« 大橋42歳さんへお答えします。最終回 | トップページ | 波乙ばらし »

2013年11月25日 (月)

キャノンボール式裏技走法

kimuchiさん、ひでさん、梶晴信さん、コメントありがとうございます。

kimuchiさん、当の本人からなんのアプローチもないので和解もなにも不可能です。

気にするだけ無駄ですよ。

ひでさん、これからも応援よろしくお願いします。

ワクワクするような記事が書ける様に頑張りますね。

梶晴信さん、俺らみたいにがっかり喧嘩してお互いを認め合えれば、喧嘩も悪くありません。

今回の件で一番の収穫はあなたと出会った事ですよ。


キャノンボールは闇の公道レース。

先頭グループは全開、全開、また全開。

早朝スタートでオーバー200キロで走れば朝の警察の取り締まりが開始する前に取り締まり地区を抜けられる。

しかし、先頭グループ以下の参加ライダーは、警察の取り締まりに遭遇する事が多い。

そこで警察の取り締まりを察知し、自分をカモフラージュして走るテクニックを使う。

そのテクニックとは?

追い越した車両を背にして走る。

そうすると、後方から自分の姿を追い越した車両で隠せる。

できれば本車線を走り、追い越した車両に割り込む車両(覆面パトカー)を気にしながら前の車両までダッシュ。

追い越し車線で抜いて、また本車線に戻る。

あとはこれの繰り返し。

これが高速道、国道、片側車線が2車線以上の道でかなり有効です。

俺はこの走り方をあるライダーから盗んで以来、大変に便利だから普段から使ってます。

ただ、ぶっ飛ばすだけがキャノンボールではない。

捕まらないのもテクニックです。

|

« 大橋42歳さんへお答えします。最終回 | トップページ | 波乙ばらし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/54050991

この記事へのトラックバック一覧です: キャノンボール式裏技走法:

« 大橋42歳さんへお答えします。最終回 | トップページ | 波乙ばらし »