« 夜走り | トップページ | 百姓貴族に憧れて »

2014年3月 4日 (火)

マンガ『百姓貴族』

アニメ『銀の匙』の原作者 荒川弘さんの実体験を作品にしたマンガ『百姓貴族』が凄い。

でもね、なんといっても一番驚いたのが第2巻。

荒川弘(あらかわ ひろむ)さんが女性で主婦だったってこと。

本当に第2巻まで全くそんな感じを匂わせなかったのに、突然旦那と長男・長女が登場。

あれはもはやドッキリです。

マンガ見る様になった早37年。

絵のタッチから作者が男性か女性かくらいは分かると思っていましたが、荒川弘さんの『鋼の錬金術師』を見て、てっきり男性だと思ってました。

小学生の頃、『エリート狂想曲』を見て弓月 光さんが男性だと一目で分かったのに、今回は全く分かりませんでした。

凄い時代だ。

|

« 夜走り | トップページ | 百姓貴族に憧れて »

コメント

久しぶりに投稿します。
こちら(九州)日中に温度計を見たら15℃!
もう春です。昼過ぎからは寒くなりましたが...

一度「これは○○だ」と思ったらそれを変えるのはなかなか難しいですからね。自分もいろんな誤解をしてそれに気づかないでいそうです。
例えばうちの奥さんは本当はとても優しい人だったりして(笑)

一度よく振り返って考えてみなければならんかなと思いました。

投稿: クロ1100 | 2014年3月 4日 (火) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/55230116

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『百姓貴族』:

« 夜走り | トップページ | 百姓貴族に憧れて »