« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

北東北で売れた!

ヤフオクで出品しているpeaky_partsのバイク部品。

購入者のほとんどが関東から南方の人。

特に九州、沖縄の方が多いです、

最北購入者は、たしか宮城県の方。

Peaky_partsは北国で不人気なんだなぁと諦めておりました。

それが昨日、青森県の方からの落札の知らせが。

やった!北国にやっとpeaky_partsの出番が訪れた。

ハッピーです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シャレにならない映画だった。

ゴジラ観てきました。

良い意味でも悪い意味でもシャレにならない映画でした。

現実にあった世界的大事件をゴジラに絡めてストーリーが作られていて、ゴジラが本当に存在するかの様な錯覚を覚えました。

ビキニ諸島の核実験、震災での津波、福島の原発事故。

丁寧に作り過ぎて、震災時の記憶が甦ってきました。

登場した怪獣も、「どんだけゴジラが好きなんだ。」ってくらいに良く出来てる。

ゴジラなんて、一見硬そうな質感なのに動きがソフトなんで妙にグラマラスな感じでした。

多分、あのゴジラは雌だな。

よくゴジラを観たレビューで80点とかほざいてる人がいるが、今現在であれ以上のゴジラ映画を作れる奴なんていないだろ。

つまり、今のゴジラが天辺ってことだから、「点数なんかつけれない。」とか、「100点満点です。」って答えるのが正解。

ゴジラファン、いや、怪獣映画ファンの俺には完璧なゴジラにしか思えません。

たまたま、今日はメンズ感謝デーとかで900円で映画が観れました。

900円であれなら、もうお腹いっぱいですよ。

素晴らしく良く出来た映画でした。

必見です。

出来れば映画館で観てください。

俺は一番前列中央で堪能しました。

ハッピーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴジラ見に行くべぇか。

10年くらい前に見たハリウッド版ゴジラ。

前作はゴジラの英語スペルから神(GOD)を取ってジラと揶揄された。

その後、北村龍平監督のゴジラ ファイナルウォーズでは、そのジラがジラとして登場して本家ゴジラに秒殺される始末。

今回のハリウッド版ゴジラは、映画館で放映している内に観る必要があると思った。

今日の夕方に観に行ってきます。

あんまり期待しないで行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピストンでは大差なしなのか?

まるじさん、コメントありがとうございます。

なんか、圧縮比を上げても大した差が見られません。

やっぱりカムシャフトで高回転まで回す必要性があるようです。

しかし、ハイカムは現在使っているタケガワしか販売されておらず、自作しか手がありません。

最悪、最後は排気量を上げていくしかないのかなぁと思ってます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

煮詰まってます。

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

オートマバイクの駆動ロスは大きいです。

頭が痛いです。

おまけに駆動系のセッティングが面倒くさい。

またまた頭が痛くなります。

でも、諦めません。

波乙のノッキングが酷くなってハイコンプ仕様は一時中断。

おそらく燃調をもっと濃くしないとダメなんでしょうね。

1ステージ上の強化インジェクターを製作する必要があります。

吸気系をあまり弄りたくないので、エンジンを109ccハイコンプ仕様にします。

ピストンは海外モデルのホンダ純正にバルブリセスを手作業で入れました。

これで高回転まで気持ち良く回ってくれたら良いのですが、甘くはねぇだろうなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

ボアダウン

波乙が遅い。

まだまだだ。

そこで一度ボアダウンしてみようと思う。

109ccハイコンプ仕様。

ピークパワーの回転数をもっと上に持ってかなきゃ。

チューンナップは難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルクアップガスケット経過その2

今朝、トルクアップガスケットの製作を依頼してる業者さんからメールが来て、「打ち抜きで盛り上がりができて状態が良くない。」との知らせが入った。

材質や方法を変えて試してみたいとの話だったので、「いっそのこと0.1ミリ厚のアルミ坂ならどうたろうか?」と提案しました。

今現在、波乙に使用してるトルクアップガスケットは0.1ミリ厚です。

停止状態からのスタート時に1秒くらいノッキングが出ますが、タイヤが回っている状態ではノッキングは発生しません。

ピストンが元々圧縮比の高いタケガワなので、この程度なら問題なしと考えています。(駆動ロスの大きな波乙だから発生している可能性もあります。)

1秒程度のノッキングでのデメリットよりもメリットが勝るので、0.1ミリ厚ベースガスケットもありだと思ってますよ。

0.1ミリ厚のアルミ坂打ち抜きがうまく行ったら、0.15とか0.2ミリ厚とかをテストして妥協点を出せたら良いなと考えている次第です。

なかなかすんなりとは行かないのがチューンナップの世界ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜走り楽しすぎ

平社員さん、コメントありがとうございます。

前に一度お話ししましたが、本当はWAVE125iを買って170cc位にボアアップしてフラットトルクなエンジンにしようと考えてました。

名前まですでに考えていて、『波平』です。

しかし、JA10となれば愛称もよく考えないときけません。

鉄カブに対抗してプラカブ。

プラといえば、プラレス三四郎。

ズバリ『三四郎』です。


波乙で夜走り楽しすぎ。

LEDライトでオートマともなると、ブレーキングとコーナーリングに集中できるのでコーナーが楽しい楽しい。

わざわざカーブの多い道を選んで走ります。

なるべく波乙の苦手な坂道が少ない道を走ると気持ちいいんだよね。

今はミラーシールドのヘルメットで走ってますが、いずれクリアシールドで走ってみたいです。

全てのカブがLEDライトになれば夜間の事故も少なくなることでしょう。

提灯ライトで夜間走行がいかにプレッシャーの中で走っていたかLEDライトにしてよく分かりました。

あと数年でメーカーが製造するバイクが最初からLEDライト標準装備になることを強く望みます。

LEDライトはGJです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

自作トルクアップガスケット成功!

波乙に施した自作トルクアップガスケットはスタート時に軽いノッキングが僅かにありますが、走行時には全く問題なし。

調子良いです。

コーナー立ち上がり速度も5キロほど上がりました。

最高速は変わりませんが、向かい風には強くなってます。

Peaky_partsで間もなく販売予定のトルクアップガスケットはアルミ製で、燃焼室から発生する熱をより多くクランクケースに伝達させて冷却します。

もちろん、圧縮比も上がりエンジントルクがアップして坂道ラクラク。

今回、波乙に施した自作トルクアップガスケットは0.1ミリ厚ですが、peaky_partsのトルクアップガスケットは使い易さと耐久性を考えて0.25ミリ厚で製作します。(ノーマルベースガスケットは0.5ミリ厚。)

ノーマルピストン、エンデュランスとタケガワのボアアップキットに対応。

あと、115ccボアアップキットも開発中です。

鉄カブの2バルブエンジンで最も最高速が出るらしいので、新型カブでも試してみます。

これはあんまり期待しないでください。

やってみて結果が出てからですから。


あっ、そうそう。

今年中にカブ110(JA10)買います。

今まで販売したJA07用の他にJA10用のpeaky_partsも製造しますよ。

手始めにJA10用ピーキーレバーを近日ヤフオクで出品します。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

オーバーサイズウェイトローラー

長後街道さん、コメントありがとうございます。

現在、プレゼント応募者数0名です。(苦笑)

Peaky_parts過小評価され過ぎ。

一度使えば分かるんですけどね。


Mファクトリーのオーバーサイズウェイトローラーを使ってみました。

高回転域の感じは最高なのですが、信号待ちからのスタートがもたついて難がありました。

アイドリング時からアクセルを開けるといきなり高負荷が掛かるのでノッキング発生。

高圧縮比エンジンのせいもありますが、これはちょっといただけません。

ノーマルサイズのウェイトローラーを戻しましたよ。

なかなかうまく行かないですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

親子パーツ(プレゼント告知)

Photo

上の画像は、右がベビーサンダーでちゃちゃっと自作したバランサー・カムスプロケットです。(JA07、WAVE110AT共通。)

そして左が機械屋さんに製作してもらい、paeky_partsで発売してるバランサー・カムスプロケット。(実は一度販売して、JA10には装着できないのが分かって出戻ってきたパーツです。)

言わば親子パーツですね。

エンジンのレスポンスが良くなり、コーナリングが軽くなります。

今日、ついでなんで波乙にpeaky_partsの方のバランサー・カムスプロケットを組みました。

性能的には全く一緒。

単なる気分的なものです。

ここで自作バランサー・カムスプロケットの方を先着1名様にプレゼントします。

コメント欄に、「バランサー・カムスプロケット欲しいっす。」と書いてメルアドを付けてください。

ご応募待ってま~す!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ちょぴっとハイコンプな波乙

マサタケさん、あんどんさん、コメントありがとうございます。

マサタケさん、返事が遅れてすみません。

そうですね、商品の数が増えてお店になったら、ぜひ代引きで発送したいです。

情報ありがとうございました。

あんどんさん、当日は皆さん気合いが入るので少し早めに到着するかも知れません。

面白いバトルができたら最高ですね。


つーことで、一応バトルツーリングの前の準備で波乙をちょぴっとパワーアップしてみました。

ピストンとシリンダーをエンデュランスからタケガワに交換。

ピストンのモリブデン皮膜が薄くなったピストンスカート部にはマヨ加工を施した。

圧縮比を上げるために0.1ミリのベースガスケットを製作。

材料は税務署からの手紙。

もちろん、表と裏に液体ガスケットを塗る。

これで0.4ミリシリンダーヘッドの面研をしたのと同等になる。

タペット調整を行い、吸排気ポートの拡大をしようと思ったのだが、俺的に完璧に思えるポート形状にどこに手を加えて良いか分からず中止。

排気ポートのガスケットのみ交換。

ウェイトローラーはオーバーサイズウェイトローラー(9グラム)に交換しました。

エンジンのレスポンスはかなり良くなりましたね。

ついでにポジションランプをLEDに交換しましたが、今一つなのでブルーのバルブに後で交換します。

ちったー速くなったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月26日 (土)

もしもの話(peaky_parts)

あんどんさん、コメントありがとうございます。

返事が遅れてすみません。

岩洞湖のレストハウスですね。

そちらの方への到着時間は定かではありませんが、秋田市から午前6時集合出発の予定ですので見当を付けてお集まりください。

よろしくお願いします。


もしも、 ピーキーステップの製作費が安く済む様なら3セットくらい販売するかも知れません。

コアなPeaky_partsリピーターの皆さんは、是非とも別次元のチューンナップをお楽しみください。

なにが別次元かって?

全くの異形なのに不思議にしっくり使えるところが真のpeaky_partsの凄さです。(今まで販売した全商品がそれって、いかにバイクが未完成な乗り物かの証明です。)

あくまでコアな方の為の商品ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

一番速い奴が正解。

タイトルの言葉は俺の師匠(元モトクロス全日本チャンピオン)が弟子に言った教えだ。

レースでは、そのレースで勝った奴の走り方が正しい。

ただ、この言葉には裏があって、その時に勝った奴の走り方が他の人に通用するとは限らないってことらしい。

例えば、俺みたいな凡人が速く走るには無理のない理詰めの走り方が最も無難で速い。

しかし、運動能力に長けた天才ライダーは、その運動能力を持ってして成り立つ独特のライディングをする場合が多々ある。

そして、師匠はこうも言った。

「レースはいつも同じ奴が勝つとは限らない。」

ライディングって難しいよね。

ピーキーステップの発案は、元々はプロライダーのステップの使い方が千差万別なのを俺が勘違いして、「ステップ自体が不完全だから人によって使い方が違う。」と思ったのが始まり。(まぁ、実際に不完全なんだけどね。)

最近のモトGPじゃ、ステップから足を放して乗るライディングが多く見受けられる。

一説には、ハンドル操作だけでコーナーリングが可能なのではないかって話まで出てきた。(逆にバイクスタントの世界では、ハンドル操作なしでの技は沢山ある。)

俺も何となくそんな気がしてこないではないが、ステップワークによるマシンコントロールは無下にはできない。

要は、その時その時に合わせて最善最速の走り方を見つけろってことだね。

レースでは速さが正義なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

波乙仕様変更

とにかくパワーが欲しい波乙。

今度の休みに腰上を仕様変更します。

自作のトルクアップガスケットで圧縮比アップとマヨ加工したタケガワのピストン。

吸気ポートをサイドにちょぴっと拡大して、排気ポートもエキパイとの口径差に合わせて拡大します。

ウェイトローラーはMファクトリーのオーバーサイズウェイトローラーに交換。

これからは、「やれることは全てやる。」にしないとバトルツーリングで置いてきぼりをくらっちゃうよ。

リアタイヤはスピードライン501に交換します。

あとやりたいことといえば、


ポジションランプもLEDライト化かな。(ミーハー。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月25日 (金)

いつものやつで?

お気に入りの飲食店に行って店員さんから、「いつものやつで?」って訊かれるのって最高に気持ち良い。

それが他のお客さんの多い時なんかだと、また嬉しい。

いかにも常連って感じで良い感じです。(お客目線)

今日も、

「いただきまーす!」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏が来れば思い出すぅ♪

毎年、暑い夏が来る度に思い出す。

バイクで転けた痛みよりも、情けなさと絶望的な才能の無さに死にたくなったあの日のことを。

青空を仰ぎながら己の才能の無さを呪った。

あれから30年、今も「上手くなりたい、速くなりたい、神様どうか俺に力をください。」って青空を仰ぐ。

ある意味、トラウマですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月24日 (木)

Mファクトリーも仕事早すぎ

波乙のウェイトローラーを新兵器投入。

Mファクトリーのオーバーサイズウェイトローラーがそれだ。

波乙のウェイトローラーはΦ18×14ミリ。

オーバーサイズウェイトローラーはΦ18.5で同じ重さでもプーリーのベルト移動量が大きい。

今現在、波乙は9グラムを使用してる。

少しでも最高速が伸びてくれたらっていう密かな希望です。

Mファクトリーのホームページから注文したんだが、昨日の夕方に注文して届いたのが今日の昼。

一日掛からずに届く代引き輸送って仕事早すぎです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

アナと雪の女王を見たんだけど

ディズニーアニメ『アナと雪の女王』を見たんだけど、主人公のアナを見て柳沢加奈子を最後まで連想したまんまで終わった。

顔の印象が似てるせいなのか?

良いアニメだが、なんか中途半端。

とりあえず2度見してみます。

まぁ、宮崎駿の『風立ちぬ』の100倍良かったけどね。

宮崎駿は引退して良かったのだ。

あの出涸らしみたいな映画ははっきり言って、そう思わせてくれたよ。

良い映画の特徴はエンディングをずっと見たくなること。

アナと雪の女王は見れました。

めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

トルクアップガスケット経過その2

KYBさん、コメントありがとうございます。

了解しました。

そちらに下見に行く時は連絡します。

楽しみだなぁ。

自作のアルミ・ベースガスケットを作って思った。

厚さは0.3ミリ。

「これで複数回使用できるものなのか?」

業者さんに問い合わせてみたら、メタルガスケットは冷却の面で魅力的な効果が望めそうと言われた。

確かにその通りです。

Peaky_partsで販売する時には二枚組で出品します。

とことん性能アップにこだわらなきゃね。

Peaky_partsファンに申し訳ないから。

これからもオリジナリティーがあるバイクパーツを出しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ハイコンプピストン注文

115ccハイコンプピストンを注文しました。

ほぼレース用です。

ノーマルシリンダーは1ミリほど口径をオーバーサイズにしなければなりません。

カムシャフトはタケガワのスポーツカムシャフトのままです。

neriさんとサラマンダーカブさんはジュン・インターナショナルのレース用カムシャフト(非売品)を使用してます。

レース用とスポーツ用では比べ物になりませんが、せめてピストンだけは同等の物にしたいからです。

今回注文したピストンでも遅い場合は、脱原付き化も真面目に考えるつもりです。

その時はトルク型エンジンにしてドライブスプロケットも特注します。

ピーキーステップは今日、機械屋さんに依頼しました。

製造方法が独特なので妙に感心されましたよ。

ピーキーステップはノーマルステップを2センチくらいカットして使います。

ステップワークをガンガン使うとステップも接地しやすくなるためです。

ピーキーステップはステップワークをよく理解していない人には無用の長物です。

それでも安心感だけは向上します。

これで波乙はコーナーリングマシンになれるかな?


ハイコンプピストンを注文したら、「一緒に走ってる人達が只者じゃないから大変だよね。」とバイク屋さんに言われた。

いずれカブ110(JA10)が欲しいと思ってるが、脱原付き化が容易なウェーブ125に流れそうで怖い今日この頃。

誰か俺に勇気をくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マヨ加工のピストン組みます。

バトルツーリングの公式練習(下見)にneriさんとまるじさんが行ったそうだ。

岩洞湖は20年ぶりなんで俺も下見にいかないとな。

その前にマヨ加工したタケガワのピストンを試します。

ちょぴっと圧縮比を上げるために自作でトルクアップガスケット(薄型ベースガスケット)を使いますよ。

材料はホームセンターで売ってる銅板を使います。

形作りしたらコンロで炙ってナマシします。

Peaky_partsで販売用のやつはアルミ製です。

ベースガスケットに適したアルミを使いますが、ホームセンターにそんな都合の良いアルミ素材があるとは思えないので無難な銅板にするわけです。

どうも波乙はノッキングするくらい圧縮比を上げないと坂道で置いてきぼりをくらいそうです。

早くもっとハイコンプなピストンを探すか作らないと話になりません。

ピーキーステップの方はカブ乗りたての頃にマフラー修理をしてもらってた機械屋さんに出して溶接してもらいます。

試作品ピーキーステップは皆さんが見たことない代物ですよ。

お楽しみに。


もしも、夏場に波乙が速く走れたら地上最強のカブになります。

365日、雨が降ろうが雪が降ろうがガンガン走れるカブです。

特に雪道でのコーナーリングは目を見張るものがあります。

しかし、道はまだ遠し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

WAVE110ATはなぜ遅いのか?

KYBさん、コメントありがとうございます。

そういうことでしたら、道の駅協和で7時に待ち合わせはどうでしょうか?

ちょっと遠いかな。

波乙(WAVE110AT改)はなぜ遅いのか?

波乙ってエンジンにCVT(ベルト変速機)があって、それをドライブチェーンでリアタイヤを駆動している。

チェーン駆動のパワーロスは10%以下、CVTのパワーロスは10以上20%以下。

と、いうことは、

20%は確実にロスしてるってことだ。

例えば、12馬力のエンジンを作っても10馬力分しか後輪に伝わってない。

その辺も踏まえてタイホンダではWAVE110ATにカブ110よりも大口径のインジェクションを使っている。(ATはΦ22、カブはΦ18.5。)

それでも遅い。

俺の他にもWAVE110ATをパワーアップさせようとした人がいるらしいが、全然速くならんから匙投げたそうだ。

でもね、波乙は良いバイクなのよ。

遅いけどなんか楽しい。

スクーターは面白くないってカブに走った仲間もいるが、スクーターじゃないスクーター、波乙はなんか楽しい。

俺だけかも知れないが俺は大好きです。

何とか速くしたいもんです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2014年7月21日 (月)

115ccピストン

平社員さん、コメントありがとうございます。

波怪から波乙がメインバイクになって苦労はありますが、ライダーの腕はさらに研きが掛かっております。

波乙が物凄いバイクに仕上がった暁には皆まとめてやっちゃいます。

まだまだ時間とお金が必要ですがね。

てな感じで調子になってる俺です。

鬱な時はバイクでぶっ飛ばすのが一番。(俺の場合です。)

LEDライトのおかげで闇夜をぶっ飛ばす一台の原付きが頼もしいこと。

思わずハイになります。

ひさしぶりに、「最高だせぇ!」って言いながらバイクから降りました。

これでパワーがあれば、もっと最高になれます。

今、あるメーカーの85ccピストンに注目しています。

口径がΦ51で、カブ110系エンジンに組むと115ccになります。

軽量でハイコンプ、それでいて価格も比較的安い。

シリンダーをボーリングしてぜひ試したいです。

来週に注文して、シリンダーをボーリングにだしたいなぁ。

とりあえず、それまではマヨ加工したタケガワのボアアップキットで我慢します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京堂仕事早すぎ

昨日の夕方、東京堂に電話でアルミステップを代引き注文した。

届いたのが電話注文したと同じ時刻。

1日で届くのかよ。

普通、代引き注文って時間が掛かる注文方法だよ。(支払い済み注文が優先されるため。)

なんてできる会社なんだ。

東京堂おろるべし!

これでピーキーステップが作れます。

後は知り合いの機械屋にアルゴン溶接頼まなきゃ。

ピーキーステップを作るのは10年ぶりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズキを釣りたい

暑くなって鬱が再発してきた模様。

仕事とバイクもうまくいかん。

なんかリフレッシュしたきゃと焦る俺。

昔から、路上で適当な相手を見つけて喧嘩して八つ当たりしたんだが、もうそんなのバカがやることと認識してるんで無理。

スズキでも釣りたいに行ったら気分が晴れるかな。

藁にもすがりたい。

夕方、涼しくなったら仕事して夜中に釣りに行こうかな。

参った参った。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

一長一短で迷ってます。

昼食を食べてる間に通り雨で仕事が台無しになりました。

頭に来て通り雨を波乙で追いかけてぶっちぎってやりましたよ。(なんの意味がある?)

おかげで男鹿半島1周がいつもより短く感じます。

波乙にはエンデュランスのボアアップキットが現在組まれてます。

坂道がちょっと苦手になりますが、何かの拍子でエンジンがバカ回りして突然速くなったりします。

反対にタケガワのボアアップキットは坂道が幾分マシなのですが、いつも同じスピードしか出ません。

109ccのハイコンプピストンを探していますが、形状が今一つでこれなら125ccのままで良いやってレベルです。(今朝、タケガワのピストンをマヨ加工してそう思った。)

タケガワのボアアップキットを圧縮比を上げて組むべきか、エンデュランスのままでいくべきか。

それとも新たに109ccの超ハイコンプピストンを探すべきか。

それが問題だ。

波乙もかなり速くなったと思うけど、チーム秋田(仲間内)ではまだまだ通用しない。

頭痛い。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

早速マヨ加工

良いもんはすぐに取り入れる。

これ、チューンナップでも同じ。

昨日、neriさんとこに行って波乙をLEDライト化してもらった。(ありがとうございました。)

その後にマヨ加工なるチューンナップでエンジンオイルの潤滑が劇的に向上するって情報を教えてもらう。

こういう情報ってのはユニオン(連合)っていうか、同じ志でないとなかなか本来は入ってこない。(特に良いもんなら尚更。)

そういうのを惜しげもなく教えてくれるのがneriさんの良いところ。

俺とは正反対。

詳しくはこちら。

http://blog.livedoor.jp/eyepoint/archives/2496738.html

てな訳で、早速マヨ加工をやってみました。

Photo

僅か5分で出来ます。

ピストンはタケガワのJA07用ボアアップピストン。

ピストンスカートの被膜が剥げてきてるので丁度良かった。

どうもね、タケガワのボアアップピストンの方が坂道で若干強い感じなので、もう一度これに交換するつもりです。

その際にはベースパッキンを薄くしてさらに圧縮比を上げます。

どうせ回らないエンジンならトルクアップさせてギア比、もしく駆動系チューンで回らない分を補いますよ。

良いハイカムが無いカブ110系エンジンだけにトルクアップさせて速さに結び付けるしかないという悲劇。(タケガワのハイカムは低速トルクがないのでアップダウンの多い道が苦手。)

オリジナルのハイカム(とは言ってもプロファイルは鉄カブ用ハイカムのコピー)を製作したいが、作ってくれる人がまだ見つかりません。

ゆっくり探してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

エンジン組み直し

エンデュランスのボアアップキットにしたら100~110キロまでの回転がスムーズ。

でもねぇ、あんまり大差ないんだよなぁ。

109ccのハイコンプピストンを試してみます。

ピストンの詳しい内容は秘密。

良いピストンが見つかり次第、Φ50ピストンからΦ51ピストンに口径を上げて115ccにします。

本当はハイコンプになった分、ハイカムで高回転まで回すのがベストですが、タケガワのハイカムでは役不足。

タイにウェーブ用のハイカムが売ってるので何とか手に入れたい。

シャコタンカブさんとこに一度相談してみっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バトルツーリング告知(参加者業務連絡)

今年のバトルツーリングは9月7日(日)です。

岩洞湖ともう1ヵ所走ります。

当日6時にカブ&ピース集合。

バシッとマシンを作ってきてください。

岩手からの参加者は、合流場所をどこにするか 連絡を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

波乙LEDライト化

Led


neriさんとこに行って波乙をLEDライト化してもらっちゃった。

めちゃくちゃ明るい。

どれくらい明るいというと、ミラーシールドのヘルメットで走っていることを忘れるくらい明るい。

もちろん、シールドを開けて走ると眩しいほどだ。

クルマ並みに明るいライトで、生まれて初めて夜間走行が怖くないと思ったよ。

素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月18日 (金)

コーナーを拾う

あなたは神(neriさん)の本気走りを見たことはあるか?

あの人は普段の走りは三味線弾きっぱなし。

俺は何回か見たことがあるが、あの人がリミッターを外した走りをついこの間見たよ。

山形の峠道。

かなり狭い道のテクニカルコース。

先頭を走るneriさんがコーナーを読み違えて危うく転倒寸前。

転倒こそしなかったが、反射鏡のポールに激突して停車した。

その後のneriさんの速いこと速いこと。

恥ずかしかったのか、悔しかったのかは定かではないが、今まで見たことがないくらいの速さであっちゅー間に視界から消えてった。

「ああ、これがあの人の本気走りなんだ。」

思わず納得しました。

さて、これからが本題。

neriさんの走りは根本的に俺らと違う感じがした。

どこがどう違うか?

あの人はコーナーを自分から拾いに行っている。

簡単に言うと待ってない。

イメージで言うと、プロのクリーニング屋がアイロンを掛けるみたいに道を伸してゆく。

つまりフロントから荷重を掛けて積極的に先へ先への向かえに行ってるのだ。

まだ分からない人もいるだろうがこんな感じです。

実は山形から帰ってからneriさんの走り方をコピーしてます。

ちょっと真似しただけで、いかに自分が遅かったか思い知りました。

おかげで少しはマシな走りが出来そうです。

バトルツーリングお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

全然違う

JA07エンジンで一番速かったパーツの組合せは、タケガワのハイカムとエンデュランスのボアアップキット。

それにベースガスケットを0.3ミリに薄くする。

波乙をこの仕様に変更したら全然違う。

エンジンが軽く回る。

嘘みたいに回る。

まだ慣らし運転なんで最高速がどれくらい違うかは分からないが、80キロまでの加速はタケガワのキットでは考えられないほどの勢いがある。

あんまり調子が良いので男鹿市から秋田空港まで慣らし運転してみました。

空港で飲むホットコーヒーは美味いな。

空港限定の缶コーヒーですけど。(缶コーヒー党)

さて、帰りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雨にも負けず

俺の波乙にはサイクロンエア・クリーナーが採用されている。

エアフィルター無しでホコリや雨などの水分を排出する仕組みだ。

昨日の深夜、アルバイト帰りの俺に突然の雨。

かなりの雨量だったが全く問題なし。

いつもよりも力強く感じたくらい。

世界中のバイクでサイクロンエア・クリーナーを使ったバイクはそんなにないはず。

サイクロンエア・クリーナーは吸入抵抗が大きいですが、インジェクション口径がΦ34.5もあるのでうまくバランスが取れました。

今日の夕方から波乙はタケガワのボアアップキットからエンデュランスのボアアップキットに交換したいと思います。

少しでも速くなったらラッキーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしもカブ110(JA10)が手に入ったら。

若ベンさん、コメントありがとうございます。

急いで何処に行くと思ったら火事場に直行ですか。

つーことは若ベンさんは消防団ですか?

ご苦労様です。

秋田風防のおかげであっという間に到着ですね。


もしもカブ110(JA10)が手に入ったら。

ジュンインターナショナルの鉄カブ用ステンレスマフラーをカブ110用に改造して装着したい。

かなりの改造になりますが。

仲間内で、「4バルブエンジンみたいな伸びがある。」と言われているこのマフラーをほっとく訳にはいきません。

やれることは全てやるつもりで弄りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月17日 (木)

トルクアップガスケット経過

マキオ会長、コメントありがとうございます。

俺、ホイールローダー乗り(小5から乗ってるからローダー歴37年。)なんで左足ブレーキ派です。

ブレーキとアクセルの同時操作は、ブレーキレバーの握りが中指から小指までの外掛け3本なので問題ありません。(おまけに指の握りがレバーから離れないピーキーレバーなんでアクセル同時操作が全く苦になりません。)

ワイン・ガードナーが推奨してた握り方です。

今になって役に立ってます。


ベースガスケットを薄くして圧縮比を上げるトルクアップガスケット。

これをガスケット用紙ではなく、アルミで作ることになりそうです。

銅板は焼きナマシが必要で何かと面倒なので、素直にアルミで作る方向にしました。

おすすめの使い方は、カブ110(JA07)にタケガワのハイカムとエンデュランスのボアアップキットに同時使用が良いです。

最高速と扱い易さが両立できます。

バルブとピストンのクリアランスは以前に0.3ミリベースガスケットを使用した時で1.3ミリ程度ありましたので、0.2ミリで製作予定のトルクアップガスケットでも余裕でしょう。(ピストンに粘土を貼って測定。)

複数回使えるアルミガスケットは珍しいですが、今まで見たことも聞いたこともないバイクパーツを販売するのがpeaky_partsの特徴とも言えます。

Peaky_partsのバイクパーツはどれもこれも新しいチューンナップの代表ですから。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

持論

俺の持論で、バイクに使えるテクニックはクルマでも使える。

スクーターのブレーキング時にアクセルを開いて、クラッチの切れによるタイムロスを無くすテクニックをオートマ車のクルマでやってみた。

ブレーキ解放直前のクリッピングポイント手前でアクセルを開けると、確かにコーナー立ち上がりが速い。

また一つ武器を手に入れた気分。

益々上手になって、いつか妖怪爺と呼ばれたい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2014年7月16日 (水)

波乙ショック

波乙が長い上り坂で非力なのは分かってきたが、それでもノーマルのカブ110よりはよっぽど速い。

でも、速いエンジンの作り方が確立された仲間内の鉄カブと走るにはキツいです。

しかしだ、もしその鉄カブと夏場に同等に走れたら一年中バカっ速のタイカブが完成します。

スーパータイカブですよ。

何とかして速くしたい。

雪が降る前にそうなりたいなぁ。

毎日毎日同じこと言ってますが、それだけ俺も難儀してるってことですね。

泣けるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つのピストン

109ccのピストンと125ccのピストンが届きました。

とりあえず実績のある125ccピストンから試そうと思います。

今一つだったら、すぐに109ccをテスト。

後でもう一種類109ccピストンが届きます。

どれか一つ使えるのがあればラッキーです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

幽霊かと思った。

昨日、深夜のアルバイトで接客してたら、3年前に亡くなった友達にそっくりなお客さんが来てビックリしたよ。

しゃべり方から姿形まで本当にそっくり。

「あんた、ここのマネージャーかい?」って言われたから、「とんでもございません、ただのアルバイトです。」って返事した。

亡くなった友人は天国で酒を飲んでるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月15日 (火)

バトルツーリングへの道

来月辺りにバトルツーリングが岩手県の岩洞湖で行われる。

今現在の波乙の性能ではお話にならない。

そこで、波怪が一番速かった頃のチューンナップを波乙に施す予定。

タケガワのハイカムにエンデュランスのボアアップキット、ベースガスケットは0.3ミリに変更。

これでラムエア・システムの効果を発揮できます。

それでもオートマ車の駆動ロスが大きいので他のマシンよりパワーでは劣りますが、何とか食らい付いていきたいなぁ。

アクセルオフでのエンジンブレーも強化したいので、エンジンブレーキ強化キットの最強バーションにしておきたいです。

109ccフルパワーピストンの開発は並行で行います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ついさっき

ついさっき、ピーキーステップの簡単な製造方法を思いついた。

ピーキーステップとは?

俺がピーキーレバーとほぼ同時に発明したステップです。

特徴としてはエンジン側は通常の細さなのに対し、先端側が後方に広くなっているステップ。

市販のカブ110用アルミステップを加工して作る方法で、一部(正確には2ヵ所)を溶接して作ります。

文章ではさっぱり分からないと思います。

やっぱり完成してからブログに画像をアップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

波乙面白い

波乙で男鹿半島をパトロール。

波乙は登り坂が遅くても、コーナーの繋がりが掴みやすいから気持ち良いんだよなぁ。

ブレーキングに集中できるし、コーナーでリアブレーキを掛けたままアクセルを開けると安定感も上がった。

良いねぇ、遅いけど速いとこは速い。

どうやって足りないところを無くしていくか。

真冬は異常に速く走れる自信はあります。

その為に手に入れたマシンですから。

夏場も速くできたら最強バイクなんですが、そうは問屋が卸しません。

ゆっくり速くしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

男鹿半島をパトロールしに行こうかな。

この前の土曜に山形をパトロールしたんで、今日は仕事を終えたらひさしぶりに男鹿半島をパトロールしに行こうかな。

波乙はオートマ車だけあってスクーターみたいなリアブレーキを掛けたままアクセルを開けることをしないとコーナーの立ち上がりにタイムロスがある。

なので、このテクニックを練習したいと思ってます。

駆動ベルトとリアブレーキに負担が掛かる走り方なので今までやらなかったのですが、そうはいかなくなってきました。

波乙はまだまだまだまだ改良が必要です。

とにかくパワーが足りない。

かつてホンダがオートマ車のモトクロスマシンを開発した時の苦労が分かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

筋トレ始めました。

takuyaさん、長後街道さん、コメントありがとうございます。

JA10を買うにあたってはまだ時間が掛かりそうです。

ですが、気持ちは固まってます。

2番目の嫁に禁止されていた筋トレを昨日から始めました。

DV嫁が酒飲んで暴れた際に、止める俺に殴られたのを根に持って、「その鍛えられた体で殴られると思うと寒気がする。」と言われて以来全くしてませんでした。(それまでは俺の大胸筋見てうっとりするマッチョフェチだった。)

自分はヒステリーの度に俺を叩いてたのにね。

まずは腕立て伏せから始めました。

指立て伏せで、だんだん慣れてきたら小指から1本ずつ外してやります。

まだ筋トレやってた時は中指1本でやれたのが最高で、薬指からは無理でしたね。

できる前に筋トレが禁止になりましたから。

まぁ、人指し指一本まではできる様になりたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月13日 (日)

JA10

仲間で走っている時は楽しい。

だが、おいらは波乙。

カブに見えないカブだ。

neriさんに、「次買うなら絶対JA10だよ!」って言われてる。

元々、俺がタイカブに深く関わるきっかけはインジェクションだったからだ。

冬道を快適に走るにはインジェクション以外考えられなかった。

高校生の頃、赤カブ(赤い角目50)に憧れた俺。

うん、JA10いいかも。

Kumi07b7cd9e

| | コメント (2) | トラックバック (1)

二種類のピストン

平社員さん、コメントありがとうございます。

只今、ノーマル排気量でのハイパワーになるピストンを探しています。

二種類のピストンを注文しました。

ノーマルヘッドで圧縮比が高くなるピストンです。

どうも125ccで圧縮比の高いタケガワのボアアップキットは最高速で不利な様です。

エンデュランスのボアアップキットも試すつもりですが、今度テストするピストンと比べてどちらが速くなるかはまだ分かりません。

圧縮比が高いノーマル排気量か、圧縮比の低いビックボアか。

仲間内で115ccエンジンの速さを嫌ってほど見せつけられましたから、109ccで良いピストンを見つけたらオーバーサイズにして115ccまで持ってゆくつもりです。

販売するなら、ノーマル排気量でハイパワーなピストンの方が売り易いんてすけどね。(笑)

ついでにインジェクションの方も手直しが必要です。

Φ34.5→Φ28くらいに絞る必要があります。

これは簡単にできるのですぐに対応できるでしょう。

オートマ車で速いエンジンが作って、マニュアル車にそのエンジンのノウハウを流用したらメチャクチャ速くなると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月12日 (土)

実戦テスト

波乙がいくらか速くなったので、どれくらい速くなったか実戦テストしてみました。

俺とneriさんとTakuyaさんと3人で山形のサラマンダーカブさんとこに行きます。

丸一日走って分かったことは、率直に言いますとパワーが全然足りない。

スクーター同様のリアブレーキを使ったコーナーからの立ち上がりが必要。

ライダーとマシン共に完成には程遠い。

改善しなきゃ。

頭痛いなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ノーマルボアのハイコンプピストン

排気量を上げずにハイコンプピストンを用いて高回転型エンジンに出来たら良いな。

ふと、そんな事を思いました。

散々探してやっと良い感じのピストンが見つかった。

値段も手頃で品質は折り紙付き。

一度波乙をノーマルボアに戻して、このハイコンプピストンを試してみます。

ああ、そうだ。

タコメーターを買わなきゃな。

オートマ車はタコメーターが無きゃセッティングも満足にできないらしいから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月11日 (金)

良いピストンが見つかったんだけど

高回転型エンジンを作るべく良いピストンが見つかったんだけど値段が高い。

もっと安くてクオリティが同レベルの物を探したんだけども見つかりません。

これは、販売のことを考えてたら進みませんね。

とりあえず、一個作ってみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年7月10日 (木)

カブ110系エンジンの呪縛

カブ110系エンジンにはリミッターがついており、9500回転で作動する。

だから回転リミッターが利かない様にギア比をロングにして対応するか、キタコのリミッターカット付きインジェクションコントローラーを装着する。

高回転型エンジンを作っても、このリミッターがネックになっている。

あいにく、俺の持っているマシンがカブ110ではないWAVE110iとWAVE110ATなので、カブ110用インジェクションコントローラーは使えない。

それじゃあ高回転型エンジン開発は無理かと思いきや、WAVE110ATにはリミッターが最初からないかも知れないんだよね。

カムシャフトを開発したほうが高回転型エンジンを作るには手っ取り早い感じもするが、ピストンとシリンダーのみで回るエンジンを作ってみます。

12000近く回らないとフルパワーになりませんが、キタコのリミッターカット付きインジェクションコントローラーは11000回転がリミット。

そこまでキッチリ回れるエンジンが作れれば良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

peaky_partsの今後

狂い咲きZさん、コメントありがとうございます。

若葉食堂は男鹿市役所若美支所前にあります。

大吉ラーメンは男鹿市の船越駅前から秋田方向に500メートルほど行った場所にあります。

どちらも午前11時半から午後2時半までの営業です。

ぜひ、美味しい水を味わってください。

昨日、カブ&ピース(neriさんの店)に行ってきて相談。

俺は、ライトチューンでマシンの秘めたる力を発揮されるパーツを開発してる。

しかし、ハードなチューンナップは正直苦手というか、眼中になかった。

でもねぇ、仲間内でこれは良いってノウハウがあれば、是非とも共有したくなるもの。

そのノウハウをpeaky_partsに活かしたい。

カブ110系エンジン用の最高速重視ボアアップキットを出したいんだよね。

排気量は118cc。

ある程度のトルクをキープしたまま高回転でパワーが出る仕様。

ヘッドはノーマル。

恐らくカムシャフトもノーマル。

面白いでしょ。

あくまで目標だけど不可能ではないレベル。

俺だけでは無理なんで色んな人の力を借りて完成させたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

美味しい水

男鹿市にある若葉食堂の焼きそばはメチャクチャ美味い。

同じく男鹿市にある大吉ラーメンの醤油チャーシューもメチャクチャ美味い。

2つに共通して言えるのは、食べながら飲む水が最高に美味いこと。

砂漠で飲む水の如くゴクゴク飲める。

今日の昼は大吉ラーメンでいつもの醤油チャーシュー特盛。

昨日は若葉食堂で焼きそば大盛にかけうどん。

デブるのは分かるがやめられません。

麻薬の様な料理です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

リビングの魔物

リビングの魔物。

それは、

コタツとソファーだ。

こいつらがあると寝室のベッドで寝る回数が激減する。

ゆっくりとじっくり、そして深く眠りたいのにいつの間にかコタツやソファーでゴロリ。

体に悪いっす。

コタツをリビングから片付けて安心してたら今度はソファー。

なかなかうまく行きませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェイトローラーを重くする

波乙が夏になってから調子が良い。

もうちょっと最高速がほしいからウェイトローラーを重くしてみようかと思ってる。

現在、9グラムのウェイトローラーを使っているが、10グラムに変更してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

超鬼が笑う話

いーじゃんさん、コメントありがとうございます。

ファンを外して装着ですか。

良いかも知れませんねぇ。

最悪、俺もそれだな。

ナイスな情報ありがとうございました。

毎年、夏になる度にこのタイトルの記事を書く。

今年はオイルクーラー設置が大変なカブ110系エンジンの為にビッグフィンキットなんて物を発売した。

冷やすのもあれば冷え難くするのもできるかも。

それができれば真冬の走行でエンジンを保護できるかも知れない。

真冬に冷え過ぎない空冷エンジンを作りましょう。

もうアイデアは出てきてる。

チタンプレートを使った防風装置。

なぜチタンプレートか?

熱伝導率の悪い金属だからだ。

でもチタンプレートは硬いからレーザーカットなら切れるかな?

今度の冬に向けて試作品を作ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乙をLEDライト化しよう

1000キロツーリングでナイトランしてたら、neriさんとサラマンダーカブさんのマシンがLEDライト化してて物凄く明るい。

まるでクルマのライト並みに明るいのだ。

ハッキリ言って羨ましかった訳じゃない。

ただ、これからは必用になるなと強く感じた。

そこで、neriさんの指導のもと、3面LEDヘッドライトと全波整流レギュレーターをヤフオクで落札。

取り付けはneriさんに相談します。(丸投げ?)

問題はヘッドライトのバルブ後方のスペース。

LEDライトは冷却が必用なんでフィンとファンが付いているからだ。

ヘッドライト裏のメーターに当たらないだけのスペースがあればいいが、ない場合は加工か他の取り付け方法を考えなきゃ。

皆さん、これからはLEDライトですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

工場に狢(ムジナ)が住み着いた。

1000キロツーリングに行っている間にウチの工場に狢(ムジナと読む。アナグマのこと。)が住み着いた。

姿はまだ見ていないが、大量のフンを落としてゆく。

犬のフンとは違い、木の実の種が多く混じっていて色は真っ黒。

タヌキは畑の近くに住むが、工場の回りにはタヌキでは食べれない梨畑。

前に一度だけムジナを工場で見たことがある。

ズングリしてて真っ白くて目の周りだけ黒いタヌキみたい。

困ったことに工場に着いて最初の仕事が大量の狢の糞拾い。

拾った糞は工場の場外に廃棄。

フワフワの土の上が好きらしく、干した土の上に大きなフンをしちゃうのが腹が立つ。

自然と暮らすってこんなことなのかな。

糞の数からすると家族連れかもね。

うーん。 (--;)

えーい、俺も負けずに野○ソしちゃえ。

穴掘って埋めてやる。

ふう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮説です。

2バルブのカブ・エンジンは115ccが速いらしい。

でも圧縮比もかなり髙くなくてはならないみたいで圧縮の測定値は、1?キロ。

そこで俺の立てた仮説。

115cc×1?キロ=1爆発力

この1爆発力と同じ値になる様に各排気量で圧縮調整すれば115ccでの最高速とほぼ同じに走れるのではないだろうか?

あくまでも俺が適当に思いついた仮説です。

実際に試してみなくちゃ本当のところはわかりません。

Photo


波乙のエンジンで試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

ハリウッドのゴジラ

またもやハリウッド盤のゴジラが日本で公開される。

前回のゴジラはゴジラ映画に興味のない製作者で作られて大失敗。

黒歴史として封印されつつある。

今回公開されるゴジラ映画は、ゴジラ映画好きの製作者により製作された映画だ。

今まで原作無視で作られた日本人気映画のハリウッド盤リメイク作品たちが酷かったこと。

北斗の拳、ストリートファイター、ドラゴンボールどれもこれも糞映画。

今回のゴジラは違うらしい。

ゴジラ映画ファンが号泣するんだとか。

ああ、俺も泣きてぇー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ1000キロツーリング動画 その13

これが1000キロツーリング動画のラストです。

https://www.youtube.com/watch?v=3xGV3Ccc0yA&feature=youtu.be

またやりたいですね。

マシン作りをしっかりやって、眠気対策をしながらね。

今回の1000キロツーリングはカーブが沢山あるコースだからかえって良かった。

そうじゃないと眠気にやらそうです。

この動画も24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

得意、不得意

人間には得意と不得意があって、子供の頃からのものが強く現れたり、その差がなくなったりする。

俺は強く現れた方。

ほぼ特化と言っていい。

得意なものは誇れるが、苦手なものは恥ずかしいくらい。

良いんだよ。

俺には俺というピースが収まる場所があるから。

少なからず夢を叶えてきて、叶えられた夢と叶えられなかった夢を比べたら、俺の場合は叶えられた夢の方が多かった。

これって凄いと自分で思った。

いやね、さっき交差点の信号待ちでふと、「俺って意外と夢叶えてるなぁ。」と気が付いたんだよね。

思い続けるって大事だ。

たとえ苦手なことであっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ1000キロツーリング動画 その12

いよいよナイトランです。

https://www.youtube.com/watch?v=AziWxRF5eDs&feature=youtu.be

24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ1000キロツーリング動画 その11

残りはあと2本。

https://www.youtube.com/watch?v=dTjVBQsrZNQ&feature=youtu.be

24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

ピーキーレバーは評判が良い

「昨日、商品を受け取りました。 本日、装着し走行しましたが、とても良いですね。 良い商品をありがとうございました。 またの機会が有りましたら、よろしくお願いします。」

ピーキーレバーを購入した方からの評判は上々です。

ぜひ皆さんも試してみてはどうでしょうか。

ヤフーオークションで売ってます。

スーパーカブ110・JA07用パワーレバー『ピーキーレバー』

宣伝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチドラム買ったった

2番目の嫁が置いてった全自動洗濯機が御臨終。

急いでK'sデンキへ。

親戚が三洋電機の乾燥機付き洗濯機を買って5年で3回壊れ、4回目の故障が購入から5年1ヵ月で保障期間を過ぎたので買い換えたとか。

故障が一番困るのでネットで評判の良いパナソニックのプチドラムを購入しました。

ラッキーなことに前モデルが展示品1台限りの消費税込みの110000円で買えます。

即日配送をお願いして、今日の夕方にはプチドラムが試せますね。

でも、貯金が減ってショックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ1000キロツーリング動画 その9、その10

前半にneriさんと軽くバトル。

後半は4輪の走り屋風のクルマとバトル。

よっぽど後ろが気になるのか、脇から出てきたクルマに驚きパニックブレーキです。

https://www.youtube.com/watch?v=AsR73dwP1ng

その後、分かれた走り屋風のクルマと信号待ちで合流。

俺がクルマの前に出てバトル開始を今か今かと待っている。

他のメンバーはクルマの後ろにつけて傍観者を決め込んでました。

原付バイクでクルマに挑む奴がいることにビビったのか、停止線で突如ハザードを出して全員に道を譲るクルマ。

バトルできなくてがっかりする俺でした。

https://www.youtube.com/watch?v=B1PXnj85D58&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ1000キロツーリング動画 その8

https://www.youtube.com/watch?v=EMY8s1s4bKc&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

カブ1000キロツーリング動画 その6、その7

https://www.youtube.com/watch?v=57dGbGd6Sjw

https://www.youtube.com/watch?v=3uRfpoXUnHU

これも24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンは不思議だ

この間、カブ&ピースのneriさんとチューンナップについて少し話をした。

カブ1000キロツーリングで、同じ排気量でもタケガワとエンデュランスのピストンでは特性が全く違う。

タケガワのピストンはトルク型で120キロまできっちり出るが、それ以上は伸びない。

エンデュランスのピストンは高回転型で120キロからじわじわと伸びてゆく。

ラムエアシステムの効果が高いのはエンデュランスの方で、とにかく下りが速い。

俺的には下りが速い方が、原付バイクで速く走るには欠かせないスタイルだと思っている。

そんな話をしてたらneriさんが一言。

「2バルブエンジンは125ccよりも115ccの方が最高速が出るので最近は115ccにしてる。」

4バルブエンジンだと話は違うらしいが、2バルブエンジンで色々やったらその事に気が付いたんだとか。

カブ50、90のエンジンがそうならばカブ110系エンジンも同じかは分からない。

でも、大変に面白い話だ。

今、波乙もタケガワのピストンからエンデュランスのピストンに交換を考えています。

波乙はとにかく最高速が欲しい。

いずれ115ccの排気量もテストしてみたいですね。

でも、なんでだろ?

法則を発見したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

カブ1000キロツーリング動画 その4、その5

https://www.youtube.com/watch?v=yYK3vyNoko4&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=iHDKFzb1yr4&feature=youtu.be

24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖の鉄板

アイスバーンよりも、ミラーバーンよりも、ブラックバーンよりも怖い。

それは、

Photo_2


テッパーンだ。

坂道に敷かれた新品の鉄板。

雨が降ったら大変だ。

ツルツルツルツルツルリンコ。

鉄板の端から端までリアタイヤは空転さ。

鉄板終わればグリップ回復。

気が付きゃオイラはハイサイド。

ちゃんちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空力

キリンさん、まるじさん、コメントありがとうございます。

キリンさん、古い記事へのコメントの返事は本来ならば記事の方に返事を入れるのですが、スパム防止が邪魔して書き込めないのでこちらに書きます。

全くキリンさんと同意見で、自分をぶん殴りたいです。

何とかもう一度見たいバイクマンガですね。

まるじさん、今度は俺の波乙とバトルしましょう。

コーナーだけは速いですよ。

Photo

秋田風防のおかげで速くなった波乙。

空力でこんなに良くなるのも波乙が非力だからですね。

そういえば、俺にもオリジナルの空力装置がありました。

バイク用グランドエフェクターです。

波怪に作ったら加速が良くなったやつです。

波乙にも作ってあげよう。

空力装置はパワーが少ないマシンの救世主ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆走カブ1000キロツーリング動画 その3

これから紹介する動画が1番このツーリングらしい感じです。

https://www.youtube.com/watch?v=w8R3Q-1pNak&feature=youtu.be

やっぱり24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

カブ1000キロツーリング動画 その2

https://www.youtube.com/watch?v=8766kprcK_A&feature=youtu.be

24時間後には非公開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田風防には10万円の価値がある。

昼飯を食べに大吉ラーメンに向かう。

乗るのはもちろん昨日、秋田風防を付けた波乙です。

自宅を出て300メートルの信号までで驚いた。

ここまでの最高速が5キロアップ。

スピードメーターの上昇が波怪並みに速くなってる。

110キロの最高速までの時間が短い。

波乙をここまで速くするのには、10万円くらい楽に掛かると思ってたから秋田風防にはそれだけの価値があるってことだ。

現在、波乙の腰上は全部タケガワ製。

今日、エンデュランスのボアアップキットを注文したからシリンダーとピストンはエンデュランス製に変更します。

バトルツーリングは波乙で参加しますよ。

最高速ではまだまだ勝負になりませんが、コーナー勝負ならいい勝負になりそうですから。

WAVE110i・WAVE110ATのオーナー方、秋田風防は絶対に買いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブ1000キロツーリング動画 その1

フレッツ光速い。

アップロードがあっちゅー間。

てな訳で1日限定公開動画です。

全部で13本あります。

中には意味不明な動画もありますが全部公開します。

https://www.youtube.com/watch?v=b3jxCCDHBJY&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとネットに繋がった。

フレッツ光の工事後、色んなトラブルでネットに繋がりませんでしたが、やっと繋がりました。

ただ今、YouTubeに1000キロツーリングの動画をアップ中です。

但し、公開する動画は1日1本か2本。

しかも、期間は各動画とも1日のみ。

見逃し注意です。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝からウケた商品

思わず吹き出した商品。

POCKET TENGA

携帯用なの?

値段は198円?

シッカリ感が売り?

凄い時代になってきたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000キロツーリングで一番面白かったこと

まるじさん、コメントありがとうございます。

面白かったっすねぇ。

最後の最後でクラッシュってのが悔しいですが、あんまり気にしてないです。

また、一緒に走ってください。


1000キロツーリングで一番面白かったのは、neriさんとまるじさんの絡み。

公道でスリップストリームやる人ってneriさんくらいと思ってましたが、まるじさんもでした。

ミニバイクレース出身の方ってみんなこうなの?

だとしてもレベルの高い人だから出来ることだよね。

俺は公道の走り屋なんで、前を走るバイクとは必ずオフセットさせて走ります。

前方が見えない状況下で走ることが嫌なので。

前を走るバイクに何か起こった時にも、すぐに避けれる様にです。

でもね、

公道でのスリップストリームはマジに格好いい。

マン島TTレースみたい。

おまけに夜にこれやると鈴鹿の耐久レースみたいだしね。(夜のneriさんとまるじさんのバトルを後ろで見てそう思った。)

俺とまるじさんのバトルも白熱したし、凄く面白かった。

波怪が以前のスピードで走れたら、もっと面白かったかも。

まぁ、まるじさんとは、この先長く走れたらなぁと真面目に思ったよ。

東北のカブ乗りはなんでこうなんだってくらいに上手な人が多いね。

まだまだいるんだろうな、まだ見ぬ速いカブ乗りが。

面白し。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

波乙を速くする計画

秋田風防が格好いい波乙。

空力的に加速が良くなる秋田風防でちっとは最高速が伸びるかな。

波乙の腰上はタケガワのパーツ。

これをシリンダーとピストンをエンデュランスの物に交換しようと思っている。

波怪が走れない今、この組み合わせであと10キロ最高速を上げたい。

下手したらバトルツーリングは波乙で参加なもんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

動画は録ったけど

1000キロツーリングの動画は録ったけど、パソコンの無線LANの設定に難儀しています。

なんかうまくいかない。

こまったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本物の秋田風防

カブ&ピース(店名に決定)のneriさんとこに行って、波乙に本物の秋田風防を装着してもらいました。

自分で作った秋田風防もどきとは風格が違います。

今日のカブ&ピースのブログに画像が貼られると思うのでじっくり見てください。

めちゃくちゃ格好いい。

地元のカブ乗りでは若ベンさんに続いて二人目の秋田風防になります。

タイカブにも秋田風防がよく似合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診断書

今日は診断書を取りに病院で診察して、警察署と県庁に診断書のコピーを渡しに行く。

人身事故として取り扱いたいという県庁の姿勢を好ましく思う。

問題は保険屋。

補償金=自分達の利益が減る、だから過失割合で本当に適当(かなりいい加減)な裁判所の判例を持ち出してくるだろう。

しかし、俺は言う。

「全く同じケースは稀で、違う条件下で起きた事故を無理矢理結びつけるのはナンセンス。 実際に起こった理由を理解してください。」とね。

保健屋の仕事は、お客から貰う時は喜び、出す時は渋るが基本だからね。

お客の立場なら、面倒事はさっさと終わらせたいから払うもんはさっさと払え。

保健屋がどんな難癖をつけてくるか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーツの組み合わせ

カブ110系エンジンの波怪と波乙。

今回の1000キロツーリングで分かったことは、

エンデュランスの125ccボアアップキットとタケガワのハイカムの組み合わせがベストってこと。(最高速が10キロ変わる。)

あと、吸気ポートは絶対に弄るな。(燃費が最悪。)

LEDライトにしないと夜は勝負にならない。

この3点。

エンデュランスのボアアップキットを手配します。

圧縮比が高いエンジンはトルクがあって燃費も良いですが、最高速が出ないのが難点。

おまけに耐久性も問われる。

最高速が出て壊れにくくトラブルがない、エンデュランスのボアアップキットとタケガワのハイカムの組み合わせが気楽です。

しかし、まずは波怪の修理代がどうなるか?

下手に全損扱いだとWAVE125iへの乗り換えもありかも知れません。(燃料タンクのデカさが魅力だ。)

まだ、先のことは分かりませんがね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺は完全に進む道を間違えたみたい。

警察官とのやり取り、県庁職員とのやり取り、俺は完全に進む道を間違えたみたい。

カタギじゃない人ならいい線いったかも。

でもな長生きはしないで終わったろうな。

ドジだから。

一般人が一番いいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »