« 複雑な気持ち | トップページ | 変態カブ乗りの定義 »

2014年2月13日 (木)

貧乏チューンナップのやり方

サラマンダーカブさん、サクさん、コメントありがとうございます。

まだカブ依存にはなりませんが、カブはなんていうか遠くにいけるツッカケ(サンダル)ですね。

しかも全力ダッシュもできるからクロックスあたりかなぁ。

これで走ると背中に翼が生えてきますよ。

お金がない時や改造パーツが少ない時は、レッツ自作でしょう。

ネットでパワーアップパーツを調べると、結構自作できそうなパーツがわんさかあるのに気がつく。

無ければ作れが合言葉。

そして、どんどん作っていく内にスキルも上がりオリジナルパーツ製作です。

大御所カブ乗りは、ほとんどこのパターン。

最低でも工具とドリル、ベビーサンダーがあればかなり作れます。

今、取り組んでいるカムシャフトバランサーもベビーサンダーで試作品を作って大成功でした。(製品化はプロにお願いします。)

簡単なチューンナップとしては、新型旧型で付いてる付いてないパーツ。

性能アップの為の追加パーツとか、コストカットの為に外されたパーツって意外に多い。

あと、排気量の大きいモデルには付いてるパーツとか。

そんなパーツを見つけて装着すると、装着する前と後では走りが全然違うって事も多々あるし、違いが分からん場合もある。

チューンナップはある意味ギャンブルだから失敗した時の事も考えてやるべし。

エンジン腰上にお金を掛けて、他はヤフオクなんかで安上がりパーツを探して組むってのもよくあるチューンナップです。

気がつけば、あなたもベテランのカブ乗りですね。

|

« 複雑な気持ち | トップページ | 変態カブ乗りの定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/54975672

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏チューンナップのやり方:

« 複雑な気持ち | トップページ | 変態カブ乗りの定義 »