« エンジン始動 | トップページ | peaky_parts強化インジェクター発売頓挫 »

2014年5月30日 (金)

インジェクターの噴射量調整

昨日、波乙にビックサイクロン(ビックインジェクション&サイクロンエアクリーナー)を装着して、あっけなくエンジンが始動しました。

今日の昼にでも知り合いの眼鏡屋さんとこにインジェクターを持って行って噴射口の穴を1個ロウ付けで塞いでもらいます。

どこの穴ってわけでもなく、CBR150Rのインジェクターは噴射口が2列に並んでて、1列目と2列目で噴射量がそれぞれ違う。

最初は小さい穴を1カ所埋めて、まだ濃い様ならもう1カ所埋める。

それでセッティングが決まらなければ、インジェクターを新たにもう1個購入して小さい穴と大きい穴をそれぞれ1ヶ所ずつ埋めますよ。

テストする手順は、小穴1ヶ所→小穴2ヶ所、大穴1ヶ所→大穴1ヶ所・小穴1カ所です。(けっこう面倒くさい。)

ちなみに見た目はどちらの穴も大きさは一見同じに見えるのが難点ですね。

またロウ付けで埋める際に使用するロウ付けはチタンフレーム用のロウ付けがいいそうです。(知り合い談。)

俺ってさぁ、本当はフルチューンて嫌いなんだよね。

できればライトチューンでフルチューンの鉄カブ(カブ50,70,90)と張り合いたい。

だからポン付けで速くなるキットを作って販売したいです。

しかも、単に速くなるってだけじゃなく、速く走れるってのがミソ。

それが俺が目指しているフィッティング・カスタムですよ。

|

« エンジン始動 | トップページ | peaky_parts強化インジェクター発売頓挫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/56354261

この記事へのトラックバック一覧です: インジェクターの噴射量調整:

« エンジン始動 | トップページ | peaky_parts強化インジェクター発売頓挫 »