« 坊主憎けりゃ | トップページ | 新聞社は地元紙だけじゃない »

2014年9月 1日 (月)

建設会社の虐め方

名無しさん、コメントありがとうございます。

入札であっても妨害は県がその気になれば簡単です。

そして、もしも入札で仕事を取っても県の仕事ですから、出来上がりが気に入らなければ工事のやり直しも可能です。

工事の方法にケチをつけて時間や手間、経費を多く掛けさせることもできます。

工事を受注した建設会社にとって依頼主は神なのですから。

特に役所ならば尚更です。

なんで知ってるかって?

俺の会社は元々が建設会社でした。

役所の職員から無茶な工事方法を強請され大赤字を出したこともあります。

親父が入札や選挙(昔はこれで仕事がほぼ決まった。)が嫌で建設業を辞めました。

秋田県の公共工事はまだまだ昔のままなのかも知れませんね。

|

« 坊主憎けりゃ | トップページ | 新聞社は地元紙だけじゃない »

コメント

現、工事屋の私としてはもし(私は岩手在住)県から相談されたらグレーで解決すると思ってました。
過失というかお金は払う、けど工事の事故としては扱わないで欲しい。
一般に1番多い答えだと思います。
(事故となれば多大な損害を自社に与えますので)
恐らくピーキーさんの欲しい答えではないと思いが…
そのため、建設部をかばう気持ちもありましたが相手が県としてそのような悪意を持った行動を行うならピーキーさんの納得するまでやらなくてはいけませんね。

影ながら応援させて下さい!

投稿: | 2014年9月 1日 (月) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57249870

この記事へのトラックバック一覧です: 建設会社の虐め方:

« 坊主憎けりゃ | トップページ | 新聞社は地元紙だけじゃない »