« カムシャフトバランサー販売します。 | トップページ | プラズマブースター »

2014年1月29日 (水)

特許について

以前、ちょうど青色発光ダイオードで知的財産の価値が注目された直後に、何を勘違いしたのか、それまで個人での特許申請ができていたのを弁理士を使わないと出願できない様に国がしてしまった。

そしたら特許や実用新案の出願数が激減。

知的財産は日本国にとっても財産なのだと認識がその後かわり、現在はまた個人での特許申請ができる様になり出願費用も安くなりました。

このブログで何回か書きましたが、俺が開発したハンドルレバーをシマノに合法的にパクられて、世界中の人が使ってます。

今度はヘマしません。

カムシャフトバランサーはカムシャフトが回転するとバイブレータに変化してるって分からなければ絶対に生まれない発想です。

俺みたいなバイク馬鹿一代でなくては考えつきません。

メーカー技術者ではなく、走り屋だからこそ思いつく発想だからです。

ブレーキはサスペンションがストロークしている内は利かない。

タイヤのトラクションが最大になるのはアクセルを戻した時。

エンジン内部で発生する遠心力はマシンのセルフステアに悪影響を与えている。

バイクで空気抵抗が大きいのはエンジンの次にハンドルとステップ。

これって知ってる?

|

« カムシャフトバランサー販売します。 | トップページ | プラズマブースター »

コメント

A person essentially help to make severely posts I would state. That is the first time I frequented your website page and up to now? I amazed with the analysis you made to make this particular submit incredible. Wonderful job!

投稿: Ava | 2014年2月21日 (金) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/54787257

この記事へのトラックバック一覧です: 特許について:

« カムシャフトバランサー販売します。 | トップページ | プラズマブースター »