« 波乙完成一歩手前 | トップページ | 新しい生き方 »

2014年6月13日 (金)

重い請求書

知り合いのクルマ屋さんの話。

30年同じ請求書を出しているんだとか。

なんでも先代社長が事故で亡くなった大変な時に新車を買った客がいた。

現金で一括して払うってことで納車したが、一向に払う気配なし。

請求書には半年ごとに請求している内は時効がないとかで、毎年盆と正月に請求書を出しているそうだ。

俺が思うに死んでも払わないだろうなぁ。

しかし、請求された奴が死んだ時に、遺族に仏さんはこんな酷いことをする奴ですと請求書を出すだろうね。

親の借金は払わなくては相続はできない。

でもなぁ、蛙の子は蛙っていうから遺族もろくでなしってパターンもあるかも。

元々そんなに裕福な人がいる地域じゃないからクズの子はやっぱりクズってよくある。

通常、日本人は故人を悪く言わない気質だか、人が困っている時に乗じて詐欺行為をする奴なんざぁ、親族全員地獄に堕ちろと思ってしまう。

その日はもうすぐ来る。

必ず。

|

« 波乙完成一歩手前 | トップページ | 新しい生き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/56481959

この記事へのトラックバック一覧です: 重い請求書:

« 波乙完成一歩手前 | トップページ | 新しい生き方 »