« ランボーの死 | トップページ | 寝て待つ »

2014年1月18日 (土)

人でなしの詩

最初嫁との間にできた次男が今年高校入試だったはずだが、俺には関係ない。

最初嫁か好きで好きでしょうかなかった俺は、裏切られたのを機に家族を捨てた。

日本の法律はどんなに妻側がおかしな事になってても、子供を母親につけたがるもんだ。

勝手にすればいい。

最初嫁のやった事を俺は一生忘れられない。

ついでにいうと、2番目の嫁の事はさっさと忘れたい。

あれも別の意味で酷かった。

まぁ、どっちもろくでなしだけどね。

ろくでなしと結婚して失敗した人でなしの話だ。

|

« ランボーの死 | トップページ | 寝て待つ »

コメント

I am so grateful for your article post. Great.

投稿: Julia | 2014年1月22日 (水) 13時03分

naturally like your web-site but you need to check the spelling on several of your posts. Many of them are rife with spelling issues and I find it very troublesome to tell the reality then again I¡¦ll certainly come again again.

投稿: Madison | 2014年1月24日 (金) 14時22分

"Lots of males crawled along your, Provided your pet a make out, Midsection described. "Expert supplied it this online game footretrenched. This fairly fantastic..

投稿: authentic Pittsburgh Penguins Jerseys | 2014年2月 7日 (金) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/54654209

この記事へのトラックバック一覧です: 人でなしの詩:

« ランボーの死 | トップページ | 寝て待つ »