« ピーキーレバーが何故に世界一高性能なのか。 | トップページ | 仲間内レギュレーション »

2014年5月 4日 (日)

波乙の可能性

波乙は雪道走行用に購入した。

なんか弄ってると波乙の駆動系では最高速が望めないみたい。

夏場の走りには最高速は重要なんだが、波乙でも夏場走ってみてどれくらいやれるか試してみたい。

おそらく最高速は120キロいかないと思う。

CVTのプーリーの摩擦を増やしてベルトドライブのスリップを無くす。

ウェイトローラーにグリスアップして変速タイミングを遅くして加速を良くする。

ウェイトローラーも今現在の8グラムから7グラムに変更してより加速型に。

その分、最高速は落ちるからドリブンスプロケットを特注して28Tくらいにしたいなぁ。(もしくはドライブスプロケットを15、16Tにしたい。)

俺自身、波乙の可能性はよく分からないんだよね。

|

« ピーキーレバーが何故に世界一高性能なのか。 | トップページ | 仲間内レギュレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/56050074

この記事へのトラックバック一覧です: 波乙の可能性:

« ピーキーレバーが何故に世界一高性能なのか。 | トップページ | 仲間内レギュレーション »