« ウェイトローラー加工 | トップページ | オートマチックバイクはややこしい。 »

2013年11月 2日 (土)

ウェイトローラー加工 その2

午後の仕事をやっつけて、再度ウェイトローラー加工をしました。

ウェイトローラーを自作ジグに固定しボール盤で削ります。

穴開けはΦ10ミリまでで、その後はΦ13ミリでテフロン被膜がない側を計りで重量確認しながら削る訳です。

6個全部を8グラムに揃えて組みました。

感じはノーマルのウェイトローラー3個だけで走った時よりもピックアップが良くなりましたが、ちょっと加速重視なエンジン特性です。

ここは二次減速比で補正しておきます。

オートマバイクはスプロケットがある分、スクーターよりもセッティングが容易かも知れませんね。

波乙は本当に面白いなぁ。

余談ですが、フェラーリを扱うクルマ屋さんがウェイトローラー加工用のジグを見て感心してました。

バークバスター(オフロードバイク用金属製ハンドルガード)の取り付けステーを改造した物です。

自作した道具は不思議に愛着が湧きますよね…

|

« ウェイトローラー加工 | トップページ | オートマチックバイクはややこしい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/53806047

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイトローラー加工 その2:

« ウェイトローラー加工 | トップページ | オートマチックバイクはややこしい。 »