« バイクマンガのマンガ家 | トップページ | 幻のバイクマンガ »

2013年11月21日 (木)

長後街道さんへお答えします。

梶晴信さん、長後街道さん、早速のコメントありがとうございます。

梶晴信さん、そうなんですか、それで謎が解けた。

もしかして美人の奥さんとはその頃の出会いですか?

勝手に想像を広げる俺です。


それでは長後街道さんへお答えします。

そのマンガは村上もとか先生の『熱風の虎』です。

実は俺、走り屋マンガオタクなんです。

実家には本棚にバイクやクルマを題材にしたマンガがわんさかあります。

熱風の虎の凄いところは、作者の村上もとか先生が当時全くバイクに乗った事がない事です。

マンガは基本的にフィクションですが、物語に登場するバイクテクニックまでフィクションなのに全然嘘くさくない。

そう、天才的な作品なんです。

中でも主人公(名前は忘れた。)が、モトクロスバイクでコースに転がっているただの石を利用して高く炎を飛び越えるシーンがあります。

これってモトクロスの世界では本当にある話で、石の硬度の高さから強い反発力発生させて大きくジャンプできます。

俺はモトクロスコースでも林道でも、地面から顔を出した石を使って、よくジャンプをしてました。

一緒に走ってる仲間達は突然ジャンプする俺を見て驚いたものです。

村上もとか先生のマンガは恐ろしくリアリティがあるのに全てフィクション。

大漫画家の作品ですね。

梶晴信さんもよく知る熱風の虎は、まさに日本人に世界のバイクを紹介した二輪版『サーキットの狼』です。

|

« バイクマンガのマンガ家 | トップページ | 幻のバイクマンガ »

コメント

ピーキーさんスゴイ!

それです!!

永い間つかえていたものが取れました^^

あー
スッキリした!!
ありがとうございました。

話は変わりますが、
昔FRPの仕事をしていたとき
知り合った親父は
二人鷹?だったっけの原作者でしたよー
新谷かおる?さんの書いた。
この親父も強烈でした。
全然年上ですが何故かピーキーさんとカブるんですよねー

私の記憶は「?」とか、「何とか」ってのが多いですね><

投稿: 長後街道 | 2013年11月21日 (木) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/54008142

この記事へのトラックバック一覧です: 長後街道さんへお答えします。:

« バイクマンガのマンガ家 | トップページ | 幻のバイクマンガ »