« 鉄板事故を担当したお巡りさんから電話があった。 | トップページ | 県の主張の矛盾点 »

2014年8月28日 (木)

「県議会で大問題になりそうです。」だと

鉄板事故の件で進展がありました。

大問題になりそうな気配に県庁側が新たに話し合いの場を設けるそうです。

非常にまずい事態になる前に示談を狙ったものでしょう。

相談した県議会議員、市会議員さんにもかなりのプレッシャーが掛かったのが、口調の変化から感じられました。

ここで県庁に恩を売っとけば何らかのプラスになるのかもしれません。

でも、俺の為に動いてくれた事には心から感謝してます。

話がおかしな方向に。

県議会で問題になった上に、裁判で俺に負けて県庁の瑕疵が認められれば面子丸潰れになるもんなぁ。

まぁ、円満解決の可能性は低いと考えて、裁判の準備も同時進行させます。

話し合いには、秋田県 秋田地域振興局 建設部の進藤課長よりも上の方が来るそうですが、期待するだけ無駄でしょうね。

だから、言ったでしょう。

自分がボロボロになっても、戦う相手もボロボロになるまでやるのがピーキー流。

覚悟しとけや!

俺の祖父は、喧嘩してる奴を見ると必ず止めに入り、それでも止めないと二人まとめてやっちまう人だったそうだ。(俺の父親談。)

祖父は、白は白、黒は黒って言える人生が如何に難しいか知ってる人でした。

俺も白黒つけてやりたいです。

|

« 鉄板事故を担当したお巡りさんから電話があった。 | トップページ | 県の主張の矛盾点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57211770

この記事へのトラックバック一覧です: 「県議会で大問題になりそうです。」だと:

« 鉄板事故を担当したお巡りさんから電話があった。 | トップページ | 県の主張の矛盾点 »