« WAVE110ATはなぜ遅いのか? | トップページ | ハイコンプピストン注文 »

2014年7月23日 (水)

マヨ加工のピストン組みます。

バトルツーリングの公式練習(下見)にneriさんとまるじさんが行ったそうだ。

岩洞湖は20年ぶりなんで俺も下見にいかないとな。

その前にマヨ加工したタケガワのピストンを試します。

ちょぴっと圧縮比を上げるために自作でトルクアップガスケット(薄型ベースガスケット)を使いますよ。

材料はホームセンターで売ってる銅板を使います。

形作りしたらコンロで炙ってナマシします。

Peaky_partsで販売用のやつはアルミ製です。

ベースガスケットに適したアルミを使いますが、ホームセンターにそんな都合の良いアルミ素材があるとは思えないので無難な銅板にするわけです。

どうも波乙はノッキングするくらい圧縮比を上げないと坂道で置いてきぼりをくらいそうです。

早くもっとハイコンプなピストンを探すか作らないと話になりません。

ピーキーステップの方はカブ乗りたての頃にマフラー修理をしてもらってた機械屋さんに出して溶接してもらいます。

試作品ピーキーステップは皆さんが見たことない代物ですよ。

お楽しみに。


もしも、夏場に波乙が速く走れたら地上最強のカブになります。

365日、雨が降ろうが雪が降ろうがガンガン走れるカブです。

特に雪道でのコーナーリングは目を見張るものがあります。

しかし、道はまだ遠し。

|

« WAVE110ATはなぜ遅いのか? | トップページ | ハイコンプピストン注文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/56871082

この記事へのトラックバック一覧です: マヨ加工のピストン組みます。:

« WAVE110ATはなぜ遅いのか? | トップページ | ハイコンプピストン注文 »