバイク事故です。

ハーレーに乗って単独事故を起こした後のテレビインタビューが酷かった。

「なんで転けたか分からない。」

人間は通常、失敗を繰り返さない自己防衛本能で、転けた理由を自分なりに考え言い訳するものです。

だから、「分からない。」などと言う事は自分を守れない人となります。

今の教習所はそんな人物にも免許を与えるのか。

俺は恐怖を感じました。

最後にもう一言。

限定解除はかつて試験場で取得した大型自動二輪免許。

教習所免許は最初から大型自動二輪免許。

限定解除だろうが死ぬ奴は死ぬし、教習所免許だろうが100歳まで乗る奴は乗る。

皆一緒。

本当に名称の違いだけの話です。

大橋42歳さん、今回の騒動を的確に判断して質問を下さった事に深く感謝いたします。

本当にありがとうございました。


正直ね、最初は俺も頭にきて、「俺はただ名称の事言ってるのに、そんな風に酷い事言うなら俺の運転の実力見せてやるぅぅぅ!」って思いましたよ。ええ‥

でも本当はそんなのどうでもいいんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

諸岡です!さんへお答えします。

諸岡です!さん、コメントありがとうございます。

正直な話、某人気ブログのコメント欄へは書き込みしたくなかったのですが、某人気ブログ主さんの気遣いを無駄にする様なコメントをみつけて病むに病まれずコメントした次第です。

そのコメントとは?

「俺も教習所で限定解除します。」

ふりだしかい!

おそらくわざとだろうと信じたいのですが、これは酷い。

なんの為に某人気ブログ主さんが丁寧に限定解除と大型自動二輪免許の違いを記事にしたのか分からなくなる。

ただ俺への挑発だけのみの為に某人気ブログ主さんの配慮に唾をかけるのは許せませんでしたよ。

だから、あなたみたいに俺に真っ正面から訴えかける人をお待ちしていました。

単なる野次馬はあなたの事を、「あーあ、こいつ釣られちゃってバカじゃね。」などと思うかも知れませんが、俺はそうは思いません。

あなたは優しい人だと思います。

しかし、考え方が浅い。

コメント欄に来る人が、「やっぱり限定解除と大型自動二輪免許はちょっと違うんだね。」と一言でも言ってくれたら、俺は何度でもコメント欄で詫びる事ができます。

できればそうしたい。

だから、わざわざこうやって俺に詫びさせるレクチャーまで記事にしている訳です。

あなたが前向きなコメントを入れてくれた事に対して深く感謝いたします。


ピーキー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

忍者戦争

バイク仲間から聞いた昔話。

カワサキのフラッグシップ同士対決勃発か?

そんな感じにちょっと話題になった出来事だ。

かつてカワサキの忍者(GPZ900R)は映画『トップガン』の公開と共に世界中に売れた。

それこそ道を歩けば大型バイクは忍者ばかりの時代もあったよ。

しかし、カワサキは忍者を超えるべく新たなるフラッグシップ・モデルを開発した。

ご存知ZZR1100Rだ。

発売が開始された直後にあるバイク倶楽部(あえてこの字を使います。)が発足する。

『320km/hオーナーズクラブ』だ。(たしかそんな名前。)

その320クラブ(長いので一部省略)のリーダーが、「忍者なんて…」と言い出したからさぁ大変。

忍者乗りは改造好きが多く、当時はフルチューン・カスタムの全盛期だったから忍者乗り達は、「だったらやってやろうじゃねぇの!」とバトルで勝負をつけようとやる気満々に。

そんなこんなで忍者オーナーズクラブ対320クラブのツーリングが企画され、ツーリング当日までにセッティングを繰り返す忍者オーナーがいたという。

まぁ、そうなるわな。

そして待ちに待ったツーリング当日。

バトルは無かった。

320クラブのリーダーは絶えず笑顔でゆっくりとツーリングコース回り、バトルのバの字にもならなかったのだ。

とどめに言った320クラブのリーダーの言葉が、「いやあ今日は良いツーリングだったねぇ。」

一瞬で白けてその日は終了。

散々舐めた相手と勝負になるとのらりくらりとかわして逃げたのだった。

そのツーリング以後、忍者乗りを馬鹿にするビックバイク乗りはいなくなったとさ。

めでたし、めでたし…


俺が何言いたいか分かる?

自分の意見を通したければ証明しろって事だ。

それもできずに屁理屈にもならない文句ばかり。

俺らの世代はビックバイク乗りが熱かった。

クールが格好いいとかほざくな。

それはただのヘタレだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

正しいクレームの付け方

某人気ブログに巣くう人達が情けないほど文句の付け方が下手。

そんな事ではクレームも裁判も相手にされない。

いいかい、相手に詫びさせたければ、まず相手の主張が正しいか判断しなさい。

間違いならそこを指摘すれば即終了。

後は怒涛の如くその事を連呼して怒るだけ。

もしも主張が正しければ、それを認めて自分が気に入らないところを怒涛の如く怒りなさい。

相手は自分の主張が認められれば、いくらでも謝るから。

つまり、妥協するべきところはする。

言い争いは駆け引きです。

これができれば警察の八百長な取締りも、いらなくなった嫁さんも全部黙らせられる。

これをできずに文句を言い続ける人達は韓国政府と同じレベル。

恥ずかしいったらありゃしない。

あっ、ちなみに俺はK‐POPが大好きだ。

韓国政府の洗脳政策と乞食にも劣るたかり要求が嫌いなだけ。

まぁ、まともに話もできない人達が某人気ブログにはいっぱいいたので、正解を教えてみました。

自分が間違っていたらすぐに退却。

どう考えても正しければ意地でも退かない。

過去の日本人みたいに、相手の要求を二度までのんで三度目は戦争なんてのも最悪。

ダメなものはダメ。

白いものは白いと言う。

これでいいのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

COPPELIONがキツすぎて

長後街道さん、梶晴信さん、ゆずきちさん、コメントありがとうございます。

長後街道さん、なにぶん俺は年代物のマンガオタクなので色々知ってます。

ただ走り屋マンガだけですけどね。

梶晴信さん、良いんですよ。

あなたは俺に聞く耳を持ってくれました。

今回の爆弾投下は他にも聞く耳を持ってくれる人がいないか確かめただけです。

ゆずきちさん、そんな訳で爆弾投下してみましたが、ものを真っ直ぐに見れる人間は皆無でした。

日本人は悪い方向に向かっているのかな。

俺が死後に中国や韓国に日本が蹂躙されてなければよいのですが、喧嘩もまともにできない人間ばかりで心配です。


月刊ヤングマガジン連載中で最近テレビアニメ化された『COPPELION(コッペリオン)』が余りにも福島の原発事故を皮肉ってて涙なくしては見ておれない。

しかも、このまま福島を放射能の廃棄物処理場にするなの警告までしている。

よくアニメ化されたなこのマンガ。

強烈です。

某人気ブログのコメント欄に巣くう無能ども、たまには郷土愛について考えろ!

それともすでに放射線に頭やられたか?

さぁ、仕事に行こうかなっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

爆弾投下

某人気ブログのコメント欄で俺が顔を出さない事をいい事に、言いたい事言ってくれちゃってる輩に爆弾コメントを投下しました。

ざまぁみろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幻のバイクマンガ

梶晴信さん、長後街道さん、桜華さん、コメントありがとうございます。

梶晴信さん、物知りですねぇ。

自分以外で熱風の虎を知っている人を初めてみました。

今回の作品は知ってます?

長後街道さん、そうですかスッキリしましたか。

俺の中で村上もとか先生作品のNo.1は、『セイレーン』です。

不人気で無理やり最終回になった作品ですけどね。

桜華さん、エイプが直りましたですか。

涙怪の方は別次元になったので、次回は波乙と走りましょうよ。

良い勝負だと思いますよ。


バイクマンガの話が続きます。

俺が憧れたバイクマンガがあります。

残念ながら単行本化はされていません。

おまけに作者はもう若くして亡くなっています。

ストーリーは、

主人公が幼い時に亡くなった技術者の父親。

その父親が開発したスピードブレーカー(最高速度記録競技車)のエンジンを使って高校生になった主人公が公道で乗れるモンスターバイク製作して爆走する。

そんなとこかな。

作者は『GO!GO!爆走ハイスクール』の武田ゆういち先生。

作品名は、

『No Surrender(ノーサレンダー)』です。

月刊少年マガジンに連載されていたマンガでしたが、マシンがモンスター過ぎて読者にうまく面白さが伝わらなかった。

俺は連載当時、XR630アルベーカー・スペシャルをさらにチューンナップしたマシンで砂利道最高速度アタックをしていました。

それだけに他の読者よりは作品の面白さがひしひしと伝わってきた。

はっきり言って世に出るのが早過ぎた作品だと思います。

マンガの中でモンスターバイクのスピードは公道時速400キロ。

現在ならやってる奴はやってるらしい。

そんな今だからこそ、もう一度見てみたい作品です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

長後街道さんへお答えします。

梶晴信さん、長後街道さん、早速のコメントありがとうございます。

梶晴信さん、そうなんですか、それで謎が解けた。

もしかして美人の奥さんとはその頃の出会いですか?

勝手に想像を広げる俺です。


それでは長後街道さんへお答えします。

そのマンガは村上もとか先生の『熱風の虎』です。

実は俺、走り屋マンガオタクなんです。

実家には本棚にバイクやクルマを題材にしたマンガがわんさかあります。

熱風の虎の凄いところは、作者の村上もとか先生が当時全くバイクに乗った事がない事です。

マンガは基本的にフィクションですが、物語に登場するバイクテクニックまでフィクションなのに全然嘘くさくない。

そう、天才的な作品なんです。

中でも主人公(名前は忘れた。)が、モトクロスバイクでコースに転がっているただの石を利用して高く炎を飛び越えるシーンがあります。

これってモトクロスの世界では本当にある話で、石の硬度の高さから強い反発力発生させて大きくジャンプできます。

俺はモトクロスコースでも林道でも、地面から顔を出した石を使って、よくジャンプをしてました。

一緒に走ってる仲間達は突然ジャンプする俺を見て驚いたものです。

村上もとか先生のマンガは恐ろしくリアリティがあるのに全てフィクション。

大漫画家の作品ですね。

梶晴信さんもよく知る熱風の虎は、まさに日本人に世界のバイクを紹介した二輪版『サーキットの狼』です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バイクマンガのマンガ家

ひでさん、梶晴信さん、コメントありがとうございます。

ひでさん、山形のバイク集会ではマッドマックスファンが多いので、バックでマシンを駐車して、激しく空ぶかししてからリーダーの合図でエンジン停止します。

多分、今でもやってるでしょうね。

お約束ってやつです。

梶晴信さん、俺は体が元々マッチョなんですが足が短いのでクマのプーさん体型に見えてしまいます。

以前にブログで、「このメタボが!」ってコメントされたんで次の日のブログに裸の画像をアップしました。

そしたら、「モンゴル相撲の力士みたいだ。」と言われましたよ。

そうなんです、性格が昔の2サイクルエンジンでクマみたいに見えるモンゴル相撲力士が俺の正体です。

まぁ、ほんとならクマの方が怖いんですけどね。


俺、コミックとかアニメが好きでさ、ただ好みがうるさいのよ。

昨日、久しぶりに買った単行本が『ダイヤのA(エース)』。

暇な時にはアニメ動画をよく見てて、昨日は『物語シリーズ』を見てた。

そしたら涙が止まらなくなってさ、「何でだろう?」と思ったらツインテールでいつもデッカいリックサック背負ってる美少女キャラが別れた娘にそっくりでさ参ったよ。(娘は髪を下ろすと大人ぽいがツインテールだと美少女になる。)

話は本題に。

2日前に東本昌平RIDE78ってバイク雑誌を買った。

特集は現在活躍中のバイクマンガ家インタビュー。

何回もしつこく読んでたら、ある事に気が付いた。

それは、

マンガ家と描くキャラの感じがそっくりだって事。

試しにマンガ家の顔と描いたキャラをカードにして、「このキャラは誰が書いた?」って選ばせたら、ほとんどの人が正解すると思う。

それくらい似ている。

不思議なもんだねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

7年前はデビルマンな俺でした。

ゆずきちさん、梶晴信さん、コメントありがとうございます。

ゆずきちさん、やっと流れが変わってきた感触がします。

今回の件で全国的に、『限定解除と大型自動二輪免許は違う。』という認識がまた以前の様に広がりました。

流石に時代を感じます。

梶晴信さん、本当に数々の失礼をお許しください。

聞く耳をあなたが持ってくれただけで今回の騒動の甲斐がありました。

一人でも多くの誤解を解く事が今の俺の願いです。

本当に感謝いたします。


俺、二回目の結婚をするまで心の底からデビルマンの様な男でした。

自分を認めない者は全て敵。

ましてや攻撃を加えてくる奴は半殺し。

たまには気分転換に大暴れ。

超DQNです。

そんな男に優しさを教えてくれたのが前嫁の連れ子である娘でした。

娘はとても真っ直ぐな性格で誰に対しても優しく、「世の中にこんな女神の様な人間が存在するんだなぁ。」と思ったほどでした。

そんな娘と一緒に過ごす内に、俺の憎悪の塊みたいな気持ちが和らいで、数年後には普通の優しいおじさんになれました。

「今までの俺は一体なんだったのだろう?」

俺にとって娘はデビルマンに登場するヒロイン・美樹みたいでした。(ルックスも良かったし。)

「この娘は俺の宝物。」そう思うと馬鹿な事はできません。

事実、毎日が幸せでした。(一度だけヤクザが自宅を訪問したので半殺しにしましたが。)

しかし、そんな幸せは長くは続きませんでした。

前嫁は田舎暮らしに馴染めずそのストレスから体を壊し、問題行動も多くなってきました。

結局、今年の9月に俺と前嫁は離婚しました。

当然ですが娘はもういません。

それでも、俺は以前の自分には戻らずに優しいおじさんのままです。

でもね、今回の件の様に正しい事を言ってフルボッコにされると流石に俺もデビルマンな自分が現れる訳ですよ。

今まで生きてきて百人以上の人間を殴ってきた暴れん坊の血がね。

まぁネットでの事なんで現実に攻撃を加えられる訳ではないのが幸いですが。

おそらく、目の前でやられたら最初に争いの原因になった人間だけは一緒に地獄に行ってもらいますけどね。

ねぇ、おさんライダーさん、あそびんさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時計仕掛けのオレンジ

なおたけさん、annie(副会長)さん、beat082さん、コメントありがとうございます。

なおたけさん、俺のチューンナップを真似して15キロアップですか?

しかもマフラー交換なしに?

激変ですね。

ボアアップとマフラー交換でさらにプラス10キロできますよ。

エンデュランスのボアアップキットならドライブスプロケット1T上げです。

マフラーは定番のBRDで。

ハイカムを組むと燃調が面倒くさくなります。

annie(副会長)さん、名称の違いを指摘したら限定解除コンプレックスの人達から叩かれる叩かれる。

良い刺激になってまた若返りました。

beat082さん、収束はまだまだでしょうね。

ただ、少しずつですが理解を示す人は増えている感じがします。

そりゃそうですね。

限定解除と大型自動二輪免許が違うのは事実ですから。


新しいパソコンにプリンターのプログラムをインストールする際に、コンピューター関係の物を収納した箱からDVDが出てきた。

俺がマッドマックスの次の次に好きな映画『時計仕掛けのオレンジ』のDVDです。(2番目は狂い咲きサンダーロード。)

小学生の頃にSF映画の本で紹介された当時日本未公開映画です。

どんな話かって?

現代の少年犯罪そのままですね。

何せ42年前に未来を予想して作られた問題作ですから。

何度見ても面白いです。

しかし、人によっては相当つまらない様ですが。(最初の嫁は3回見て3回爆睡。)

さぁてと、これ見て血をたぎらせるかぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

通りすがりのミニヨンレーサーさんへ感謝致します。

通りすがりのミニヨンレーサーさん、コメントありがとうございます。

あなたは本当に勇気がある人だ。

わざわざ某人気ブログのコメント欄に行ってまで自分の意見を貫いてくれました。

叩かれるのが分かっていながら、そこまでしてくれた人はあなた以外いません。

本当に感謝致します。

このご恩は一生忘れません。

ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆうじさんへお答えします。その3

ゆうじさん、コメントありがとうございます。

これから理解力に問題があるあなたでもよく分かる様に説明しようと思いましたが諦めました。

流石に俺でも馬鹿に論理を教えるのは無理です。

匙を投げますよ。

ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梶晴信さんにお詫び

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

なんかニュアンスが変わり、最後のコメントから前向きな姿勢が感じられました。

俺がこだわったのはその呼び名が違うって事だけでした。

しかし、分からず屋の人達があまりにも攻撃的だったので、思わず喧嘩好きの本性が現れた次第です。

今まで数々の無礼な発言、大変申し訳ありませんでした。

美人の奥さんをブス呼ばわりしてしまい反省しております。

喧嘩は喧嘩ですが、お互いの誤解が解け理解が得られるならば私はいくらでも詫びます。

府中で限定解除したそうですが、あそこは一時期、日本一厳しいと言われた試験場です。

素晴らしいと思いますよ。

それでは美人の奥さんによろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆうじさんへお答えします。その2

ゆうじさん、コメントありがとうございます。

あなたわざと言ってる?

それともマジに言ってる?

分かりました。

ゆうじさんは喧嘩もろくにした事のない良い子ちゃんでしゅね。

では良い子ちゃん、しっかり聞いてくれまちゅか。

問題発生→双方が怒る→喧嘩勃発→喧嘩→どちらかが勝つ→敗者怒りの悔し涙。

最後の怒りの悔し涙。

まぁ、現実には悔し涙までいく事が稀だから、最後に爆怒りした方が負けです。

分かりまちゅたか~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

明日はボアアップ

たけなおさん、流さん、桜華さん、長後街道さん、あんどんさん、コメントありがとうございます。

なおたけさん、援護ありがとうございました。

おかげで勇気百人力で記事が書けました。

流さん、取材当日に雑誌記者の最初の一言は、「あのタイカブ速い!」でした。

撮影場所まで仲間でぶっ飛ばしたのですが、BMW、FX、波怪の3台がほぼ絡んで先頭でした。

別に他の2台が遅い訳ではないですよ。

BMWの彼は昨年の某キャノンボールの覇者です。

東北では訳が分からん速さを持つチームとして有名ですからね。(笑)

桜華さん、懐かしい画像でしょう。

また桜華さんと峠を連んで走りたいですね。

待ってますよ。

長後街道さん、中型を一発免許ですか?

お見逸れしました。

それって限定解除より難しい気がします。

中型バイクである程度慣れて限定解除試験するよりも、原付で練習して中型自動二輪試験を受ける方が凄いと思いますよ。

あんどんさん、そうですか、あんどんさんもカブ乗りですか。

カブ乗りに俺を理解してくれる人がいるだけで救われる思いです。

本当にありがとうございました。


今日の夕方にボアアップキットを購入しました。

明日、自作ガレージの中で波乙をボアアップします。

WAVE110ATをボアアップした話は全く聞きません。

多分、俺が日本初かも。

ボアアップキットはカブ110用ですが、腰上さえ一緒ならなんとか組めると思います。

もし無理なら機械屋さんで加工して組むしかありませんね。

無事に組めますように、アーメン!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆうじさんへお答えします。

ゆうじさん、コメントありがとうございます。

俺の師匠は俺の百倍熱い人なので、おそらく俺よりも猛烈に怒るはずです。

モトクロス界では怖い人として有名ですからねぇ。

俺が入門した当初、「俺は戸塚ヨットスクールに入門したのか?」と思ったほどでした。

今でも師匠は怖いです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

名無しでお越しの川村さんにお答えします。

名無しでお越しの川村さん、コメントありがとうございます。

コメントは削除希望との事なので後ほど削除いたします。

俺が「限定解除と大型自動二輪免許は違う。」と主張するのは、そもそも大型自動二輪免許を通常は限定解除とは呼ばないという名称の事を言っています。

ただそれだけの事でした。

教習所で大型自動二輪免許が始まった当初に教習所で取得したライダーはその事をしっかり認識していました。

問題は某人気ブログ主さんの記事で、教習所で大型自動二輪免許を取得する内容に限定解除の言葉が使われていたので、それをお願いという形で指摘した訳です。

しかし、某人気ブログのコメント欄に来ていた人に、この違いを認めくれる人は誰一人いませんでした。

そこで俺は、限定解除試験の当時の現状、大型自動二輪免許の現状を比較して示し、尚且つネット検索による限定解除の認識を紹介しました。

それでも某人気ブログに来ていた人達は、限定解除を理解するよりも生意気なピーキーという男をどうやって黙らせるかに固執したのです。

俺は呆れかえって怒りを覚え、それならば限定解除と大型自動二輪免許が同じという証拠を示せと言うと、ピタリとコメントが無くなりました。

あったのは野次りと議論のすり替えだけです。

後日、某人気ブログ主さんがコメントを一通り読み、やはり限定解除と大型自動二輪免許は違うとブログ記事でアップしています。

本来ならこれで終わりです。

しかし、俺を論破できずにいた人達と野次馬が黙っていません。

川村さんはこの件にどうお考えですか?

俺は大型自動二輪免許の人を馬鹿にする気持ちは一切ありませんでした。

しかし、あまりに現実を直視しない人達に、所詮は厳しい試験をくぐり抜ける気持ちがない輩と思い、そんな輩にのみ罵倒したのです。

理屈が通らないクレーマーを罵倒し、理解を示す人に感謝する。

ここまでが俺の取った行動です。

川村さん、何か間違っているでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昔の教習所

俺、19才の時に教習所で中免を取りました。

当時の教習所はまだ生徒が多かったので、「バイクを乗るのが上手い奴は(教習済み)判子をいっぱい押してやるから、とっとと卒業しろ。」って感じでした。

俺が通った教習所は東京は小平市の学校です。

師匠(元モトクロス全日本チャンピオン)の紹介で入った事もあり、卒業までが早かった事早かった事。

1時間の教習で判子が2つ押され通常の授業の半分程度で終わります。

ただ1回だけ教官に怒られで判子が1つの時がありました。

「おい、教習所でステップを擦るな!」

その1回だけですけどね。

一緒にいた他の生徒から羨ましく思われましたが、これも実力の差です。

とても良い時代でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お願いです。

誰か俺をちゃんとした論理で打ち負かしてくれません?

来る奴来る奴中身のない野次馬がクレーマー化した屑ばかり。

俺は自分よりも劣ると感じた者にもう興味はありません。

つまらない屁理屈を重ねても何の意味があるのか?

とっととROMとかいうところに帰りなさい。

はっきり言って役不足です。

誰か俺をぐうの音も出なくする勇者はいませんでしょうか。

待ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

見込み違い

wasdさん、コメントありがとうございます。

出かける前にもう一度ブログをチェックしてみました。

そうですか、あなたもただの烏合の衆の一人ですか。

見込み違いでしたね。

また得意のすり替えで自分を正当化させ、それが正しい事と自分に言い聞かせる。

ただの野次馬がクレーマー化した屑でしたか。

情けないなぁ…

誰か俺の好敵手になれる様な知的でユーモアがある人はいないものですかねぇ。

wasdさん、試験の結果は不合格です。

とっととお帰りください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いってきます。

これから役所に行って契約書をもらってから、バイク屋でボアアップキットをもらって、いつもの様に今狙ってる女の子をコマしに行ってきます。

色白の秋田美人は見るだけでも目の保養ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wasdさんにお答えします。

wasdさん、コメントありがとうございます。

まずはネームを入れてコメントしてくる事に感謝いたします。

俺は元々喧嘩好きです。

相手からの抗議なんてご馳走をほおっておくなんてもったいない。

しかし、名無しだと喧嘩の実感が湧かないですよね。

本当にあなたの様に自信を持ってコメントしてくれる方に感謝です。

まずは悔しがり怒り狂った方が負けがよく分からないとの事ですが、喧嘩やレースの勝者が悔しがりますか?

そうです悔しがりませんね。

だから悔しがり怒り狂った方が負けが成り立ちます。

wasdさんは一人では喧嘩もできない、その他大勢と一緒でないと相手に挑めない根性なしではないでしょう。

俺には分かります。

相手の意見や理屈を自分の経験談(事実)や論理で納得させる。

聞き耳を持たない愚か者を面白可笑しくこき下ろす。

これがネットでのバトルですよ。

俺がこうやって叩かれる原因となった『限定解除と大型自動二輪は違う』の意見を誰一人論破できません。

これを論破できない内はどんなに文句を言おうとただの野次馬がクレーマー化した屑です。

あなたならこれが分かりませんか?

それとも他の聞き耳を持たない愚か者と同じですか?

今後のあなたの行動に期待します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

風邪と遠距離恋愛

実家の両親から風邪を移された。

でも慌てない。

風邪薬なんて飲まない。

ただご飯は無理してもちゃんと食べる。

風邪ってさ、遠距離の彼氏と一緒で好きなだけやらせてやれば満足して帰ってくれる。

下手に薬なんか飲むよりもよっぽど治りが早いよ。

但し、これは大人だけの話。

咳きも鼻水も治まってきた。

風邪君は俺の体を貪る様に犯して満足した様だ。

ということは、俺がかかった風邪はホモって事になる。

どうりでトイレで用を足す時にケツが痛い訳だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ太さんへお答えします。

カブ太さん、コメントありがとうございます。

カブ太?

ああ、あなたも某人気ブログのコメント欄で俺の正論に一切反論できず、マナーが悪いだの、釣りがどうのこうのと議論をすり替える無能なカブライダーの一人ですね。

やめときなさい。

悪い事は言いません。

己のポテンシャルの低さを世間に広めるのは愚か者ですよ。

あっ、


すいません、愚か者でしたね。

某人気ブログ主さんも限定解除と大型自動二輪の違いを記事でしっかりと示しているのに、まだ同じと主張するあなたは見ていて悲しいです。

あと、大型自動車の免許を限定解除と同じレベルに考える頭も疑います。

そういうのはビックバイクがちゃんと乗れる様になってからの話ですよ。

分かりましたか?

これで分からないというのなら、あなた人間として終わってますよ。

ね、人間失格のカブ太さん。

最後に、俺の住所と名前が分かってるというのなら、なぜコメントで書かないの?

俺に気を使ってる?

まさかね、自分が嘘つきなのと恥知らずを自ら公表してますね。

本当に屑みたいな人だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勝利の条件

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

俺、今まで何十人もの馬鹿野郎達とリアルな喧嘩をした経験があります。

バイクやクルマで何百回ものバトルをしています。

ブログ炎上で何百人ものネット住民とネットで戦った事も一度や二度ではありません。

こんな風な事態で何が勝利と言えるかお分かりですか?

それは怒りの大きな方が負けだって事ですよ。

あなたは自分を見失うほど怒りに怒ってます。

喧嘩でもバトルでもネットの戦いでも我を忘れて悔しさで怒り狂った方が負けなんです。

敗者は悔しがり、勝利者はそれを見てほくそ笑む。

まさに今の状況です。

分かりましたか負け犬梶晴信君。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

波乙ボアアップ

今日、天気が良ければ波乙をボアアップして、ハイカムを入れます。

オイルはカブには最高の相性、ヤマルーブ・プレミアムです。

思い通りに化けてくれれば良いのですが。

まっ、なる様になるでしょう。

今シーズンは雪道最高速110キロオーバーが目標です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

フッフッフ…

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

フッフッフ…

肉体労働者の性欲をなめてはいけません。

でも、あなたの奥さんみたいなブスでは無理です。

俺、面食いなんで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梶晴信さんは恥を知らない白痴らしい。

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

おっと、その手には乗りませんよぉ。

あなた正直にいって白痴ですね。

もしかしてお子さんいます。

可哀想に…

あなたみたいな人は親だと分かった日には俺なら即座に走ってくるクルマに飛び込んで自殺しますよ。

あんまり自分の低いレベルをネットで公表しないでください。

ブスな奥さんが気の毒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それで?

名無しさん、私の住所や名前が分かっても地元では、「ああ、あの人ね。」程度ですよ。

自宅に来たヤクザぶん殴って逮捕されたり、暴走族狩りしたりする俺を皆さんよく知っています。

どうぞご勝手に。

俺、正義の味方なもんで…

あと、同じコメント8回も書く名無しさん。

たまには自分の力を使ってみなさい。

ヒッキーだから無理かぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つまらん!

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

つまらん!

あなたのコメントはトンチが全く利いていない。

悲しく思えるだけレベルの低いコメントだ。

こんな事なら名無しさん達のコメントを残した方がマシだったわ。

皆さん、どうか俺と梶晴信さんのコメントを比較してください。

どちらが冷静に面白可笑しく答えてるか一目瞭然ですね。

あまり自分を貶めないでください梶晴信さん。

可哀想過ぎます。

では、お大事に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梶晴信さんへお答えします。その3

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

あなたは物を大事にする人の様ですが、お嫁さんはブスなんですか?

俺は自分が徹底的に気に入って、「この人なら何回もイケる。」って可愛い嫁さんを貰います。

今度嫁さん貰ったら3人目。

今まで買ったバイクは60台。

嫁とバイクはその時その時に最高のヤツを求めますね。

まぁ、ブスな嫁さんに宜しく。

さぁ、梶晴信さんみたいに精力が減退しない様にオナニーで鍛えるかぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梶晴信さんへお答えします。その2

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

あなたは随分淡泊な人ですね。

俺は精力旺盛なのでセックスの後でもオナニーしますよ。

別れた嫁達は口々に、「何回すれば気が済むの?」と言ったものですよ。

まぁ、やり始めたら7回はやりますので、「もう勘弁してぇ~。」って言われたら仕方なしにオナニーです。

3日も射精しないと鼻血が出ませんか?

梶晴信さんは草食系かもしくは不能者だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それでは

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

そうですね、カブって基本的に遠心クラッチでしたよね。

自分の周りにクラッチ付きのカブが数台ありましたので忘れておりました。(オートマチックもあるし。)

ありがとうございました。


おっと、一寝入りしたら3時を過ぎてる。

今日もこれから狙ってる女の子をコマしに行ってきます。

日々、チャレンジしないと彼女は一生できませんよ。

俺、何回も結婚して別れた妻達に、「あっ、○番目の奥さんだ。」って言うのが夢です。

だって、いかにもモテる人みたいでしょう。

実際は大した事ありませんけどね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

梶晴信さんへお答えします。

梶晴信さん、コメントありがとうございます。

あれ?あなたも真性の人ですか?

おーい、ここにもゆとりでがっかりな奴がいたぞー!

先の俺の返事はどう見ても100%皮肉でしょうに。

幼稚園からやり直してはどうでしょうか。

今の教育はゆとり教育じゃないですからね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

親切な名無しさんへ

親切な名無しさんへ。

そうですか、黙ってコメントを消した方が効果的ですか…


うーん、でも黙って消したら面白くないでしょう。

お気遣い感謝しますが残念ながらその方法はパスします。

でも、ありがとね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おーい、頭の悪い奴が一人いるぞぉー!

おーい、頭の悪い奴が一人いるぞぉー!

名無しは削除ってこのブログが始まった当時から決まってる。

それを親切に何度も教えるのに分からない人がいます。

もしかして真性のバカ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントありがとうございます。

トルク回転数反比例さん、山田さん、ジョーさん、コメントありがとうございます。

トルク回転数反比例さん、全然ゆとりやがっかりじゃないじゃないですか。

限定解除と大型自動二輪の違いをしっかり理解してる。

国体7位、それは凄い。

それだけ速ければ納得して競技を引退できたでしょう。

俺の様なストリートライダーに引退はまだまだ先の話です。

俺、今も少しずつ速くなってるんで。

山田さん、人間の能力は年を重ねる度に特化していきます。

おまけにエネルギーや情熱も限りがあります。

バイクスタントは物凄くエネルギーを使います。

ただ速く走るだけに 集中しないと俺みたいな中年男がカブで速く走ろうなんてできません。

宜しくお願いします。

ジョーさん、お気遣いたいへん恐縮です。

以後使わない様に致します。

そっかー、スクーターもアンダーボーンか。

では、チェーン駆動ってのも追加ですね。

あと、右側にフットブレーキがあるってのも追加だな。

ご指摘ありがとうございました。

色んな手で俺を困らせようって思ってる名無し君達。

無駄だよ。

だって俺が正義だもん。

まぁ、頑張って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナポリタン超美味い

梶 晴信さん、コメントありがとうございます。

おっ、やっと学習したみたいですね。

偉い 偉い。

そうです。

俺はなんでも一人でやれる偉い子だったんです。

誉めていただきありがとう。


昼に作ったナポリタンの残りを食べてるんだけど超美味い。

本当はトマトケチャップに牛乳いれてソースを作るんだが、牛乳がない。(あと調味料と。)

代わりになる物を探したらビーチ味のカルピスがあった。

トマトケチャップをカルピスと水で割って作ったらめちゃくちゃ美味い。

ラッキー!

また料理が美味くなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆとりライダーとがっかりなカブライダー達へ

ゆとりライダーとがっかりなカブライダー達へ。

俺は7年前までバイクスタントをやっていた。

Photo Photo_2

 

 直角ウィリーとワンハンド・ウィリー。

Photo_3

 キリスト。

Photo_4

 

 そしてウィリーサークル。

今ではカビの生えた様な技だが、これらを一切封印してまでカブで速く走る事に没頭している俺が中途半端な走りをする訳ねぇだろ。

誰か俺に挑戦してこい!

真冬のストリートで待ってるぜ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

zepさんにお答えします。

zepさん、コメントありがとうございます。

カブの定義は俺が考えるに、

ホンダ製。(生産国は関係ない)

アンダーボーン。

以上の2つに当てはまればカブだと思います。

WAVEは主にタイで生産される事からタイカブの名称で親しまれていますよ。

最近、グロムという原付バイクが発売されました。

グロムはWAVE125iのエンジンをベースに作られたバイクです。

TAKEGAWAなどからチューニングパーツが次々と出ていますので、それらをWAVE125iに組んだら最強のカブが完成するかも知れません。

俺の場合はあくまでも雪道重視なのでWAVE110ATを新たに購入した次第です。

でも、排気量180ccのフルチューン・カブにも乗ってみたい気もしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芝の隆さんにお答えします。

芝の隆さん、コメントありがとうございます。

俺の愛車波(怪)はWAVE110iですよ。

WAVE110iは立派なカブですよ。

初期型スーパーカブ110と生産国もエンジンも同じです。

もしカブじゃないとなればスーパーカブ110もカブではなくなります。

あと、ハッピーメーターの件ですが、スパイクタイヤは外径が2サイズほどアップして、誤差5%も軽く補正します。

むしろ遅く表示するくらいです。(夏タイヤもスピードライン501で外径をアップさせて補正しています。)

排気量148ccのTAKEGAWAコンプートエンジンを積んだカブや170cc4バルブのカブと同等以上に走る波(怪)の実力をお疑いですか?

今度チャンスがあったら俺と走りませんか?

東北のカブ乗りの実力がよく分かりますよ。

宜しくお願いします。

あっ、ちなみに平らな舗装道路での最高速は130~137キロくらいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

完全勝利のその後

某人気ブログで起こった限定解除問題。

俺が限定解除と大型自動二輪免許の違いの歴史的事実と証拠を提示して誰もまともに反論できていない。

これが完全勝利と言わす何と言うだろうか。

名無しでコメントを入れる卑怯者になんぞ反論のハの字もできやしない。

しょせんは野次馬がクレーマー化した屑なのだから。

文句があるなら証拠を出せ!(無理無理…)

その後、その某人気ブログでは、俺の意見を汲んで、限定解除と大型自動二輪の差別化を図っている。

その配慮は有り難いですよ。

所詮、文句言うのはバイクもまともに乗れない様なゆとりライダーとカブも思い通りに乗れないがっかりな人だけだ。

違うといいなら一度俺と一緒に走るかい?

いかに自分達が無能ライダーかよく分かるぞ。

まぁ、そんな腕も度胸もないだろうけどな。

なにせ名無しだし。

もし、勇気があるなら、アイスバーンを時速120オーバーで走るカブ乗りの恐ろしさを見せてやるぜ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おっと、

おっと、もうすぐ3時なんで、今狙ってる女の子をコマしに行ってきまーす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

観察者達へ2

悪いけどネームいれない内は読まずに全部削除だから。

『あ』とか『a』とか入れてからコメントしてね。

ピーキーからの

お・ね・が・い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観察者へ

記事を書いてアップした瞬間、「このチンカス野郎、氏ね!」だってよ。

せめて「氏ね!」じゃなくきっちり「死ね!」って書いてくれ。

そうじゃないと面白さ半減だろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚な名無しさん達へ

ブログで、「名無しは禁止。」と教えたらわざわざ名無しでコメントする輩がいる。

ネームが無いと同意も反論も示し難い。

それを分かっていてワザとやる者を世間では何というか?

卑怯者というんだよ。

分かってるか卑怯者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙は脱原付にいずれします。

昨日、久しぶりに波乙に乗った。

相変わらずコーナーが気持ち良い。

走ってて思ったんだが、波乙は脱原付化しないと速さ的に波(怪)には勝てないかも知れない。

おそらく140cc程度にボアアップしないと。

どうしても駆動系のロスでパワーを喰われちゃうね。

CVT関係のセッティングを煮詰めれば、そのロスは減るだろうか?

とりあえず124ccにまでボアアップし、その後に脱原付化の為に使えるピストンを探しますよ。

寒くなってきたらオートマチックの良さが際立ってきました。

もう少ししたら波乙にもスパイクタイヤを履かせます。

オートマチックで雪の上を爆走する波乙。

ドキドキしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてこのブログを見た方へ

コメントをくださった皆さん、ありがとうございます。

俺はよそのブログでコメントする時は自分の事を『私』と書きます。

コメントも言葉を選んで書いています。

ブログって家みたいなものと俺は考えています。

だからよその家で名乗らずにあーだこーだ言う人は泥棒や強盗と同じと思い、たいへんに怒りを感じるのです。

だから以前より、「このブログは名無し禁止。」としています。

ネームさえつけてもらえたら、「ピーキー殺す!」でも、「この糞野郎!」でも結構です。(ちなみに『死ね!』とか、『殺す!』は俺の住んでいる地域では挨拶みたいなものです。)

それも立派な意見ですから。

俺は名無しでなければどんなコメントも文句なしです。

今回の限定解除の件は言うなれば、

仲良くしてる人の家に遊びに行ったら、他にも大勢いて、仲良くしてる人が間違って『限定解除』を使っているので優しく指摘したら、他の大勢が限定解除試験をよく知る者が全くいなく、おかげでフルボッコにされた。

こんな状況です。

しかし、おれは一人で複数の人達とよくリアルな喧嘩するので、ネット上の言い争いなんて大好物ですね。

ただ一つ気に入らないのはリアルな喧嘩なら相手から謝ってもらえますが、ネット上で謝る人なんて自分や自分のブログに来る人以外見たことないです。

つまり、ネットの世界では自分が間違っていても知らん顔して、また次の日に堂々と顔だす恥知らずがまかり通っています。

あれだけ本当の事を言っている俺を誹謗中傷しておいて、誰一人謝らない。

皆さん、にわかカブ乗りは当たり前の事ができない糞野郎集団ですよ。

本当にがっかりだよ。


あっ、忘れてた名無しのコメントは全部削除だったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

正直な気持ち

なおたけさん、酔っぱらいさん、コメントありがとうございます。

実は‥


今回のトラブルは相当楽しかったです。

アドレナリン噴きまくりで。

俺の性癖ですが喧嘩でもバトルでもネットのいがみ合いでも、最初の内は嫌でも突然スイッチが入ってだんだん楽しくなってくるんです。

覚醒ってヤツですね。

そうなると相手の行動の三歩先が読めます。

こうなると止まりません。

徹底的にやります。

それこそぐうの根も出ないくらいに。

いやぁ、結構楽しめたので良かったですよ。

まぁ、リアルな喧嘩じゃないので実刑つかないし良いんじょないですか?

おまけにカブ乗りのレベルは東北の方が数倍高いと分かりましたしね。

東北のカブ乗りは本当の速さについて真剣に考えます。

遅いマシンを速くする技術。

マシンの性能に頼らない技術。

バイクに対する知識。

段違いです。

俺はカブを最高のストリートマシンと信じています。

自分がそうだから他の人達もそうだと思ったのが間違いでした。

今回された事は一生忘れません。

もしも、ネットで私を誹謗中傷した人達とリアルに会ったら地獄を見せてあげますよ。

怒った時の俺はまさに

『ひとでなし』です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

死ね名無し!殺すぞ!

名乗る事もできない様な屑が一端の事をいうな!

殺すぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

完全勝利!

某人気ブログのコメント欄での抗争は俺の完全勝利で終わりました。

凄く面白いブログでしたが、見てる人達のレベルはかなり低いみたいです。

もう、レベルの低い人達がいるブログには一切関わらず、仙人の様にカブ乗りの道を歩み続けたいですね。

全く持ってくだらない話です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なぜバイクブームは終わったか?

長後街道さん、コメントありがとうございます。

あなたのコメントを見て涙が流れました。

どんなに悔しかったと思うと身を捩る思いです。

真実から目を背けるゆとり野郎にはうんざりします。

あなたの様に恥を知る人間はゆとり世代にはもういないのがはっきり分かりました。

残念です。


日本のバイクブームがなぜ終焉を迎えたか?

バブル経済が終わったから?

違います!

教習所免許が始まったからです。

これでビックバイクは憧れではなくなったからなのです。

金と暇とほんのちょっとのやる気があれば手に入れる物に成り下がったからです。

今現在、ハーレーダビッドソンがブームになっています。

ハーレーにはアメリカという憧れがあります。

雑誌やテレビ、そして映画と憧れのアメリカ生活がハーレーの向こうにしっかり見えるからなのです。

だからハーレーに乗っているライダーは皆一様にアメリカのモーターサイクルギャングの格好を真似します。

たまには峰不二子みたいに黒い皮つなぎで乗ってみろ!

まんまとアメリカの政策に乗ってしまった日本人。

もしも俺がハーレーダビッドソンを買う事があったら和服で乗ってやる。

もしくは作務衣でね。

ビックバイクを売ろうとして、かえってバイクの販売量を減らした日本政府の無能に怒りを覚える俺でした。

教習所免許を全面的にやめて限定解除試験を復活させたらまたバイクブームが来るかもね。

まさか、ゆとりにゃ無理無理…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

じっちゃんの名に掛けて

俺の祖父が亡くなったのは今から25年前。

地元では有名が頑固親父で、自分の考えを信じて生きていた。

戦争で英雄だったから終戦後も日本には帰れず、中国で10年間逃亡生活。

やっとアメリカ軍が日本から本格的に撤退すると分かり帰ってきた。

祖父は消防団長だった。

しかし、戦後に消防車がなかった事から神社の御神木を売って消防車を買い、村八分にさせられる。

そして火事が起こった。

消防団出動。

火事を収めた。

だが、出火元の家の者からは恨まれた。

「火が出た家はどうにもならん。隣近所の家に水を掛けろ!」

余計に村八分が酷くなった。

祖父は建設会社を設立した。

時代が良くて景気も良くなり会社も潤ったら、「村八分なんてなんの事?」皆すり寄ってきた。

そして25年前。

祖父は病院で亡くなった。

大腸癌だった。

亡くなる前日に俺にこう言った。「親の言う事をしっかり聞くんだぞ。」

それに対し俺はこう答えた。

「俺は爺さんの孫だから、白いものは白と言いたいし、黒いものは黒と言って死にたい。」

そしたら爺さんは涙を浮かべて、

「流石は俺の孫だ。
これで俺も安心してあの世に行ける。」

次の日の早朝に亡くなったよ。

俺はそんな爺さんの孫だから何回でも言う。

「限定解除と大型自動二輪免許は同じではない。」

どんなに証拠を並べても理解しないゆとり野郎に何回でも言う。

「限定解除と大型自動二輪免許は同じではない。」

三回言って分かる奴がいるかも知れないからもう一度言う。

「限定解除と大型自動二輪免許は同じではない。」

これだけ言ってもゆとりにゃ無理か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつて限定解除は勇者の証だった。

大型自動二輪が限定解除試験でしか取得できなかった時代、見事に合格した人は勇者扱いだった。

越えたくても越えられなかった壁をやっとの思いで超えた者だけに、限定解除って言葉が与えられた。

そしてそれは、やっと一人前のライダーと認められた証でもあった。

「今の人は教習所で大型自動二輪免許を取っても、それを限定解除っていう。」

冗談じゃない。

お前達がものを知らないのを黙ってみていろというのか?

人間ってのはなぁ、「自分が正しい。
間違ってない。」と思えば戦争でもなんでもやっちゃう生き物なんだぞ。

俺の祖父は太平洋戦争において一兵卒で天皇陛下から勲章を頂いた英雄だったんだ。

その祖父にしたって、「自分達が正しい。」と信じたからこそ戦えた。

俺も自分が正しいと思えば、それを曲げる事はない。

事実、限定解除はかつての試験場で取得した免許とネットでもちゃんと書いているのにも関わらず、「今の人とは認識が違う。」ときてる。

馬鹿か?

だからゆとりって言われるんだお前達は。

再三言うが、限定解除と教習所免許は全く別物。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やるつもりです雪道走行講習会

まっくすさん、コメントありがとうございます。

あの安全確認ですが、どうやれば安全に確認できるか自分で考え出したものでした。

試験合格日に試験官から、「確認が完璧だった。」と誉められて、「ああ、あれで良かったんだなぁ‥」と思った次第です。

雪道走行講習会ですが毎年行う真冬の田沢湖ツーリングの時に行うか、それともそれ以前にもっと走り易い出羽グリーンロードで行うが迷ってます。

講習会の日付は参加したい人が多ければ調整しますし、少なければ俺が時間のある時にマンツーマンで教えますよ。

雪道が上手くなれば走りが強くなります。

強くなる。

つまり、雨が降ろうが雪が降ろうが、はたまた風が少しくらい強かろうが、走るペースがほとんど変わりません。

これこそカブ乗りの真骨頂ではないでしょうか。

尚、講習の内容は、

雪道用マシンセッティング。

滑らない鬼ブレーキング。

転ばない車線変更。

楽して曲がるコーナリングです。(他には横風の対処法とか。)

こんなもんですがどうでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

バイクに乗らずに身に付けるバイクテクニック

俺は某人気ブログのコメント欄で問題を出した。

未だにその回答を得られてない。

そこでもう一度このブログで出題しようと思う。

あなたは試験場をバイクで走っています。

次の交差点で右折しようと思います。

あなたはどうしますか?


答え。

右後方確認→右ウインカー→右後方確認→マシンを右側に寄せる→右側確認→左側確認→右側確認→右後方確認→右折です。

この確認作業を僅か数秒で行うのが限定解除試験です。

これは簡単に覚えられます。

バイクに乗らずに何回も練習すれば、実際の運転に集中できますよ。

まずは右とか左とか考えないでください。

曲がりたい方、反対で覚えます。

曲がりたい方後方確認→曲がりたい方ウインカー→曲がりたい方後方確認→曲がりたい方に寄せる→曲がりたい方確認→反対確認→曲がりたい方確認→曲がりたい方後方確認→曲がりたい方に曲がる。

ゆっくり何度も何度も練習して体に覚えさせると良いです。

これをマスターすればゆとり免許なんて‥

言わなくても分かるでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レッグウェーブ

まっくすさん、コメントありがとうございます。

何年か前まではまっくすさんの様な考えのビックバイクライダーの方が大勢いらっしゃいました。

しかし、最近はそうではないようです。

まさにゆとり免許なんですねぇ。


雪道走行に備えて波(怪)のスパイクタイヤの慣らしと俺の慣らしを行った。

ご存知の通りスパイクタイヤは真四角トレッドなので、マシンを寝かせて曲がれない。

だから内足を真横に開いてマシンを立たせたまま重心移動する。

モトGPのレッグウェーブと同じだ。

レッグウェーブ自体がブレーキング時に重心移動を予め行うテクニックなので大変に有効です。

元々ブレーキング時にマシンを少しだけ寝かせているが、レッグェーブでより重心移動が行われているのだ。

(但し、モトGPマシンは3世代進んだABSの前後コンビブレーキ。)

しかし、街乗り程度では雪道走行以外必要ありません。

ハンドルを握る手の力を抜いてフリーの状態にし、内足を真横に大きく開くと、

あら不思議、ハンドルが勝手に曲がりたい方向に切れてくれます。

昨日、バイク屋に行ったら新聞屋さんが偶然いて、「どうも私は下手で雪道で何回も転ぶ。」って言うから雪道の転ばない走り方を教えてやった。

その時にこのレッグウェーブの意味と使い方を伝授したら、とても喜ばれたよ。

新聞屋さんがモトGPライダーと同じテクニックを使うなんてウケるでしょう。

でもね、転ばないで上手に走る為のテクニックに違いはないんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな時は

限定解除の定義でちょっぴり荒れてる我がブログ。

こんな時はいいね。

普段ネットで仲良くしてても、それが仲良くしてるふりか、それとも本当に仲良くしてくれているのかがよく分かる。

ブログってのは自分が神で好きに書いていい。

八方美人なんて糞喰らえ。

ネットで喧嘩もリアルな喧嘩も嫌いじゃないので。

バイクやクルマのバトルも大好き。

とことんストリートファイターなんだな俺。

もう家族がいないからやり放題さ。

レベル低さが鼻につく馬鹿野郎は俺が安くなるから無視するが。

誰か雪道で俺とバトルしてくれないかな。

ランエボとかのラリー車で構わないから。

今シーズンも真冬の田沢湖を波(怪)で回るぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

これが限定解除ゴールド免許のタイカブライダーだよ~ん!

KYBさん、コメントありがとうございます。

『なんちゃって免許』なつかしいなぁ。

ということは、KYBさんは教習所で大型二輪免許取得が開始された当初の取得ですね。

現在みたいに回転率を上げて免許をばら撒く以前の人だからレベルもけして低くないはずです。

今のゆとり免許とはモノが違います。

今度一緒にヘタッピゆとり免許のビックバイクをぶち抜きに行きましょうか。

今度はみんなで岩手に行きますよ。

今日は俺の免許更新日。

ゴールド免許復活の日だ。

実は6年前までゴールド免許だったが更新を忘れて初心者運転免許にされてしまう。

3年前に更新して今年また更新でやっとゴールド免許になりました。

免許センターからの帰りにいつも通うバイク屋に立ち寄る。

「今日俺、免許の更新日でゴールド免許もらったよ。」って言ったら、

「おかしいなぁ。あの走りでそんな訳ないでしょ。」って返ってきた。

「へへっ、なかなかパトカーが追い付いてくれないもんで。」っと軽口を叩く俺。(半分マジ。)

ゴールド免許返り咲き記念で以前に載せた動画をまた貼っちゃいます。

https://www.youtube.com/watch?v=Y4OAmNNK0-k&feature=c4-overview&list=UUqZbXZGhWvW5OAZPRct5i_g

https://www.youtube.com/watch?v=mvHRXuU7u54&list=UUqZbXZGhWvW5OAZPRct5i_g

周りをよく見て走れば通行人、対向車、パトカー、白バイ全部丸見え。

交差点での確認の鬼具合をみてください。

これが限定解除の実力です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆとり免許

ひでさん、コメントありがとうございます。

教習所免許の方を馬鹿にする気持ちは一切ありませんでした。

ひでさんみたいに家族の為にバイクを降りるなんて素晴らしい事は俺には無理です。

ただね、あんまり分からない人が多いので、「この人達はちょっと大丈夫なのか?」と思えてきた。

そこで俺は教習所で取得できる大型二輪免許にあえて新しい名称をつけようと思った。

『ゆとり免許』

ぴったり過ぎて怖い。

これからは教習所免許をこう呼びます。

仕方ないですね。

試験場では甘い考えは通用しないのに、教習所ではそれが当たり前みたいな様ですから。

俺もそこいらへんがよく分かって良かったです。

俺は差別なんてしたくなかった。

しかし、教習所免許の人達が逆に差別していた。

「なんだよ偉そうに。」

だから俺もこれから言ってやります。

「このゆとり免許が!」とね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

間違ってる

カブ太さん、たけなおさん、コメントありがとうございます。

カブ太さん、何度も言いますが免許は一緒で中身が違うんです。

別に教習所の出身ライダーをバカにはしません。

ただ一つ、限定解除したと言って欲しくないだけです。

ただそれだけ。

俺が限定解除した当時に、もし教習所での取得が可能なら教習所で取ったと思います。

しかし、「限定解除した。」とは一生言えません。

恥ずかしくて。

たけなおさん、やっぱり限定解除した方なら同じ気持ちですよね。

我々は別に教習所免許を馬鹿にしません。

教習所免許の人が厳しい試験場での実技を知りながら、その事に理解しようとしない姿勢に怒りを覚えるだけです。

この際はっきり言おう。

試験場で大型二輪免許を取った人=メイドイン試験場。

これが限定解除。

教習所で大型二輪免許を取った人=メイドイン教習所。

これは限定解除じゃない。

限定解除じゃないものを限定解除と言うからおかしい。

誰か白バイ警官に聞いてみてくれ、「教習所で大型二輪免許を取った事を限定解除と言いますか?」と。

「言わないと思うよ。」と即答されるはずだ。

なぜなら白バイ警官は俺らと同じメイドイン試験場なのだから…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なぜ教習所で大型二輪免許が取得できる様になったか。

ギャラリーさん、コメントありがとうございます。

あなたが仏様に思えます。

試験場で限定解除するって事がどれだけ大変かが分からない、または分かろうとしない非限定解除達に某ブログのコメント欄でフルボッコ状態の俺がいます。

どんなにその違いを説明しても、「威張るな!」です。

威張ってるのではなく、誇りに思うも理解しようとしません。

「限定解除やってみろ!試験場でな。
やらないなら騒ぐな!」

これが本音ですね。

某ブログに大変迷惑を掛けてしまった限定解除の意味。

「限定解除した。」は試験場で合格した人だけが言えるセリフです。

皆さん、お忘れなく。

さもないと腕利きベテランライダーに鼻で笑われますよ。

そもそもなぜ教習所で大型二輪免許が取得できる様になったか?

即答します。

アメリカ政府の圧力です。

「おい日本、もっとハーレーを売れ!」

この一言でライダーの安全の為に厳しかった限定解除が脆くも崩れ去りました。

アメリカ政府の要望通りハーレー・ダビットソンは売れに売れ、景気の良いバイク屋はハーレー専門店だけ。

国産バイクのショップは閑古鳥。

バイク屋の数は、バブル期の何分の一かも分からないほど減っているのにも関わらず、ハーレーだけは依然売れている。

そのアメリカ政府が今度要求するのは関税撤廃。

日本政府よ、また言いなりかい?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

コタツ最高!

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

俺の醜い姿が丸見えの記事にいーじゃんさんへの返事を書くのは忍びないので後に書きました。

フロントホイールの中心出しにはもう一つ凄いおまけがついてきます。

それはフロントサスペンションの動きが良くなる事です。

アクスルシャフトのズレによる余計な応力が無くなるのでフロントファークが真っ直ぐに上下します。

お試しください。


今日の昼に食器棚とコタツが届いた。

食器棚は業者さんが台所に設置してくれたが、さすがにコタツは自分で組み立てだ。

ストーブの電源を切りコタツのスイッチオン!

暑い。

凄く暑い。

温度調節を最低レベルにしたがまだ暑い。

もしかして、もうストーブいらない?

頭に血が上ってブログが荒れそうです。

スイッチ切って頭を冷やそう。

改めて言いますが、俺のブログって本当にあった事しか書いてない。

リアルな経験談を書いてるだけ。

批判はあるだろうが本当の事だからしょうがない。

シマノが俺のブレーキレバーの実用新案を合法的にパクって、それが世界中のロードレーサーに使用されてるとか。(うまく契約で騙された。)

某キャノンボールに参加したら、ゴールの瞬間にあんまり嬉しくて広い高速パーキングを端から端までウィリーしたら、後日に一緒に参加した某チームのBBSに「暴走族じゃあるまいしバカじゃないの。」みたいな事を書かれて、そのチームのメンバー脅して詫びさせたりとか。(キャノンボール自体が暴走行為だっつーの。)

北海道の林道で命がけのバトルして相手も俺も血だらけになったとか。

嘘みたいな本当の話を延々と書いてる。

ウィリーしてる最中にウィリーで抜かれた事ってあるかい?

俺は何回もあるし、やった事もある。

俺は普通のライダーが経験できない様な事も沢山経験してる。

だから書ける。

見る奴もいる。

俺はこの暇つぶしの時間が好きなのだ。

これからはコタツでぬくぬくしながらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上等だよ。

君の知り合いさん、コメントありがとうございます。

本当に俺の知り合い?

まぁ、いいや。

教習所免許を馬鹿にしてる?

俺らは試験場しか免許貰えなかった。

苦労したおかげで教習所免許の人よりもテクニックは持てたと思っている。

って事はなにかい、上手になっちゃダメなのかい?

苦労した人が楽した人に、「同じじゃねぇよ!」って思っちゃダメか?

よし、お前今日から俺の敵認定。

絶対に落とす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誇りを持って悪いか?

昔、限定解除で苦労したおかげで教習所で大型二輪免許を取得した人よりも技術が持てた。

これを誇りに思ってはいけないのだろうか?

限定解除の試験日は平日。

当然仕事を休めば給料は減る。

それに受験料が掛かる。

試験がスタートし、華麗なテクニックで波状路をスタタタタッとクリアしたら、「はーい、ゼッケン○番の人、スタート地点に戻ってきてぇ。」。

「えっ、なんで?」

試験官を波状路は8秒以上掛けてゆっくりと走ると注意された。

わずか3分で1日の給料と受験料がぶっ飛んだ。

俺は当時、10回で合格した。

1日の給料が1万円だとして、これに受験料2700円だったから合計127000円。

けして安くはない。

しかし、30回以上で合格する人も大勢いた時代だから金額もかなりになる。

下手したら仕事を辞めざるえない事態の人もいた。

そんなにしても欲しかった限定解除。

この価値を今の人は分かるまい。

だから少しは知って欲しかった。

当時は試験は3月から開始するが実際に合格して免許が貰えるのは4月からだった。

忘れもしない4月1日に俺は合格。

その年の初めての合格者は本当に上手かったんだよと教習所の教官に教えてもらったよ。

俺は凄いスピード狂だが、今も生きていられるのは試験場での経験だと思っている。

試験場で合格する為に体に染み付いた安全確認テクニック。

これが一番の御守りだ。

限定解除を誇りに持ったらダメなのかい?

もう一度言う、

「同じ大型二輪でも絶対違う。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

波(怪)準備完了

beat082さん、コメントありがとうございます。

これからはコタツにミカン、ピーキーにタイカブって言われるくらいに頑張ります。

波(怪)のフロントタイヤをスパイクタイヤに交換。

交換時にはフロントタイヤの中心出しを行いました。

これをやるとフロントホイールがクルクル軽く回り、ブレーキの利きも良くなります。

やり方はフロントホイールを装着し、アクスルシャフトを締める時にフロントブレーキをガシッと握りフロントサスペンションを縮めた状態します。

その状態のままアクスルシャフトのナットを締めて終わり。

一人でもやれますが二人で行うと簡単ですね。

雪道走行の準備完了した事で久しぶりにエンジンを掛けてみた。

一発始動でした。

インジェクションをボーリングして強化インジェクターを装着していますが、ノーマルコンピューターに合わせてインジェクシター噴射量を調整してあるので当然っていやぁ当然だよね。

インジェクターの調整加工は面倒ですが、一度合わせればエンジンの仕様を大きく変えないかぎりメンテナンスフリーです。

我ながら良いチューニング方法だと自画自賛してみます。

ニコニコ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コタツ買いました。

離婚してリビングからテーブルと食器棚がなくなったので、ニトリで買おうと思った。

食器棚に凄く良いのがお勧め商品になってたんで即購入。

テーブルはなんとなく一人でご飯を食べるのが侘びしい感じがしたので、ラグの上にコタツを置く事にしてコタツを購入。

実は俺、コタツが好きなんだよね。(元嫁は嫌いみたいだったけど。)

あのポカポカがたまりません。

自宅に荷物が届いたら、ストーブの設定温度をいつもよりも低くしてコタツを楽しみたいと思います。

おっと、コタツを買ったら次はミカンだな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波(怪)に冬賄い(ふゆまかない)

冬賄い。

つまり冬の格好をさせる事です。

昨日、ハンドルカバーを付けて、スパイクタイヤに交換。

リアタイヤを先に交換したらホイールのラバーのダンパーにかなりのガタがあった。

ダンパーの側面にガムテープを貼りガタを無くす。

なんか日暮れが早いかったので昨日はここで終了。

フロントタイヤは今日交換します。

これでいつ雪が積もっても大丈夫。

おっと、仕事場の冬囲いを全然やってないや。

雪が積もるのはちょっと待ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

荷重コントロールとアクセルワーク

酔っ払いさん、カブ太さん、コメントありがとうございます。

酔っ払いさん、分かってもらえて嬉しいです。

今日、バイク屋で数人に、「教習所で大型二輪免許を取ったら限定解除したっていう?」と聞いたら、「普通は言わない。」と答えが返ってきました。

つまり、バイクにどっぷり使っている人と一般的ライダーとでは認識が違うのかも知れませんね。

カブ太さん、暴走族対策で厳しくなった大型二輪免許と勝手に付いてきた通称・昔免許と同じ扱いも困ります。

別にえらそうな事は言いません。

今現在、春先に大型二輪免許を試験場で受ける人はこれから白バイに乗る警官が多いです。

つまり、白バイ警官と同じ試験を受けてる人が限定解除です。

その辺をご考慮ください。

雪が降ってきて路面のグリップが減少してきます。

そんな時は荷重コントロールが重要になります。

荷重コントロールをおろそかにすると、簡単にタイヤのトラクションが破綻して、クルマもバイクも操作不能に陥ってしまう。

荷重コントロールはアクセルワークで行い、ブレーキングでも決まります。

なんで荷重コントロールが悪いとトラクションが破綻するかというと、サスペンションが落ち着かないからです。

想像してください、サスペンションがまだ上下左右に動かしている内にハンドルを切ったり、ブレーキングをしたり、急加速したりするとトラクションが簡単に破綻するのです。

路面が乾燥してる内はまだ良いのですが、雨や雪の時は問題があります。

ついこの間、スーパーカー・ミーティングでギャラリーをなぎ倒したFDの改造車が暴走したのは、路面が濡れてる時にハンドルを切りながら急加速したからです。

特に停止からこれらの操作は最悪。

他のクルマの方はそこらが上手かったみたいですが‥

荷重コントロールとはサスペンションを一気に動かさない事です。

ガンッとブレーキを掛けたり、アクセルをガバッと開けたり、ハンドルが定まらない内にブレーキングしたりアクセルを開けたらサスペンションから荷重が抜けてコントロール不能になります。

最近、加速時のアクセルワークで荷重コントロールを行い、トラクションを稼ぐ方法を見つけました。

これをやると、アクセルを煽りながら駆動輪のタイヤグリップを確かめる必要もなくなります。

あまりにもスムーズにすんなりと加速するので魔法みたいですよ。

どんな方法かは秘密ですがね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

限定解除と大型バイク免許は違う!

俺はちょっと怒ってる。

俺らおっさんは若い頃に大型二輪免許を取得する為には試験場で合格するしかなかった。

平日の試験を受ける為に有給休暇を使ったり、上司にお願いして無理に休みをもらったり、下手すりゃ仕事を辞めて試験を受けにいった。

試験は実技試験だから普段乗ってる中型バイクに砂袋を載せて重くしたり、夜間解放している教習所のコースで波状路や一本道を練習したもんだ。

俺みたいにレースなんかやっている奴は乗り慣れている分、簡単に受かると事故率が高いと厳しく採点された。

試験の採点は減点法だから安全確認で大半が決まり、効率の良く無駄の少ない確認方法をマスターする事が合格の近道だった。

そんなこんなでやっとの思いで取得した限定解除免許(大型二輪免許)を現在の教習所で取得できる大型二輪免許と同じと思ってほしくない。

くだらないとか思うかも知れないが、苦労して限定解除した人間ならそう思っているはずだ。

教習所で取得したビックバイク乗りの事故率を見てみろ。

教習所で取得が可能になる以前よりもずっと高いだろうが。

だから現実に教習所で取得した人は限定解除とは普通言わず、「大型バイク免許を取った。」と言うし、教習所で取得した奴が、「限定解除しました。」なんて言ったら、「喧嘩売ってんのか?」と思っちゃう。

まぁ、ちんたら走る教習所免許のビックバイク乗りは、俺達限定解除ライダーのカブ乗りが軽ーくぶち抜いてあげましょう。

限定解除なめんなよ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

そろそろ波(怪)も冬支度しなきゃ。

昨日、ラティオをスタッドレスタイヤに交換した。

波乙はウェイトローラーを総重量51グラムにした。

8グラムのウェイトローラー3個と9グラムのウェイトローラー3個を組み合わせだ。

トルク感と速度の伸びが一番気持ち良いセッティング。

今度の冬で波(怪)は雪道走行をやめます。

春夏秋の3シーズン専用機にするつもりで、代わりに波乙が雪道走行の主役になります。

とりあえず波(怪)に冬支度を施さなくちゃ。

コミネのハンドルカバー、エンジンの防風板、スパイクタイヤを装着する。

スパークプラグの熱価も6番に落とそう。

波(怪)は昨シーズンよりもインジェクションが大径化されてスピードが段違い。

良い走りができたら最高ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝室ラジオ

beat082さん、コメントありがとうございます。

いやいや、自作パソコンとか作る人なんか俺に言わせれば、「天才かよ。」と思ってしまいます。

俺は単なる一生懸命なマニアなだけです。


1人で自宅に住んでいると寂しいもんですねぇ。

まぁ、随分慣れましたが。

俺って仕事も一人っきりだし、自宅でも一人っきりだと話声が欲しくなる。

そうなるとテレビつけっぱなし。

これだけで気が楽に。

仕事場にはラジオがあり、これもつけっぱなし。

今度、寝室にもラジオが欲しいな。

電池じゃなく電源に繋げるやつが欲しい。

長く使いたいからやっぱりソニーだろうな。

携帯ラジオもソニーだし。

子供の頃からラジオが好きで、特にニッポン放送の番組が大好き。

だから冬の仕事でダンプカーに乗ってる時はラジオを掛けっぱなしだ。

昼は地元のラジオ局で、夜間は電波がやっと届くからニッポン放送。

オールナイトニッポンは俺の青春でした。

また縁があって結婚する事があるなら、それまでの間は独り身を楽しむつもりでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

ライディングのシステム化

今、内田 樹って人が書いた修行論を読んでます。

この本を見てるとスポーツや武道で上達するのに、鍛錬がいかに重要かを思い知らされる。

修行論によると、天才的な人とは違う凡人には、「黙っていう通りにしろ!」と一番簡単な方法で師は教えるしかないとか。

確かにそうだ。

俺はよくそう言われてたよ。

繰り返し何度も行い、成功した時になんで成功したかを考える。

それが上達だ。

しかし、凡人が理屈を考えずに感覚だけで上達するとスランプにも陥りやすい。

『カブ&ピース』のneriさんは、バイクチューニングこそ理論派だが、ライディングは天才肌。

だからホイールを軽くしたとか、車体の剛性を上げたとかが自身でもよく分からないと嘆く。

neriさんのライディングは物凄い脱力走行でセルフステアを活かして走るから、バイクへの入力は少しの荷重で済ませてしまう。

その証拠に、ベトナムキャリア(メインフレームに取り付ける荷台)に両足を載せたままでも普通に峠を走る。

neriさん本人も脱力走行が当たり前だから、他の人が苦労して走ってるからこそ分かるホイールの軽さとか、フレームの剛性が体に伝わってこないのだ。

何を言いたいかというと、

「天才肌の人は修練の際に感覚で技術と習得するのに対し、俺みたいなそうでない人は修練で理屈を探して見つけ出した理屈を体に覚えさせて技術を習得する」

つまり、同じように修練しても才能の有無でアプローチが全然違うって事だ。

その辺を勘違いするといつまで経っても一人前になれません。

天才肌でない人は秀才を目指すしかないですね。

修練して今までできなかった事が簡単にやれる様になった時の喜びは格別なもんです。

そして、それがいちいち考えなくてもできた時、人は達人になるんだと思います。

あぁ、もっと雪道を上手に速く走りたい…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あら不思議

ノートパソコンが新しくなったら、不思議な事に老眼がちょっと良くなった。

画質が良くなって見やすくなったからかな。

近眼用眼鏡を外さなくても普通に見れる。

昨日、パソコンショップに行ってノートパソコン用クーラーを買いました。

年々ノートパソコンは薄くなっていって、冷却した方が長持ちすると思ったからです。

新しいパソコンは何年使えるか楽しみですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

ウィンドウズ8で困ってます。

パソコンを新しくしてウィンドウズ8になりました。

困った事にヘルメットカメラCONTOURのソフトウェアをダウンロードしても実行できません。

なんで?

どなたか方法を教えてくださいませんか。

ファイルに保存はできるのですが、実行しようとすると、「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」と表示され、「はい」とクリックしても変化なし。

なんじゃこりゃ。

ウィンドウズXPでは普通にやれたのになぁ…


追記

コンピューターウィルスのせいかなぁとウィルスバスターを掛けようとしたら実行できない。

これは再起動してもう一度。

ウィルスバスターもCONTOURもすんなり実行できました。

良かった、良かった。

相変わらずパソコンは苦手な俺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟が俺のジェベルに興味があるらしい。

最近、弟が×2になって消沈している俺を心配して電話をよこす。

とりあえず、「元気だよ。」って答えてます。

その弟が愛車PCX125に飽きたらしく、新たに速いバイクを探している。

「それなら俺のジェベルやろうか?」

その言葉から弟は興味津々。

このブログが始まった当初に登場していたスズキ ジェベル250XC改。

実はとんでもないバイクなんです。

最高速は時速160キロオーバー。

某キャノンボールに参加して高速道でパトカーをぶっちぎり。

ヤマハR‐6とのシグナルグランプリで全勝。

俺が公道でのウィリー距離記録約4キロを出したバイクでもある。(赤信号でストップ。)

モトクロスコースでCRF250Rをストレートで抜き去って、現役モトクロスライダーを驚かした事も。

とにかく嘘みたいな本当に凄いマシン。

ジェベルってさ最高に良いエンジンなのに封印が多すぎるんだよ。

その封印を全部取っ払うとめちゃくちゃ速くなるんだよ。

主に吸気排気系チューンだけとね。

弟にやるのは良いんだけど、母親が大反対してます。

「弟はお前とは違う。
あんなの乗ったら死んでしまうよ。」

うーん、一理ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

スクーターはタイヤを大径化するべきだ。

2日前にバイク屋での事なんだげど、「スクーターは意外に速いがタイヤで損してる。」って話題になった。

タイヤの外径は操縦安定性と密接な関係だから、ぜひ大径化するべきだ。

できれば17インチまで。

そしたらスクーターもロードスポーツになる。

ビックスクーターだって17インチ化したらあら不思議、『AKIRA』の金田バイクに早変わり。

むしろヤマハのT‐MAXなんかすぐにでもするべき。

なにしろ金田バイクは実はヤマハなんだから。

高校生の頃にヤングマガジンの懸賞で貰ったアキラTシャツのイラストで、金田バイクにデッカくヤマハの音叉マークのステッカーが貼ってあった。

金田ならホンダのバイクに音叉マークを貼るなんてマヌケな事はしないはず。

俺と同年代ならいつか金田バイクに乗れる日が来れば良いなと思ってるよ。

速くて楽チン、しかもかっこいい。

これこそ未来のバイクです。

17インチになったスクーターに、180ミリ以上のぶっ太いリアタイヤを履かせてかっ飛ばしてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

コーナー怖い

久しぶりにパソコンでの更新。

夕暮れ時に波乙で男鹿一周プチ・ツーリング。

男鹿半島のコーナーはタイトなブラインドコーナーばっかり。

「波乙のパワーでもそこそこ楽しめるだろ。」っと思ってた。

間違いでした。

楽しめるどころかコーナーが速過ぎて怖い。

ブレーキングに集中できてコーナーリングもシフトチェンジがない分、コーナーリングスピードがかなり高いのだ。

これでパワーがあったらどうなるの?

気分的には嬉しさ半分、怖さ半分ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画のスピード感

パソコンが新しくなって自分が走っている動画を見たら気が付いた。

デジカメで撮った動画と、ちゃんとしたヘルメットカメラで撮った動画とでは全然スピード感が違う。

デジカメで撮った動画は実際よりもゆっくりに映ってるし、ヘルメットカメラの方は臨場感までそのまんま。

今度の冬に雪道走行動画を撮ったら見た人がびっくりするかもね。

そしたら低評価多数間違いない。

コメントで、「勝手に自爆して死ぬ!」とか書かれんだろうな。

次からアップする動画のタイトルは、「GO!GO!マッドライダー」シリーズです。

原付バイクが唯一最強マシンになれる雪道爆走をご覧あれ。

あっ、昨日の夕方に波乙用のスパイクタイヤを注文しました。

波(怪)の方は昨年にフロントタイヤだったスパイクタイヤをリアに履かせて最高のグリップに仕上げてます。

波乙はまだパワーがないので前後新品で大丈夫ですから。

さて、どうなりますか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

色々と終わった日

今日は色々な事が終わった日だった。

パソコンの設定が終了。

今朝になってモデムの調子が戻り、すんなりインターネットが繋がった。

メールは設定途中にパスワードを入れたが受け付けてもらえず、マイクロソフトのサービスで対応してもらい、やっと完了。

ノートンのウィルス対策ソフトもメールが繋がったから、ノートンのサービスからメールでダウンロードできる様にしてもらい終了。

これでパソコンは大丈夫だ。

夕方にバイク屋へ借りていた特殊工具を返しに行ったんだけど、そこでオートマチックバイクはオフロードで速いって話で盛り上がった。

カブのオフロードレースが東北ではちょくちょく開催されているが、そのレースで常勝なのがオートマチックのカブ『ホンダ エクプレス』なのだ。

但し、車体が弱いのでジャンプはしないらしい。

コーナーからコーナーへの繋がりが抜群にスムーズで、パワーのないマシンが想像以上の走りを見せるんだとか。

真冬に波乙の走りが期待できるのも同じ理由です。

盛り上がった話の後に、モトクロス仲間の一人が若くして亡くなったのを聞いて驚いた。

彼は俺よりも年下で、抜群の安定した速さで将来を期待された人物だったが、結婚を期にキッパリとレースを辞めてしまった。

「あいつが死ぬなんて…」

人生ってのは分からないもんだなぁ。

夜の買い物からの帰り、前方を走るクルマをパイロン気分で抜いてコーナーをガンガン攻めてた。

しかし、いつも全開で抜けたコーナー直後に何か終わった気がして、アクセルを緩め徐行する。

「何だかなぁ…」

自他共に認めるストリートファイターの俺だけど、クルマで馬鹿走りするのは辞めますね。

本当にそんな気がしました。

終了です。


でも、バイクは別ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題が山積み

元嫁と別れて以来、色々な問題が発生し、なかなか解決出来ずにいます。

1つずつ解決しようと頑張っていますが、後から後からまた問題が起こる。

頭痛い。

パソコンを昨日購入して無線LANに繋げようとしたらモデムに制限が掛かって解除できません。

恥ずかしい話ですがプロにあれこれ相談します。

最近、携帯電話の調子もおかしい。

電気は苦手な俺のレベルがよく分かりますね。

結構辛いなこういうのって…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

やっぱりパワーが欲しい。

波乙の吸気系とCVTのウェイトローラーを軽量化してかなり走る様になったとはいえ、まだまだパワーが足りない。

駆動系によるパワーロスが大きいのもあるが、このままでは俺の理想にはほど遠い状態だ。

今月中にボアアップとハイカムを組み、来月にはインジェクションをボーリングして口径を上げる。

インジェクターは波(怪)に使った予備を使い、ガソリンが薄い様なら新たに丁度良いやつを製作します。

雪道走行のビジョンとしては、スパイクタイヤで走るスノーモービルですよ。

分かり易いでしょう。

今度の雪シーズンもムテキングを目指してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD

ここ数日、ビデオ屋から毎日DVDを借りてます。

今ハマってるのが時代劇『剣客商売』です。

藤田まことさん主演のテレビドラマだが、嬉しい事に俺が大好きな寺島しのぶさんがヒロインで登場してる。(第4期)

あの手の顔が好きでさぁ、やっぱり俺が大好きなK‐POPガールズグループ『RAINBOW』に寺島しのぶさんに感じが似てるノウルって人がいて大ファンになってますよ。

寺島さんもノウルさんも色白で色っぽいんだよね。

ただ、なんとなく書いてみました。

毎朝RAINBOWのミュージックビデオを見ながら朝食。

仕事に行く時は、ダンプカーでRAINBOWの『MACH』をリピートで聴きながら通勤。

仕事が終われば自家用車でやっぱり『MACH』をリピートで聴いて遊びに行き、バイクの時は自分で『MACH』を歌いながら走ってます。

どっかにあんな色白美人落ちてないかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

クロ1100さんへ

クロ1100さん、コメントありがとうございます。

返事が遅れて大変に申し訳ない。

コメントの返事をブログ記事で書くスタイルなので、度々こうゆう事が起きます。

お許しください。

なんとWAVE110iを購入されたそうですね。

おそらくホンダのカブとしては最強マシンです。

WAVE125iもありますが雪道では軽い110の方が機敏に走れます。

俺から言える事は、

『一年中同じ速度で走れる数少ないバイク。』です。

感動しますよ。

では、お楽しみください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オートマチックバイクはややこしい。

オートマチックバイクってさ、CVT変則のチェーン駆動だからセッティングができる箇所が複数ある。

その全部がリンクしてるからややこしい。

ウェイトローラーを軽くしてピックアップを良くすると、加速型のエンジン特性になるからそれを補う為に二次減速比で調整する。

だけど、そんな事してるとギア比がどんどんロングになってしまう。

波乙はドライブスプロケットが14Tしかないからドリブンスプロケットが小さくなる。

カブ110系バイクのドリブンスプロケットは30Tが最小で、現在装着しているのは34T。

あと4T分のセッティング幅しかない。

これからボアアップやマフラー交換したら、あっという間にそのセッティング幅を使い切ってしまいそうだ。

いっそのこと、ドリブンスプロケットが30Tになったら、あとはスクーターと同じようにプーリー等のセッティングで対応するしかないなぁ。

昨日、ウェイトローラーを8グラムにしたらエンジンが吹け切り気味になった。

ドリブンスプロケットを34T→32Tに変えなきゃ。

いや、ウェイトローラーを8,5グラムにして、ノーマルウェイトローラー3個時と同じくした方が無難かも知れない。

オートマチックバイクって便利だけどセッティングは大変にややこしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

ウェイトローラー加工 その2

午後の仕事をやっつけて、再度ウェイトローラー加工をしました。

ウェイトローラーを自作ジグに固定しボール盤で削ります。

穴開けはΦ10ミリまでで、その後はΦ13ミリでテフロン被膜がない側を計りで重量確認しながら削る訳です。

6個全部を8グラムに揃えて組みました。

感じはノーマルのウェイトローラー3個だけで走った時よりもピックアップが良くなりましたが、ちょっと加速重視なエンジン特性です。

ここは二次減速比で補正しておきます。

オートマバイクはスプロケットがある分、スクーターよりもセッティングが容易かも知れませんね。

波乙は本当に面白いなぁ。

余談ですが、フェラーリを扱うクルマ屋さんがウェイトローラー加工用のジグを見て感心してました。

バークバスター(オフロードバイク用金属製ハンドルガード)の取り付けステーを改造した物です。

自作した道具は不思議に愛着が湧きますよね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェイトローラー加工

波乙のウェイトローラーを加工して重量調整します。

作ったジグが具合が良くて加工はスムーズに済みました。

ノーマルのウェイトローラー重量は15.5グラム。

ノーマルのウェイトローラーが3個で調子が良かったので、半分ほどの重量に加工してから6個に戻します。

今回は8グラムにせずに9グラムで様子見します。

加工後に組んでみるとちょっと重過ぎた感じ。

出足のエンジン回転数が低くなりました。

次は8グラム、7.5グラム、7グラムと減らしてゆき、ベストセッティングを過ぎるところまでテストします。

市販の社外ウェイトローラーは0,5グラム単位のウェイトは売ってないみたいなので、自作も悪くないですね。

よし、次は8グラムだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の声

出前屋さん、コメントありがとうございます。

調べましたらディオ110とウェイトローラーが一緒でした。

とりあえず、ノーマルを加工してテストしてみます。


スクーターのチューニングはさっぱりな俺。

そこで餅は餅屋という事で、今ではカブの神、元々は協和カートランドの神と呼ばれたneriさんに相談してみました。

ウェイトローラー、クラッチ強化、センタースプリングなどのセッティングと、社外パーツがない場合のノーマルパーツの改造方法まで詳しく教わりました。

セッティングのコツは、ダメになるまでやる事。

そしてダメ寸前のベストセッティングに戻すのが重要なんだとか。

なんだかキャブのセッティングと同じだね。

また、ウェイトローラーを加工する時の注意点はとても参考になります。

すぐに教わった事に注意してジグを製作。

あとは加工が上手くいけばダメになるまでセッティングを繰り返すだけです。

やっぱり神の声は素晴らしい。

これから波乙速くなるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

波乙のドライブスプロケット

やられた!

波乙のドライブスプロケットを1T上げようとしたら、今までとは規格が違った。

多分、オートマチック車専用スプロケットでノーマル以外の歯数は存在しないと思う。

波乙の二次減速比を変更するとなると、全てドリブンスプロケットで行わないとダメって事になる。

とりあえず、今装着してる34T→32Tに交換してみます。

このままだと、カブ110PPO用スプロケット30Tの出番は早くなるかも…

| | コメント (62) | トラックバック (0)

昨日の作業で

昨日、いつものバイク屋さんで波乙のウェイト調整をしたんだけど、俺自身はCVTを弄るのは初めてだった。

でも、バイク屋さんに顔をだしたらスノーモービルに詳しいクルマ屋さんはいるわ、(スノーモービルはCVT。)スクーターレースでさんざんCVTをバラした店員さんはいるわで心強かったよ。

「ウェイト調整はちゃんと計りで重さを計測しないとダメ。」とか、

「ドリブンプーリーを広げてベルトに余裕を持たせなきゃいけない。」とか、

「組み終わったらキックしてベルトを馴染ませる。」とか教えてもらいました。

おかげで初心者の俺もCVTの作動原理がようやく理解できて、これからのチューニングに余裕が出た感じです。

そうして、「マフラーは一番最後にした方が良いかも知れない。」と思った次第です。

何でかって?

ノーマルマフラーって、実は雪道との相性が良いんですよ。

でも、チューンナップが進んで糞詰まりになってきたら交換も考えますね。

波乙は大化けするかも…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウェイト調整

桜華さん、コメントありがとうございます。

電話でも色々詳しく教えていただき感謝いたします。

ちょっと波乙の激変ぶりに驚いております。

これからまた分からない事があったら聞くと思うので、宜しくお願いします。


波乙のウェイトをもう少しだけ軽くしたい。

ほんのちょっとだけ。

そしてドライブスプロケットも1T上げて加速と最高速の両立をしたいです。

波乙は良い。

パワーが出たら、コーナー楽、追い越し楽、渋滞楽、楽楽楽のオンパレード。

オートマチックの虜になりそうですよ。

多分、ボアアップしてハイカム入れたら雪道は最高速以外は波(怪)と同レベルに、アイスバーンではスタートからぶっちぎりでしょうね。

素晴らしい。

今月中にボアアップとハイカム入れる予定でいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »