« 限定解除と大型バイク免許は違う! | トップページ | 波(怪)に冬賄い(ふゆまかない) »

2013年11月12日 (火)

荷重コントロールとアクセルワーク

酔っ払いさん、カブ太さん、コメントありがとうございます。

酔っ払いさん、分かってもらえて嬉しいです。

今日、バイク屋で数人に、「教習所で大型二輪免許を取ったら限定解除したっていう?」と聞いたら、「普通は言わない。」と答えが返ってきました。

つまり、バイクにどっぷり使っている人と一般的ライダーとでは認識が違うのかも知れませんね。

カブ太さん、暴走族対策で厳しくなった大型二輪免許と勝手に付いてきた通称・昔免許と同じ扱いも困ります。

別にえらそうな事は言いません。

今現在、春先に大型二輪免許を試験場で受ける人はこれから白バイに乗る警官が多いです。

つまり、白バイ警官と同じ試験を受けてる人が限定解除です。

その辺をご考慮ください。

雪が降ってきて路面のグリップが減少してきます。

そんな時は荷重コントロールが重要になります。

荷重コントロールをおろそかにすると、簡単にタイヤのトラクションが破綻して、クルマもバイクも操作不能に陥ってしまう。

荷重コントロールはアクセルワークで行い、ブレーキングでも決まります。

なんで荷重コントロールが悪いとトラクションが破綻するかというと、サスペンションが落ち着かないからです。

想像してください、サスペンションがまだ上下左右に動かしている内にハンドルを切ったり、ブレーキングをしたり、急加速したりするとトラクションが簡単に破綻するのです。

路面が乾燥してる内はまだ良いのですが、雨や雪の時は問題があります。

ついこの間、スーパーカー・ミーティングでギャラリーをなぎ倒したFDの改造車が暴走したのは、路面が濡れてる時にハンドルを切りながら急加速したからです。

特に停止からこれらの操作は最悪。

他のクルマの方はそこらが上手かったみたいですが‥

荷重コントロールとはサスペンションを一気に動かさない事です。

ガンッとブレーキを掛けたり、アクセルをガバッと開けたり、ハンドルが定まらない内にブレーキングしたりアクセルを開けたらサスペンションから荷重が抜けてコントロール不能になります。

最近、加速時のアクセルワークで荷重コントロールを行い、トラクションを稼ぐ方法を見つけました。

これをやると、アクセルを煽りながら駆動輪のタイヤグリップを確かめる必要もなくなります。

あまりにもスムーズにすんなりと加速するので魔法みたいですよ。

どんな方法かは秘密ですがね…

|

« 限定解除と大型バイク免許は違う! | トップページ | 波(怪)に冬賄い(ふゆまかない) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/53912021

この記事へのトラックバック一覧です: 荷重コントロールとアクセルワーク:

« 限定解除と大型バイク免許は違う! | トップページ | 波(怪)に冬賄い(ふゆまかない) »