« 馬鹿に付ける薬はない | トップページ | 昔から »

2014年10月12日 (日)

トルクアップガスケット取扱説明書

トルクアップガスケットは厚さの薄いベースガスケットを用いることで圧縮比を上げてパワーアップを図るパーツです。

厚さは0.3ミリ(純正は0.5ミリ)でスリーボンド社製のガスケット用紙で製造されております。

ノーマルピストン、エンデュランスの125ccボアアップキットはPGM-FIのフィールドバック機能による燃調補正でセッティングいらず。(装着後に50~100キロの走行で自動的にセッティングされます。)

タケガワの125ccボアアップキットの場合のみ、燃料噴射量を増量させる必要があります。

タケガワのピストンはピストン上面が盛り上がって圧縮比が高く、トルクアップガスケットの装着でノッキングやデトネーションが発生しますが、そのノッキングやデトネーションは燃料増量を行い抑えることで今までとはレベルの違うパワーが得られます。

燃料調整には市販のサブコン(キタコ・タケガワ)で行ってください。

尚、WAVEシリーズはサブコンが存在しませんのでPCX125のインジェクターから試してみてください。 

サブコンでの調整でノッキングやデトネーションが消えない場合は、インジェクターを排気量が大きいバイクから流用してください。(PCX125やグロム等)

ノッキングやデトネーションの発生は走行開始から10~20分後に発生する時が多いので、発生時にはアクセルを緩め速度を落としてエンジンに気を配りながら走行してください。(そのままで走行するとエンジンが破損します。)

エンジンパワーが上がると良いエンジンオイルを使用しないとクラッチの滑りや熱ダレを起こし易くなります。(推奨オイルはヤマルーブ・プレミアムです。)

今までとは違うトルク感をお楽しみください。

2枚組販売です。

宜しくお願いします。

 

|

« 馬鹿に付ける薬はない | トップページ | 昔から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125037/57651065

この記事へのトラックバック一覧です: トルクアップガスケット取扱説明書:

« 馬鹿に付ける薬はない | トップページ | 昔から »