« 正しいクレームの付け方 | トップページ | 諸岡です!さんへお答えします。 »

2013年11月22日 (金)

忍者戦争

バイク仲間から聞いた昔話。

カワサキのフラッグシップ同士対決勃発か?

そんな感じにちょっと話題になった出来事だ。

かつてカワサキの忍者(GPZ900R)は映画『トップガン』の公開と共に世界中に売れた。

それこそ道を歩けば大型バイクは忍者ばかりの時代もあったよ。

しかし、カワサキは忍者を超えるべく新たなるフラッグシップ・モデルを開発した。

ご存知ZZR1100Rだ。

発売が開始された直後にあるバイク倶楽部(あえてこの字を使います。)が発足する。

『320km/hオーナーズクラブ』だ。(たしかそんな名前。)

その320クラブ(長いので一部省略)のリーダーが、「忍者なんて…」と言い出したからさぁ大変。

忍者乗りは改造好きが多く、当時はフルチューン・カスタムの全盛期だったから忍者乗り達は、「だったらやってやろうじゃねぇの!」とバトルで勝負をつけようとやる気満々に。

そんなこんなで忍者オーナーズクラブ対320クラブのツーリングが企画され、ツーリング当日までにセッティングを繰り返す忍者オーナーがいたという。

まぁ、そうなるわな。

そして待ちに待ったツーリング当日。

バトルは無かった。

320クラブのリーダーは絶えず笑顔でゆっくりとツーリングコース回り、バトルのバの字にもならなかったのだ。

とどめに言った320クラブのリーダーの言葉が、「いやあ今日は良いツーリングだったねぇ。」

一瞬で白けてその日は終了。

散々舐めた相手と勝負になるとのらりくらりとかわして逃げたのだった。

そのツーリング以後、忍者乗りを馬鹿にするビックバイク乗りはいなくなったとさ。

めでたし、めでたし…


俺が何言いたいか分かる?

自分の意見を通したければ証明しろって事だ。

それもできずに屁理屈にもならない文句ばかり。

俺らの世代はビックバイク乗りが熱かった。

クールが格好いいとかほざくな。

それはただのヘタレだよ。

|

« 正しいクレームの付け方 | トップページ | 諸岡です!さんへお答えします。 »

コメント

物語シリーズを見ていただけたようですね。
紹介した側としては、気に入ってもらえると嬉しいです。
ツインテールに大きなリュックと言えば八九寺真宵ですね。
鬼物語ではかなり泣かされました…。
鬼物語のあとに八九寺がどうなってしまうのか、かなり気になります(>_<)
コッペリオンもアニメは毎週チェックしてますが、まさに福島が東京になっただけって感じですよね…
リアルで起こり得るというか、今まさに起こってることなので、よくアニメ化したなと思います。
原発事故を間近で体験した人にはきつい内容ですよね(>_<)

投稿: zep | 2013年11月22日 (金) 13時42分

忍者カスタムブームやZZRのリッターバイクブームは1991年前後ですね。
当時土曜日の夜の第3京浜保土ヶ谷パーキングはリッターバイクで異常に混んでました。
そんな中さらに深夜にはリッターバイクどうしのバトルがあり接触転倒死亡自己がありました。
車で普通に走っていてもゼファーが転倒して滑っていくの目撃しました。
今はそれに比べバイク自体の数が少ないのね。
意地張りすぎて死んだらつまらないので、熱い中にも冷めた部分は必要だね。

投稿: 梶 晴信 | 2013年11月22日 (金) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/54017214

この記事へのトラックバック一覧です: 忍者戦争:

« 正しいクレームの付け方 | トップページ | 諸岡です!さんへお答えします。 »