« WAVE110iのノーマルカムと武川のハイカム | トップページ | 県庁職員逃げるなよ。 »

2014年8月 8日 (金)

やっぱり口だけ

1000キロツーリングから帰る途中、県庁が依頼した崖崩れの復旧工事のせいで怪我をしました。

県庁職員の保険で補償するという言葉はポーズなのか、あれから一ヶ月経ったが全く保険屋からの連絡はありません。

県庁の行政苦情相談に相談しましたが、糞の役に立たず。

今朝、怪我の治療薬をもらった薬局から、「その後、保険の方はどうなりましたか?」の電話がありました。

事故直後に県庁職員との話し合いで、「以前に同じ様な事例で決着までにかなりの時間が掛かってしまい、大変なお叱りを受けた事がありますので、今回はなるべく早く解決させます。」とはっきり言ったんですがね。

行政ってのはどいつもこいつも口だけなんですかね。

そんなことはないと思うのですが、このままではそう思うしかない。

県庁職員の姿勢は、面倒なことは放置、放置、放置。

もしくは、故意に後回し。

よく分かりました。

黒澤明監督の映画『生きる』を見て勉強してもらいたい気分です。

俺も人間時限爆弾と呼ばれた男です。(親戚、友人、以前に所属した会社同僚達から。)

いずれドカーンとやりますか。

あっ、犯罪予告ではありませんよ。

法的な処置を取るって意味です。

頑張ります。

|

« WAVE110iのノーマルカムと武川のハイカム | トップページ | 県庁職員逃げるなよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57023695

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり口だけ:

« WAVE110iのノーマルカムと武川のハイカム | トップページ | 県庁職員逃げるなよ。 »