« カブ1000キロツーリング動画 その4、その5 | トップページ | カブ1000キロツーリング動画 その6、その7 »

2014年7月 4日 (金)

エンジンは不思議だ

この間、カブ&ピースのneriさんとチューンナップについて少し話をした。

カブ1000キロツーリングで、同じ排気量でもタケガワとエンデュランスのピストンでは特性が全く違う。

タケガワのピストンはトルク型で120キロまできっちり出るが、それ以上は伸びない。

エンデュランスのピストンは高回転型で120キロからじわじわと伸びてゆく。

ラムエアシステムの効果が高いのはエンデュランスの方で、とにかく下りが速い。

俺的には下りが速い方が、原付バイクで速く走るには欠かせないスタイルだと思っている。

そんな話をしてたらneriさんが一言。

「2バルブエンジンは125ccよりも115ccの方が最高速が出るので最近は115ccにしてる。」

4バルブエンジンだと話は違うらしいが、2バルブエンジンで色々やったらその事に気が付いたんだとか。

カブ50、90のエンジンがそうならばカブ110系エンジンも同じかは分からない。

でも、大変に面白い話だ。

今、波乙もタケガワのピストンからエンデュランスのピストンに交換を考えています。

波乙はとにかく最高速が欲しい。

いずれ115ccの排気量もテストしてみたいですね。

でも、なんでだろ?

法則を発見したいです。

|

« カブ1000キロツーリング動画 その4、その5 | トップページ | カブ1000キロツーリング動画 その6、その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/56689287

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンは不思議だ:

« カブ1000キロツーリング動画 その4、その5 | トップページ | カブ1000キロツーリング動画 その6、その7 »